クライシスコア

Final Fantasy Ⅶ の外伝にあたる「Crisis Core」をプレイしました

5.jpg

この作品は数年前に発売されて、その時からずっとやろうやろうと思いつつ放置していた作品です

時は本編より数年前にさかのぼります

crisis3.jpg

主人公はザックスという神羅のソルジャーの一員。
神羅
は巨大企業でありながら、実質この世界の政府の様な存在。
ソルジャーは一般の神羅兵士とは違い、魔晄というこの星特有の強力なエネルギーを人工的に浴びて超人化した戦闘のエキスパート。
ソルジャーになりたての人のクラスは3rd。
そこそこ経験を積めば2nd。
与えられた任務以上の活躍ができるレベルになると1stになります
ザックスのクラスは2nd。
1stの先輩の中には英雄と崇められるセフィロス達がいます。
ザックスも英雄になる事を夢見て頑張ります。
最終的にはClass 1stになるのですが、結末はあえてここでは語らずにおきましょう。

やたらと携帯電話で会話したりメールしたりするシーンが出てくるのですが、今や例えばGoldenEye007(Wii)の様にスマートフォンがゲーム中に登場するだけに、何となく古くさい型のケータイ持ってるな~とか思っちゃいますね

本編にも登場する人物達がちょこちょこ出てきます。
ユフィ、ヴィンセント(棺桶の中で眠ってるだけZzz)、ティファ、エアリス、
そして本編の主人公クラウド

crisis2.jpg

戦闘シーンはコマンド入力と同時にアクションでもあるので結構手が忙しいです。
ただし、パーティ制ではなくザックス1人だけなのでそれほどややこしくはないです

crisis4.jpg

スクウェアお得意のムービーもありますが、PSP(解像度480×272)でこれだけ綺麗なムービーを再現できるとは流石ですね

ff715.jpg

本編のFFⅦがPS1の最初の方の作品でしたので、今見るとものすごいカクカクなポリゴンに見えます。
PS3程の画質は要らないから、とりあえずこのPSP程度のグラフィックでリメイクして欲しいなと思いました。

本作の話に戻します。
ザックスがどうなるのかをⅦ本編で知っているからこそ、最後の「いらっしゃいませー!」のバトルが始まった瞬間から涙が止まらなくなりました(TДT)
やられるもんかヽ(#`Д´)ノ
と必死になって20分ぐらい全アイテムが無くなるまで使って神羅兵士を何百人と倒しましたが一向に終わる気配が無いので、ああこれは100%死ぬ戦闘なんだな・・・(´・ω・`) と思って手を止めました

これをプレイすることによっていろいろ合点がいくシーン有りますね
本編でクラウドがどうして勝手に自分はソルジャークラス1stと名乗るように勘違いする羽目になったのかは、あのちょっと臭うけど我慢しろよの服に着替えさせられたからだったのか~とか。
2人はセフィロスに串刺しにされて4年も宝条の液体に入れられていたのか~とか。

それでもやっぱりいまいち細かいところがよく解らない謎めいたストーリーでした

ff719.jpg

結局、諸悪の根源はホランダー宝条の2名のクレイジーな科学者で、太古の生物JENOVAの細胞を使って生み出された超人セフィロスが自分の出生の秘密を知って自暴自棄になって放火殺人しまくりの荒らしチーターと化した
って事かな?
そう考えるとセフィロスは見た目イケ面だけど、心は米粒ほどの弱さでバカだったという結論になりますね^^;
例え自分にどんな血が流れていようとも、みんな頑張って精一杯協力し合って生きてるのにね~(*´Д`)=з

ff722.jpg

FFⅦはシリーズの中でも1・2を争う名作でしたので、このクライシスコア以外にもいくつか外伝の作品が発売されています。
ヴィンセントが主人公のダージュ オブ ケルベロスや、ゲームではありませんがDVD映画のAdvent Childrenなど
このAdvent Childrenは、逆に本編よりも数年後のお話ですが、ストーリーはともかくムービーが本業なだけあって非常に素晴らしいグラフィックの作品でした。一見の価値はあります。

もうスクウェアはゲーム作らなくていいから、こういう見せるだけの一本道ストーリーのムービー作品だけに絞った方が良いんじゃないかと真剣に思います


Posted by れいな on 19.2012   0 comments
Category :その他ゲーム

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する