【MK8D】バージョンアップ(Ver.1.2.0)

マリオカート8デラックス、またしてもサプライズ神アプデが施行されました
今日(2017/06/29)からはVer.1.2.0になります。

内容は以下の通り。

  • ピクミンシリーズの amiibo を使って、「ピクミンスーツ」が入手できるようにしました。
  • 通信対戦とマリオカートTVのローディング画面で、ルールとコース名を表示するようにしました。
  • インターネット対戦で、順位が下位のとき、追い上げに有利なアイテムが出やすくなるようにしました。
  • インターネット対戦で、アイテムのパックンフラワーが同時に2匹以上出ないようにしました。
  • インターネット対戦で、Miiレーシングスーツを選んでいるときにタイマーが切れると、操作不能になる問題を修正しました。
  • インターネット対戦で、スーパークラクション使用直後に次のアイテムを使うと、通信相手にそのアイテムが出現しない問題を修正しました。
  • インターネット対戦で、アイテムが決まらずにルーレットが回り続ける問題を修正しました。
  • インターネット対戦で、1位がゴールした後に30秒過ぎてもレースが終了しない問題を修正しました。
  • ブーメランフラワーをキャッチしたとき、2個目のスロットに入って投げられなくなる問題を修正しました。
  • 装備しているアイテムと、アイテムスロットの表示数が異なる問題を修正しました。
  • 装備しているアイテムで攻撃を防いだ直後に、そのアイテムを使用できる問題を修正しました。
  • インターネット対戦の観戦時や、観戦終了時に、通信エラーが出やすかった問題を修正しました。
  • 更新データには、ゲームを快適に遊んでいただくための問題修正など、掲載していない内容も含まれています。

いくつかの項目はものすごく重要な事柄です。

mk8d (25)
上から2つめの内容がコレですね。
今まではコースルーレットが止まった一瞬しかどのコースの何ccなのか表示されませんでした。
なのでちょっとよそ見していたら、見落としてしまいがちでした。
コースはまあ始まった瞬間に判るものの何ccなのかは見落とすと結構大変。
ミラーは判るとして100なのか150なのか200なのかで走り方が変わりますからね。
この下のスペースを有効活用する事にしたのは素晴らしい。
動画作る時も私がいつも必ずルーレット画面から録画しているのもそれが判らなくなるからでした。
今度からはこの画面から録画しても大丈夫って事よね

mk8d (23)
そして最大の変化はその下の項目。
今までは一度下位に落ちるとパックフラワーとかブーメランとか甲羅とか下位同士で潰し合うようなアイテムがやたらと出ていました。
私も何度もその事を動画内でもブーたれていたと思います。
それがとうとう、改善されたのです!
実際やってみると思っていた以上に如実に変化していました。
スターとかキラー、加速アイテムがどんどん出るようになっています。
そしてパックンフラワーが二人同時に出るというバカげた仕様も廃止されました!
これにより、一度上位集団から落ちこぼれても再度巻き返せる策が練りやすくなるはずです。
マリカWiiの時のようにマップを見て順位調整して良いアイテムを引いて最後にゴボウ抜きで大逆転!
なんてレースが再び出来る。
最高速度の速い重量級キャラじゃなくてもアイテムのチカラで出し抜く事も可能に

アイテムが決まらずルーレットが回り続ける不具合・・・って、
あれ不具合だったのか。Wiiの時にもなりましたよね。
基本的に回線が悪くなって部屋がラグくなると起こる現象でしたが、あれが起こらなくなるのなら大歓迎ですね

MKDX (9)
そして最後の、通信エラー多発問題の改善。
これもメチャメチャ大きいアプデだ。
前回のアプデ以降ややエラーの起きる確率が上がって、
合流する部屋のメンバー表が出たところで「しーーん」とフリーズし、やっとライブ映像が出たと思ったらすぐ消えて、「通信エラーが発生しました」というパターンが多発していました。
また人が多い時間帯になるとレース中でも落ちる事が多めでした。
それらがようやく改善されたとなるとコレは大きい。
というより前回も言いましたがあのままオンライン有料化するのはさすがにマズすぎるレベルでしたからね

mk8d (26)
VSのレートが8000に到達しましたー
7000から8000まで実はかなり厳しい道のりでした。
特に7000前半から足踏み状態でちっとも増えなくなりました。
なのでその状況を打開すべく、とうとう重量級キャラに手を出しました

結論から言うと、目に見えて強くなりました。
まずスタートダッシュして今までは必ず後ろからぶつかられるわ横から弾かれるわで、どんなにいい順位でスタートしてもすぐに揉みくちゃにされて下位に落ちてしまってました。
それが、無い。追いつかれないし、前の人をスリップストリームで追い抜いて更に前に出られるんです。
この違いは本作ではめちゃくちゃ大きな事です。
一度前に出てしまえば後は上位集団の一員として逃げ切るのみ。たまにはデスコンで下位に沈む事も有りますが、その回数は明らかに減りました。
これで7500を突破し、8000をも射程に入れました。

でも正直言ってこの8000辺りが現在の実力の背伸び限界かなと思う。
というのは、自分よりもレートが低い人達が多い部屋なら上位に入れるのですが、平均レートが8000以上やレート5桁の人が沢山居る様な部屋だとどう頑張っても勝てません。
アイテムの駆け引きだけで走力ある人を出し抜けるコースも本作には存在しない。
凡ミス一回で12位確定。みたいな無理ゲーな試合ばかりでだんだん嫌になってきます。
現時点でレート9999を超えている人はやはり伊達じゃない。
ただ漫然とイン率高くプレイしているだけで成れるクラスではないなと痛感した。
前のマリカ8の時は私がオンラインに出た時すでにフレンド達が10000を超えていたので上位でも下位でも常にレート増え放題だった。だから特に労する事もなく9999突破できました。
でも今回は発売日組なので真の実力が問われる。
自分よりもレートが低い人(経験者だけども始めたてのレ詐欺の人も含む)に負けまくっている様では一向に増えません。むしろ減っていきます

まあね、
数字なんて気にした方が負けだよ。そんな物に囚われずにエンジョイする事が大事よ。
と言う自分がいる一方で、
いや常に大会とかルーム戦ばっかりやるならいざ知らず野良に出るならやっぱりレートの数字こそが続ける目標になるでしょうが。それに、ドラクエの高級な装備やおしゃれな服をフレンドに見せるのと同じで、レートの数字を「ほら見て!私8000超えたのよ!」ってひけらかす事こそがモチベーションにも繋がる。
とマリオカートWii時代から脈々と引き継がれている「血」が叫ぶのです

前回の記事の動画に登場したシュウトさんも、とうとうレート99999を達成されました。世界初ですよ。本当にお疲れ様でした。
それだって、「どうだ!」とシャウトする快感、周りから「おめでとう!」「すげぇ!」と賞賛される快感、それこそがそこまでやり込む事ができる原動力だと思うのよ。

とは言え、とは言えです。
一番強いキャラ、一番強いマシン、一番強いタイヤを使って無理して分不相応な数字にしたところで必ず頭を打つでしょう。
なのでまたしばらくは軽量級Miiなどを中心に使っていこうと思います。
実はSwitchにMiiを引越した際にほとんどのMiiを「手直し」して身長をSサイズに縮めたんです。
MK8Dでは軽量級が一番ミニターボが早く溜まって有利だという情報を得たからです。
でも、実際にはキャラの重さの違いなんてあんまり関係なくて、
ローラータイヤを履いているか否か
でそれが決まっている状況です。
だって骨クッパやワリオを使っていて「うわ、いつもならここでスーパーミニターボになるのにまだならない(>_<;)」みたいな感覚を味わいませんでしたもん。
でもワイルドタイヤとか履くと明らかにターボ溜まるの遅くて・・・
これを逆にした方がいいと思う。
すなわち重量級キャラは速度こそ速いけど、もっと露骨にターボ溜まりにくく下方修正しても良いと思うわけよ。

などと書いていた矢先に飛び込んできた上記バージョンアップ情報。
ビックリしました~
みんなの声がMK8Dスタッフに結構届いているのかも知れないね。
前も言いましたが、今回のマリカチームは出しっぱなしで放置ではなく、すごく積極的にアップデートを施してきていて本気も本気です。
まだ買ってないそこの貴方、この機を逃すのはもったいないよ~

以下は揚げもんの続き。


野良レースその7


野良レースその8


野良レースその9 重量級キャラ解禁の図。
 
Posted by れいな on 29.2017   1 comments
Category :マリオカート8DX

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.07.02 17:02 | | # [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する