テイルズオブゼスティリア

ゼスティリア (1)
をプレイ・クリアしました・・・
と言うのは嘘で、「テイルズオブゼスティリア ザ・クロス」のアニメを視聴しました。

PS4のテイルズ最新作である「テイルズオブベルセリア」が、前作のゼスティリアと話が繋がっているらしいのでプレイ前に一応見ておこうかと思って。

ゼスティリア (8)
以下、ダラダラと感想をば。
テイルズシリーズを知らない人には何を言ってるのかチンプンカンプンかも知れません。

全体を通して、なかなか面白かった。
主人公が何のために、何を最終目標として頑張っているのか、などがハッキリしていて良かった。

ゼスティリア (4)
この世には「けがれ」が満ちている。
そのけがれの原因は人間達の憎悪など負の感情から生まれてくるもの。
どんどん増幅してドラゴン憑魔(ひょうま)なる化け物となって人々を襲ったり自然災害や疫病を撒き散らす。
このままでは世界は滅んでしまうので、けがれを浄化し、その元締めの様な存在「災禍の顕主」を討つ。
それが可能なのは「導師」のみ。でもイオン様はこの世界には居ません。レプリカであるシンクも居ません。
主人公が自ら導師と成ります。
この世には普通の人間以外に「天族」なる特別な種族が存在する。昔は人と天族と仲良く平和に暮らしていた。しかし人は徐々に天族への感謝の気持ちを忘れ疎遠になっていった。
そのためにけがれが満ち溢れる様になった。
この辺りはよくある設定ですね。
「天族」に当る部分は神々であったり精霊であったり竜族であったり。
実際、天族は精霊みたいなもので普通の人にはその姿が見えません。
でも主人公だけは幼少期から天族の村イズチで暮らしていた人間なので天族が見えるのです。
この辺りのお話はゼスティリア発売前の「導師の夜明け」という作品紹介アニメでも観ました。
あれを観た時に「今回のテイルズは久しぶりにアタリかも( °∀°)」と期待に胸を膨らませたのでした。

ゼスティリア (7)
出てくるキャラ達の性格も気持ち良い。
主人公のスレイは見た目はシンフォニアのロイドに似ているかな。
中身もロイドやスタンやアスベルみたいな100%純粋真面目タイプ。
相棒のミクリオもほぼ同じタイプだけどやや陰がある印象。なのでいつかユーリとフレンみたいに主人公と同調できなくなるイベントが来るんじゃないかと不安を覚えましたが、特にその様なシナリオはありませんでした。

ゼスティリア (5)
ユーリと言えばテイルズでは珍しく「必要悪」を認めるタイプの主人公でしたが今回その役を演じたのは女性キャラのロゼでした。
「お前だけは殺す!」と視聴者もつい力が入ってしまう悪を裁くシーン。
大抵、真面目主人公が「ダメだ!」などと綺麗事を言って止めてしまうパターンが多いですが、このロゼもその制止を振り切って殺ってしまいます。
ラゴウやキュモールを仕留めるユーリを見た時は「うーわ、マジかよ・・・」って引くくらい衝撃的で新鮮でした。
それには劣りますがこのロゼもなかなかカッコ良いね。

ゼスティリア (3)
ヒロイン役のアリーシャ、これまたスレイ以上に真面目100%の女性キャラで、あそこまで芯の強い人は今まで無かった。
なんか公式ではヒロインはロゼという設定らしいのですがこのアニメではどう見てもアリーシャがヒロイン、というかもう一人の主人公でした。
そんな風に誰がヒーロー、誰がヒロインなどときっちり型にはまっていないのも良いところか。
カイルはリアラと、ロニはナナリーと、みたいに大抵の作品では男女カップリング成立する展開がありますが、本作にはそういうの一切無い。
スレイとアリーシャ又はロゼと二人っきりになるシーンなんかも結構あって、普通ならここでお互いを異性として意識しちゃうシーンとかになるものですが、全く無い。
それも良いのですが、ちょっと物足りないかな。少しは恋愛感情やら嫉妬感情やらドロッとした展開も欲しかった。
もしかしたらゲーム本編だと各キャラの背景とかエピソードとかもっと深く描かれている、あるいはこのアニメとはかなり違うシナリオなのかもしれません。
ベルセリアをプレイしてハマったらゼスティリア本編もやってみようと思います。時間が有ればですが・・・

ゼスティリア (10)
本作はテイルズでお馴染みのイラストレーターである藤島康介氏といのまたむつみ氏が共同で描いています。
そんな作品は初めてです。と思っていましたが、既にコラボ作品は存在していました。詳しくは空缶さんのコメント参照。
お二人のタッチは全然違うので混ぜたら違和感MAXなんじゃない?と心配しましたが、なかなかどうして。
アニメ化されたら全く気にならないレベルに上手く調整が仕上がっていて感動しました。
一応、人間キャラは藤島氏、天族キャラはいのまた氏が担当しています。

ゼスティリア (2)
冒頭でスレイ(人間)とミクリオ(天族)が一緒に並んでいるシーンが出てきた時は確かに少しそういう違和感は感じました。
でもそれがちょうど良いのです。
その二人は元々同じ人間でなく違う種族なのですから。
ダブル採用がこんなに見事にこの作品にハマっているとは予想以上でした。

ゼスティリア (6)
天族たちのリーダーに当るライラ。いのまた氏らしい丸い目が特徴ですが、オリジナルよりも目と目の間隔などがアニメ用に微調整されていてすっごく美人です。リアラが成長したらこんな感じになるのかな~?なんて想像しました。

 ゼスティリア (9)
ハイランドの姫騎士であるアリーシャ。彼女もスレイと同じ様に天族と神依(かむい)化します。その姿や実直な性格はDQXのアンルシア姫を彷彿とさせます。いつもそばで指導している先生役のマルトランは、さしずめ賢者ルシェンダといったところか。

 ストーリー的には最近観た他のテレビアニメ(シュタゲとかファフナーとか)に比べると薄味です。
が、絵の美しさは「これは劇場版なのか?」と疑うほど気合の入った作品に仕上がっておりテレビアニメとしては秀逸の出来だと評価します。
Posted by れいな on 23.2017   2 comments
Category :その他ゲーム

こんばんは~
ゼスティリアプレイされたのですね!
っと思いきや、ゼスティリアクロス(アニメ)の方でしたか~。
これはufotable制作なので、原作と違い、キャラやストーリーが全く別物です;
原作では、アリーシャの出番が少なすぎてえらい炎上してしまったので
今回のアニメはアリーシャやスレイの人間サイドの描写を中心に全く新しく再構築した作品という認識で途中まで観て…結局視聴を切ってしまいました(;^ω^)

ということでゼスティリア(原作)の良さをステマしにきました!w
原作はアリーシャの出番こそは少ないですが、スレイ(導師)にしかできないこと、ロゼ(従士)にしかできないこと、アリーシャ(人間)にしかできないことがしっかり分けて描かれているのがとても良い感じです。
あとは、道中のスレイとミクリオの喧嘩シーンや、ED後のロゼとアリーシャのキャットファイトシーンが観れるのは原作ならではなのでおすすめです。
とくにロゼもアリーシャも、(あとデゼルもですが…)、ゼスティリアクロス(アニメ)でキャラがえらい変わってしまったので、原作やるとびっくりするかもしれません。
アニメのカッコ良いアリーシャちゃんもありなのかもしれませんが、私は原作の、色々悩み、時に女の子っぽい(スレイに恋愛感情のような憧れを抱く)アリーシャちゃんのほうが好きです。

ゼスティリアはかなり描写足らずで、私もプレイ中はよくわからなかった所が多いのですが、色々考察されている方々の批評などを読んで印象が大分変わりました。
昨今のわかりやすい作品と比べて、結構読み解いたりする必要がありますね…。
コミックスはうまく原作をかみ砕き、分かりやすく、原作を大事に扱って描いてくれているので、機会があれば是非お読みください。全4巻なのでお買い求めやすいかと!w

あっと、そうそう、キャラデザですが、今回藤島先生担当はスレイとロゼ、いのまた先生はミクリオとライラで、アリーシャとデゼルは奥村先生(E大晶霊、S精霊、六神将、S-R、X2のキャラデザ)、エドナとザビーダは岩本先生(マイソロのキャラデザなど)が担当されていますよ。ベルセリアもこの4人がキャラデザですね。
ちなみに藤島先生・いのまた先生WキャラデザはTOXですでにされていました。
すみません、ここだけどーしても突っ込みたくて、こんな時間に書きこみに来てしまいました(;^ω^)ゞ
2017.04.03 03:16 | URL | あきかん #VfPazqGM [edit]
こんにちは~ コメントありがとうございます。
と言うかお待ちしておりました(≧▽≦)
テイルズを今も愛してらっしゃるフレンドって、もはやあきかんさんしか居なくなっちゃいましたので(TДT)
以前はマリカ仲間でもDQX仲間でも結構居たのですが、私自身も含め最近の作品をプレイしている方は少なくなりました。
このアニメは原作とはまるで違うよ。って話は確か前にもあきかんさんから聞きましたねσ(^_^;)
ほとんど同じであるならゲーム版はしなくていいか。と思っていたのですが、どうやら「とんでもない!」という感じですね。
先日も「もう観るのヤメだ!」と仰っていたので。なにがAKANのかまでは理解できませんでしたが・・・
なるほど~。原作のアリーシャはあそこまで芯の強い人でなくて「本来」の姿って感じなのですね。他の人たちも。
アニメ版を先に観て、その先入観を持って原作をやる。
なかなか無いパターンかもしれないので、そういう人がゲーム版でどういう感想を抱くか。ってのもある意味面白いかも。
てな訳でベルセリアをクリアしたら買ってみようと思います。
廉価版で価格も安いですし。
出た当初はやたら低評価でしたが、あれは多分ゲーム自体の内容ではなく課金コンテンツなどバンナムの嫌らしい売り方に対しての怒りなんじゃないかと推測しています。
おおー、ツッコミありがとうございます。
あんまり詳しく調べたらネタバレ踏んじゃうと思って掘り下げなかったのですが、そうだったんだー\(°□°)/
言われてみれば合点がいきました。
しかしエクシリアで既にコラボっていた事は完全に失念してましたわorz
恥ずかしいので後で書き換えておきますσ(^_^;)
私のテイルズ知識はだいたいラタトスクかグレイセス辺りで止まってる感じですので、これからもバシバシ突っ込みに来て下さい(^o^)
さて、気合い入れてベルセリアやるとしますか。
2017.04.03 13:16 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する