SING

SING (1)
イルミネーションエンターテイメント映画の新作「SING」を観てきました。
この映画もペットなどと同様にキャラが人間ではなく動物たちです。
ストーリーよりも、題名の通り「歌」が中心の映画。
「アナ雪」などミュージカル系の映画はあまりハマらなかったので、これも似た様な作品かと思ってさほど期待せずに見始めたのですが、予想していた以上に良かったです。
おおよそのストーリーは、

SING (2)
主人公のコアラが居ました。
彼は父親から劇場を引き継いで運営していましたが何一つヒット作を出せず、そろそろ電気代も払えなくなり廃業寸前でした。
歌のコンテストをやるべく賞金1000ドルを用意して町にビラを配ったのですが、アシスタントの手違いで「賞金10万ドル」で印刷されてしまいました。
当然、それ目当てにたくさんの生き物たちがオーディションに殺到します。

SING (5)  
何人かの素晴らしい才能の持ち主が選考に残りました。
その生き物たちでショーを開催すべくリハーサルをするのですが様々なトラブルが発生して、劇場は壊れるわ賞金を用意していない事はバレるわでドン底まで落ちてしまいます。
でも動物たちはまたコアラの元に集まって廃材を集めて自分たちでステージを作りショー本番を開催する。
舞台はショボくても、歌って演奏する彼等の実力は本物ですので次第に観客が集まってきて最終的には大成功のステージとなる。
という、子供でも理解できる単純なシナリオでした。
だからと言って決してつまらないわけではなく、終始ワクワクします。

SING (3)
そして出演する動物たちの歌や演奏が実に素晴らしい。
この作品は映画館ならではの大画面と音響システムで観てこそ、その良さが解るタイプの映画です。
自宅で小さい画面とショボいスピーカーで鑑賞しても多分つまらないと思います。

SING (4)
観たのは日本語吹き替え版でしたが素晴らしかったです。
主人公はウッチャンナンチャンの内村光良、出演する動物たちはMISIA、長澤まさみ、山寺宏一など有名どころの声優が担当していますがみんな上手かった。
原作の字幕版も観てみたいなと思います。
Posted by れいな on 18.2017   2 comments
Category :小説・映画

続けてコメントしますね。
 
この映画、甥っ子たちを誘っていたのですが、
映画を観に連れて行く対象の甥姪、そして息子を含めて総勢6人。
SING派とモアナ派に別れて意見がまとまらず、
そのうえ全員のスケジュールが合わないまま春休みが終了し、
けっきょく未だに鑑賞できていません。
 
さすがに自分ひとりでは観に行こうとは思わなくって、
モタモタしていたら、コナンとかクレヨンしんちゃんとか始まって、
もうそろそろ上映終了しそうな雰囲気です。
 
当初、ズートピアの人気に便乗して動物のアニメ映画作りやがったな?!
そんなふうに思っていたのですが、しっかりと面白い作品みたいですね。
長澤まさみの歌唱力が凄いという噂なんで、やっぱり観てみたいかな。
2017.04.23 21:24 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます~
やはり武さんもこれとモアナ観る予定でしたか。
どちらもハズレにはならないと思います(*^o^*)
ズートピアも良かったですね〜
肉食と草食という「種族の違い」というのをベースに作ってあったのがいかにも向こうの作品だなと少し苦笑しましたけど。
このSINGは前述のララランドみたいなのから恋愛要素を抜いた様な作品ですのできっと武さんも「良かった」と感じる作品だと思います。
歌・音楽がシビれるので、上にも書きましたが是非上映期間中に映画館の音響で鑑賞する事をお勧めします。
2017.04.24 08:44 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する