FC2ブログ

ドラクエ11S体験版

DQ11 (82)
9月27日に「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めてS」のSwitchソフトが発売されます。
現在、その体験版をダウンロード・プレイ可能ですので早速体験してみました。

DQ11 (84)
無印版との最大の違いは、ボイスが付いているところ。
なので「S」は「Switch」「Special」「しゃべる」「声優」などの頭文字だそうです。
結論から言うと、すごく良い!
戦闘中の掛け声だけかな?と最初は思っていましたが、ムービーシーン・イベントシーン全てプロの声優が喋ります。
主要キャラだけでなく、一回きりのそこいらのおじさんにもボイスが当てられているのが嬉しい。
主人公の名前が入っていてる台詞も非常に多いのですが、ケースバイケースで「省略」したり「あなた」だったり「この子」だったり「勇者様」だったり、違和感のない様に全ての台詞で言い直されているのが感心します。
まあドラクエですから、主人公側が何も喋らず相手側だけが一方的に喋っているという不自然な仕様だけはどうしようもありませんけどね。

DQ11 (88)
更に、本作のモンスターたちは結構セリフが有るのですがこれも全部良い感じでした。
見た目と声が合ってない様な違和感は皆無でした。
ただし、町の中のモブキャラによる「こんにちは」「ゆっくりしていってね」「ワシはピチピチギャルになりたいのう」みたいな他愛のないセリフにまではさすがにボイスは付いていません。

DQ11 (86)
音楽。
全てオーケストラ版に差し替わっていました。
ここは好き嫌いが分かれるところかも。
フィールドの曲とかものすごく迫力が上がっていて良いのですが、バトルや町の曲は私はオリジナルのシンセ版の演奏の方が好きかな。
オーケストラ版のCDを聴いた事が無い人ならば、どの曲も初耳になるはずなのでオリジナル版との違いを楽しめる。

DQ11 (83)
グラフィック。
プレステ版のあの美しさを果たしてSwitchで再現できるのか?
最大の懸念でしたが、まあ合格点かな。
比較しちゃうと、やはりキャラの顔のくっきり度が落ちているのは否定し得ません。
画面スクロールもカクカクしていて、「プレステ版の時は3D酔いしなかったのに今回のは・・・」と言う声も聞きます。
確かに前の方が目にかなり優しかった印象。
でも充分頑張ってプレステ版に近く出来上がっているなと感心しました。

DQ11 (91)
今作は痒いところに手が届く様にいろんな所が改良されています。
キャンプ拠点まで行かなくても、町の中でもダンジョンの中でも錬金ができるようになりました。
前は歩き回る時に主人公しか表示されていませんでしたが、仲間キャラも付いてくる様になりました。

DQ11 (85)
カメラモードなるものが実装されました。
でもSwitchってボタン押すだけでスクショが撮れるのでわざわざこのモードを起動する事はあまり無いと思う。

DQ11 (89)
しばりプレイの項目も増えています。「町の人がたまに嘘をつく」なんて面白そうだけど、実際にはそのおかしな台詞を言った後に呪われ効果音が必ず鳴るので惑わされる心配はありません。
ダッシュボタンを押すと高速で走る事が可能。これはものすごく快適。
バトルスピードも「速い」「超速い」に変更できるので、雑魚戦やレベル上げ時は「超速い」にしてサクサク進めるのが良い。

DQ11 (87)
マップ読み込みのロード時間もプレステ版より相当短くなりました。

ただ、一つ気になっている所は、エラーが発生しやすい事。
敵にエンカウントした時とか移動中とか、不特定のタイミングで突然フリーズして「エラーが発生しました。ソフトを終了します。」が出てしまいました。
ググってみると、私だけでなく他の人も同様の症状を訴えていて、どういうシーンでエラーが出たか岡本北斗プロデューサー自身が皆に尋ねてらっしゃいます。
なので私も症例報告させて頂きました。
たぶん体験版のみの不具合であり、製品版では起こらない物だと信じています。
でなきゃもし本番の方であんな頻度でエラー出まくったら、大問題になりかねないレベルです。
それにしてもこの岡本北斗プロデューサーって気さくな方ですよね。
プレイヤーが「このしばりプレイの項目の表示が邪魔だなぁ」って呟いたら、突然「さくせんから消せませんか?」とゲーム製作者本人からアドバイスが来る。
すごい時代になったものです。
フレンドリー過ぎて、見ていて少し心配になってくるレベルです。
「ふじさわD」と「まなちゃん」など散々見てきただけにね。
私がもしその様な立場、いや普通に仕事している場合でも個人のアカウントで客や患者と直接話をするなんてとても考えられません。例え売れないアイドルのような存在であってもメリットよりもリスクの方が大きすぎて無理ですね。

sderror.jpg
追記。
どうやら、こちらのプレイ環境もやはり原因の一つの様です。
ゲームデータをSDカードに入れてプレイしている人にエラー頻発している模様。
やはりSwitchで遊ぶ場合は基本的にゲームデータは本体メモリに入れてプレイする方が安定しますね。
実はDQ10もそうでした。最初は頻繁にエラーが発生していましたが、ゲームデータを全て本体メモリにインストールし直したところ、一度も発生しなくなりました。
転送速度も任天堂推奨の結構良いSDカードを買ったはずなのに、どうやらハズレを引いた可能性大ですね(´・ω・` )
現在DQ10だけで本体メモリの大半を占めてしまっているので、なかなか他のゲームを本体メモリにインストールしにくい状況なのですが、遊び終わったらこまめに消していくしか無さそう。
次に買う新型Switchのメモリが大幅に増えている事を期待する。

DQ11 (90)
本作は体験版のわりに、かなり遊べます。
具体的にはベロニカとセーニャが仲間に加わって4人パーティになる所まで。
この後サマディー王国領に入ろうとすると「体験版で遊べるのはここまで」と出てストップがかかります。
ここでセーブファイルを作っておけば、製品版に引き継ぐが可能。
なので、この4人のレベルをホムラ付近で上げられるだけ上げてゴールドやキラキラをたくさん取得したり、錬金しまくって「打ち直しの宝珠」を貯め込んでおくのも良いかもね。
また体験版を遊んだ特典として製品版引き継ぎ時にスキルの種を3個もらえます。
スキルポイントはいくら有っても困らない物なので、貰えるのなら是非貰っておきたいです。

DQ11 (92)
DQ11を既にプレイ済みの方はあえて買う必要は無いか、大好きな人は既に予約している事でしょう。
勧めたいのは未プレイの諸兄。
本作のシナリオは正に王道で、ゲームシステムも難しくなくて非常にオススメ。
まあ体験版の部分はまだ「お使いゲー」の域を出ませんのでやや退屈に感じるかもしれませんが、本編はすごく面白いのでSwitchを持っているもしくは買うつもりであるならば是非ともプレイして欲しい1本だと思います。
 

 
Posted by れいな on 23.2019   0 comments
Category :Dragon Quest

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する