スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

Beijing

この前、北京でオリンピックがありましたが、この「北京」はローマ字表記ではBeijingと書いてあったのを皆さんご覧になった思います

beijing2.jpg

そのまま読めば「ベイジン」って読めるけど、本来「北京」は、ペキンと読むのかベイジンと読むのか、どちらの方が正しい(現地の発音に近い)の?

と思った方も多いのではないでしょうか?

正解は、ベイジンの方です。
ペキンというのは鎌倉時代の頃に南Chinaの方から日本に伝わった発音なのです。
なので、ヨーロッパの方では日本と同じくいまだに古いPekinという発音を採用している国も多いです。

しかし現在は東北Chinaの発音が「標準語」となっておりますので、ベイジンが正解です。アクセントの位置は「ジ」。

同様に選手や都市の名前なども、「Xiao」とか「Qingdao」とか、なんなのコレどうやって読むの?というローマ字表記をたくさん見かけたと思います。

日本人が小学校などで習ったローマ字や英語の読み方でそのまま読もうとすると間違った発音になるので要注意です

「zhiang」などジヤングかな?と思いますが、これはチャンすなわちです。

「d, b, g, j, z」などはそのまま日欧米読みすると濁音の子音だと認識しちゃうのですが、実際は濁音ではなく無気音の発音記号なのです。

発音記号。そう、Chineseのローマ字表記は、日本語のそれの様な単なるフリガナの様な綴りなどではなく、発音の記号なのです。「拼音(ピンイン)」と言います。

なので「X」や「Q」がどういう口の形でどういう舌の巻き方でどういう声の出し方をするのか、知っていないとどうしようもありません

これは比較的最近すなわち今の北京の政府が統一制定した決まりですので、China国内でも教養の有る人や若い人しか読めないです

中華(Zhōnghuá)は、ツォンホアになります。

その法則に倣うなら、Beijing「ペイチン」じゃないの?と気付いた方はそれも正解。
ちょうどベイジンとペイチンの中間ぐらいかもしれません。
カタカナで表現するにはその辺りが限界です

 

さらに厄介な事に、中國語は一つ一つの発音の音程が命なのです

具体的には四種類の声のイントネーションが存在します。

第1声(陰平)、第2声(陽平)、第3声(上声)、第4声(去声)。これを「声調」と言います。

第3声で発音しなきゃいけない所を第2声で発音しちゃっただけでも全然違う意味になったり、通じない可能性が高いです。

日本語なら少々アクセントの位置が違っていても、標準語と関西弁と九州弁のイントネーションの違いの様に、ただの訛り程度の違和感しか感じないでしょう。

でもChineseでは話になりません。文字通りね

朝鮮語の「金大中」が「きんだいちゅう」から「きむでじゅん」と晴れて読んでもらえる様になったのと同様に、「胡錦濤」が「こきんとう」から「ふーちんたお」と読んでもらえる様には決してならないのには、この辺の事情が有るわけです。

なまじそれっぽい発音で読んでもらっても完全に正しい発音じゃなかったらサッパリ何を言ってるのか解らないのです(´・ω・`)

カタカナで「チンタオ」とフリガナを打っても、錦濤(Jintao)青島(Qingdao)の違いなんて全然わからないですから・・・

Englishの発音ですら日本人は不得意極まりないのに、正しいChineseの発音なんて勉強してなかったらとてもとてもヾノ∀`)ムリムリ

だからお互いの国の漢字の読み方でいきましょうという決まりになっています。

この声調などが絡むあたりがChineseが世界で最も難しい言語だと言われる所以です。

声調は、実際に聞いて話して覚えるしかないでしょうね。

でも日本人にとっては、英語を話せる様になるよりはずいぶん簡単なはずですので、ご興味のある方は習得してみてはいかが?

ちなみに、台灣では拼音なんて当然使用しません。ウェード式というまた違うローマ字綴りになります。
でも日本人にとっては、そちらの表記の方が普段通りのローマ字の読み方に近いので読みやすいです


Posted by れいな on 25.2012   0 comments
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。