スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

3Dプリンターで末梢神経再生

神経再生 (1) 
はて、これは何でしょう?
ペンネ? マカロニ?
いえ違います。これは人工的に作った神経です。
細胞を立体的に積み上げることのできる「バイオ3Dプリンター」を使い、人間の細胞から末梢(まっしょう)神経を再生することに京都大などの研究チームが世界で初めて成功しました。
 
事故や労働災害などで末梢神経を損傷すると、手足がしびれ、動かなくなります。
今までは体の別の部分(ふくらはぎなど)から神経を採取して移植する手術が治療法の主流でしたが、当然今度は移植元の部位が麻痺するといった課題が有りました。
他にコラーゲンなどから作った人工神経を移植する方法もあるが、異物として拒絶反応が起こることもありました。
なのでこの方法を使えば患者が早く社会復帰できる治療法につながります。

神経再生 (2)
再生医療バイオベンチャー企業「サイフューズ」(東京都)が開発したバイオ3Dプリンター「レジェノバ」(約4千万円)を使用。

神経再生 (3)
ヒトの皮膚から採取した細胞を3Dプリンターで立体的に積み上げ、管状の神経組織(長さ8ミリ、直径3ミリ)を作製。
この組織を坐骨神経が損傷したラットに移植したところ、管の空洞部分をつたって神経がつながり、活動に支障がない水準に回復したという。

神経再生 (4) 
人工神経を移植したラットと2カ月後の状況を比較すると、3Dプリンターのラットの方が再生した神経の直径が太く、足をひきずる度合いも軽微だった。
2019年度に人間を対象とした治験を始め、実用化を目指します。
Posted by れいな on 06.2017   2 comments
Category :学術的日記

れいなさん、こんばんは。
 
医療技術の発展もめざましいものがありますね。
3Dプリンターで細胞を用いて人工的に本当の細胞組織を形成する-。
抹消神経再生に成功したということですが、
他の部位・組織再生などにも転用できれば、
欠損部位等の移植治療など劇的に進化しそうですね。
 
まあ自分にゃ医療知識はないので、
専門家相手に、らしいコメントはこの辺にしておいて、
これが実用化されれば、わしの歯根囊胞の術後に発生した、
歯茎の麻痺・しびれも直せるかしら?
 
手術前に「ごくまれに患部がしびれたり麻痺したりすることがあります。」
と、医者に言われていたのですが、術後3ヶ月近く経ってその症状が出まして、
食事や歯磨きの際に違和感を感じているところです。
施術した隣の歯に圧がかかると、抜歯時などに行う麻酔注射、
あれが弱く効いているような感じになるんです。
なので、思わずよだれが垂れたりなんてこともあります。
歯を食いしばったり、その歯を舌で触れたりしない限りは何も感じないので、
あらためて病院には行っていませんが、ふだんでも麻痺したようになると、
再度、口腔外科にお世話になるつもりです。
 
というかこれは歯神経の欠損じゃなくって圧迫とかになるのかな?
2017.03.08 00:36 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
「歯根嚢胞」自体が、実は武さんの記事を読むまで私の知らない病名でしたのであまり有益なコメレスを返せませんがσ(^_^;)
お話を聞いた限りでは、おっしゃる通り圧迫による麻痺感でしょうね。
正座後の足の痺れみたいに、ものの数分で回復するのならそうでしょうけど、今後だんだんと頻度や麻痺時間が増えてくる様なら奥の方で何か圧迫する物が有るのかもしれないのでまた口腔外科に行かなきゃなりませんね・・・
よだれが垂れるほどということは結構広範囲に麻痺効果が出ているので、下顎骨にある顔面神経がやられていないかちょっと心配ですが。
なんとなく患部は下顎側の歯かなと想像していますが違いましたっけ?

上のパスタみたいなのを使うのは結構マクロな再生医療なので、
それこそ地震とかで分断・陥没した道路を復旧工事して繋げるみたいな単純な治療ですね。
虫歯の進行で溶けて消えてしまった歯槽や神経を再生するとなると、切れたものを繋ぎ合わすとかではないので、ミクロな再生医療すなわちiPS細胞とかを使って、そこに本来存在するべき細胞や組織を1から生み出す治療になるかな~
心筋梗塞の心臓にiPS細胞を注入したら新しい栄養血管が造られる。みたいな。
しかし万能細胞を使う再生医療が現場で活躍しだすのは・・・
遥か未来の話になりそうです。
もしも上の例みたいに、下顎の顔面神経の一部を手術の影響あるいは鋭い歯根により寸断されたとかなら、その間の部分に例のパスタを延長コードよろしく埋め込んで治すという手が使えそうです。
2017.03.08 13:32 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。