FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

ゼル伝日記⑥

BOTW (1)
ゼルダの伝説シリーズの最新ソフト「ゼルダの伝説 ~Breath of the Wild~」をプレイしました。
このソフトはNintendo Switch本体と共に発売されたフラッグシップゲームです。
それだけに、ものすごく気合を入れて作られています。

BOTW (6)
その評価も極めて高い。
アマゾンレビューでも恐ろしく高い点数を叩き出し、熱いレビューが多数投稿されています。
大抵いつも任天堂ゲームのレビューはアンチによる低評価も目立つのに、それすら見つけられない。
世界的にも昨年のありとあらゆるゲームの中でも一番の名作であると認められたほど。

BOTW (2)
とは言え、ゼル伝はアクションゲームなので私には無理かもと思ってしばらく様子を見ていました。
でもここまで高評価の嵐ならハマるかもしれない。
と思って約半年前に買ってしまいました。
トワイライトプリンセス→スカイウォードソード→ブレスオブザワイルド
と進化するにつれてリンク達キャラクターのグラフィックが更にべったりとした質になっていますが

BOTW (3)
なるほどこれは凄いね。
「冒険している感」がハンパない。
これも前述のニーアオートマタと同様にオープンワールドなのでエリアチェンジが発生する事無くどんどん連続的に冒険できる。
しかも行けない所ってのが無くて、どこにでも登っていける、潜れる。
アイテム類も多種多様で自分で好きに組み合わせを決めて鍋に放り込んで料理する。
レールが敷かれていないので自由に楽しめて時間を忘れてしまうほど

BOTW (7)
がしかし・・・
残念ながら私には合いませんでした。
クソゲーだとは決して思わない。むしろ、よくもこれほど凄いゲームを作ったなと舌を巻くレベル。
でも、私には難易度が高過ぎた。
100回も200回も「GAME OVER」画面を見て、「もういい加減にして!」とキレてしまった。
ゲームオーバーになると再開時にマップ読み込みの長いロード時間が発生するので、オープンワールドである事がむしろアダになって余計にイライラする。
あまりにも死にすぎる。
ちょっと足を踏み外したら転落死。
スタミナが切れたら溺死。
暑すぎたら熱中症で死、寒すぎたら凍死。
雷に撃たれたら感電死。
敵に見つかったら一撃死。

とは言えこれは私だけの話ではなく、誰もが通る道らしい。
レビューや攻略サイトを見てみるとそう書いてある。
無理に強い敵がいる所に寄り道したりせず、メインストーリーを進めていけば自ずと体力も上がっていき装備も整う。
と書いてあるのでその通りにしてみた。

BOTW (5)
でも、最初のボスとも言えるこの水のカースガノンに何十回挑んでも勝てない。
ボタン操作が繁雑過ぎるんです。ありとあらゆるボタンを押さなきゃならないし、咄嗟に装備を変更したり、頭がこんがらがってくる。
前作までのようにタッチペンやWiiリモコンとヌンチャクで直感的に操作する方がマシだったのに、今回は全部コントローラーのボタンでやらなきゃならない。
マリカWiiの時に何度もWiiハンドル・ヌンチャクからGCコンに転向しようとして挫折した私には難しすぎる。
しかも、ここさえ乗り切れば後は楽になる。とかなら燃えるんですが決してそうではない。
ますます今後難しくなっていくに違いない。今までのゼル伝を思い出してみてもそれは解る。
たぶん無理して続けてもイライラが更に募るだけだろう。そう断定して見切りをつけました

BOTW (4)
再度アマゾンレビューを見てみると、☆1を付けている人達の真面目なレビューは私が感じた事と全く同じ文面が並んでいました。
「がんばりゲージ」とか本当に余計な機能でしかない。
いろいろリアリティを向上させるのは良いことなんでしょうけど、気楽に冒険したい人にとってはストレスでしかありません。
また、オープンワールドは、頻繁にゲームオーバーを繰り返すゲームや、頻繁に「ルーラ」で遠隔転移するゲームには完全に逆効果。その度に1分以上もの長~いマップ読み込みロード時間がかかって本当にイライラする。
本末転倒とはこの事を言う。
せめて、せめて他の最近のアクションRPGみたいに難易度設定で下手でもサクサク進めるモードがあれば結果は違ったであろうに。
せっかくの名作も投げ出してしまうプレイヤーが居るのでは本当にもったいない限りだと思う。
しかも私は決してゲーム初心者なんかじゃなく、むしろ平均よりは上手い部類に入ると思ってるんですけど。
それがこのザマですからね。
謎解きとか冒険自体はものすごく面白いのに、スペランカー並みの脆弱さとバトルが難しすぎるのが致命的

BOTW (8)
ちなみに、前作の「スカイウォードソード」も途中で挫折したままWiiを片付けてしまいました。
その前の「トワイライトプリンセス」も買って早々挫折したのですが、マリカフレンドの皆さんの助けを借りてなんとかエンディングまで辿り着きました。でも正直言って苦難の連続でした。ブログを書いていたから無理矢理やり遂げましたが、そうでなければ決して続かなかったと思う。
その前のDSの「夢幻の砂時計」もかなり苦労しました。終盤は一人では無理でした。面白かったけどね

BOTW (9)
「ダメージ受けてもライフ減らない」とか「がんばりゲージ消費しない」とか「高い所から落ちても死なない」とか、そんなチートアイテムを、たとえ有料でもいいから追加コンテンツで出してくれたら再開するんだけどな~
まあ天下の任天堂がそんなバンナムみたいな商売をするわけ無いよね。
 
Posted by れいな on 04.2018   6 comments
Category :ゼルダの伝説

れいなさん、こんばんは。
 
スイッチ版ゼルダか~自分のドラクエフレンドも何人かハマってましたね。
興味はあれど、3D酔いする自分はハナから手を出さないつもりです。
 
ゼルダは64の時のオカリナだけ。
あれは3D酔いと戦いながらも、面白くってクリアしました。
スタルチュラもコンプしたし、バスも最大サイズを釣って、
やり込みもMAXだった覚えが。
 
ムジュラの仮面もトワイライトプリンセスも興味あったけれど、
手を出しませんでした。3D酔いの不快な頭痛を圧してまでプレイはできないなと。
ゼルダに限らず、3Dアクションはもうこりごりだ。
 
今はなるべくストレス溜まるようなゲームは控えましょう。
ドラクエでぼーっとプレイヤーイベントなんか眺めてる方がいいかも。
2018.04.04 21:41 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
マリカのハンドルさばきやスプラトゥーンの動きの良さでは、むしろアクション系は得意な方だと思ってた。
常にVR9000台キープしてた人とは思えない弱音だあね^^;
金リモコン欲しさに私もスカイウォードソードやったけど、鼻息荒くなる程の難所は無かったから希ガス。簡単ではなかったけどもう一回!もう一回!と楽しくムズい感じ。
私もアクション系はあまり得意じゃないけど、どっちかと言えば好きな方なのでプレイしますが行き詰まって放置するより、途中で飽きてやらなくなる事の方が多いかも。

例えがスペランカー分かりやすいw
アレは[あ~、もー!]って言っちゃいます^^
2018.04.04 21:43 | URL | ともこ♪☆ #- [edit]
コメントありがとうございます。
岡山の旅行の記事あたりから実はかなり時差がありまして、
最近まとめて記事にあげているところです(^_^;)
まだまだ下書き状態の物が控えていますので旬の過ぎたネタが登場すると思います。
時オカってよく聞きますね。ムジュラもその次くらいに。
両方とも私は全く知らないので、いつか買いたいなとトワイライトプリンセスの記事の時にも書きましたが、結局やらずじまいです。
WiiもWii Uも片付けてしまったので多分今後もプレイする機会は無いかな~
3D酔い。この作品は多分なるんじゃないかなと思います。
横や上や後ろからも敵の気配がして素早くカメラをグリグリ回したりするので。
本作はマリカやスプラみたいに「きーっ(>_<;)」っとなる苛立ちではなく、「はぁ( ´Д`)=3」と呆れてくるような死にゲーでした。
これは胎教に悪すぎると思って投げ出しました。
DQXで他愛もないお喋りをしてるのが一番気分転換には良いでしょうね。
2018.04.05 08:14 | URL | れいな #- [edit]
コメントありがとうございます。
うん。その2つはもちろんのこと、マリオシリーズもかなり得意な方だったんですけどね。
ジャンプしたり走ったり、いわゆる「立ち回り」が重要なゲームは多分得意なんだと思う。
テレビ番組で言うとサスケみたいなの。
嫌いなのは攻撃を避けたり撃ったりするタイプ。
いわゆるFPSと言われるジャンルやシューティングゲームかな。
スプラもエイムは全く評価に値しない酷さでした。
スカイウォード、ともちゃんは早々にクリアしてましたよね。
私は多分おっしゃるように詰まったとかではなく、ああまたいつもの面倒なダンジョンが続くのか( ´Д`)=3とか思って腰が重くなってそのままやらなくなったというパターンだったかも。
ある意味、「飽きている」のかもしれませんね。
今作もリンク、ゼルダ、ゴロン族、カカリコ村、そしてラスボスがガノン、などなどストーリー自体は代わり映えしないのよね。
マリオもピーチ、クッパなど毎度おなじみなのと同様に。
ゲームのシステムよりもお話を重視している人には元より合わなかったのかもしれません。
「みんなでスペランカー」というソフトがSwitchに有ります。体験版でそこそこ遊びましたが元祖の様に理不尽に死にまくるゲームじゃなくて普通に楽しめる作品に仕上がっていました。
2018.04.05 08:35 | URL | れいな #- [edit]
れいなさんこんばんは。

今回のゼルダ難しいですよね。
敵倒しても草刈っても回復用のハートが出ないことに驚きました。

そしてただでさえ難しいのにDLCでハードモードを提供するという。
需要と供給が成り立っているんでしょうかね。
達成感はありますよ!この広い世界を攻略してやったぜという達成感。

まあでも楽しむためのゲームですからね。
私もSplatoonで負けが込んでいるときにイライラすることがあって、
そのときは唇噛みながらコントローラを片付けちゃいます(笑)
2018.04.08 23:51 | URL | りくた #- [edit]
コメントありがとうございます。
確かに言われてみれば、今までのゼル伝では草むらを刈るなりツボを壊すなりしたらハートが出てきましたね。
多分今作は料理をどんどん食べろって事なんでしょうね。
枠いっぱいになっても2ページ目3ページ目といくらでも持てるところは良かったですけど。
ハードモードですか・・・
逆のイージーモードというかストーリーモードを切望しますわ~
任天堂に要望送っておこうかな(^_^;)
2018.04.09 12:25 | URL | れいな #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。