あっ、特に無いですヾノ∀`)

結構前に2ちゃんまとめサイトに挙がっていたスレで、
http://read2ch.net/news4vip/1343755017/
「コミュ障4大発言あと一つは?」
というテーマが有りました。
いや本当は3大発言なのかもしれません元々は。
それプラス何か一つ「あるある」な発言を皆で挙げていこうという企画だったのでしょう。

いろいろ挙がっていますが、私が思いついたのは、
「あっ、特に無いです」かな。
しかも言うだけじゃなくて、その時にちょっと顔を後ろにのけ反らせたり首を振ったり、
いえいえヾノ∀`)って感じの手を振るジェスチャーを顔の前でする。
そこがポイント。
本来ジェスチャーを交えるのは表現力が豊かでありコミュ障とは対極的な気がするのですが、これに関しては別だと思う。
たぶん、普段から言葉だけだと意思の疎通が上手くいかない事が多いので、「え?あるの?無いの?どっち?」って聞き返されるのが嫌なために、予防線を張る意味合いで確実なジェスチャー(首を振ったり手を振ったり)をプラスするんじゃないかな?
普段からハキハキと喋る人なら、日本人同士でわざわざそんなジェスチャーを加える必要がありませんから。
あと、その時にニヤッと微笑しながら返答していたら更に重症かも。
その無意味な笑い顔は何なの?キモいんですけど。って相手は思っているかもしれませんので、できればやめておきましょう。
なぜ無意味に笑ってしまうのか。
私は貴方に敵意は有りませんよ。っていう気持ちでたぶんそうなっちゃうのだと思いますが、本来笑顔が適切なシーンではないんですよね。
しかしコミュ障の人はそういうのが良く解りません。深刻な話をするときにもニコニコ笑っていたりします。
とりあえず仏頂面しているよりも笑顔あたりが無難だろう。って無意識のうちに笑っているのかと思います。
決して幸せな気分で笑っているのでも、相手の顔が可笑しくて笑っているのでも、何かを思い出し笑いしているのでもありません。

次に「特に」とか「別に」とかをやたらと挿入してしまう癖。
これはなぜでしょう。
これも予防線の一種かな。
あとから「実は有るじゃねぇか!」ってケースが発生した場合、虚偽申告したという事になってしまうので、100%ではないよっていう保険というか免責の意味合いを込めてそんなフレーズを多用してしまうのだと思います。
普通なら、「ごめん、嘘でしたわ。 有ったねw」で済む話じゃん。と思いますが、
神経質な性格だとそんな風に機転が利きません。
きっとフリーズしてしまうと思います。
そんな事になりたくないので、無意識のうちに「特に」とか「別に」とか保険的に使っちゃうのでしょう。

そして「あっ、」をいちいち冒頭に言ってしまう癖。
これはたぶん「あっ、はい。」と同じで一番筆頭に挙がる候補だと思いますが、理由は何でしょうか。
歯を閉じた状態で息を吸う。
というのも候補に挙がっていますがこれも同じだと思います。
これ解るかな? なんとなくオッサンぽいイメージなのですが、「えー」とかと同様にスーとかシーって音を鳴らす感じ。
静かにしょう。って時に「シーッ」てしますよね。それの吸い込む版です。
それをのべつまくなしやる人が居ます。
「あっ、」も結局同じなのですが、
要するに、非常に慎重に言葉を選んでいるのだと思います。
矢継ぎ早に適切な言葉がポンポン出てくる様な人には必要の無い物でしょう。
しかしそうではなく、かつ、できるだけ間違いたくない失敗したくないという意識が働くために、目まぐるしく慎重に考えながら言葉を発しているのだと思います。
なので「あっ、」を入れてその間に必死で適切な回答を頭から引き出してくるのでしょう。
それと、コミュ障の人は耳からインプットしてきた相手の言葉を、瞬時に意味として捉える事が苦手です。
ただの音声としてしか捉えられない傾向があります。なので、一度自分でその相手の言葉を頭の中でリピートしてようやく意味を理解する。
その時間が必要なのです。
だから「あっ、」を入れないと、いちいち返答のタイミングが遅れてしまい、相手には「この人なんでいちいちフリーズするんだろう?」なんて思われてしまうのです。
本当は思考停止どころか逆に必死にフル回転しているのにです。

例を挙げてみましょう。
スーパーで買い物をしてレジに来ました。
店員に「ポイントカードはお持ちでしょうか?」と聞かれました。
「あっ、無いですヾノ∀`)」
さてその「あっ、」の間、どの様な思考をしているのでしょうか?
ポイントカード。という言葉を耳からインプットしましたが、まずそれが何なのかを考えます。自分の言葉でそれをもう一度心の中でリピートし、そして理解します。その時、適当なカードを頭の中でイメージしているかもしれません。
言わば、ポイントカードという音声をポイントカードという言葉に翻訳している感じかな。
一緒じゃんwww などと笑ってはいけません。彼らにとっては違うのかもしれないのですから。
そして、次に「お持ちでしょうか?」を分析します。
それは「作成済みでしょうか?」という意味だろうか?それとも「今日持って来ているか?」という意味だろうか?などです。
オープンクエスチョン(答えが複数存在し得る質問)でフリーズしやすい。という特徴が有りましたが、これも一見YesかNoかのクローズドクエスチョンなのに、自分の中でそんな風にややこしく考えてしまうのかもしれません。
一事が万事、その調子です。
そりゃ疲れるでしょう。
できるだけ会話なんてしたくなくなると思いませんか?

何だよ、そのまるで見て来たかの様な詳細な解説は(; ・`д・´)
とお思いになったかもしれません。
もしも「それ私だよ。」って思い当たる方で、そこは違うんだよな。正しくはこうだ(`・ω・´)
などの助言がございましたら是非ともご教授下さい。
Posted by れいな on 07.2014   0 comments   0 trackback
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/62-7445c538

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する