FC2ブログ

ウィッチャー3

ウィッチャー (1)
PS4のオススメゲームの上位にいつも必ずラインナップされるRPG「ウィッチャー3」をプレイ・クリアしました。
ちなみにこれも「アンチャーテッド(クリックにて詳細)」と同様に日本のゲームではなく、いわゆる洋ゲーです。

ウィッチャー (3)
なかなか面白かった。買う価値は有ります。
ただ、世間で言われているほどナンバーワンのゲームとまでは思わないけど。
中身は、前回途中で挫折した「ゼル伝ブレスオブザワイルド(クリックにて詳細)」と似ています。
すなわちアクションRPGで広大なオープンワールドを馬に乗って駆け回ります。
こちらの方が雰囲気がダークです。
モンスターはグロテスクだし、人を殺す時も身体切断したり内臓飛び出したりします。
そういうショッキングな表現が苦手な人にはオススメしないかな。
私は全く気にならないと言うか、むしろ好きなので全く問題無しでした。

ウィッチャー (9)
グラフィックは非常に精密で見やすかった。
操作性はちょっと不満あるかな。スティックを倒したり離したりしても、サッと動き始めてピタッと止まるではなく、のっそり歩き始めて慣性を残してもっさり止まる。なので端っこギリギリに立つなどの行動がやりづらく、行き過ぎて転落死する事故が後を絶ちません。
まあ見た目はその方がリアリティあるんだけど、できればもっと普通にマリオとかDQXのキャラみたいにキビキビ動いて欲しい。

 ゼル伝よりも良かった点は、やはり「難易度設定」が存在する点。これに尽きる。
もしもこれが無かったらこのゲームもゼル伝同様に途中で投げ出したと思います。
当然一番イージーでプレイしました。
それでも、それでもオープンワールド特有の長~いマップ読み込みロード時間にイライラさせられます。
ゼル伝ほどではなかったけれど、毎日数回はゲームオーバーなりリセットなりが発生しました。
このゲームも少し高い所から飛び降りただけで即死するんですよ( ´Д`)=3
いくらイージーモードであっても自分よりレベルの高いモンスターに捕まったら惨殺されますし。
あと、バグというか突然画面がフリーズして一切操作不能になってゲームを強制終了しなくてはならない事が時々起こります。

ウィッチャー (10)
前回も言いましたが、何回もやり直す必要のあるゲームだとオープンワールドってストレスが溜まるだけで完全に逆効果だと思うのです。
いや、アイデア自体は素晴らしいのですが結局ボトルネックとなるのは「通信・転送速度」ですね。
PS4は現時点で最もハイスペックなハードだと思うのですがそれでもマップの読み込みにあれほど時間がかかる。
動画とかインターネットでも同じですがグラフィックばかりが頭でっかちに進歩して、その大きなデータを素早く転送するスピードの技術が全く追いついていない。とにかく全てが「重い」。
まずはそちらを進歩させて欲しいです。

ウィッチャー (5)
さて、ストーリーですが極めて難解です。
いったい何のために何を頑張っているのか?
がイマイチ理解しにくい。
主人公のゲラルトが自分の娘同様の存在であるシリを探して見つけ出して悪(ワイルドハント)から守る。
というのが目的です。
そのメインストーリー以外にサブクエストやらお宝探しやら討伐依頼やらが次々と舞い込んできます。
そのどれもが丁寧に作られているので、全部やりたくなります。
と言うより、それらをやってレベルを上げてメインストーリーを進めるのが王道。

ウィッチャー (6)
全てのキャラがよく喋ります。とにかく。
全部で物凄い量のセリフが吹き込まれています。
欧米人独特の台詞回しがイヤというほどね。
はい。いいえ。とか直接的に返答する事なんてほぼ無く、必ず何かしらの皮肉とかジョークとかを交える。
洋画とか観ていても感じると思うのですが、ああいう会話を日常的にしていて精神的に疲れないんだろうか?と思いますよね。

ウィッチャー (7)
会話中に選択肢も頻繁に出てきます。
ドラクエみたいにどれを選んでも結局同じ。って事は決して無く、全然違う結果になるから侮れない。

ウィッチャー (4)
このキーラという女性とは意気投合して一緒に戦って、ついに男女の関係にもなりました。
なのにそのすぐ後にちょっとした意見の食い違いから突然殺し合いになり、剣で刺し殺す結果となりました。
いくらなんでもこの展開は胸糞悪すぎるだろ!
と思って攻略サイトを見ました。
するとやはり適切な選択肢を選んでいけば殺し合いに発展しないという事が判りました。
やり直しました。
その後も同様の分岐が他にもたくさんありましたが、その度にいちいちカンニングしてやり直すのはもう面倒なので、その次からはどんな残念な結果になろうともそのまま続ける事にしました。
放置しすぎていつの間にか「失敗」になっているクエストも有りました。
ちょうどロマサガ2のカンバーランドを放置していたら滅んでしまったみたいな感じで。

ウィッチャー (2)
主人公が「オッサン」というのが新鮮ですね。また良い味を出しているんですよこのゲラルトは。
日本のメーカーが作ったら絶対オッサンなんかではなくイケメン青年が少年、もしくは「ニーアオートマタ(クリックにて詳細)」みたいな女性になる。
オッサン・オヤジがカッコ良いゲームって良作が多いと思う。見た目じゃなくて中身(シナリオ)で勝負してるからかな。
例えばファルコムの軌跡シリーズとかもね。

エンディングまで行きましたが、何ともスッキリしない終わり方でした。
マルチエンディングだと判りましたが、どこまで戻ってどの選択肢を変えれば別エンドになるのかなどを調べるのもしんどいので、よほどヒマでなければ何回もプレイする事は無いかな。

ウィッチャー (8)
ダウンロードコンテンツも2つ有ります。
私は最初からそれらが含まれているセットのをキャンペーンで買いましたが、正解でした。
すごく丁寧に作られていました。
景色もすごく綺麗で、ストーリーも本編より解り易かった。
 
Posted by れいな on 27.2018   3 comments
Category :その他ゲーム

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.04.27 23:40 | | # [edit]
お久しぶりです 覚えてないかも知れませんがw(私は隠れファン?なのですw)マリオカートwii時代にたまにフレンド繋がりでご一緒させてもらいました。ユネというものです。フレボ懐かしいですね。もう何年前かわからんです。 あの頃はPc開いてレスを打ちながら走って待ち時間にレスを書きながら、送信 ファッ 送れてないやん。←また書き直しwとかやってました。懐かしい。私は直接れいなさんとはフレンドにはなってはないんですが←人数少なくて指加えてスレッド覗いてましたw 本当はなりたかったが恐れ多くて申請できないw そんな告白いらないですよねw ←話それました。 ふとこのブログ見て ウィッチャーを内緒でやりはじめました。 私はps4置き物になっていたのですが。私にはこのゲームはまってます。まあ好き嫌いあるゲームだとは思いますが、私は好きですね。 ←はいw 感想でした。 思い出を押し売りしてすみません。 ただマリオカートwiiもう10年かあと思い出に浸りながら生きてます。 また見に来ますね。隠れファンよりwww
2018.11.05 04:54 | URL | ユネ #- [edit]
コメントありがとうございます。
おお、お久しぶりです~
もちろんよく覚えていますよ(^O^)
直接フレンドではありませんでしたが、共通フレンドさんがたくさんいらっしゃった記憶がありますので頻繁に野良でもルーム戦でもお会いしましたね。
ユネうどん180えん とか様々なMiiがありましたよね。
ブレボサイト・・・
あそこが事実上私のインターネットデビューの地でしたので、今でも故郷の様なものですが、もう見る事ができないのが残念です(TДT)
不具合多かったですよね~
書き込みしたはずができていなかったり、バグったいたり。
結構長文レスを打つ事が多かったので、いつも別のところにまず書いてコピペしたり、送信押す前に念のために本文コピーしたりする習慣が付きましたよあのサイトのおかげで(^_^;)
フレンド枠30は少なかったですね。
今のマリカ8DXなどは200人ぐらい登録できるので足りなくなる事はまず無いのですが、Wii版ほどの神ゲーではないしフレボの様な楽しく交流できるサイトも無いので、あの時ほど夢中にはなれません。
ウィッチャー、
この独特の世界観はハマるものがありますね。
細かなクエスト類もどれも丁寧に作りこまれていて、噛めば噛むほど味が出てきて長く楽しめる作品だと思います。
10年、とうとう経ってしまいました。
あの頃、10年後もこのマリカフレンドたちと繋がっているのだろうか?なんて思っていましたしたが、予想していた以上に覚えていて下さっていて感慨深いです(*´∀`*)
はい、あまり更新していないですがまた見に来て下されば嬉しいです。
2018.11.05 08:59 | URL | れいな #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する