研修医過労死

悲しいニュースが飛び込んできましたね。
以下、毎日・読売新聞記事よりコピペ。

 2016年1月、新潟市民病院(新潟市中央区)の女性研修医(当時37歳)が自殺したのは過労が原因だったとして、新潟労働基準監督署は31日、労災認定する方針を決めた。遺族に対しても、方針を通知している。
 亡くなった研修医は木元文(あや)さん。看護助手をしながら医師を目指して勉強を続け、2007年、新潟大医学部に合格。卒業後の13年から研修医となったが、15年4月に後期研修医として同病院(消化器外科に所属)に移ると、救急患者対応の呼び出し勤務が激増。緊急の手術補助などで夜中に頻繁に呼び出されるようになり、同年秋頃から「いくら寝ても疲れる」などと苦痛を訴え、次第に「病院に行きたくない」と漏らすようになったという。16年1月24日夜、行き先を告げず一人で自宅を出たまま行方不明になり、翌朝、家族が自宅近くの公園で遺体を発見した。
 新潟県警によると、死因は低体温症で、遺体のそばには睡眠薬と飲み終えた酒が落ちていた。自殺前、家族に「人に会いたくない」と漏らしていたといい、県警は自殺と判断している。
 木元さんの夫は16年8月、「長時間労働による過労と精神疾患が自殺の原因」などとして同監督署に労災を申請した。木元さんの電子カルテの操作記録から月平均時間外労働(残業)時間は厚生労働省が「過労死ライン」と位置付ける80時間の2倍を超える約187時間、最も多い月では251時間に達していたと主張した。
 一方、病院側は木元さんが自己申告していた残業時間は月平均約48時間だったと反論。「電子カルテの操作記録の多くは医師としての学習が目的で、労働時間に当たらない」と説明していた。
 木元さんの夫は毎日新聞の取材に「労災認定され安心したが、亡くなった人は戻らない。過労死は病院による殺人に等しい」と話した。「全国過労死を考える家族の会」東京代表で、自らも医師の夫を過労死で亡くした中原のり子さんは「勤務医の過労死は全国的な問題。聖職者意識や犠牲的精神など個人の力で解決できるものではなく、社会的な支援をすべきだ」と話している。
 2016年1月、新潟市民病院(新潟市中央区)の女性研修医(当時37歳)が自殺したのは過労が原因だったとして、新潟労働基準監督署は31日、労災認定する方針を決めた。遺族に対しても、方針を通知している。


これです。
なぜこの様な事になってしまったのでしょうか?

注)
以下、いつも通り盛大に脱線するとりとめの無い駄文が続きます。
特に後半は価値観が違う人にとっては憤りを感じる可能性があります。
あくまで一個人の思いの丈を綴っただけですので生暖かく見守って頂ければ幸いです。


この先生は当該の年齢になってから医師免許を取得された方ですから、おそらく志は並ではない高さだっただろうなと想像します。
単純計算すれば医師としての経験が他の同年代と比較して10年あまりの遅れを取っているわけですので「手を抜く」なんて事は微塵も考えずに全力投球だったでしょう。
元々看護助手として働いてらっしゃった方ですので他の1年目2年目の学生気質が抜けていない研修医と比べても格段に頼れる先生だったに違いありません。

いわゆるブラック病院だったのでしょうか?
市民病院だからそんな酷い事はないだろうと思いがちですが、◎◎市民病院の産婦人科が医師全員辞めてしまい閉じる事になった。なんて日常茶飯事です。科によっては人手不足があると想像を絶する激務となる可能性があります。

とても他人事ではありません。
私の周りでも少なくとも知っている先生4人が亡くなっています。
当直明けの朝、いつまで経っても下りてこないから見にいったら当直室の中で冷たくなっていた。おそらく急性心筋梗塞や不整脈発作などを起こして。
っていうのが多いですが、自ら命を絶った女性医師も居ます。

残業時間250時間。
ふーん。です。
たぶん普通のお仕事だと考えられない数字かもしれませんが、私の周りにはそんな人ゴロゴロ居ます。特に外科系では。
私達は「超勤」と呼んでますが、研修医が付ける(申告・請求できる)超勤の時間には上限が有りまして例えば1年目は「10まで」2年目は「20まで」とかだったりします。
じゃあそれ以上オーバーする場合はいわゆるサービス残業となるの?もちろんそうです。
いや、実は昔は働いた分だけ超勤を付けることができたらしいのですが、月に200時間とか付ける研修医が居てこれはやりすぎだろなどと事務方に言われ、申告できる上限が設定されてしまったと聞きました。
「でも嘘じゃないぞ。俺らの科とかマジでそんだけ行くからな。」と心臓外科の同級生は言ってます。
心臓外科に限らずどの科であってもやるべき事はいくらでもありますから誰だって100時間や200時間に達します。
病棟に居なくても医局で文献を調べている時間、サマリーなど書いている時間、学会発表の準備をしている時間、状態が不安定な患者が居るので念のために家に帰らず医局の奥の部屋でマリオカートしている時間(笑)、それらも全て超勤に入って然るべきでしょう。
何時間以内に収めろ。などと行政が言ってきたところで、「はい。私は今月もう80時間に達したので今日から救急搬送受け入れしません。他あたって。」なんて事が許されますか?
みんながそうしだしたら今度は「患者たらい回しの上、受け入れ先見つからず死亡」ってニュースが頻発する事になりますよ。

ここで話をニュースの件に戻します。
病院側の反論で「電子カルテを操作している時間などは仕事には当たらず個人の勉強の時間」などと言ってます。
これに限らず、研修医というのは「勉強中」の身分なんだから給料も雀の涙で良い。こちとら教えてやってんだ。
みたいな悪しき風習が存在しまして・・・
特に大学病院など昔はほぼタダ働きの上、社会保障も福利厚生も一切無し。という状態でした。
じゃあどんな医療ミスを犯したって一切責任取らなくても良いんだね?
と言いたいですがそうは問屋が卸しません。
白い巨塔のドラマの様に研修医だろうが教授だろうが分け隔て無く社会的責任を負わねばなりません。
そこそこ規模の大きな病院の場合、入院患者の主治医はほとんど研修医が受け持ちます。
当直に入る回数も一番多いでしょう。
病院に一番貢献しているクラスと言っても過言ではありません。

ハッキリ言って真面目過ぎる性格だと身がもちません。
主治医を持っているという事は、例え夜だろうが休日だろうが当直の先生が居ようが、いつ自分にコールがあってもおかしくはありません。
特に状態が不安定な患者すなわちいつ急変してもおかしくない患者なんて常に何人かは抱えています。
危篤状態に陥ったりしたらすぐ飛んでいかねばなりません。
すなわち、24時間365日、ずぅーっと拘束されている様なものです。
仕事が終わって家に帰っても、休日デートしていても、常にケータイ鳴らないかビクビクしながら過ごす事になります。
気が休まる時間などありません。
飲み会とかで思いっきり羽目を外している同僚とか見ると、その図太い神経というか気楽な性格が心底羨ましくなります。

要領の良さ、狡賢さを身に付ける事も大切な事なのです。それは「悪」ではないのです。
でも、根本にある真面目な性格ってのはきっと生まれながらに決まっている物だと私は思いますので変える事は難しいでしょうね。
だから、「これ以上ムリ!」って思ったら自衛するしかないのです。
自分の身は自分で守るしかありません。
本当はあと一人ぐらい主治医当てられても何とかこなせそうだけどあえて、「ちょっとこれ以上ムリですね~(>_<;)」と予め断る勇気。後ろめたさは有るけれども、もしここで無理して受けて取り返しのつかないミスとか犯したらどうするの?と自分に言い聞かせて納得させる。

他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きてることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やってることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!!
引用元:本田圭佑Twitter

サッカーの本田△選手がツイートした内容が物議を醸し出して反感を呼び炎上していますが、私は「これの何が悪いの?」としか思えません。
ごく当たり前の事を言ってるだけでしょ。
誰かが悪い。安倍が悪い。とか言うんじゃなくて、劣悪な環境の中でいかに工夫し、いかに自分を守るか。って事が大切だ。
みたいな事じゃないの?
むしろあれに対し過剰なほどに叩いている連中にこそ憤慨します。
自殺を考えている人、鬱病の人に向けて叱咤しているわけじゃなくて一般論的に何か熱く言いたかっただけじゃないのかな?
Twitterってのは文字数に制限があるから言葉足らずで誤解を招きやすくて本当に厄介なシロモノです。

それでもあえて、今回の事件、どうにかして防ぐ事は出来なかったのかと考えてみる。
自分自身がもはや自己コントロールの域を逸脱してしまっている場合。
そのドクターを守れるか否かはやはり上司(市民病院の場合は診療科の部長)の手腕にかかっていると私は思う。
「あの先生、あんなにたくさん、しかも厄介な患者ばっかり抱えていつもヘトヘトになってて大丈夫かしら? いつ寝てるのかしら? 病院にずっと住んでるのかな? ちゃんと家に帰ってる?」ってドクターはどこにでも居ます。
ものすごく丁寧で患者からの信頼も病棟スタッフからの信頼もナンバーワン。
仮にT先生としましょう。その先生は消化器内科の先生。
内科の中でも消化器は主訴「腹イタ」を診る科ですので患者数は最も多く、また腹部は最もたくさんの臓器が集まっている所ですので原因(病巣)を見つけ診断を下すのも至難の業。
消化器内科の部長はあんまり性格良い人じゃなくて、外来で診た難解な患者を入院させたらいつもT先生に押し付けます。
聞いた事の無い様な長ったらしい病名の患者とか抱えているのはいつもT先生。
嫌な顔一つせず、全てを抱え、しかもきちんと診るので、ある意味部長なんかよりよっぽど優秀に映るし、憧れる存在。
私はその内科の部長あまり好きでなく、消化器外科の上司とよく食事に行く。
その外科の部長は「Tの患者でウチで診れそうな人が居たらできるだけ引き取ってやろう」「俺らはいかにTをラクさせてやるかが大事やからなぁ」「あいつはウチの病院の宝や。絶対失うわけにはいかん。」と言ってました。

普通、立場が近い他の科とは仲が良くない事の方が多い中、その相手の科の部長がT先生を大切に思っている。
T先生の上司は自分が美味しいとこ取りする事しか考えておらず面倒ごとは全部T先生に押し付けている。
研修医を駒か兵隊の様にしか思ってないオーベン(指導医)も居れば、一人一人がどんな患者を何人抱えているか全部把握してこの先生はまだ余裕あるとかこの先生はもうアップアップだとかきっちりノートにメモしているオーベンも居る。
そういうのって、その人の特徴というか見渡せる能力というか意識の問題ですよね。
「制度」とか「規則」とかいくら細かく設定したって根本的解決には繋がらないのです。
「人」が一番大事なのです。
いつも口酸っぱく言ってますが。

木元先生を気遣ってくれる人、誰も居なかったのかな~(´・ω・` )

このケースに限らず、「過労死」って一括りにされている事に少なからず私は疑問を抱いています。
ただ物理的肉体的に多忙が極まるだけで自殺まで追い込まれるものでしょうか?
「走れメロス」が言う様に肉体的疲労が蓄積すれば精神もやられる。ってのも確かに事実でしょう。
それで鬱病を発症し自殺企図。果たして本当にそんな単純な構図でしょうか?
何か特殊な人間関係トラブルなど無かったのでしょうか?
イジメなどもっと決定的な要因が存在していた可能性は無いのでしょうか?
勤務の「システム」ではなく「人」が原因であった可能性は無いのでしょうか?

日本人ってのは勤勉さが美徳であり最大の武器。
資源もない我が国が諸外国と肩を並べる国力を持つためにはHardworkingで勝負するしか無いのです。
一生懸命やる。嘘をつかない。人を騙さない。文句を垂れない。正々堂々と挑む。周りに迷惑をかけない。相手を第一に考え自分の事は後回し。
こういう事が当たり前にできるのは日本人くらいしか居ません。
この誇れる文化を潰してしまうことなく、そういった尊い人たちを守る。
その人にぶら下がるんじゃなくて、一緒に頑張り、見習い、支え合う。
そうありたいと常々思うわけであります。
 
Posted by れいな on 03.2017   2 comments
Category :日記

れいなさん、こんばんは。
 
実は今日の仕事帰りにある映画を観まして、
過労というかパワハラに悩む若者が希望を失い自殺しようとする・・・
そんなストーリーだったもんだから、自分のブログで、
タイムリーだったこの研修医さんの過労自殺も取り上げつつ、
映画の感想記事を書く予定でいました。
 
それにしても医療現場の過酷さには驚くばかりです。
自分の妹ふたりが看護師として大きな総合病院で働いていますが、
子どもが熱を出そうが、運動会だろうがお遊戯会だろうが休ませてもらえない。
看護師ですら尋常じゃない労働環境で、それが医師ならばなおさら・・・。
よくテレビなんかで密着ドキュメントされてる医者なんかも、
いつ休めるんだよ!?と観ていていつも思っています。
 
そう考えると問診サッサと済ませちゃう医師の気持ちも解らないでもないです。
でも、あの個人病院ヒマそうなんだがなあ・・・。
2017.06.04 00:49 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
その映画、先日コナンの新作を観に行った際に宣伝を見た覚えがあります。
病院によっても大きな差異があると思いますが、この国の勤務医はだいたい上記に書きました様に基本主治医ファーストコールの所が多く、肉体的しんどさよりも、24時間365日つねに気を張っていなきゃならない精神的ストレスの方が大きいですね。
3月までの我慢だ。みたいに期限があるなら頑張れますが、無期限でそれがずっと続くとなれば鬱ってくる可能性は十二分にあると思います。
看護師などと同じく勤務時間と非番とかきっちりと分けられていて、非番時はコールかからない、当直が診る。電源切っててOK。って所も有るでしょうけど、責任感が強い人だったらそれでも気になっちゃうでしょうし自分から進んで休みの日でも病棟に見に行ってしまうでしょう。
切り替えの上手さ、適度な無責任感、をも持ち合わせている方が長くやっていけるのかもしれないなと思います。

そちらの血管年齢の記事のコメレスもありがとうございました。
せっかくなのでここで補足をば。
「後がつかえてんだ。サッサと行ってください」オーラ。
これはホント申し訳ないです。私も普段は全開です。
本当はあの様な話したい事はいっぱいあっても一人一人そんな事していると今度は「遅すぎる!」とトラブルに発展しますので「これアナタ、今日からでも投薬治療しないと十中八九脳卒中で倒れますよ。マジで。」ってレベルの人以外はその様な応対にならざるを得ないのです。
空いてる時と混んでる時で露骨に応対を変えるわけにもいきませんので、デフォルト設定は混んでる時用の応対になっちゃいますね。
「あ、この人まだ何か言いたそうだな。」ってのを感じながらもそうせざるを得ない時はホントに申し訳ないなと思いますわ。

血小板数は問題無しですね。単位は万/dlだと思いますので22万だと正常のド真ん中です。
10万あれば特に何も症状無く、五万を切ったら「易出血性」を呈して鼻血頻発、歯磨き時に歯茎から出血、ぶつけた覚えもないのに脚などに青アザ。となってきます。

丸い圧迫つきテープ、おっしゃる通りで自分で押さえる必要の無い物ですが、10分ぐらいは付けておいた方が良いですね。
それで血管の穴は塞がっているのですが、血小板が凝集して蓋しているだけなので、剥がす時に勢いよくビッ!とやっちゃうとその衝撃でまた蓋が取れてしまいます。
そうなると元の木網なので結局なんら押さえずに放置していたのと同様の結果となるわけです。なまじ皮膚の穴だけは塞がっているので血がタラーと出てくる事はありませんが。
同様に採血した方の腕で重い物を持ったり物を投げたりしても血小板の蓋が剥がれてしまう事があります。

尿蛋白。そうそう、猛暑の日などだ汗だくになってて、なおかつ絶飲絶食で検査を受けるなども大きな要因です。濃厚な尿が出ますので。そもそも尿中のタンパクはゼロではなく、誰でも健常な状態でも僅かに混じっている物です。糖とかはゼロでなきゃおかしいですが。
その僅かの小さな分子量のタンパクが濃縮されて2+となった可能性アリですね。

普通の健診で異常を発見できる確率は40%です。すなわち60%の確率で本当は異常があるのに見つからないという事。
ドックになるとこれが80%に上がります。残り20はドックの項目にも入っていない脳の異常とか、よほど特殊な検査でないと見つけられない難病とかかな。
脳ドックなどもさらにプラスすれば100に近づけると思いますが、毎年やる程でもないと思いますので40、45、50とか節目の年など自分で設定して受けるのが良いかも。
ガン検診も全部やるとなるとキリが有りませんので、特に親族が罹った事のある種類をメインに時々受ける。ってあたりが現実的でしょうか。
2017.06.05 07:56 | URL | れいな #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する