松江城

松江城1
松江市の中心にある松江城天守閣に登りました。
内部に様々な展示物が有るところは他のお城と同じですね。
籠城用の井戸も掘られていました。

松江城2
すなわち守りを重視している城ですので、二階には石落とし(敵が石垣に近づいてきたらこの穴から石を落としてダメージを与えます)もたくさん有ります。
ファイアーエムブレムの戦闘マップみたいですね。

松江城3
続いて周囲のお堀を船に乗って松江を案内してくれる「堀川めぐり」に行きました。
松江も大阪と同様に水の都と呼ばれ、たくさんの橋がかかっています。
また内堀も外堀も400年前とほぼ同じ状態で残っております。
船頭さんが操縦しながら色々な松江にまつわるお話をしてくださいます。
途中四回ほど極めてギリギリの高さの橋の下をくぐるので、電動で屋根をウィーンと下げたり上げたりします。

松江城4
今回の様に台風・大雨などが来たら水位が上がって中止になりそうな気がするのですが、心配無用なのです。この狭い水路が常に堀内の水位を一定に保つ様に自然と水を出したり入れたりしているのだそうです。

島根県
松江の位置は⑨で、東西に宍道湖と中海があって正に水の都ですね。

宍道湖1
宍道湖観光遊覧船にも乗りました。
はくちょう号と、はくちょう2号と有るのですが、今回は2号の方でした。
こちらの方が内部も新しくて座敷に座ってゆったりできます。
しかし外に出て風に当たりながら景色を見る方が気持ち良いです。
ちなみにこのキャラは島根出身の秘密結社鷹の爪の吉田くん

宍道湖3
船の上にあった銅鐸。内側に象牙の様な物が取り付けられてあり、カランコロン♪とカウベルの様な音がしました。
そもそも銅鐸はどういう目的で作られていたかも定かではありません。
ベル説、祭具説、置物説などいろいろ唱えられていますが、やはり本来の用途は「鐘」だったんじゃないかと思います。

宍道湖2
途中、嫁ヶ島の近くを通ります。
この島は、姑のイジメに耐えかねて家を飛び出した嫁が氷の張った宍道湖の中にジャボン!と落ちて溺死してしまった後に生まれた。などと言い伝えられています。
宍道湖はその大きさの割に水深は極めて浅く、湖岸からこの島までも歩いて渡る事も可能です。
浅いため、水は常に濁っており、富栄養化が進んでおります。

宍道湖4
それゆえ、この湖の名産品はご存知のヤマトシジミなどになるわけですね。
ちなみにカタカナでそう表記すると同名の蝶の一種と紛らわしいので「大和しじみ」と和風に表記することが多いです。

江島大橋3
松江から中海を横断すると、鳥取県の境港に入ります。
その途中、この部分にかかる江島大橋は、知る人ぞ知る写真撮影の名所です。

江島大橋1
これです。何じゃこりゃー\(°□°)/
と思うのは、この位置から撮った場合のみです。
なのでこの交差点の所に何人もの写真家らしき人々が陣取っていました。
実際に登ってみると、まあ普通の橋と同じなんですよねー。

壽城1
境港から米子に南下する途中の⑫で、またお城に遭遇しました。
しかしこれ、歴史的な史跡でも何でもなく、ただのお菓子屋さんだったのです。壽城と言います。
お城を模した建造物って他にも時々目にしますが、ここまで本格的な建物はそうそうありません。

壽城2
実際、米子城から石垣など移築して造られた物ですのでこだわりは相当なものです。
名物は「とち餅」という栃の実から作られたお餅で、ちょっとクセがあります。
普通の方は中に餡子が入っていて、赤福みたいにお餅が中になっている逆バージョンもあります。
Posted by れいな on 17.2014   2 comments   0 trackback
Category :旅行

れいなさん、こんばんは。
連続コメントすみません。
 
松江城に宍道湖、見事に島根を網羅していますね。
津和野行ってたらパーフェクトだった。
そして境港に米子・・鳥取編のスタートですな!
水木しげるロードと鳥取砂丘、なしっこ館に期待!
あ、あとは かつ江さんね。
2014.08.18 23:49 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
いえいえ、武さんだけでも見てくださっていると思うと、サイト放置・閉鎖せずに続けていこうというモチベに繋がりますので大歓迎ですよー(^O^)ノ
山川、若草、菜種の里。松江の三大銘菓ですね。堀川めぐりの時の船頭さんに、せんど教えられました。
うーん、ダジャレを仕込んだつもりだったのですが、千度で良いのかな?と思って調べてみたら、これは関西の方言で「何度も何度も」「充分に」といった意味で1000回という大袈裟な言い方ってわけでもない様ですね。
ごまんとある。も私は50000ある。という大袈裟な言い方だと思っているのですが語源は違うのかも(^_^;)
話を戻します。
高級旅館などで色々呼ばれて多分食べたはずなのですが、和菓子にはさほど興味が無いので、どれがどれだったかイマイチ印象に残っておりません。
あちゃー(>_<;) やっぱり期待しちゃいましたか。
この流れだと鳥取も引き続き行くのかな?って印象になると思いつつ書いておりましたが、残念ながら今回はここで終わりなのです。
島根県だけ一歩も足を踏み入れた経験が無かったので今回行ってみようと思いたち、離島も含めて網羅しようと最初は計画しておりました。
津和野はまた龍源寺間歩と共に次の機会(10年以上は先になると思いますが)の楽しみにとっておきます。
なので当初、鳥取には足を踏み入れずに帰る予定だったのですが、島根ワイナリーに寄った時に、ふと江島大橋の衝撃的な写真が飾ってあるのを見て、急遽、
この橋行って見たい!
と思い立ち、ルート変更した次第です。
境港、米子で普通ならご指摘の水木しげるロードを楽しむところなのだと思うのですが、鬼太郎など知ってはいるものの、さほど興味が無いためスルーして帰っちゃいました。
砂丘は日帰りでもサッと行ける距離なので実は以前に行ったのですが、まだ記事におこしておりません。
写真を貼っていくだけの内容の薄い記事になりそうだったので保留していたのですが、そのうちついでにくっつけておこうかなと思います。
2014.08.19 08:53 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/73-d6188bfc

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する