スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

ドロドロ脳

フレンドのhanaさんが、興味深い内容のブログネタを書いてらっしゃったので、私も真似して書いてみます

グロい内容が苦手な人は読み進めない方が良いかもしれませんm(_ _)m

少し前に、ショッキングな物を見ました

とある授業中に、脳外科の教授が、

「今からBRAIN-DEATHのpatientのゼクが始まるから一緒に見に行こう!」

とおっしゃって、れいな達の班の数名がラッキーにも選ばれて地下一階について行く事になりました

braindeath (1)

そこには仰臥位になった御遺体が横たわっていました さすがにリアル写真は自重しますm(_ _)m

早速、電動ノコギリのような物でギュイーーンっと「開頭」作業が始まりました

いよいよカパッと髪の毛ごと頭蓋骨が外れました

その直後、汚い色の泥みたいな物が、どちゃどちゃべちゃっ!と下に落ちました

「何、今の!? あれぇ? 頭蓋骨の中にあんな泥みたいな物なんてあったっけ?」と思いました。

そしていくら目を凝らして頭蓋内を凝視しても中にあるはずの脳みそが有りません

「あのー、先生。 脳はマメマリオみたいに小さ~く萎縮してしまっていて見えないのでしょうか?」

と聞いたら、

「何言ってんだよ。 今下にほとんど落ちたヤツだよ。」

工エエェーーーw(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)wーーーェエエ工!!!

あ、あの腐ったカニ味噌みたいなドロドロのヤツが脳だったの?

braindeath (2)

私はてっきり、脳死であっても、あの「白子」みたいな状態の普通のこういう脳が見られるのだとばかり思っていました。

ショックでした

脳死になった後、人工的に心肺機能を「延命」していたら脳はあのような「泥のような原形をとどめない流動体」になってしまうのだと思い知りました

さすがに、アレを見てしまったら、いくら外見上ただ眠っているだけのような「脳死」の人でも、奇跡的に回復して目覚めるような事なんて絶対にあり得ないな。と確信できます。

だって、頭蓋骨の中に「腐敗した茶色い泥」しか入ってないんですもの・・・・・

『詳細解説はこちら』 に詳しく記載されています。

コメント

こんばんは^^
ブログの訪問&コメントありがとうございました♪
あちらにも返信をしましたが、こちらにも・・・w

脳が溶けているとは・・・orz
ご飯を食べながらブログを見ていましたので、あらら・・・という感じでしたw
脳は専門外ですので、ナマモノを見たことはないです
あまり鮮明にはイメージできなかったので、ヨカッタデスw
脳死も色々と認められてきていますね^^
本当は書きたいことがたくさんあるのですが、個々の様々な考え方があると思いますので自重します~☆

また機会がありましたら、気持ちの悪いシリーズでも書いてみますねww
ではでは(≧∇≦)ノシ


◆hanaさん、
早速訪問ありがとうございました。
無理やり地下一階に引っ張って来たような格好になっちゃいましたけど(≧∀≦)
これをご飯食べながら読んだんですか(*≧m≦*)ププッ
なかなかやりますね^^;
脳死=人の死 について論ぜよ。
入試のグループ面接でもいきなりこのテーマ与えられましたよorz
当たり障りのないしょーもない意見しか言えませんでしたけどw
まあいつもの調子で口撃的にまくし立てたら爆弾娘としてはねられたかもしれませんので結果的には良かったかも〈〃^∀^〃)ェヘヘ
気持ち悪いシリーズですか(≧∀≦)
読みたい人とアレルギー起こす人と二分脊椎されそうですねw
ゼクの実習が始まったらいくらでもネタがありそうですけど、不謹慎すぐる!として通報されたら情けないですのでそれはやめておいて、もうちょっと誰でも感情移入できそうな身近なネタを思いついたら私も書こうと思います。


そっか、脳も腐るんですね(;゚д゚)
考えてみれば当たり前なんだけど、なんかそういう発想がなかった。。。

それにしても・・・人間の解剖をみるのきつそう(;´∀`)ゞ
魚とかならまぁ、まだ大丈夫なのに不思議なもんです。


◆あきかんさん
コメントありがとうございます。
血流が途絶えたらどこの臓器でも壊死(えし)してしまうんですね。
腎臓(賢臓ちゃいまっせw)とか角膜とか、途絶えてもすぐにへたらないタフな臓器だけが遺体からでも移植できるわけです。
人間のそれを見るのはやっぱり、自分や大切な人も死ねばこうなるのかー(´・ω・` )と要らぬ想像をしちゃうからキツいのかもしれません。
でもきっとそのうちすぐに慣れて「物」にしか見えなくなっていくのでしょうね。
いちいち感傷的になっていたら仕事にならないとは思いますが、生きている「人」でも「物」にしか見えなくなってしまう様な冷血にはならないように注意したいと思います。


多分、私の脳みそも腐ってマスw 入ってるだけ儲けもんwww

凄い物を見ましたね!><;私にはムリポ・・・

前に「人体の不思議」を見にいってあまりのキモさに全部見ないで帰ってきました><

がばて!れいなさん。。。


そう、ただ凄いなーってw私なんかが及びも付かない世界で麗菜ちゃん
達は学んでいるんだなって読ませて頂いてちょっと不思議な思いでした。
自分の腕に注射をされるの事すら直視出来ない私、きっとその場にいたら
即倒しているでしょうね{{p´Д`q}}
そんな現場に立ち会えた事を”ラッキー”だって言い切れる人でなきゃ
その道でプロとして務めていけないんでしょうけど・・・うぇw


こんばんはー^^

今回は内容グロイですなwwでも、こういうのは結構興味ありますww
人は絶対死ぬのは分かってますが、こんな形で死にたくないです;;
選ばれたからって、ラッキーって^^;

あと、関係ないですが今日はマリカお疲れ様です。
久々にINしてたので飛び込みに行きました。れいなさんがマッハ乗ってる風景珍しかった。。。


◆ともこさん
腐ってない腐ってない^^
はい。確かに事前に意味を理解していて見たならば気持ち悪くなってその場にオエッっとうずくまってしまったかもしれません

しかし、訳がわかってなかったので「?」の気持ちのまま見続ける事ができました。
「人体の不思議」展、ありましたね。あれ、精巧な模型とかじゃなくて実際の御遺体からの標本だったような気がしますので私はそうなるのを恐れて見に行きませんでしたm(_ _)m
応援ありがとうございます(●´ω`●)ゞ
 
◆いなばさん
やっぱり好奇心は大事ですからね。
何にもする気がなくなったら勿体ないと思います。
一度しかない人生、いっぱいいろんな物を見たいと思います。
元気なうちに南極とか僻地とか世界遺産とかいろんな仕事の世界とか、可能な限り見たり体験したりしたいと思います。
日常に忙殺されて夢を忘れてしまうような事にはならないように、今年もまた何をするかなど具体的に紙に書いておかなきゃね(≧∀≦)
 
◆STさん
ひっさしぶりにマリカWiFiしてみました。
早速の対戦ありがとうございました(●´ω`●)ゞ
結構グロいのやエグいお話、好きな人には面白いかもしれませんね。
死ぬ本人はわからない事ではありますが、ついついスマートに死にたい、苦しまずに死にたい、とか思いますよね。
 
ちなみに、私が一番悲惨で最悪の死に方だと思ったのは、ヘビースモーキングの末に肺癌末期になって、毎日血の混じった痰が止めどなく肺内に吹き出してきて窒息の恐怖と戦いながら、咳き込んで仰向けに眠る事もできず、しかし結局は胸の中を癌で占拠されて苦しみながら死んでいく・・・
これですね。
漫然とタバコを辞められない人は、一度そういう先輩タバコ病の患者さんの最期の1週間を毎日横について看取ってみなさい。そう切に思います。
とまた激しい脱線、まことに申し訳ございませんm(_ _)m


僕はグロいのが苦手な性質ですが、ついつい見てしまいました 笑
はじめて知りましたが、「脳死」後の延命治療って、やはり回復の見込みが少ないんですね・・・。

ちょっとショッキングでしたが、「事実」を知ることができて、よかったです^_^


◆ナイトさん
読んじゃいましたか(^_^;)
要するにもう脳死してしまったら、心も意識も感情も何も無い、ただの人の形をした文字通り「人形」同然なのですね。
それでも一抹の望みの可能性を捨てきれないとしたら、例えば、
何かの間違いなんじゃないか?すなわち「誤診」なんじゃないか?本当の本当に脳死なの?
とかかなー?
でも画像診断の写真とか見せられたらドロドロの現実を受け入れざるを得ないかもしれませんね(´・ω・` )
その様な事態に大切な人がなることなんて滅多と無いと思いますが・・・

Posted by れいな on 13.2011   0 comments
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。