FC2ブログ

【DQ10】トラシュカ2018

DQ10 (258)
しばらくキッズタイマーだったDQ10の利用券を久しぶりに購入しましたよ。
目的は季節限定公式イベントの「幻の海トラシュカ2018」を楽しむためです。

広場の日誌では、ミニゲームの中ではスライム探しが一番好きで、トラシュカ2017はハマらなかったと書きましたが、どうやら昨年もこの時期はキッズタイマーで1ゲームほどですぐ辞めたのだと判明しました。
装備欄を見たら一番最初に貰えたはずの浮き輪すらゲットしていませんでした。

みんなの意見を見るとトラシュカは圧倒的に一番人気のミニゲームですので、きちんとやればハマるのかもしれない。
と思い、今回は真剣に取り組む事にしました。

昨年は海に落ちたらボーッと見ているしかなくてつまらないなと感じたのですが、
今年のは落ちても10秒後に復活できる様になりました。
なのでモチベーションが消失しにくいのが良いね。
現に落ちたにもかかわらず1位を取れた試合も有りました。

DQ10 (259)
ある程度の回数を重ねるとポイントが貯まって新しい浮き輪を貰えます。
魚介類を取ると一時的にスピードアップするサメの浮き輪
鶏を取ると一時的に無敵になるももんじゃの浮き輪
このどちらかを装備すると獲得点数を伸ばしやすくなりますね。

私はももんじゃの浮き輪の方がお気に入り。
このゲームは基本的に「死なない(落ちない)事」を最優先する方が正解。
一か八かの勝負に出る強引な立ち回りでは、いざという時に高得点を逃してしまいます。
いざという時とは、「神回」の事です。
神回とは、高得点のお宝がたくさん降ってくる回のこと。
具体的には20万点以上取れる回の事かな。

DQ10 (261)
でも去年からやっている経験者の方々はサメの浮き輪の方が慣れているのでサメ派の人の方が多い印象。
実際、公開初日の昼12時に早速スタートしたのですが、私以外の7人はみんな昨年のサメの浮き輪を装備していて「ガチ勢ハンパないって!」と笑っちゃいました。

はっきり言って「運ゲー」要素は強い。
一つ残らず全てのお宝を回収する完璧な立ち回りをしたにもかかわらず10万ほどしか取れない回もあれば、
落ちたりしてグダグダな立ち回りだったのに20万点を超える回もある。
しかし、下手な人が「たまたま」高得点を叩き出せるのとは決して違う。
稀にやってくる「神回」というチャンスを確実にモノにできる実力がある者だけが高得点を残せる。
そのためにはどんな試合であれ1位を取る。スカ回であっても全力を尽くす。海に落ちても試合放棄しない。という気概で常に臨まなければ肝心な試合でチャンスをフイにするのである。

他に心がけたこと。
設定でカメラの左右に振る速度を「速い」にしておくこと。(ほとんどの人は普段から速いにしていると思いますが)
効果音を最大にして、BGMをゼロにする。
理由はお宝が落ちてくる音と方向を聞き逃さないためです。
シャリーン!:高価なお宝
コケーコッ!:ニワトリ
ドスン!  :重量物
カラン!  :おでんか傘か仮面など
目だけに頼っていては高価な物を取り損ねてしまいます。


更に上級の裏技として、カメラモードでプレイするというのもあります。
予め他の冒険者やパーティ仲間を非表示にして、プクリポなどをお宝と見間違える事を防止します。
カメラの視点は最も引いた状態で走り回れば視野が広くなります。
ただし海に落ちたりジャンプしたりするとカメラモードが解除されてしまうので、ノーミスで完走できるのが当たり前というウデマエレベルでなければあまり恩恵が無いかも。
動画は「攻略の虎」さんのそれを貼らせていただきました。


プレイしてみた感想ですが、なるほどこれは燃えるね。
しかも1試合5分も戦うコロシアムイベントや10分も20分も釘付けになるエンドコンテンツのバトルとは違い、2分ほどで終わるのもちょうど良い。
試合途中で離席しても誰に迷惑がかかるわけでもないというのもありがたい。
 1試合目:まずまずの立ち回り
 2試合目:グダグダながらも良い物がたくさん落ちてきた回
 3試合目:現時点で最もイカしたデキ
 
DQ10 (260)
そして何より、フレンドやチーム内の成績順位表が貼り出される事。
これが燃える最大の要因。
オフゲよりネトゲの方がハマるのはフレンドの存在があるからです。
マリカやスプラと同じ。
ランキング1位に躍り出たと思ったら次の日にはフレンドに抜き返されている。
そしてまた必死になって記録を塗り替える。
そしてまた次の日には(以下略)
マリカWiiの任天堂公式大会の64クッパ城の特殊タイムアタックでいなばさんとデッドヒートを連日繰り返した記憶が蘇ります。

24万
そうやっているうちに自ずとウデマエが上がっていく。
前にゲームセンス(クリックにて詳細)という記事でも書きましたが、上手い人・強い人ってのは「生まれつきセンスがある」・「飲み込みが早い」とかいう要素なんかより、圧倒的に「負けず嫌いな性格」・「後先考えずにのめり込む性格」に依るところが大きいのです。

DQ10 (262)
9/2までの僅かな期間しか開催されないのが惜しいですが、有限だからこそ必死になれるという特長もある。
それまでに25万点以上取れる超神回を引き当て、なおかつ勝ち残る。
その確率は福引で特等を引き当てたりジャックポットを引き当てるぐらいの低確率だと思いますが、できる限り狙ってみようと思います。
 

第1試合:オガ男でサメの浮き輪を持って挑む 集えオガ娘の主催者と共に
第2試合:神回。まだまだ危なっかしい立ち回り ラストバナナ1個残しているのがダメ
第3試合:超神回。金のニワトリを一羽逃さなければ26万点を超えられたのに~><


第1試合:プクちゃんたちで挑む
第2試合:サメの浮き輪でもがんばる~
第3試合:超神回キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 文句なし!
 
 
Posted by れいな on 24.2018   2 comments
Category :Dragon Quest

れいなさんこんにちは。
 
トラシュカ、昨年はラグに泣かされて途中で投げ出しましたが、
今年はルールの改正も手伝って存分に楽しんでいます。
 
なんとか20万を越えようと必死になってプレイ、
(プレイ)初日にそれを達成でき、景品も全てゲットできたので現状満足。
今はハイスコア更新できればいいな~感覚でゆるくやっています。
 
昨夜だったかな、嵐の最中に不覚にも落下。
ラスト振ってきたお宝が女神の像に金のニワトリ三羽!
それを指をくわえてながめる。
そのときのスコアが17万ほどあったので、単純に計算しても24万は固かった!
 
逃した魚は大きいじゃないけれど、
落ちたときに限って、こういうことに・・・。
2018.08.27 13:39 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
おお、武さんもトラシュカ楽しんでらっしゃるのですね。
ラグ。やはりそうですよね。
去年ちょっとやっただけでしたが、あまりにも理不尽で、
こんなのゲームにならない。と思ってすぐに投げ出した記憶が有ったんです。
でも今回はそこまで感じる事は無いので改善されたのかなと思っていました。
20万点に届いたら、その後の更新は基本的に神回を引くかどうかだけですね。
とは言え、引いてもそのゲームでミスったら正にその状態になっちゃうので、数多のスカ回での「練習」が本番でモノを言う。
スポーツやマリカと同じですね。
アンケートによると装備浮き輪はももんじゃよりもサメの方が倍以上の差をつけて圧勝なのですが、
魚介類よりもニワトリの方が降ってくる頻度が高いと思いますので私はももんじゃ推しですね。
2018.08.28 07:13 | URL | れいな #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する