B.B♪さん主催お誕生日ルーム

今年も前回に引き続き、びびさんの「お誕生日ルーム」に参加いたしました。
びびさん、一部二部に渡り進行お疲れ様でした。
おさるんさんが今もマリカ継続されているとは言え、主催のびびさんの人脈、人気度、集客力はさすがの一言ですね。
また、一名連絡・相互が取れないメンバーが出てしまいましたが、急遽ぴあのさんが参加。
そういう不測の事態で機転を利かせる行動力がピカイチ。前回の私のルームの時の回線不良の時も大変助かりました。
それだけに、茶室の入室上限数を20のままにしていたために後半入れない参加者が出てしまった事だけが唯一にして最大悔やまれますが、近いうちにまた開催する義務が生じたと前向きに捉えましょうか

さて、内容ですが、ぺめさんが録画して下さっていたのでそれを貼らせていただきました。

①まずは前回と同じピカルドさん考案の変則ルート縛り8コース。
しかもハズレくじしか入っていないおみくじで不慣れなマシンを強制使用の縛りつき。
今回は練習も一切していなかったので、絡みどころを頭では解っていても指がなかなか言う事を聞かないというもどかしさが有りました。

特に狭い所(ピーチビーチのコンテナ裏、クッパ城の縁石の上など)でアイテムを使ったり他人を押したりするのが醍醐味なのですがそんな余裕も無し。
誰も周りに居ないのに、直角に曲がるために一度ブレーキしてスピンターボ出したりしているうちに、離す指を間違えて溶岩にダイブ!
とか録画などしていたら、恥ずかし過ぎてボツにせざるを得ない様な挙動ばかりでした。

そして今回、6年目にして二つの初体験の縛りが有りました。

②まずは、クッキーランド限定バトルで、赤・青チームそれぞれ内野か外野のみ移動可という棲み分けバトル。
当然、体当たり系の攻撃はできず、ゼリーの壁越しにアイテムを投げまくって相手チームをやっつけるという。
これが想定外の面白さでした!
ただし、内野は思いっきり不利でボコボコにされて点数は大差になります。
なので一戦ごとに内野外野は交代します。
勝敗は、まあはっきり言って最初に外野になったチーム側が勝つのが目に見えていますので真の勝負師バトラーにとっては面白くないかもしれません。しかしルームの時だけ大人数でワイワイ楽しむという目的ならば、また是非採用したいルールだなと思いました。

③次のケッタイな縛りは、リモコン片手持ち縛り。

当然アクセルとブレーキしか押せず、アイテムは使えません。
しかしこれだけだと普段からリモコンハンドルを使用している人が圧倒的に有利になるため、1レースごとに上位半分に入った人は次レースでは反対の手で操作。というマゾいルール。
私は普段から時々リモコン単体でも走る事が有るので右手縛りはかなりラクでした。
で、問題の左手縛り。2コース目はヘイホービーチでした。
曲がりたい方向と逆にリモコンを傾けなければならず、焦れば焦るほど意図しない方向へ進んで行き、海に落ちてばかり。
周回遅れになりそうになって、ようやく感覚を掴み始める。
終盤にそこそこ追い返し、なんとか下位グループの一番上の順位に入った。
おかげで次のムーンリッジは右手に戻ったので余裕の走行。ここが逆持ちだったら終わってただろうな・・・
最後は再び左手縛り。コースはデイジーサーキット。
ところがどっこい、意外にまともに走れて上位に入り、総合で優勝になりました
ぶっつけ本番で掴んだ逆持ちのコツは、まっすぐに走ろうとしない事。
常にリモコンをシーソーの様に交互に傾けながら蛇行運転を心がけました。
右に曲がりたい時は左に傾け、左に曲がりたい時は右に傾けるわけですが、咄嗟にはできにくいので初めからあえてカーブの連続で走ります。
そしてデジサは全体的に丸い綺麗なカーブが左右交互に来る様なコースですので、この走り方と相性が良かった。
「お前、本当に逆持ちで走ってるのか?」と疑われやしないかと思う程まともに走れて、自分の器用さ・飲み込みの早さ・脳の柔軟性を自画自賛して悦に入るレースになりました。

④そして最後は全員Bダッシュ(ただしアイテム即使用)縛り。

コントローラは自由。にもかかわらず、ケッタイ縛りで気を良くしたれいなはそのままリモコン縛りを続行。
そしてなんと、このガチレースでも優勝してしまったのでした。
カラカラ、Wiiクッパ城、レインボーなど、私がカートで得意としているコースが連続して当ったのと、サンダー神回避で下位から一気にトップ集団に躍り出るという幸運なパターンが重なり、この様な嬉しい結果となりました。
上位に出たらあえてアイテムボックスは無いところを通過することを心がけました。それにより走りのみに集中する事ができます。
主催のびびさんも普段ほとんどマリカしていないのに上位連発。
私と結構クセが似ているので、久しぶりでも現役9000台レーサーと互角に戦える縛りというものを熟知されているなということがこちらにも手に取るように解りました〈〃^∀^〃)ェヘヘ

2008年の発売日からやっていますので、今や実に6年目。
本来どう考えても「オワコン」になっているはずの古きゲームのはずなのですが、全く最先端のWii Uソフトにも負けていない。と言うよりこれより面白いゲームは無いでしょうね。
DQ10を精神に余裕を持ってプレイできているのは、もし万一何かトラブル起こして「引退」する事になっても、
私にはいつでもマリカという帰るお家がある。
という潜在意識が頭のどこかに有るからかもしれない。
Posted by れいな on 20.2013   0 comments   0 trackback
Category :マリオカート(ルーム戦)

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/43-9a03580a

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する