前向きな心

今更ですが、イケメンという言葉が世間でよく使われますね
一応「イケてるメンズ(男性)」の略だとのことですが、実際は、「イケ面」の方が正解ではないでしょうか?
すなわち、面食いと同じ「めん」だと思います。
要するに外見というか「顔」そのもの。
二枚目とかハンサムとかって言葉と同義語だと思います。
 
対義語に当るのは、ブサ面?キモメン?でしょうか。
あえてそちらの話をしましょうか。とりあえずBと呼びます。前者のイケてる方はAと呼びます。
 

あー、これがBかー。と思う典型的な人って確かに居ますね。
これは男女関係なく、どちらにも当てはまると思います。まあ男子の方が見かける率は高いですがね

特徴を挙げると、
温度湿度が高そうな肥満、脂ぎった顔。ニキビとかいっぱい。
それで見えてるの?と聞きたくなるぐらい汚れて曇ってる眼鏡。
会話のキャッチボールのタイミングがおかしい、いつもキョドってるっていうか、視線を合わせて話さない、どもる、もしくは不快感を感じるほどジッと見過ぎる人。
服のセンスが悪いというか、興味すら無いんだろうなーと感じるお粗末さ(例えば、ちょっと貴女それ中学入るぐらいの時に親に買ってもらった下着ずっと使ってるんじゃない? ボロボロだしサイズ全く合ってないし。みたいな・・・)
ヘアスタイルも同様で、くちゃくちゃだったり脂ぎっていたり。
酷い言い方をすれば、そばに居たら同じ空気を共有したくなくて思わず息を止めていたくなるような、要するに不潔な印象を与える人
笑っていても、全く好印象を与えずむしろ非常に気持ち悪い。
電車の中とかでPSPなんかを周囲の迷惑も省みずにカチャカチャと鼻息荒くプレイしている。
どの友達グループにも所属してなくて独りぼっちで、何考えてるのか解らない不気味な人。
そんな感じの人でしょうか。
とりあえず酷い事を書いてみましたが、何となくそんな印象です。

しかしここで言える事は一つ。
いずれも気持ちの持ちようと努力・工夫で改善可能な項目ばかりだという事です。
その様なBの人は自らその地位に甘んじて落ちているのだとしか思えません。どうせ俺なんか、私なんて・・・・・と。

そりゃまあ、顔に関しては、生まれ持った目鼻立ちのバランスの相違(良し悪し)はあるでしょう。
しかしAかBかに分かれる要因はそこにはあまり無いと感じます。
じゃあどこに? 心に有ると思います。
実際、Aとして人気のある人でも、ただ顔立ちを見ただけだと別にどうって事の無い、いや下手すればBにも充分なりうる。って人たくさん居ます。
逆にBとして皆から敬遠されている様な人でも、元は悪く無いのにもったいないなーと思う人たくさん居ます。
何が違うのか。それは目鼻立ちではなく、表情なのです。すなわち心です。

気持ちの良いコミュニケーションをとろう。という心意気が無い人はそれが顔に出るのです。いつもムシャクシャしているとそれが目に出る(濁っていて魚の死んだような目)のです。
 
じゃあどうすれば良いのか?(Bから脱却できるのか?)

まず、自分の短所(だと思い込んでいるところ)を好きになる事です。短所と長所は表裏一体です。
コンプレックスだと思い込んでいるところを、人を惹きつける要素だと認識を180度変えてみる。
そして自分の事を好きになって下さい。愛してあげて下さい。私がこの中で一番可愛い、一番イケてる、一番頭が良い、と本気で信じてそれを磨き上げて輝かせる努力・工夫をしましょう。
そうすれば徐々に辛気臭い表情から明るい好印象を与える表情に変わっていくと思います。卑屈になる事も無くなっていくはずです。少々負けが込んでも、最後に勝つのはあたしよっていう余裕が生まれます。
まあ、過ぎたるは及ばざるがごとしで、行き過ぎると勘違い野郎・ナルシストのいやらしい表情になっちゃいますが、まずいきなりそれは無いでしょう。

何でもかんでも二言目には「あたし頭悪いから。」と言って逃げ道を作ってチャレンジしようともしない、途中で投げ出す、諦める。それでは自分から不幸スパイラルに堕ちていってるだけです

自分の事を愛せない人は、他人を愛する事も難しいと思います。
そんな事ない。って反論も聞こえてきそうですが、本当にそれは愛でしたか? 自分が「愛されたい」だけじゃなかったですか? 単なる物的欲求・独占欲ではなかったですか? これだけしてあげたんだから相応の愛が無いと・・・と見返りを期待するような物でもありません。

前向きな心を持つための手段、もうちょっと具体的なことを書くと、

まずは礼儀正しくて気持ちの良い元気な挨拶でしょうね。何回も言いますが。

最初はかなりのエネルギーが要ります。たかが挨拶でも。ちゃんと相手の目を見てね。でもそのうち無意識にできるようになる物なのです。

最初から無理して不自然な笑顔なんて作る必要は無いですが、鏡で外出前に自分の目に向かって練習するのもいいかも?

笑顔のタイミングって非常に難しいです。適切なタイミングだと好印象を与えますが、僅かでもズレていると、キモい、バカにしてんの?って悪印象を与えかねません。 いまだに私も姉に「その媚びてるみたいな笑顔やめなさいΨ(`皿´;)Ψ あのタイミングでデレるのは逆効果よ(´・ω・`)」って注意されることがあります。

「姿勢」もバカにできません。猫背っぽいとそれだけで暗い印象を与えます。時々歩きながらガラスや鏡などで背筋が曲がっていないかチェックしましょう。ちょっとこれじゃ胸張りすぎて偉そうに見え過ぎやしないだろうか?ってくらいでちょうど良いのです。無理やりそうさせる下着を着用するのもアリです。座っている時でも脊椎の綺麗なS字カーブをイメージしてお腹を引っ込ませる。毎日お風呂の時に自分の身体を見て、よしよし、更に磨きをかけるぞっと気合いを入れ直しましょう。

それから、不潔な印象を与える素因は除去しましょう。 汚れている、悪臭、等は問答無用で生理的嫌悪感を感じさせます。

清潔、清楚な身だしなみが大事です。銀イオンなどの抗菌防臭グッズ、服装・アクセサリー、場合によっては治療(ニキビ、むだ毛、歯科、精神etc.)などにもまずは興味を持つことですね。 放置・現実逃避せずに何か一つでも改善すればそれをきっかけに自信がついて自分のことが好きになり、心に余裕ができるでしょう。「自分」を魅せる事が楽しみになってくると思います。

注) あまりにも人間の正常(標準的な目鼻立ち)から先天的・病的にかけ離れている場合(例えば眼窩隔離症のように目と目が離れすぎているとか)は、外科的に骨格から形成し治す方が良いと思います。

でも最も大事なことは、「常に相手の身になって物を考える。」ってことかな?

もし逆にこういう態度をとられたらどう感じるだろう? こう言われたら私なら嬉しいかな? など、 

いつも、相手がどんな気持ちでいるかを察するアビリティを身につけること。

慣れてくれば、価値観の違いをも加味して、あの人の場合はこんな風に言われたら喜ぶけどこの人の場合は落ち込むかもしれない。 とかも解る様になります。

そうやって相手の気持ちが手に取るように解るようになれば、自然と好感を持たれるコミュニケーションが取れるようになると思います。全体の場の空気を読む能力も高まります。

ただし、何でもかんでも相手の意見に合わせて八方美人したり、自分を偽るのとは決して違いますよ。 そんなことをしていると自分の精神が疲弊するし、腹では何を考えているのか解らない人だと相手に警戒されます。本当の友達はそれではできません。

レベルアップすれば、空気を「読んだ上であえて」ブレイクする自信も付いてきます。(KY=「読めない」とは違います) Bのままの時なら一斉に非難されるような事をしても言っても、逆に賛同者がいっぱい現れてくれるような信頼感すら掌握できるようになります。

自分のことでいっぱいいっぱいで他人を気遣う余裕が無い人はBの表情のままです。

結論ですが、初めっからAの人なんてそうそう居ないのです。 自然にAになっているように見える人でも本当は常日頃からそうやって創意工夫を凝らして、知らぬ間にBに陥ってしまわないように心がけているのだということを肝に銘じておきましょう。

っていったい私は誰に話しかけているのでしょうね><

生身の人間とのコミュニケーションを敬遠してPCの前でひたすら虚勢を張っているそこのあなた、そして一部の私自身に向かってですよ(爆)

この様な話、ちょうど1年前にも書きましたね。

『恐怖症』 という記事でした。

コメント

もしあなたが相手にこうされたらどう思うの?と立場を置き換えて
よーく考えてみてと小さい頃言われまくっていたのをハッ!思い出
しちゃいました

こちらでいうAかBを判断したり、それを形成していくファクター
ってすごいいっぱいあると思うけど、自分の事を好きに思うことも、
きちんと挨拶することも、身嗜みを整えることも同じ何かを指し示
しているような気がしてなりません。

”自分を変えたいのだけれど、どうしたらいいのかわかりません”

人事担当の方が面接時に学生さんにそんなことを訊かれたそうです。

いろんな人に同じ質問しては"行動しろ""環境を変えろ""人脈をつくれ"
と尤もらしい事を言われるらしいんですが、どうもピンッ!とこない。

具体的なアドバイスが欲しいんだなーと感じたその人事さんは・・・

"玄関で靴を脱いだら、揃えることから始めましょう"

とアドバイスされたそうです(実話)

変えていかなきゃ!って思うってとても大切ですよね


◆花粉まみれさん
こんな異常に長い記事にコメントありがとうございました
名前見た時、うーわ>< またアダルティーなスパムコメント来てるよ(´・ω・`)と思い、すぐ消しそうになりましたが違った様ですね
読み始めたら普通のコメントらしかったので、クレーム来たかー! と思いましたがそれも違いました^^;
ほとんどの本文を袋とじにしてあるのでググって辿り着かれる心配はないはずですのでね。
「立場を置き換えて~」は、よく小さい頃に叱られる際に聞くセリフですが、非常に重要ですよね。その頃はなかなかそんなことイメージするのは困難ですけども。
今の「自分」がパーフェクト!と思っているイタい人は別問題として、
普通は必ず何かしらこのままじゃダメだ、変わらなきゃ><
と思っている部分があると思います。
前におっしゃっていましたが、毎年、あるいは毎月の初めにでも「こうなりたい」ということを1つでも「書く」だけとかでも大いに心に変化が生じると思いますね
あるいは、礼拝する、お祈りする、感謝する、とか、創価学会とかでも何かそういう物に属してらっしゃる方も心が強い方多いような気がします。(深入りし過ぎている人はまた問題ですが^^;)
そういうのが心を変える一つのきっかけになった人も実際居ますね
折しも今日、大量の初対面の人々(新入生)とお話をする機会がありました
まあやっぱり「挨拶」のウェイト大きいですよ。「返事」「謝罪」「感謝」「同意」「相づち」「聞き返し」なども含めて。
A面は、やはりどれもきちんとしてますね。もっとこの人とお話したい。って思えてきます
B面は、どれもできてなくて、こっちが喋ってる最中にかぶせてきてカチンo(`ω´*)o!!と来る、相づちのタイミングがいちいちズレていてイライラしてくるなど、もうあっち行って!な印象
「顔の造り」ではないです。「表情」です。「心」です。絶対に。


「外相もし背かざれば、内証必ず熟す」徒然草第157段でしたでしょうか?
以前、テレビでいっこく堂さんが話しておられたのを思い出したもので・・・
この記事には私も思い当たるところが・・・
娘なんですがイジメにあったことがありまして・・・
娘はこの記事でいうBにあたっていたかと思います。
親としてどうするべきか、どう対応するべきかを考えた結果、武道を習わせました。
一人で習わせるのもと思い、私も一緒に習いました。
習いはじめの時は、武道で仕返しをなどと浅はかに考えたものですが、続けるうちに間違いに気付きました。
本人がどうなりたいか、どうありたいかが重要で、イジメっ子や周りの者は関係ないということ。
自分が変わろうという意思がなければダメだという事を、娘と泣きながら話をしたことをふと思い出し、
また熱いものがこみ上げて、ついカキコしてしまいました。
今ではAになるよう娘も努力してるようで、イジメもなくなり楽しく学校生活を送っているようです。
素晴らしい記事をありがとうございました。


◆otosan
こちらこそ貴重なコメントありがとうございましたm(_ _)m
身近な具体例があれば尚更いろいろ思うところがあるかなと思います。
特にBからAに変化した事の有る様な人ならば、普通の人以上にいろんな人の心の状態を理解しやすいかもしれないです。
武道で、相手を叩きのめす武力を身につければOKか?
やはり違いますね。武力だけ付けたって何も解決しないと思います。
それを通して相手の痛みを理解する、心を読む、また、武力を身につけて能有る鷹は爪を隠す的な心の余裕を持つ。
とかが変化をもたらす重要な因子かなーと。
ただ思った事を羅列しただけで、あまりまとまりが無いですが、これが今現在の私が思っている事です。
五年前なら違ったでしょう。また、五年後にこれを読んだら、これは違うわ、と修正したくなる部分も出てくるだろうと思います。
でも、こういうメンタルなデリケートな内容って、獏然と感じていてもいずれ忘れて傲慢になってしまうかもしれないので言葉にして残す事にしています。

Posted by れいな on 01.2011   0 comments
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する