FC2ブログ

シュタゲゼロアニメ

シュタゲゼロアニメ (1)
「STEINS;GATE 0」のアニメ版、ようやっと視聴しました。
放送が始まった時から観たくてウズウズしていましたが、全部まとめて一気に観たかったのでずっと我慢していました。
そして前回書いたSTEINS;GATE本編のリメイクを全クリした今、満を持して一気に観終わりました。
 
シュタゲゼロアニメ (8)
素晴らしかった。
シュタゲアニメ版同様、ゼロのアニメも脚本が新たに作り直されていました。
ペルソナ5アニメの様な手抜きの駄作なんかと全く違いました。
23話でしたが、毎回すごく良い所で終わって一刻も早く次が観たくなる様な見事な脚本。
 
シュタゲゼロアニメ (7)
前半の一番心に来るシーン。
オカリンがアマデウス依存症に陥りそうになるところで踏みとどまるシーン。
ただの「機械」に対して本気で愛の告白をしそうになるシーン。
ゲーム版ではオカリン自らハッとして慌ててアプリを消しましたね。
アニメ版では真帆が現れてスマホを取り上げるという風に描かれていました。
場所も公園のベンチではなくラボの屋上。
原作だとオカリンは鬱気味でとにかくやたらと独り言を喋るのですがあのままだと時間を食いすぎるのでこの様にリメイクしたのでしょう。
このシーンは原作のあの迫力にはさすがに敵わなかった。
 
シュタゲゼロアニメ (6)
次にゲーム版で涙があふれ出したシーンがここ。
α世界線に一時的に飛んでしまって、生きている生身の紅莉栖と再会し抱擁し合うシーン。
ここは見事に再現されていたな。
 
シュタゲゼロアニメ (5)
「君に一生、萌え萌え☆キュン!」
まさかこのシーンがアニメ版で観られるとは思っていませんでした。
ゲーム版では阿万音由季に関する描写はあまり無くて、比翼恋理の方でこのシーンが描かれていたのですが、これを入れてくるとはシュタゲファンにとってはたまらないね。
このシーン以降もダルがひときわカッコ良く描かれていました。

シュタゲゼロアニメ (4)
カッコいいと言えば、ルカ子。
2036年ではこんなイケメンに。
でもいきなりこうなるんじゃなくて、途中の2025年とか段階を追ってだんだんと女の子の顔から凛々しい顔へと成長していってました。
途中まではトレードマークのヘアピンも付けていました。
この未来方向へのタイムリープの一連のシーンでは他のキャラ達も少しずつ老けていく様が見事に描かれていて一枚絵だったゲーム版とは一線を画していました。
 
シュタゲゼロアニメ (3)
後半の最も心が躍るシーン。
それは鳳凰院凶真が復活するシーンですね。
「エル・プサイ、ぁコングルゥ」
といういつも以上に芝居がかった口調はゲーム版の時と全く同じでニヤリとしました。
 
シュタゲゼロアニメ (2)
終盤のクライマックスは原作と全く違っていました。
原作では黒幕レイエス教授が紅莉栖の記憶データを自分の脳にダウンロードしようとしてダルに阻まれてジ・エンドという痛快な逆転劇でした。
アニメ版は「おあずけ」になっていたシュタゲ本編のトゥルーエンディングのシナリオが組み込まれていました。
すなわちαでもβでもない狭間の世界線シュタインズゲートに到達するハッピーエンド。
まゆりと鈴羽が乗ったタイムマシンが紀元前の荒野に漂流してしまうけどオカリンが別のマシンで救出するというシナリオも入っていました。
なるほど、シュタゲELITEでサブリミナルの様にチラッチラッとオカリンの脳裏に出てきていた荒野にまゆりが放り出されているシーンはコレの事だったのねと判りました。
リメイク版のELITE、ゼロのアニメ版、両方同時にリンクして制作されていたからこそできたニクい演出だなと感心しました。
 

 
Posted by れいな on 19.2018   2 comments
Category :その他ゲーム

観終わるのはやっ!一気観もいいけど毎週一話ずつ観るのもワクワクでおもしろかったよー^^
例の8話一回で理解できた?私は7話の終わりと繋がって無い様に見えて[あれ?1話飛ばした?]8話だけ全然違うwと思ってますた。と、この8話が神回と言われてるのは知ってたかな?シュタゲ22話とリンクしてる事。どこが神回なのかググる前にもう一回視て自分できずけたら面白いとおもうよ^^

やっぱ一番のみせどころはオカリンの厨ニ病復活シーンだね!何回も視た^^ココが一番萌えるw
@ラジカン屋上でオカリンがまゆしいにオペレーションアークライトを号令したときの、まゆしいの(うん!)がキラキラしててよかった*^^*

@妖刀五月雨の鍛練は無駄ではなかったデスネ。。。

@桐生萌か チョイチョイ見せ場ズルいよねw

@お掃除軍曹もっと掘り下げて欲しかった。

@比屋定さんをもっとイジるとこ見たかった。

@@@言い出すときりがないです^^; なたね~^^/
2018.11.19 19:38 | URL | ともこ♪☆ #- [edit]
またまたコメントありがとうございます。
ここで今日は終わろうかな?
と思っても毎回良い所で終わるのでついつい観続けてしまいました。
8話というと、α世界線に飛んでしまって生身の紅莉栖と「再会」して、最後に「ハイルナ」のDメールを紅莉栖のケータイに送る回ですね。
なんとなく解った様な気はしてるけど、コレとコレが繋がっていると明確には理解していないかも。
まゆしぃもダルも前作ではタイムトラベルの真相に触れる事があまり無かったけど、今作ではネタバレに積極的に関与させていましたね。
まゆしぃの記憶の中にもα世界線での賑やかなラボの記憶も存在している。
オカリンの心の中には私よりも紅莉栖の方が大きな存在となっている。しかももうこの世には居ない人なのに。
言えないけれどもどうしようもない嫉妬の感情が湧きあがってきてしまう。
の描写も入っていましたね。
真帆たんは一応ゼロ編のヒロインだったはずだけど、アニメ版ではそこまで出し切れなかった感じだね。
レスキネン教授の、外国人が頑張って日本語を喋ってる感、相変わらず見事ですね。
ゲーム版で最初に聞いた時はてっきり本当に外国人の声優が担当しているんだと思い込んでいた。
シュタインズゲートに到達してハッピーエンドになった後、オカリンは果たしてどちらと添い遂げる事になるんだろう・・・
2018.11.20 12:44 | URL | れいな #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する