SING

SING (1)
イルミネーションエンターテイメント映画の新作「SING」を観てきました。
この映画もペットなどと同様にキャラが人間ではなく動物たちです。
ストーリーよりも、題名の通り「歌」が中心の映画。
「アナ雪」などミュージカル系の映画はあまりハマらなかったので、これも似た様な作品かと思ってさほど期待せずに見始めたのですが、予想していた以上に良かったです。
おおよそのストーリーは、

SING (2)
主人公のコアラが居ました。
彼は父親から劇場を引き継いで運営していましたが何一つヒット作を出せず、そろそろ電気代も払えなくなり廃業寸前でした。
歌のコンテストをやるべく賞金1000ドルを用意して町にビラを配ったのですが、アシスタントの手違いで「賞金10万ドル」で印刷されてしまいました。
当然、それ目当てにたくさんの生き物たちがオーディションに殺到します。

SING (5)  
何人かの素晴らしい才能の持ち主が選考に残りました。
その生き物たちでショーを開催すべくリハーサルをするのですが様々なトラブルが発生して、劇場は壊れるわ賞金を用意していない事はバレるわでドン底まで落ちてしまいます。
でも動物たちはまたコアラの元に集まって廃材を集めて自分たちでステージを作りショー本番を開催する。
舞台はショボくても、歌って演奏する彼等の実力は本物ですので次第に観客が集まってきて最終的には大成功のステージとなる。
という、子供でも理解できる単純なシナリオでした。
だからと言って決してつまらないわけではなく、終始ワクワクします。

SING (3)
そして出演する動物たちの歌や演奏が実に素晴らしい。
この作品は映画館ならではの大画面と音響システムで観てこそ、その良さが解るタイプの映画です。
自宅で小さい画面とショボいスピーカーで鑑賞しても多分つまらないと思います。

SING (4)
観たのは日本語吹き替え版でしたが素晴らしかったです。
主人公はウッチャンナンチャンの内村光良、出演する動物たちはMISIA、長澤まさみ、山寺宏一など有名どころの声優が担当していますがみんな上手かった。
原作の字幕版も観てみたいなと思います。
Posted by れいな on 18.2017   2 comments
Category :小説・映画

アイアンブル

アイアンブル
志摩スペイン村(パルケエスパーニャ)に新しくできたジェットコースター「アイアンブル」に乗りました。


公式動画です。
能書きが長いところからも解る様に、単なる絶叫マシンではなく周りを観て楽しむ系のコースターです。
室内コースターと言えばTDLのスペースマウンテンを真っ先に思い浮かべますが、それと比べると・・・
景観的にはすごく凝ってて良い感じなのに、肝心のコースターの動きがダメ。
途中で信号みたいなのがあり一旦停止したりして興醒め。
長さもちょっと物足りないので、途中で停止せずに2周ぶっ飛ばすぐらいにしたら非常に楽しくなると思うのです。

パルケエスパーニャ-(68)
ここは先述の伊勢市よりもさらに南下した志摩にありますのでこれまた都心からは遠い場所です。
故に平日だとそんなに混雑しません。

パルケエスパーニャ-(30)
園内の様子。
バルセロナのグエル公園を真似て作られています。

グエル公園
こちらが本物のグエル公園です。サグラダファミリアと並ぶガウディの名作ですね。
私は幼少時にバルセロナに行った事がありましたのでパルケエスパーニャでこれとそっくりな造形物を見た瞬間は非常に懐かしい気分になりました。

パルケエスパーニャ-(49)
お花や絵皿が飾ってある白い壁が良いですね。

パルケエスパーニャ-(31)
乗り物は結構たくさん有ります。
ライド系アトラクション以外にもショーなども色々ありますので一日中遊べます。

パルケエスパーニャ-(7)
ホテル志摩スペイン村にも泊まりました。
ここもパークに負けず劣らず雰囲気が良いです。

パルケエスパーニャ-(20)
夜になるとライトアップされます。
中央のイルミネーションのある所は神戸ルミナリエを思い出します。

パルケエスパーニャ-(2)
室内もすごく可愛らしくて楽しい気分になります。

パルケエスパーニャ-(32)
ジェットコースター系は上記のアイアンブルよりも既存の「グランモンセラー」と「ピレネー」の方が面白かった。
ピレネーは足が浮いているぶら下がり系で、スピードもものすごく、降下していく時に地面に足がぶつかるんじゃないかという恐怖を楽しみます。


絶叫マシン好きで、どうせ三重まで来たのなら「ナガシマスパーランド」に行くのがよろしいかと。
この「嵐」もできたてほやほやのアトラクションです。
くるくる勝手に席が回転するタイプのコースターで富士急ハイランドの「ええじゃないか」にも似ていますね。
乗る度に動きが異なるので何回でも乗る面白さがありますが、時間がやや短い。
ナガシマの目玉はその後ろに写っている「スチールドラゴン」そして「ホワイトサイクロン」ですので是非そっちも乗りましょう。
追記:言ってる矢先に「嵐」が緊急停止するトラブルが発生しちゃいました><
数年前、エキスポランドの風神雷神も事故を起こして死亡者を出しましたし、決して「怖いけど絶対安全」などと全幅の信頼を寄せて乗る様な物ではないのかもしれませんね、絶叫マシンって。


関西方面のジェットコースターでもう一つ新しいのは言わずと知れたUSJのフライングダイナソー。
うつ伏せというか下しか見えない状態で出発しますのでスリルは満点。
ただここは昔と違ってめっっっちゃくちゃ人が多い・・・
なので開園前の朝の早ーくから行って一番乗りで乗ったらもう終わりかな。
2回目乗ろうと思ったら、200分待ちに並ぶことになります。
Posted by れいな on 15.2017   0 comments
Category :旅行

フレボ掲示板①801~1000

マリオカートWiiフレ募掲示板れいな第1スレッドのレス801~1000です。

この章は私のマリカWii生活の一つの区切りとなる章・・・
のはずでした。
すなわち、このスレッドが1000まで行ったらマリカWiiを一旦「引退」する気持ちでいました。
なので900後半ぐらいまで来た時にその事を公言しました。
が、そうなるとみんな書き込みしてくれなくなりましたwww
まあ考えてみれば当たり前ですよね。

「引退」を宣言した理由ですが、DQ10の時とほぼ同じです。
VR9999を達成した事や受験勉強に専念する事ももちろん理由の一つですが、
一番の理由は、
依存症のようにハマリ過ぎているライフスタイルをいいかげん辞めにしないとこのままではマズい。
と感じていた事でした。
まあ結局完全に辞めることはなく、サービス終了まで続けていた事は周知の事実。

806~808 れいな2ndライセンス主催のルーム戦の様子 この「ベビーカート杯」は1stライセンスでも一番最初に主催した縛りのルーム戦でした。その1stライセンスはレートがとうとう9500を突破していました。

816 びすこさん主催のルーム戦に参加。 その時の様子 ふーこさんのルーム戦の様子も写っていますがここにもまだデビューして間もない頃の「ひなえもん」さんや「ちびざるぅ」さんが写っていますね。

820 「★★★スリースター杯」を主催。掲示板デビューした時から「いつかは私も主催してみたい!」と思っていた憧れの大会でした。惜しむらくは12人揃わず10人止まりだったことかな。私の見立てでは三ツ星プレイヤーのフレンドは確実に12人以上居るので満員にするつもりだったのですが甘かった。それよりこの大会でとうとう自分のレートが9999になっているのをみんなにひけらかす事になったのが密かに嬉しかったはず。

826 いもこ♪さんからのカンストおめでとうメッセージ。3/18にVR9999をとうとう達成したのでした。実に長い道のりでした。でも★★★を達成した時ほど興奮していませんでしたのでスレッド内で報告はしませんでした。代わりにブログに記事を書きましたね。

831
 マサムラさんがマリカー復帰されました。この方は私のデビュー当時よく対戦していたのですが高校入試があったので休止されていたのでした。「って事は中3であれほどの文章を書いてたのかよ(*○*)!!」と舌を巻いたのでした。

834 れいな主催の「バトル杯」 レース一切無しのバトルばっかりのルーム戦。有りそうでなかなか無いですよね。

858 「@こぉ・・・^^」さんからのフレンド申請。何とも変わったハンドルネームだなぁと思っていたら後に「らいね」という名前に変更されました。そこに書かれている「イケメンパラダイス」のルーム戦では、いかに男前な顔のMiiを作成してくるかというルーム戦だったのですが、優勝者は「ぐれねこ」さんでした。

865 パイキングさん主催のルーム戦などの様子 野良の写真も写っております。良いとこ撮りとは言え国内で9000後半をまだ維持できているかのように見える稀少な写真。「ゆな」さんの他に「たこやき」さん「まうら」さん「マリカーだいすき」さん、そして「いなば」さんが居ます。密かに追いついてやろうと意識していたあの「いなば」さんと互角の勝負ができている。フレでも何でもなかったのでその事には一切触れていませんが実はかなり意識しながら走っていたのでした。「良いとこ見せるんだ!」って思いながら走るのと、ただ漫然と走るのとでは全然違いますよね、マリカーって。私の場合はそういう緊張感がたいてい良い方に働きます。逆の人も居ますね。意識する相手が現れると空回りして炎上しちゃう人とか。

878 今見てみると恥ずかしい限りです。これは更新日が2011年になっているので遙か先の話なのですが「フレンド条件」なる物を記載していたのでした。文章の行間からトゲトゲしいオーラが滲み出ております。おそらくその時期(2011年)だとこの当時(2009前半)とは違ってイライラしていたんじゃないかなと思われます。すごく高圧的ですよね・・・

879~880 「かりあげ」とか「もみあげ」とか書いてあるので上記の878は元々「からあげ」していただけだったものと思われます。そう言えば居ましたね。スレ覗いたら「age」とか「あげ~」とか自己レスばっかりの人とか。開いた瞬間「何だこのスレは( ̄□ ̄;)!!」と思われて余計に誰も書き込まなくなるという事がどうして解らないんだろう?といつも思っていました。

883 この「まめしば」さんの豆知識は私がマリカWiiオンラインを始めて最初に読んだ「教科書」みたいな物でした。どれもこれも目から鱗が落ちる事柄ばかりでした。

895 「レートなんてタダの飾りですから5000でも9999でも何でもOKですよ^^;」 こんなセリフをまさか自分の口から言える様になるとはね。これもやはり9999を達成した心の余裕がなせる業かも。

897 「ともこ♪☆」さんからの初カキコ。そう。最初はサブしか空いていなかったのでそちらでフレンドになったのでした。その後、最も長く遊ぶフレンドになろうとはこの時は全く予感していませんでした。

905,919 直子(ノック)さんからの初カキコ。この方は少々問題児だね~などと芽衣さんとよく話していたんですが、それもそのはず。まだ小学生の方でした。そんな年齢の子まで保護者無しでこんな所にデビューしていて、キャプボを買って実況までやるという事実にひどく驚いたのでした。

906~907 この「いもこ♪」さんと「ともこ♪☆」さんがハンドルネーム似ててよく混同している人が多かったね。更にもう1人ただの「いもこ」さんも居たので尚更ね。

909,924 「ネムコ」さんからの初カキコ。もちろんこの時すでにそれが芽衣さんである事は知っていました。芽衣さんは2月末に「引退」ルームの後マリカ界を去って行かれました。でもこの「ネムコ」さんのIDは間違いなく芽衣さんのそれ。その事に最初に気づいたのはHISUIさんでした。突然SkypeでHISUIさんから「ちょっと見て欲しい。今フレボに居るネムコって人、芽衣さんだと思うんだけど麗菜さんどう思う?」ってメッセージが飛び込んできたのです。「あああ! 間違いないよ! このID、間違いなく芽衣さんだ!」と心臓が早鐘を打ちながら返信したのをよく覚えています。と同時に、誰よりもフレボを隅々までチェックしていると自負していた自分が全くその事(芽衣さんが密かに名前を変えて復活していた事)に気づいていなかった事にすごく地団駄踏みました><

861,926 ぐれねこさんからのカキコ。861の時点では1stライセンスがほぼルーム戦オンリーだったのですが、9999達成以来再び気楽に野良に出るようになったので926の様な書き込みを頂くようになったのでした。

931,932 HIJANくんはその後も昔の「はかいしん」に戻ることは無くみんなと仲良くやっています。それでもやはりドタキャン率は結構高かったので何度かフレンドは解消していました。

933 そう。いよいよ「引退」を仄めかす時期にさしかかってきました。

936,938
 あっという間にその情報が広がってしまい、「エイプリルフールでした~(●´▽`●)テヘペロ」などと撤回できる状況ではなくなってきました。それに本当にこのままのペースでは倒れてしまいかねないと思っていましたのでガチでやるのはそろそろ辞めにしようと思っていました。そのVivienneのアクセ、少し前に久しぶりに買おうと思って見に行ったらお店無くなっていましたわ。SKECHERS本店もかなり前に無くなっていました。

946,947
 「アスラ」どの・・・ 何と白々しい・・・ それは置いといて、4/12というのはマリオカートWiiの発売日(正確には4/10)でしたのでちょうど1周年にふさわしい賑やかなルームを主催したのでした。大会ライセンスなる物を用いて誰でも参加でき、終わったら自由にFC削除可能というもの。その後はそういうのが当たり前の存在になりましたがこの時はまだ珍しい主催方法でした。「引退」を仄めかしていたのも相まってたくさんの参加者が来て下さり大賑わいとなりました。

959~988
 フレンドさんからの温かいメッセージ群。今読んでいても涙がこぼれてきます。

985 さんからもメッセージが。そう。このアドバイスのおかげで今ここにフレ募掲示板のコピペが貼れるのです。

987 HISUIさんに合流して久しぶりに野良対戦の図。その記事のコメントでともこさんに下記の件を指摘されてますね。

989~1000 「このスレッドがカンストしたら引退」などと言ったため皆さん遠慮してしまい全然埋まらなくなったので、怒濤の自分語りが始まりました。首脳会談なのに小泉首相を完全無視して1人でTVカメラに向かって喋り倒す江沢民國家主席のごとくwww その中で書いている「マリオカートデラックス」の件、まさか8年越しに任天堂から発売される事になろうとはねぇ。

2009年の4月24日、とうとう掲示板のレスが1000になりました。 その時の記事
次回、れいな第2スレッドの思い出も書いていこうと思います。
 
 

Posted by れいな on 12.2017   4 comments
Category :フレボ掲示板

オーディンスフィア

 オーディンスフィア (1)
やるべきゲームにリストアップされていた一つ、「ODIN SPHERE」をプレイ・クリアしました。
ハードはPS4です。

結論から言います。
素晴らしい作品でした!
シナリオ・音楽・システム・世界観・グラフィックどれを取っても不満点が有りません。

オーディンスフィア (3)
開発したのは前述の「ドラゴンズクラウン(クリックにて詳細)と同じくアトラスです。
この2作品はよく一緒に紹介され、実際スタートしてみると似た様な横スクロールの画面、似た様な独特のキャラデザだったので、これも買って失敗だった作品になるのかな?と心配しました。
が、中身は全然違いました。

オーディンスフィア (6)
この作品、元々はPS2時代に有った作品のリメイク版らしいです。
だから確かにPS4のゲームの割に昔っぽいグラフィックです。
でもグラフィックなんてその程度で十分なんだという事をこの作品は証明してくれます。
シナリオライターが本当に素晴らしい。
特にキャラたちのセリフが。
舞台はモロに中世ファンタジー世界。
騎士道や武士道の精神に則った耳に心地良いシビれるセリフをこれでもかと喋ります。
これこそロールプレイングゲームのシナリオだ!という王道の様な作品。

オーディンスフィア (4)
担当している声優陣も素晴らしい。
この悪役は若本規夫さん。セルもバルバトスもムムカもブリタニア皇帝も顔負けなほどのバリバリの若本節。
あと、この作品には結構ジジイキャラが出てくるのですが、それらのヨボヨボでしわがれた声のセリフがものすごく板に付いていて思わず聞き惚れてしまう。
他の作品だと若い人が年寄りっぽい声を無理して出しているな~って感じがしちゃうのが多いのにこの作品にはそれが無い。

オーディンスフィア (2)
本作の主人公は一人ではなく5人居ます。
1章ごとに交代するのですが、それぞれのお話がほぼ同時に進行しており、一つの壮大なストーリーを各々の視点でプレイする感じです。
どのキャラもそれぞれの国に属しており、その正義に基づいて戦います。
当然、ある国での「正義」は他国にとっては「悪」と映りますね。
二国間のような単純な構図ではなくやや複雑ですがそれだけによく練られていることが窺えます。

オーディンスフィア (5)
5人の時系列を確かめる画面。
冒険する世界自体は5章とも同じなので、3章目ぐらいからちょっと飽きてくるかもしれません。
でも全員違う武器、違うスキル、違うアクションを駆使して進んでいきますので挫折するほどの事はありませんでした。
アクションRPGですが、難易度「Sweet」を選べば死ぬ事はほぼ無いのでサクサクとストーリーを進められます。
全員の章が終わったらいよいよ終章に入ります。
マルチエンディングでした。
全てを見ると真のエンディングが待っています。
これは傑作でした。買って正解の作品でした。
 
Posted by れいな on 09.2017   0 comments
Category :その他ゲーム

安土桃山文化村

安土桃山文化村 (1)
前回の安土城址(クリックにて詳細の記事にてKeiさんに、
「お城の実物が三重県に有るのです」とコメレスしましたが、実際には行った事が無かったので先日行ってきました。
伊勢神宮(クリックにて詳細からやや東に進んだところに有ります。

安土桃山文化村 (2)
安土桃山文化村と言う名前ですが、昔は伊勢戦国時代村という名前でした。
結構な広さで、メインディッシュの安土城は最も奥まった場所にあります。

安土桃山文化村-(47)
村の入口です。
平日に行きましたが、土日でもそんなに混雑しないようです。
ちと値段が高めで都心からは微妙に遠いからかな。

安土桃山文化村-(7)
いよいよお城の入口です。
スタッフの方々はみんな忍者の格好をしていて気さくな方が多いです。

安土桃山文化村-(18)
ジャーン!
堂々とした佇まいです。
「所詮はレプリカだからショボいんじゃないか?」と思っていたのですが
そんなチャチな物ではなく本当のお城です。

安土桃山文化村-(9)
内部はこの様になっており、様々な展示物があります。
当然、織田信長にまつわるエピソードの物語です。

安土桃山文化村-(14)
最上階からの眺めです。
瓦のブルーがやや鮮やかすぎる様に思いますが、他とは違う斬新な物を好む信長らしさに思いを馳せるのがよろしいかと。

安土桃山文化村-(10)
金箔の貼られたシャチホコ。
見えている海は伊勢湾ですが、本来の安土城では琵琶湖を望みます。

安土桃山文化村-(20)
シャチホコのある階から更に上にニョキッと伸びている部分、
そこには靴を脱いで細い階段を上ります。

安土桃山文化村-(15)
その内部はこの様なキンキラキンの部屋でした。

安土桃山文化村-(27)
目玉の安土城以外にも様々なアトラクションや建物があります。
特に忍者関係のアトラクションやショーなどが中心です。
弓とか手裏剣とか吹き矢などで遊ぶことも可能。

安土桃山文化村-(3)
レストランなど食事処もあります。
乗り物系のアトラクションは無いのでどうしても地味に映ってしまいがちですが、
安土城だけを目当てに行くのでも十分価値がありましたので、滋賀の安土城址とセットで行くのが良いと思います。
 
Posted by れいな on 06.2017   2 comments
Category :旅行

フレボ掲示板①601~800

マリオカートWiiフレボ掲示板れいな第1スレッドのレス601~800です。

601 ポテチさんからフレ申請。この方も共通フレを通じて既にかなり良く対戦していました。さていよいよフレンドリストが固定化してきました・・・

606,613,620 芽衣さんとつっちーさんとHISUIさんからのHappyBirthdayお祝いのカキコ。そう、この主催ルーム戦の日は私のお誕生日でした。Skypeグルチャで雑談中に、「で、何歳になったの?」という話になって、それまでヴェールに包んでいた実年齢がみんなにバレてしまったのでした。 それらのルーム戦の様子

615 ぐれねこさんからのカキコの中に「Mr.Bean」の名前が。たぶん当時そんな名前を聞いても何のことだか解らずスルーしたかな? と思ったらすぐ後の自分のカキコの中に「聞いた事有る希ガス」などとレスw それよりルフィを知らなかった・・・だと?

619 結局、ライセンスを2つに分けることにしたのでした。9000超えしたメインはそのまま専らルーム戦アカウントに。そしてセカンドライセンスは以前諦めたWiiハンドルを主に扱いながらレートを気にせず楽しむアカウントとして。

645 「コテ関」こと「たいき」さんからフレ申請。この方はゆなさん経由で知り合った方でしたが9000安定のかなり格上のプレイヤーだと思っていただけに驚きました。その後、数年にわたり互角の対戦を続けることになろうとは。

655 いつも満員のゆな杯に参加。続いてぐれねこさんのゲームキャラ杯に参加。 私はFF7の「エアリス」で参加。この時おそらく初めて武さんと対戦。そして後述のレス761に続くわけです。 そのルーム戦の様子

662,663 ライセンスを二つに増やし、それぞれのイン率を同じぐらいにすべく両方でフレンドを増やし両方でルームを開き・・・ ますますハマっていくのでした。 「運ゲー克服大会」などの様子

688 KOTOKOさんからのフレ申請。主婦の方でしたがいろんなゲームを紹介して下さいました。Kanonという「ギャルゲー」が素晴らしいから是非プレイしてみて!と進められたのですが・・・ 全く良さが解らず挫折しましたm(_ _)m

712 2ndライセンスの三ツ星金ハンドラーマークを白骨化させないように頑張る。 そのルーム戦の様子 ぽよんさん、流亜ちゃんもフレンドになってますね。KOTOKOさんルーム内には、あの「ひなえもん」さんが! まだ始めたての7000になったばかりのひなえもんさんですが、この人はその後マリカWiiトッププレイヤー(いろんな意味でw)に登りつめるのです・・・ はっはっは。言うねぇ。

726 「ちょっぴぃ」さんからフレンド申請。今でもSkypeで緩ーく繋がっているはずですが、この方と「ちびざるぅ」さん、「ともこ♪☆」さんと4人で何度かトランプのゲームなんかも楽しみましたね。

756 ヴァニラアイスさんが私のルームとびすこさんのルームにダブルブッキングしてらっしゃる事に気づいたものの、どうやってやんわりその事を伝えたものかと苦慮した覚えがあります。同級生のフレンドたち、毎晩オールでマリカやっていていったいいつ寝てるの?と不思議だったのですが、なんとなく読めてきました・・・

761 初めてのさんからのカキコ。この件、私のフレンドの1931さんとビタミンさんの書き込みが荒らしによって改竄されていた事件でした。どうにかして早く管理人に通報したくて武さんのスレに報告したのでした。返ってきた返信も事務的な文面に見えますが、全員(すなわち荒らし犯人も)が閲覧可能ですのでこの程度しか公開できないわけです。本当はもっとこう「実はこの人が犯人だと思うのです」的な話がしたくてウズウズしていました。そこでどうにかして武さんとプライベートメッセージをやりとりする手段は無いかとぐれねこさんに相談してSkypeのIDを聞き出し、そこでもまた「エアリス」のれいなです。などとFF7ならおそらくさんもよくご存じだろうと算段を立てて話しかけたのを昨日のように覚えています。

763 もるぜさんからの初カキコ。と言うのも、確かWiiリモコンとかヌンチャクの信号がレース中に途切れたりして切断に遭うのはどうにかならないか><的な事をもるぜさんが書いてらっしゃったので私がお節介でその解決法を書き込んだのでした。その様な性格は今でも変わっておりません。DQ10の提案広場に誰かが質問的な事を書いていたらすかさずその人のマイページに飛んでいきお節介三昧していました。

766 みじんぎりレタスさん主催のルーム戦 前述の固定フレンズが10人ですがそこにTakeoさんも! 深夜勢のプレイヤーとは滅多にゲーム内で会うことは有りませんでしたので貴重な写真です。

774,775,778,786 「白ハンドル限定杯」を主催。ふだんコントローラーを使っている人たちを集め、Wiiハンドルを引っ張り出してきて悶絶し合おうという企画。