志賀島と能古島

福岡の志賀島に行きました

2011kyushu_5.jpg

志賀島(しかのしま)は博多湾の入り口に位置し、福岡市東区にあります。
ほぼ島なのですが、実際はこの様にかろうじて細い海岸線で九州本土と繋がっています
この細い道は左右から玄界灘博多湾の両方の波が来てなかなか怖いかも
写真の手前の白波が立っている方が玄界灘。
津波とかで大量の海水が押し寄せてきたらフランスのモンサンミシェルみたいに孤立してしまうかもしれないですね

2011kyushu_3.jpg

志賀島は、後漢の光武帝が倭の奴国の使者にあたえたと伝えられる『漢委奴国王』としるされた金印がこの地で発見(1784年)されたことで有名です

2011kyushu_2.jpg

ここ金印公園にはそれのモニュメントがあります。
教科書などで見る金印はまるで銅鐸のように手で掴めそうな感じに見えますが、実際は判子ですので2cmほどしかなく、指で摘む程度の物です

2011kyushu_4.jpg

この島は鎌倉時代の元寇の際に蒙古軍と激しい戦闘が行われた場所で、たくさんの敵軍人も殺されました。
その供養塔が建てられています

2011kyushu_6.jpg

潮見公園から見た「能古島(のこのしま)」
こちらは完全な島で、船に乗らないと行くことができません

2011kyushu_79.jpg

志賀島能古島博多湾玄界灘の位置関係。
どちらの島もマリンワールドなどのレジャー施設が有って、市民や近郊県民の行楽地として賑わっています

2011kyushu_7.jpg

ここは「キャナルシティ博多」です。
ショッピングや食事はもちろん、2つのホテル、シネマ、劇場など、半円形の運河(CANAL)を中心に多彩な施設が集まった大型の商業施設

2011kyushu_8.jpg

ここの夜のイルミネーションもかなり凝っています
乗ることが可能なイルミネーションの汽車とかも走っていました。
一日中居ても飽きない規模です
1階にあるクレープのお店が美味しかった~

2011kyushu_9.jpg

ラーメン店が一堂に会す「ラーメンスタジアム」。通称ラースタ。
それぞれの店内で食べてもいいし、この辺りで座って色んな店のミニラーメンを集めて食べ比べするのも面白いです

コメント

れいなさん、あけましておめでとうございます。

志賀島の金印、だいぶ前、東京国立博物館で見ました。
確かにモノは小さいんだけど、オーラというか威圧感がありましたねー
その時は国宝展をやっていたのですが、他の国宝を圧倒する知名度と金ぴかの美しさで、
人がめちゃくちゃ群がって、見るのが大変でした。

北海道の自分から見ると、中国や朝鮮半島と近くて、怖いな~って感じの地域だけど、
そっちの方から見れば、北海道はロシアの隣の最果ての地なんでしょうね。
自分みたいな旅嫌いにとって今回のような記事はとても勉強になります。

自分のブログにもリンクを貼らせてもらいました。よろしくお願いします。


◆ぺめさん
明けましておめでとうございます。
国宝展でご覧になりましたか。じ~っと近寄って凝視するのは大変そうです(≧∀≦)
金は錆びないから縄文弥生時代のような大昔の物でもそのまま残っているというのがすごいところですね。
なるほど。確かに九州地方は大陸側の影響が本州よりも強いですね。「煎餅」は「せんぺい」だったり、ふつう濁音になるところがならない名前とか地名とか多いです。それに実際、中国語朝鮮語を結構よく耳にします。
北海道も実は毎年行ってるのですが、帯広釧路根室の方にはまだ行った事がないのでまた夏に行ってみたいと思います。


ラーメンスタジアムいったことあります(*^_^*)
人多かった(゜-゜)ハァ・・・


福岡人としてスルーできない記事なのでコメントしようと思いましたが、
志賀島も能古島も行ったことないや・・・。
“志賀島金印ドッグ”は食べなかったのかな?
金印に見立てたサイコロステーキと、
キューブ状のイカフライがごろごろ入っている素敵なホットドッグです。
キャナルは人が多すぎて、ほとんど行きません。
ラーメンスタジアムも行ったことがないです。地元の人はあまり行かないかな?
メディアによく登場し、行列のできる有名チェーンよりも、
当たりはずれがありますが、無愛想なおやじや、老夫婦が営んでいる、
はずれでひっそりとのれんを揚げている、小汚いラーメン店の方が好きなので。

ちなみに煎餅の“ぺい”は、中国由来ではありません。
九州北部では昔、米に塩や醤油などの、ふつうのせんべいを濁音で“べい”。
卵と小麦粉、砂糖の甘いせんべいを半濁音の“ぺい”として言い分けていたのです。
福岡のにわかせんぺいや、長崎の九十九島せんぺいが有名です。
中国由来のお菓子の“餅”は“ぴん”と発音し、
金銭餅(きんせんぴん)胡麻餅(ふーまーぴん)など、
長崎や佐賀にいくつかそういったお菓子がありますよ。


◆たなちゅーさん
ラースタ行きましたか^^
やたらと並んでるお店がきっと美味しいのでしょうねー。
一応一番好きそうなスープのお店を予め決めてそこに入ったらちょうど待たずに入れて期待通りの味で満足でした
 
◆武さん
福岡のフレンドさん何人かいらっしゃいますけど、一番に思いつくのがやはり武さんですので、どの辺りに住んで居られるのかな~?とか思いながらウロウロしていました。
金印ドッグ、確かにありました。が、そのまま行きすぎてしまいました^^;
キャナル、意外とそうなんですね。
私もホントはそういう手押し車みたいな移動式のいわゆる屋台って感じの所に最初行こうと思っていたのですが、結局ここでもうお腹いっぱいになっちゃいました。
佐世保の九十九島(くじゅうくしま)せんぺいは頂きました^^
島原の九十九島(つくもじま)と紛らわしくて最初混同しました
お菓子以外のお料理でも太平燕(タイピーエン)とか熊本中心にありますね。
なるほど、胡椒の秘密に続いて勉強になりますm(_ _)m

Posted by れいな on 06.2012   0 comments
Category :旅行

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する