ゴールドマリオ

mk8d (4)
さて、Switch版のマリオカートですが、楽しく遊べております~
レースでもバトルでも1位になったらこの様な目立つ王冠がMiiにかぶせられます。
なかなかむずがゆい物がありますね
勝った時は「やった!」をチャットするのが定石ですが、あえて「こんにちは!」とか「ジャイロで行きます」とか場違いなセリフを発したりして遊んでおります。
あんまり毎レース毎レース喋りまくっているとウザがられやしないかと思って静かにしている人が多い印象。特に国内では。世界だと相変わらずチャット連発する落ち着き無さそうな人が時々現れますね。

mk8d (3)
レートが2000ちょうどに到達しました。
マシンはともかくMiiをインターバル時に変更できるところがイイネ!
いろんなネタMiiをたくさん所持している勢にとってはそれだけで神ゲーと感じるでしょう。
Hetter-Pさんがこの試合などを録画して下さっていたのでペタリ。


私自身はまだSwitchのゲームを録画する道具を持っていません。
動画作りすると、楽しみが倍増するし、いろいろ反省点などもみつかって良いのは解ってるのですが、あまりにも下手すぎて見せられないのと、果たして撮るだけ撮って編集やアップロードする時間が無くて結局HDD圧迫するだけで終わりそうな気がするので今のところ揚げもんを作る予定はございませんm(_ _)m
それともう一つ。
Wii版の時のような3周目10位ぐらいから奇跡のアイテム運か~ら~の~、逆転一位キター!
みたいなドラマ性の高い試合が残念ながらMK8Dでも起こりにくいんですよね・・・
アイテムバランスをもうちょっとだけ弄って欲しいなと言うのが本音です。
 
mk8d (1)
操作法ですが、最初は本体付属のジョイコンでやっていましたがあれのボタンやスティックって正直言ってチャチなんです。
ドリフト時にキコキコやってるとすぐ壊れそうな不安に駆られます。
そこでこのプロコンを購入しました。
値段高いです。8000円ぐらいします。でも質は確かです。付属のチャチいジョイコンのパーツとは素材からして全然違います。
改めて、Switch本体は限界までコストカットしてあの値段を実現し、本格的に遊びたい人はワンランクもツーランクも上の機器を用いて遊んでね。と言う意図が汲み取れます。
でもこれあんまり売ってません。ネットで買おうとしてもほぼ品切れ状態。大手のショップでも厳しい。
そこでダメ元でデパートのおもちゃ売り場なんかに行ってみたら・・・
有ったんですね~
思わず「これって今もまだ有りますぅ?」って聞いちゃいました。
「ええ、有りますよ」とさも当然の様に店員が返答したので、「あ、じゃあ一つお願いします」ってこちらも努めてポーカーフェイスでお願いしました。内心は「マジか(゚∀゚ ) こんな所で買えるとは! 最高にイカしてる日だ!」と興奮を抑えきれぬ思いでした
ただ、一つだけ注意。
どこのレビューを見ても書いてありますが、Nintendoの専売特許であるはずの十字ボタンがイマイチです。

mk8d (2)
例えばこの画面でキャラに合わせたカーソルを「→↓→↓→↓」の様にジグザグに階段状に移動させようとしてもその様に動きません。
今までのコントローラーなら親指の腹を十字ボタンの中央に置いて上記のように入力すればOKでした。
ところがこのプロコンはその操作法だと下を押しているつもりが右に信号が入ったりするのです。
なので、指を乗せっぱなしにしないで十字方向の各端っこをチョンチョン押さなければなりません。
まあマリカでは何の問題も無いのですが、テトリスとか格ゲーとかだとそんなバカな押し方でプレイするなど有り得ないレベルですので「うーんこのコントローラー最悪や。横井軍平も草葉の陰で泣いてるよ。」と酷評される事になるでしょう。
話を戻しましょう。
そう、これがタイトルに書いたゴールドマリオ。マリカシリーズでは新しいキャラですね。
これを出すには200ccグランプリを全カップ優勝する必要があります。

mk8d (5)
そのスピードに慣れるまでなかなか大変です。
150の時と同じ走り方ではどう頑張っても曲がりきれないコーナーが随所にあります。
例えばこの「ねじれマンション」の終盤の部分も着地後いつも通りに左ドリフトを全力で切ってもアンダーステアで壁ゴンです。
いや実は、あえてゴン、あえてダート部を少し噛む。といった走法も有ります。
実際TAチャンプゴースト見ていると、いくつかそうやってわざと減速して体勢を立て直しつつ走り抜けているコースが数多くあります。
150までだったらフェアウェイからはみ出すなんて即リセットものでしたが、200ではアリです。
しかし基本は当然インベタで綺麗に走るのがベストですね。
そこで必須になってくるテクニックがブレーキングドリフト。
ドリフト中にブレーキボタンを押すと減速しながらもドリフト状態が解除されずミニターボを溜められる。
でもあまり押し続けていると完全に停止してしまいます。
そうならない程度にブレーキして離してミニターボダッシュ。
これをマスターするのが結構骨です。
Wii版のDKマウンテンのSC直前にガーッとブレーキしてから崖を飛び降りるテクがありましたがアレに近いようでまた違う。
アクセルボタンやドリフトボタンから決して指を離さずにブレーキだけ追加するという動作がなかなか難しかったです。

mk8d (6)
でもなんとかそれらしい事をできる様になって、とうとう200ccの全てのカップで優勝どころか★★★を揃える事ができました。
Wii Uの時は「こんなの無理ゲー!」と言って早々に投げ出した記憶があるのですが、今作ではWi-Fi戦でも200が混じってくるので頑張って練習しました。
どうしても上手く行かない人用に「ハンドルアシスト」なるモードもあります(ボソ
ウルトラなターボは出なくなりますが下手なドリフトを切っても絶対コースアウトしない初心者用モードです。
200なんて現時点では「上手く速く走る」事よりも「遅くてもコースアウトしない走り」をする方が圧倒的に勝てます。
オンラインでも有効です。ただし何ccか見てからそれを変更する事はできませんので、高レート部屋に放り込まれて200頻発しそうだなと思ったらハンドルアシストONにするなどやってみるのがよろしいかと・・・

mk8d (7)
先日MK8Dのマイナーバージョンアップが行われました。
Miiが無表情だったのを改善、部屋が満員でも2名まで「控え」として仮入室して「観戦」モードを楽しめる様に改善、バックミラーの画面でもプレイヤー名が表示されるように改善、ミラーや200が出過ぎだったのを改善、そして一番の神アプデ要素があります。
クラッシュ・スピン直後の無敵時間が少し延ばされました。
実際に体感できます。今までだったら立て続けに「デスコン」になってムキ━━━(#`皿´)━━━!!!!となる展開だったのが、そうなりにくくなりました。中盤~下位でお互いにアイテムを乱発してつぶし合いになる率が下がったのです。
これは誰にとっても嬉しい事です。1位にとっても中盤にとっても下位にとっても。
このアプデで不利益を被る人なんて居ないでしょう。
発売後こんなに早期に数々の修正を加えてきたところにNintendoの本気度が伺えますね

Posted by れいな on 22.2017   0 comments
Category :マリオカート8

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する