【DQ11】雑記⑦

DQ11 (29)
本作にも「学園」が存在します。
アスフェルド学園ではなく、メダル女学園(通称メダ女)です。
ここにはかなりの頻度で訪れる事になります。学園長が小さなメダルをご褒美に交換してくれるし、鍛冶用のうちなおしの宝珠もここでしか売ってないし、クエストもたくさん存在する。
でもルーラして降り立つ場所は校門よりはるか手前で校舎に入るためには毎回長い距離をオートランしなければなりません。
これはわざとでしょうね。アスフェルド学園も同様でしたが、毎日きちんと「登校」させたかったのでしょう。
で、何を教えている学校なのかというと、「いかに優雅にメダルを拾うか」という仕草について研究、教授しています。
なんとくだらない・・・
あまりのくだらなさに笑わずにはいられませんが、清々しいほど真剣にみんな励んでいるので一周回って面白い。
音楽はDQ5の城の曲ですが、メダ女の曲と言っても何の違和感もないほどにマッチしている。
そして魔王が誕生しようが世界が崩壊しようが星が落下しようが邪神が復活しようが、ここの学園の人達は一切、我関せず。
ここだけ何があっても敵に襲われない結界でも張ってあるのか?と思うほどに全員マイペース。凄いわ。

DQ11 (40)
ドゥルダ郷のニマ大師。ニノ大司教じゃないよ。
魔王誕生後に来た時は既に亡くなっていましたが、やり直しの世界ではご健在でした。
なるほど、ロウが若かりし時にわざと大師にお尻ペンペンされる様なことばかりしていた理由が解りました。
本作でも一二を争う美人さん。しかも性格はすこぶる男前。
しかしロウはもうお爺ちゃんなのにその師匠である大師はなぜ老けてないの?
エルフのヒメア様や賢者ルシェンダ様みたいに謎の仙人体質が存在するのかな堀井ワールドの美人女性キャラには。
あるいは実は「なかみ」はやっぱりお爺さんかお婆さんで、
「ぴちぴちギャル白書」でへんげしているだけだったりして。ウラノスみたいに。
しかしこの人の顔を見るとキーーーッ(>_<;)となるね。連武討魔行の最終試練で次から次へとモンスターを召喚するたびにこの顔を殴りたくなった人も多いはず。

DQ11 (36)
大抵のRPGって主人公と誰かパーティ内の女性メンバーと恋人関係に発展したり、さらに他のメンバーも誰かとそういう関係になりかけたりと必ず恋愛要素が絡みます。
ドラクエってそういう安易なシナリオに逃げることはしませんね。
でも今作はキャラたちのセリフが非常に豊富なので少しですがそういう話も出てきます。
主人公の恋人候補はやはりイシの村での幼馴染のエマ。

DQ11 (25)
でもマルティナだって姉さん女房になるでしょうけど候補としては申し分ない。
ユグノアの王子とデルカダールの王女。
「今度は絶対にあなたを離さない!」ってぎゅーっと主人公の頭を抱きしめていました。
主人公にとってはあの時点では訳がわからなかったでしょうけどね。

DQ11 (77)
ところが、とあるNPCのセリフで「グレイグ将軍とマルティナ王女が二人で並んでいるとお似合いよね~」みたいなのがあってズッコケました。
いやいやそれは無いわ、父と娘くらい離れてるでしょ。とツッコんでしまいました。
まあデルカダール王も父親というより祖父みたいな感じだから、あの世界ではヨーロッパ中世とか昔の日本みたいに男性は若い女性と結婚するのが常識的なのかもしれないけど。

DQ11 (69)
DQ5みたいに誰か1人結婚相手を選ぶパターンかなと思わせつつ、結局エマ固定でした。
結婚式の写真にはちゃんと亡くなった実の両親とテオ爺さんも映ってるところがイイネ。
みんな満面の笑み。

DQ11 (49)
でもでも~、パーティの中にエマが加入した後のチャットシーンでは・・・
グレイグをはじめみんな何とも言えない微妙な顔をしてるんですね~
とくにベロニカちゃんは露骨にわなわなと身体を震わせながら激おこぷんぷん丸!
そう言えば、ぱふぱふ屋さんから主人公が出てきた時も女性陣の仕草が面白かった。
無表情で手の関節をボキボキ言わせているマルティナが一番ウケルw
それにつけても世界崩壊後に「最後の砦」となっていたイシの村に帰って来た時の、
またデルカダール城の地下牢から解放されて主人公と再会した時の、
「幼なじみのエマよ。」ってセリフには違和感全開せざるをエマせんでした。
16年も兄弟同然で一緒に育ってきた相手に対し、いくら久しぶりの再会とはいえそんな第一声は無いわよ・・・
まあプレイヤーが悟空みたいに「誰だおめえ?」って思うかもしれないって事を配慮してのセリフなんでしょうけど、それでもねぇ。

DQ11 (30)
ドラクエの魔物たちって獣というか動物みたいなイメージを持っていました。
仲間モンスターなら「ペット」って感じ。
でも本作では結構セリフを喋るんですよね。
知能もそれなりに高いのかもしれない。

DQ11 (20)
それとも幹部やボス級の魔物だけがそうで、その他大勢のそこいらに跋扈しているモンスターはやっぱり獣なのかな?
例えばキラーパンサーとかベビーパンサーとか言葉を喋りませんよね。
このフールフールのボケツッコミ、ベタだと解っていつつも噴いてしましました(≧∀≦)
 
Posted by れいな on 04.2017   0 comments
Category :Dragon Quest

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する