【DQ10】アスペルガーとドラクエX

アスペルガーの人はテレビゲームを好む。

広場1
DQ10に限らず、延々と「日課」の様な事を続けるタイプのゲームって特にアスペルガーの人が居る率が多そうな気がしませんか?
実際、それを意識して公式サイトの広場を眺めていると本当にそうだと確信できます。
特にクレーマー・モンスタープレイヤーと思われているおなじみの投稿者って何人か居るのですが、
なぜ彼らがその様な忌み嫌われる存在に成ってしまうのか、理由の一端をアスペルガーの特性に垣間見る事ができます。
一つ例を挙げてみます。
広場をよくチェックしている方なら見覚えがある投稿かもしれませんね。

ドラりん氏の削除基準が分からないです
テーマ:冒険者の広場について
提案広場の管理人かバイトか知らないけど、ドラりん氏の削除基準がよく分からないので質問および提案をさせて頂きたいです 本キャラで提案していた頃から、この人にはよく提案を削除されてたもんですが、削除理由の主旨がイマイチ理解に苦しむ事が多々あるのです スマイルドラゴンのアイコン付きで「提案をしていただく為の場です」といった定型文の決まり文句を理由に非表示化される仕打ちを何度も経験してきました 前回の私の提案は『2.2から登場する新転生モンスターに新素材を追加してほしい』といった普通の提案をしたのに、それすらも削除されてしまったのです 提案として、定型文のマニュアル仕事ではなく、提案を非表示化する際は明確な理由(文章の中のどの部分が削除対象の理由にしたのか)を記載するようにしてください そしたらこちらとしても多少は納得できるので…よろしくお願いします

最初これ投稿者の名前を見ずに読んでいて、
まさに、アスペルガーの典型例だなーと思いました。
で、投稿者の名前を見て・・・
なるほどね(*´Д`)=з と合点がいきました。
以前からずっとこの調子で、「どいつもこいつも話にならん!私こそがアストルティアの生徒会長だ。世直しする!」の様な事を声高に唱え、出入り禁止となり今度は別のアカウントからもしつこく繰り返している。という状況ですね。
アカウントは2つに留まりません。少なくとも4つ、あるいはもっと所持しているんじゃないでしょうか?

話を戻しましょう。
額面通りにしか受け取れない。
言外の意味を汲み取ることは全く不可能。
一例があったらこういうのもこういうのも常識的に考えればダメだよねって普通は解るけど解らない。
よく目にするのは、
「どのフレーズが規約に引っかかったのか!」
とアラ探しに必死になっている人。
いや違うでしょ。そんな一言一句がどうこうではなくて、ほとんど同じ内容の投稿を何度も何度も繰り返しているからでしょうが。1本1本の樹ばかり見て森全体を見る事ができない。
「全く間違った事を言ってないのに!」
いや違うでしょ。確かに書いてある内容自体はその通りかもしれないけど、明らかに相手(運営)をバカにした様な挑発的で慇懃無礼なその物言いが不快極まりないわけよ。そういうのも全て「不適切な内容」になるのよ。
で、挙げ句の果てに、「消されたのは痛い所を突いてやったからだろ!図星だからだろ!クソ運営が!バイトごときが消しやがって!」
と更なる悪循環に陥っていく。
「◎◎問題」などと一人で勝手に決めつけて一人で盛り上がって問題を一人で山積みにして毎日激おこ。
全て、その人の規約違反と勝手な妄想から始まった不信スパイラルなのにね。

再度話を戻します。
その都度、具体的な指示などがない限り、自分で臨機応変に、応用を利かせる、など全く不可能。
それってただ幼稚なだけじゃない? つーかタダのバカじゃん。
と普通は思うよね。
しかし悲しいかなそういう種族なんです。生まれつき。
この本人が嘆願している通りなんです。
逐一、具体的に解説・指示がない限り、解らないのです。
でも、実際問題、そんな1人のためにそこまで時間を割ける指導役なんてそうそう居ません。

もし自分が運営側の人間(そのドラりんとやら)だったらと想像して、
そんな一つ一つにいちいち削除理由なんて書く時間がどこにあるのか?
実際大変すぎて無理だろうなー(´・ω・`)
って、相手の身になって物を考えてみる
こんな言い方されたらムカッと来るかな?
とか。
全く想像できない。考えようとする気もサラサラ無い。思いつきもしない。
ただただ自己主張を一方的にまくし立てるだけ。
双方向の会話が成り立たない。
注意しても断固受け付けないか、その場1回きり。
次回に応用することは無い。

さてどうしたもんでしょうかねー。
本人がアスペルガーだと気づくまで、些細なことでの言い争い・すれ違いが、延々と、続くことでしょう。
しかも「相手を困らせてやろう」って悪意みたいな物は実際本人にも全く無い可能性が高い。
そこが、ワザとやっている釣り投稿者や構ってちゃんなどの確信犯とは根本的に違い、余計に厄介なところですね。
世間ではそういう人は「真性きちがい」などと評価されてしまいます。
欧米人「Japaneseはoctopusなんかを食べるのか\(゜□゜)/ Oh,Crazy!!!」
日本人「何がキチガイなもんか! 旨いじゃないの!」
と意見が相入れないのと似た様なものですね。
相手の事情も考慮してみる。って事が少しでもできれば良いんですけどね(´・ω・` )

普通なら飽きるだろうと思われる様な事を延々と続けられる。
変化に富んだ活動よりも、むしろ毎日毎日全く同じパターンを繰り返す事を好む。
不測の事態に臨機応変に対応できない。
アスペルガーの特徴ですが、バージョンアップとかエイプリルフールなんかのイベント直後に広場が「毎回」荒れるのも合点がいきます。
彼らにとっては、ずっと同じパターンで、同じ様なサポを雇い、同じ様な職構成で、同じ様な敵を倒し、同じ金策を繰り返す「日課」が性に合っているのですから。
それがバージョンアップやイベントでガラリと変更されたり、新しい要素が加わったり、邪魔が入ったりしたらひどく戸惑い、ひどく怒る。癇癪を起こす。
柔軟にパターンを変えたり、構成を練り直したり、自分で工夫するといったことができません。
バージョンアップ後にマタメンテが頻繁に発動する事など、もはやお馴染みで解っているはずなのに、毎回、それにより自分の計画を邪魔されると癇癪を起こし、広場に重複投稿という規約違反も厭わずに暴言を吐く。
普通の感覚なら、どんな風に変化するのか、どんな新しい要素が加わるのか、またどれくらい不具合が頻発するのかすら楽しみにして迎える事ができるのにです。
藤澤Dがバージョン1の終盤でおっしゃっていた言葉があります。
これからはたくさんのコンテンツが増えますので、今までの様に全てを「日課」の様にこなすという事は難しくなり、自分で、やるべき事を取捨選択して遊ぶスタイルになります。
これはアスペルガーの人にとっては極めて難しい事です。
自分で計画を立てる。という事が苦手です。
全体を見て、バランス良く組み立てる。なんて事が超苦手です。

しかしながら評価に値する事だって有ります。例えば、
バージョン1.0のうちに全職カンストする。ピンクモーモンだけで5万匹も討伐している。
そんな事、普通の人なら到底イヤになって完遂できません。でも彼らは黙々とできる。
それはある意味、貴重な才能とも言えると思います。
そういう才能を存分に発揮できる職場などが見つかれば幸せでしょうね。


何度も言いますが、
まとめますと、まず、
アスペルガーというのは、病気ではありません。
心の病気などのいわゆる精神疾患でもありません。
言わば生まれ持った性質・性格です。ただの。
なので障碍と言うのも間違いです。
「異常」だと診断する事も傲慢な行為です。それは、男性脳が女性脳を異常と断じる。キリスト教がイスラム教を異常と断じる。それと同様の行為に値しますので。
当然、治療なんて概念も無意味となります。
とは言え、アスペルガー気質が強い人というのは少数ですから当然大多数一般人から見れば「異常者・変わり者・非常識」に映ってしまうのは仕方がありません。
少数派の彼らのために合わせる。なんてことは到底不可能ですし、そんな事をすれば今度は大多数一般人の方からクレームが殺到するでしょう。
ですので、こういう気質・特徴が存在するのだということをまずは理解・自覚し、
次に、大多数一般人的な物の考え方という物を理解し自ら身につけていく(本音は抑えて、一般人を演じる感じ)ことが肝要です。
普通の人は特に努力も無しにそれが自然と身につくのですけどね。
それを自然とではなく、能動的に頭で考えながら身についているフリをするってのは相当なエネルギーを要しますが、その「譲歩」によりこの世の中で円滑にコミュニケーションが取れる様になるのですから少しずつでもいいので努力する価値は十二分にあると信じます。
Posted by れいな on 21.2014   1 comments   0 trackback
Category :学術的日記

このコメントは管理者の承認待ちです
2014.08.31 20:26 | | # [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/75-748f4313

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する