ゼル伝日記⑤

発売と同時に購入した「ゼルダの伝説~スカイウォードソード~」の日記を
トワイライトプリンセスに続いて書いていきます

ただし、まだ発売されて新しいため、あまりネタバレになるようなことは書けません
とりあえず今回は序盤中の序盤の紹介程度の内容にとどめておきます

スカイウォード (1)

Wiiリモコンプラスと25周年記念CDがセットになった物を購入しました

説明書は驚くほどペラペラでした。
実際にプレイしながらゲーム中に操作法などを学んでいくというパターンですね
まあ分厚い説明書を最初に読んだってピンと来ないのでその方が良いと思います。

スカイウォード (5)

背景のストーリー的には、ありがちなお話で、昔、二つの勢力が争っていて、女神と共にあったグループが天上にあがり、この様な天空に浮かぶ街を作ったと

主人公リンクはそこに住む1人の少年。という出だしです。
天上界に住む彼らは地上界が存在するらしいと言う事は知っていても雲を抜けてその下にどうやって行くのかは解らない。

スカイウォード (6)

走ったり、前転したり、この様に何かを押したりする際、その四つ葉のクローバーみたいなパワーのゲージが減っていきます
カラッポになるとハアハア言ってゆっくりしか動けなくなります

スカイウォード (7)

今回のゼルダはこの人です。
囚われのお姫様とかではなく、ただのリンクの幼馴染みのお友達という設定

喋り方も上記の様にごく普通の女の子の様ですが、激しくツンデレキャラです。
リンクにはデレで、他の言い寄ってくる不良達にはツン、というどこにでも居そうな人です

トワプリに比べて明らかにグラフィックがベタッとしています
Wiiじゃなくて64ぐらいの解像度の様な感じすらするのですが、まあそんな事はどうでもよくて、重要なのはストーリーやゲームシステムといった「中身」ですよね。

 

スカイウォード (8)

今回の、「トワプリとは違うのよトワプリとは。」と言える最大の点は、Wiiリモコンプラスを動かしたと時にそのプレイヤーの手の角度や動きにピッタリ合わしてリンクが武器などを動かすところかな

だから本当に自分がリンクになって冒険しているリアリティがより大きくなりました

スカイウォード (2)

こんな所でも「25周年」をアピールしていますね

この後、鳥(ロフトバード)に乗って空中戦を制するミニゲームのようなイベントを経て、いよいよ導入部が終了します

スカイウォード (3)

やっぱりゼルダは、ピーチ姫よろしくさらわれてしまいました
それを追って行って、助けるために冒険に出ます
いよいよ雲の下の地上界に降り立ち、長い長い冒険が始まるわけです。

剣先からオーラを飛ばしたり、回転斬りをしたり、という攻撃法はゼル伝ではおなじみですが、そのための力溜めはこの様に剣を真上にかざします
実際にプレイヤー自らビシッと腕を真上に伸ばして上げなくてはならず、このゲームをプレイしている所を知らない人が見たら、何か痛い人みたいに見えないかな? なんて思うぐらい若干恥ずかしいです

スカイウォード (4)

前作ではミドナが色々ヒントをくれましたが、今回その役に当たるのはこのファイです(左に居るキャラ)

トワプリはノーヒントの難しい謎が多く苦労しましたが、今回は敵への有効なダメージの与え方とか、今からいったいどこへ行って何をしなきゃいけないのか、などを随時教えてくれて親切な設計になりました

コメント

へっへっへ~。私はもう終盤だよ
そう、どんなに難しくてもヒントが豊富なのでクリア出来ないことはないけど、せっかくの謎が用意されているので、意地になってヒントは見ません
謎じゃない処でも普通につっかかると言うwww

結論。おもろいです



◆ともこさん
これ相当ボリューム有るのでしょうねー。
前作の時もそうでしたが、何の障害も無く通過できる部屋とか場所って1つも無いですね。
だからといって、またこのパターンかよ(*´Д`)=з ってマンネリ化することも無いからすごいな~と思います。

Posted by れいな on 28.2011   0 comments
Category :ゼルダの伝説

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する