FC2ブログ

紺青の拳

紺青の拳 (2)
公開中の劇場版名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)を観てきました。
以下、これから観ようと思っている人にはネタバレ要素も有りますので閲覧しない事をオススメします。
既に観た方や、観ようかどうしようか検討中の方には参考になるかも?

紺青の拳 (4)
ローテーション的に今回は怪盗キッドが活躍する番です。
盗むお宝が、そのサブタイトルとなっている巨大なブルーサファイアの宝石です。

紺青の拳 (6)
ステージはシンガポールで、例の有名なホテル(マリーナベイ・サンズ)も出てきます。
私は旅行した事が無いのですが、行ったことのある人ならその再現度の高さに驚くんじゃないかと思う程に綺麗なグラフィックでした。

紺青の拳 (7)
当然英語のセリフが多くなるのですが、声優の皆さんなかなか上手でした。
特にゲスト出演の河北麻友子(ニューヨーク出身)はネイティブですので一際存在感を示していました。

紺青の拳 (3)
コナンは・・・
ただ肌が浅黒くなっただけなのに蘭たちには現地の子供に見えているという設定でした。
いやそれはいくらなんでも無理があるでしょ!
で、新一に成りすますのがキッドというお馴染みのパターン。
でも最後のシーンで、蘭はその新一がキッドによる成りすましニセモノである事を見抜きます。
と言うより最初から判っていたみたいな事を言いますね。

これに関してはいつも思うのですが、
蘭はコナンが新一である事も解っていそうですよね。
時々クライマックスシーンとかで蘭を助け出すコナンに新一を重ね合わせるカットとかよく有りますから。
事情が有るのだろうなと空気を読んで、あえて騙されているフリをし続けている。
知っているという事を口に出してしまうと全てが手のひらからこぼれ落ちていきそうな気がして言えない。
そう思うのです。

紺青の拳 (5)
今回のクライマックスシーンもいつもと同様に派手なCGを駆使して街がぶっ壊されます。
「から紅の恋歌」の時の様に日本の大阪の読売テレビのビルがぶっ壊されるのとは違って、世界的に有名なシンガポールの街やホテルをこんな風にしたらクレームが来るんじゃないかと心配しちゃいますが、もちろん事前に許可も貰っているんだろうと思います。
また誰もが一度は空想するあのホテルの空中プール部分が千切れて落下するシーンを、他ならぬ名探偵コナンの映画で描いてもらうという事はむしろ本望なのではないだろうかとも思いますね。

途中で眠たくなることもなく、最初から最後までなかなか面白かったです。
トリックや犯行の動機などを解明するシーンはいつもの「眠りの小五郎」は出番無しで、
コナンとキッドによって行われました。
が、かなり早足でした。多分時間の関係上かな?
ゆえにもう一度最初から観直したらよりハッキリと内容を理解できそうだと思いました。
 

「~の拳」つながりで北斗の拳とのコラボらしい動画。
まさか「真の」毛利小五郎役の神谷明が再びコナンに出るとは驚きですね。
たまに昔のコナンの作品を観ることがありますが、やっぱり「おっちゃん」の声は彼しか有り得ないな~
今の小山力也も決してダメではないですが、聴き比べると全く格が違うと感じます。
 
Posted by れいな on 18.2019   0 comments
Category :小説・映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する