ゼル伝日記④

ゼル伝日記③ の続きです。 今回で完結です

img_2167.jpg

遺跡を回ってとうとう、自前の大砲を手に入れて、中に入ってジュポーン!と空高く飛んで、ここ天空都市に来ました
ここは湖底の神殿に次いで難しいダンジョンでした
途中、中ボスを倒してもう一本クローショットが手に入り「ダブルクローショット」ができるようになりました。
これは正に、今までこうできたらいいのになーと思っていたそのものの機能なのですごく感激しました

 

img_2169.jpg

当然ボスもそれをフルに活用して、素早く背後に回り込んで背中にクローを打ち込むという戦法で仕留めました
やっと陰りの鏡の欠片が全て揃いました

 

img_2172.jpg

その鏡で影の宮殿に侵入。
ミドナの同胞達をモンスターからヒトの形に戻して、マスターソードが更に強化されました
今まで3回ぐらい斬らなきゃ倒せなかった敵が一撃で倒せるようになりました

 

img_2173.jpg

いよいよ敵の首領ザントの顔が露わになりました。
あれ? イケメンを期待していたのですがちょっと、いやかなりイケテナイメンですね。
カメレオンの仮面を被っている時は、いかにも魔王っぽい威厳や重圧を感じたのですが、なんか喋り出したらイメージが全然変わりました。
サルみたいにキーキー喚いて、思い通りにならないと頭をゴンゴン床にぶつけたりして幼稚なバカキャラを露呈し始めてがっかりさせてくれました
戦闘は、今までのダンジョンのボス戦のおさらいという感じでした

 

img_2176.jpg

城下町でスタアゲームに挑戦しました
普通30本しか矢筒にストックできないのですが、全部クリアしたら、こんなにいっぱいストックできるアイテムをもらえました
残り時間ゼロぐらいでギリギリにクリアできたみたいで、たぶん無理だろうと思っていただけに2回目でオールクリアできて驚いて歓声を上げました

 

img_2184.jpg

ラストダンジョンは、ハイラル城。 
懐かしい音楽と共に奥へ進んでいきます
途中、今まで入手してきたアイテムや能力を全ておさらいして駆使するような仕掛けが目白押しでした

最終ボスはガノンなのですが、まずは憑依されたゼルダに勝たねばなりません。
スーパーマリオギャラクシーよろしく、撃ってくる光弾をリモコンヌンチャク振り回して跳ね返して当てる。
というパターンでした

 

img_2183.jpg

そして魔獣ガノンは最初のトアル村での家畜キャッチと同じ要領で捕まえて投げ倒す。というパターンでした
次の騎馬戦が結構厄介で一番手こずりました
最後がガノンドロフとの剣道一騎打ち。
ここに到着するまでに鎧の騎士と既に2回も対戦していて兜割りや背面斬りなどの練習を積んできましたので、これは結構あっさりとトドメを刺すことができました

 

img_2187.jpg

やっと諸悪の根源をやっつけてゼルダと喜んで、後ろを振り返ったらこの人が居ました。
「あんまり綺麗すぎて・・・ 言葉が出ないか?」のセリフにはハマリました
いやホントにリンクはポカーンと見とれて唖然としていたと思います。
ちっちゃくされていた時とのあまりのギャップに驚きますね
でも性格は小さいミドナの時のままでした。

 

img_2189.jpg

ミドナは影の世界の女王として帰らなければなりません
「また会おうな」と言うものの、陰りの鏡はザントは割ることしかできなかったけど真の王族は消滅させる力を持つ。
というセリフが引っかかっていたので、嫌な予感がしました。
案の定、別れの瞬間、ミドナは自らの涙で鏡を破壊して帰って行きました
すなわちもう二度と会うことはできないのです
再び光と影の世界との間で争いが起きないように断腸の思いで王として決断されたのでしょう

そしてエンディングを迎えました。 一つ確実に言えることは、ゼルダ姫は完全に空気でした。
「ゼルダの伝説」ではなく主役はこのトワイライトプリンセス「ミドナの伝説」でしたね

ヒントや誘導が乏しくて非常に難しいゲームでしたが、最もWiiらしさをふんだんに盛り込んだ素晴らしい作品だったと思います
逆に言うと、本体発売と同時に出たこのソフト以来、Wiiの特徴を生かしているゲームがほとんど出ていないという事になりますね。

最後に、「この良作を挫折したまま放置はもったいないから是非再チャレンジしてね。」と発破をかけてくださったREOさんに感謝致します
言われなければたぶんゴロン族と出会う前ぐらいで放置のまま一生、その先を見ることが無かったと思います。

さて、今月はスカイウォードソードが出ますね
トワプリよりもサクサク移動できて、あらすじ機能なども追加されて攻略しやすい親切設計になっているらしいので楽しみですo(^-^)oワクワク

コメント

れいなさんこんばんは
クリアおめでとうございます(^▽^)/
ザントは残念王と言われるくらいのキャラですからね(^_^;)
この戦闘は攻撃方法が分からず苦戦しました(^_^;)

ガノンは色々なパターンがあるので結構面白いです(^▽^)
今回のは確かに名前どうりミドナが主役っぽいですね(゜▽゜)
曲はミドナが倒れた時の傷だらけのミドナが良かったです(^_^)

スカイウォードソードは親切設計みたいですね
こちらのリンクも表情豊かでいいですね(゜▽゜)
後半の難易度にも期待したいところです(^_^;)


れいなさん、こんにちは!
遂にエンディングを観ることが出来たのですね♪ クリア、本当におめでとうございます!!

ザントの素顔には裏切られたかのような気持ちですよね…。あの仮面の姿を見ただけでは誰にも分からないと思います。

最後のミドナが鏡を割って影の世界へ帰っていくところは涙ものです。
もう二度と会えないことを分かっていながらも、行った行為にはなんというか、ミドナらしいなと思いました。
敵の強さよりも謎解きに頭を悩ませたかと思いますが、れいなさんに最後までトワプリを遊んでいただけて嬉しかったです!トワプリが大好きな者として光栄です☆


◆リュウさん
コメントありがとうございます。
ザントに関しては前回イメージが変わるよって聞いていましたので、どう変わるかな?と思っていたのですが、まさかこんな残念なボスキャラだとは予想外でした。
アイテムも攻撃技も多彩過ぎて、なかなかすぐには有効なダメージを与える方法がわからないですね~。
スカイウォード、マリカ7が控えてるので今月中にクリアしないといけませんね。
 
◆REOさん
コメントありがとうございます。
やっと最後まで行けました。
ミドナのラストシーン、これだったんですね~。涙を誘うシーンは。
これぞツンデレ、って表現がピッタリなキャラでした。
一部屋一部屋全て何らかの謎解きがあってすごく凝った作品でした。
勧めてくださりありがとうございました(●´ω`●)
スカイウォードもたぶんREOさんが一番にクリアしそうなのでヒント色々お聞きするかもですが、またよろしくお願いいたします。

Posted by れいな on 03.2011   0 comments
Category :ゼルダの伝説

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する