賢臓

っていう漢字、読めますか?

じんぞうではありません。けんぞうです。

なにそれおいしいの?

そんな物はこの世に存在しません

さて、テストが終わりました

あるクラスメートが、解答用紙に「腎臓」が正解のところを「賢臓」と書いて不正解を食らいそうになりました

返却時に教室で議論が巻き起こりました

と言うのは、その子はそれが正解ならば合格、不正解なら不合格。になる瀬戸際だったのです

先生がみんなの意見を聞きました。正解扱いにすべきかどうかを。

まあ誰がどう考えても意味は腎臓って解っていたということは明白ですよね?

だから、正解にしてあげるべきだ。という意見が圧倒的でした。

私もその場の空気や情に流されて、正解扱いの方に挙手しそうになりましたが踏みとどまりました

ちょっとお待ちくだされ

たかが漢字の誤字ごときと思うかもしれないけど、その道のプロに成ろうかという人がそんな間違いはどうかと思う。

診断書やカルテなどに賢臓なんて書いてあったら患者としてそんな先生信頼できますか

れいななら、イヤです

笑って流せません

ついうっかりかもしれないけど、そんな軽率なミスを犯す人に命を預けようとは思わないです。

PCなどに慣れすぎてワープロ打ちばっかりで手書きする事が減っていってる今日だからこそ、そういう所に細心の注意を払いたいと私なら思います。 手書きじゃなかったらそんなミスは絶対に発生しないですよね。 でも基本は何だって手作業。 それをおろそかにして、高度なツールを使いこなそうったってそうはいきません。必ずどこかでボロが出ると思います。

きっとその程度のケアレスミスなんて、誰もが明日は我が身だと思って甘い方に挙手した人も多いと思います。

でもここは敢えて、薄情かもしれないけど、不正解の方に挙手しました。

もし自分が当事者だったとして不合格になったとしても当然の結果だなと思って、二度とこんなくだらないミスを犯すものか。と、負けて兜の緒を締め直します

とめ・はね・はらいなどの重箱の隅をつつくような漢字テストの減点とかはちょっと辟易しますが、このケースはそんなのとは違うと思います。

どうでしょうか?厳しすぎるでしょうか?薄情すぎるでしょうか?

その場に居合わせなかった皆さんにも一般的な意見を聞いてみたいと思い、ここに書いてみました。

コメント

(●´ω`)ゞ・゚:*:゚★⊃`ノ八"`ノ八☆・゚:*:゚

これが義務教育の様な現場での事ならそんなに神経質になる事もないと
思いますけど、麗菜ちゃん達が今身を置かれている場ってかなり特殊で
少なくても将来の為に間違いを犯せられないという意識付けって今から
必要なんだと思うんです。

その方がボーダーライン上にいなかったら、きっとその問題は不正解扱い
になっていたんでしょうけど、そもそもそんな正解不正解の判断を生徒に
下駄を預ける先生も先生!それが原因で交友関係がギクシャクしなければ
いいなーとか余計な心配をさっきからしている私です(p・Д・;)アセアセ

私的には麗菜ちゃんの対応は良かったと思いますけど、不正解にしてその
生徒さんが留年するとかしないとかのお話しだったら、私も挙手しちゃう
だろーなー(●´艸`)ヾ

テストお疲れ様でした


留年決定か否か。そこ確かに重要なポイントですね。
結論から言いますとそれ程の分岐点ではなく、その科目の追試にひっかかるかどうか。というだけのボーダーでした。
言われてみれば先生も先生ですね(>_<)
ご安心下さい。ギクシャクにはなっていないですので(´∀`)
私自身も学級委員ですから、こちら(生徒側)が不利になるような事はしないです。
上記の様な事を考えつつも、全員が留年しないように過去問編集、資料配布、教授室訪問など適当に本音と建て前を使い分けておりますo(^▽^)o


こんにちは!
テスト、お疲れ様でしたm(__)m

「腎臓」と「賢臓」、うっかり間違えそうになりそうな漢字ですね。…というか、これは間違えてもおかしくないと思います。
普段、書くことはあまりないと思いますので良く見ないとですね…。
「腎」の下の部分が「月」というのが特徴的です。
でも、間違いは間違いだし、私ももし間違ったお医者さんがいたら嫌なので、れいなさんと同意見です。間違うってことは、手術でもミスをしてしまいそうですよね…。

何だか、良い勉強になりました!


こんばんはー(o´∀`o)
お邪魔します(`・ω・´)
難しいですね、賢臓。
漢字の書き取りテストではないから丸をあげてもよいのではと思う反面、
れいなさんがおっしゃるように、人の命に関わるお仕事のための勉強であれば、
うっかりというのではすまされないというのもわかります。
私が生徒ならつい手を挙げてしまうとは思いますが、
間をとって点数の半分をあげるとかだめでしょうかw
実際そういう方法をとる先生もいた気がします。
ただ今回は教科も特殊でしょうから、それが当てはまるかどうかは簡単には言えないですよね(。-`ω-)

なんて優柔不断な意見を出してしまいましたが、
れいなさんのお考えは決して薄情でも厳しすぎるとも思いません。
腎臓であって賢臓ではないのでれいなさんの意見はごもっともですしね。
長々と失礼しましたー!
それとテストお疲れさまです(●>ω<●)
またこちらへも遊びに伺いたいと思います(*´∀`*)
リンクの件も喜んでさせていただきます♪


改めて本文読んだら、これ結構トゲトゲしい文章ですね(^_^;)
 
◆REOさん
そうなんですよね~。うっかりミスをし易い性格の人は厳しいかもしれませんm(u_u)m
血液A型の人にうっかりB型を輸血したとか、右の腎臓を摘出するはずがうっかり左を摘出しちゃったとか、赤ちゃんを取り違えたとか、リセットしてやり直しなんてできない重大かつ不可抗力だな~なんて誰も納得できない様な迂闊な間違いは絶対防いで欲しいと思いますね。
 
◆ミイさん
例えば名前に「賢」が入っている人なら、まあそういう間違いが書いてあっても許せるというか、唯一笑って流せますね(=^▽^=)
でもそうじゃないなら一気に信頼感がガタ落ちになる様な気がします(´・ω・`)
こちらもリンク追加完了しました~(^O^)/
ありがとうございます。またよろしくお願いしますm(_ _)m


漢字がどうのこうのとか言う以前にその先生は非常によろしくないですね。
本来自分で判断すべきものを学生に任せて、おまけに挙手までさせて・・
それが原因となって生徒同士で何かトラブルが起きた場合、
どう責任を取るつもりだったんでしょうか。
その先生は手術をするべきか微妙な患者がいれば、
看護師に挙手させて決めるのかもしれませんね。

軽口の一つも言いたくなるような先生の行為ですが、話を本題に移すと、
れいなさんの判断は間違っていなかったと思います。
日常生活においてならその程度の間違いは笑ってすむ話でしょうけど、
この場合はテストですよね。
テストとはそういったものも含めて正誤判断をする場所ですので、
この場合、分野とか関係なしに問答無用で×ということでいいと思います。
非情なようですが、そうでないと、「腎臓」と正しく書いた人と
比べても不公平だと感じます。
ましてや、この場合追試を受ければ済む話ですしね。
ただ、実際にこの場面にいると、その学生に情が移ったり、
その場の雰囲気というものもあるので、なかなか挙手しにくいとは思います。
場合によってはしない方が身のためということもあるでしょうし。
ですので、それが出来たれいなさんは凄いです。


◆ヒューズさん
なぜ私はこんな事に必死にこだわるのか?
自分を分析してみました。
たぶん、名前をよく間違われるからだと思います。
麗菜の方ではなく、苗字の方です。かなり珍しい名前なのです。
小学校の時からずっと、4月になる度に最初の出席を取られる時、ほとんどの先生が私の所で詰まるんです。
でもちゃんと予習してきてらっしゃって他の子と同様に流れるように呼んでくださる先生もたまにいらっしゃいます。軽い感動をその時覚えました。
逆に間違って読まれるとゲッソリです。あいうえお順に並んでるのにそこで「や」が出てくるわけ無いでしょうが! と呆れる事もしばしば。
ある年なんて、あまりにもいつもにも増して全員の先生が間違うのでおかしすぎると思って確かめたら、初めから誤植してあったという年もありました
病院などに行っても順番が来て呼ばれる時、時々間違って呼ばれます。
で、そんな人に採血とかされたら、なんか荒っぽくて、痛くて、内出血して、失敗されて・・・orz という案の定なオチが待っている事がやたら多いのです。
迂闊なセールスの電話など、初めから間違っていて、おととい来やがれ! って感じですwww
これはうちの家族みんな同じだと思います。私はまだマシな方ですね^^; 間違って呼ばれても、もう面倒な時は返事する事もあるのですが、母や姉など、絶対に妥協せず、間違いを指摘、訂正させたり、場合によっては無視したりしてます
 
そういえば、ヒューズさんのブログに最初に訪れた頃にもこういう誤字脱字にまつわるお話とかしましたよね。
それのみならず、主語述語など文法的におかしくなっていないか? 真意が伝わらない変な文章になっていないか? 不快に感じる言い回しになっていないだろうか? とか何度も自分で読み直し、修正に修正を重ねて初めて公開の場に投稿する。
私も全く同じ考えでしたので、激しく同意した事を思い出しました。

Posted by れいな on 03.2010   0 comments
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する