便所飯

さてと、そろそろ本題に入りましょうか

ここ最近連続して投稿していた記事は、今回の、ある教科書のネタから来ておりまして、「布石」みたいな物なのです。

皆さんは、「便所飯」の経験はありますか?

というか、その様な行為が存在する事自体、ご存じでしょうか?

要するに、トイレ(家以外)の個室に籠もって飲食する。という行為です

した事の無い人にとっては、トイレなんて到底考えられない、最も食事をするのに不適切というか嫌な場所にあたると思います。

しかし、経験ある人にとっては「普通じゃん」ぐらいの感覚だったりします。

なぜそのような事をするのか?

教科書的には、次のように考察されています。

例の、最近20年間の特に初等教育の方針が間違っているため、シゾフレ化した学生や女性が増加し、とにかく他人から自分がどう見られているかが気になってしかたがない。

従って、一緒に食べる友達がいないヤツだと思われる事が苦痛でしかたがないので、誰にも見られる事のないトイレの個室を選択するのだ。と。

と同時に、友達が居ないヤツだと見られたくない反面、実際は独りで居る事の方が楽で好き。という人も多いようです。

もしメランコ型なら、堂々と教室なり学食なりで、独りで何が悪い。といった風で飲食し、「オレはオレ。他人は他人。」と告白(クリックにて詳細)』に出てきた渡辺くんみたいな感じになるでしょう。

結構前からネット上でもテレビでも報じられています。

 

【特ダネ でも 取り上げられた】

【まさに糞スレwww ワロタ】

した事の無い人は、「ネタだろこれwww」と普通に思い、した事のある人は、「わざわざ取り上げるほどの事でもない至極通常の行為でしょwww」と、真逆の反応を示すところが面白いですね。

【ニコニコ大百科による解説】

めちゃくちゃ面白い。「茶化すのもいい加減にしろ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
現実は全くもってここに書いてある通りなのです。

【Wikipediaでは、亜群扱い】

最初はWikipediaにも「便所飯」が有ったのに、都市伝説ではないか?と議論になったあげく、削除となり、「ランチメイト症候群」の一項目に成り下がっています。

 

ですがトイレの個室ほど、自分の家以外で身体・気持ち共にくつろげる場所はない。とも確かに思いますね。中でタバコすってるDQNとか論外ですけどね。上からバケツで水ぶっかけて消火してやりますΨ(`∀´)Ψ

中で、用を足すついでに、普段人に見せた事の無い様な苦り切った変顔するも良し。だらーっと脱力しただらしない座り方をしても良し。メール打つも良し。本を読むも良し。考え事するも良し。

となれば、何かを飲食する行為だってその延長線上に普通にあると思いませんか?

ただし、人の出入りが激しくて頻繁にノックされてしまうようなトイレは落ち着けないですし迷惑なのでNGですけれどもね。

と、ここまで読んでくださった方にはおおよそ予想がついたと思いますが、れいなにも、「便所飯」の経験、「有り」です。

うわ~ 言っちゃったwww なんだってやりますよ私は(`・ω・´)キリッ

「メランコ型で、かつ人一倍ニオイに対して口うるさいお前が、嘘つけ!」と思われるかもしれません。

確かに、「うーわ>< ここは無理。」という不潔な所や混雑した所では不可能ですが、新しくて清潔で閑散としたトイレなら可能です。

上記のスレに出てきているように、基本的に、いかにも食べ物のニオイがするような物とかパリパリと音がするような物とかお弁当箱を広げるとかはできませんが、カロリーメイト的なものぐらいなら食べた事があります。

ただし、理由が教科書のそれとは若干違います。

昼休みに学食で独りで食べる事などどうと言う事はありません。

忙しくてたまたまその瞬間しか食べる時間がとれなかった。というのが主な理由です。

学校、部活、塾、バイトと、分単位でギチギチにスケジュールが目白押しの時、食事抜きになる事が多々あります。

とはいえ、何か食べておかないともたない。

でも私は、歩きながらとか、ガラ空きじゃない電車の中とかで物を食べるのは行儀が悪いし他人に不快感を与えると思うのでイヤなんです

となると、次の目的地(あるいはその直前)に着いた時にトイレを済ませておくついでにエネルギー補給も一気に同時に済ませておく。という苦肉の策に転じるほか無かったのです。

確かに、公衆の面前で物を食べているところをジロジロ見られるのがイヤ、という他人の目を気にする心理的一因もありますけどね。

その様な私の行為は異常なのか?と思って、非常に気になってこの教科書を手に取る事になったという次第でございます。

 

【若者はなぜトイレで「ひとりランチ」をするのか】

著者の先生は、れいなが非常に尊敬し憧れている精神科のドクターです。他の著書も結構読んでいます。

かなり私の性格形成の過程においても影響を受けていると思います。

なので普段れいなブログを読んでいて面白いなと思われるフレンドさんいらっしゃったら、この本も読んでみると面白いかもしれませんね。便所飯自体の話は第1章でほぼ終わってしまっていて、残り大半は現代に対する愚痴とかに脱線していってますけどね^^; いろんなブログやレビューの感想文を見て回ってきましたが、「激しく同意」か「もの凄く腹が立った」と意見が真っ二つに割れていてこれまた興味深いです。

ここの内容から、シゾフレ・メランコなどが出てきて、平等至上主義否定の話、非定型鬱病の話対人恐怖症の話、などと話がどんどん広がっていったわけです。

振り返ってみて、そういえば、れいなにとっては「食事」は楽しい事ではなく苦痛であった事が多く、「単なるガソリン補給」と無意識下で捉えていた。ってのも無関係ではないのかな?とか今思いました。

実際「便所飯」中、おいしいまずいとかその様な感覚は完全にシャットアウトしていました。ただ咀嚼して嚥下していただけです。

 

ところでもし、「私はこういう理由で便所飯した事があります」という興味深いエピソードをお持ちの方があれば是非聞かせて下さい。 こんな公衆の面前で言えるかボケ! という方はSNSなりSkypeなりの裏口からお越し下されば幸いですm(_ _)m

コメント

「一人は好き、孤独は嫌い」と自身のブログで書いたようなことから、私はシブフレ型の人間でしょう。
便所飯をやったことはないのですが、一時期自分の車の中でひっそりと昼食を取ることがありました。
だんだんと面倒臭くなったのと、「一人でもいいや」という開き直りがあって、
それからは一人での食事も平気になったのですが、振り返ってみると私の行為は
場所が違っただけで心情や状況などは便所飯のそれと変わらないものだったと思います。

当時は便所飯のことを知らなかったので、ニュースやネットでこの話題を目にしたときは
「自分だけじゃないんだ」と思った反面、「だからと言って安心してもいいのかな?」という疑問も持ちました。
一人でいることも時には大切ですが、大勢の中で自分を表現していくのも大事ですよね…。

初等教育からシブソレ化が起こっているというところに、すごく興味を持ちました。
ゲームの世界でも勉強の世界でもそうなのですが、競争って燃えますよね!(笑)
そこから成長に繋がるというのは大きく頷けます。


すごく混雑した場所で(某イベント会場)
座る場所がなく、休憩時間が30分しかないときに
トイレで食べた経験ありです(゚∀゚)


◆りくたさん
前にその「孤独にはなりたくないけど、1人で居る方が好き」の話が出た時にこのお話ちょっとさせて頂きましたけど、やっと記事にできました。
トイレの他に考えられる自分だけのリラックスできる空間、私も車を第一に考えました。
大学なりお仕事なりだったら、結構いらっしゃるかもしれませんね。
ガラスが透明ではあるものの、確かにほぼ同じ行為に当たりそうです。
元来日本人は、和を重んじる民族なんかじゃなくて、競争を好む民族だそうです。
だからこそ聖徳太子は、争うなかれとわざわざ説かねばならなかったのだと、その本に書いてありました。
告白ありがとうございましたm(_ _)m
 
◆みるみるさん
そうそう。場所探してる時間自体が勿体無いから、もうそこで食べるしか無いんですよ(´・ω・` )
食べるためと言うよりも、座って休憩する場所が他に無いと言う方が適切な理由だったりしますね。
告白ありがとうございましたm(_ _)m


私は1人ポツンとしてても全然平気なタイプ。むしろ気を使わず「楽」かも・・・
なのでこの本のタイトルの「便所飯」はなにかの例えだと思いストレートな内容でびっくった^^;
群れを成さず1人で行動する一匹狼。聞こえはカッコイイが群れで狩りをする狼が一匹で生きて行くには、それ相当の〇〇が必要。一匹では狩りは出来ない!いくら強がってもハングリー侍w〇〇に当てはまる言葉は人によって違うと思いますので、あえて書かzzz
私は人間は1人でも生きて行けると思って今まで生きてきました。ネットの世界に来るまでは・・・
マリカを通じ色んな人と出逢いこれまでに味わったことのない事を感じました。考え方も変わった私の心の中にもまだ「和」は残ってました。よかたよかた^^

私から「食」を取り上げたら、文字通り死んじゃいます><1番の楽しみwwwブタさん最高\(^_^)/

お終い


◆ともこさん
そんな事をする行為自体、思いつく事すらない人にとってはホントにネタ的な造語にしか最初思えないと思います。
でも、結構メジャーなのです。 本の中には経験者の割合って載っていましたけど私はあの数字は氷山の一角だと思いました。
実際シゾフレ型ならそんな事を堂々とリアルアンケで告白するとは思えないですからね。
そっかー。ここに来て変わりましたか^^
とっしーワールドの拉致部屋、投げまくり倶楽部とか、なんか普通の女の子っぽく、いつも同じメンバーで群れて遊んだり一斉に一緒に休んだり、言われてみればそうですね(*´∀`*)
食べる事が楽しみ。良い事じゃないですか^^
あたしなんか、食べる事が最大の苦痛だったことが長らくあったんですからね。

Posted by れいな on 15.2010   0 comments
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する