カスタムトラック


ナムコミュージックのメドレーです。

リブルラブル、パックランドリバース面、ノイシュタットの街・リリスの目玉焼き(共にテイルズオブデスティニー)、リブルラブル、トイポップ、さんまの名探偵、パックランド、ディグダグ2、メトロクロス、X-DAY、ファミリースタジアム、ギャラクシアン、ギャプラス、ギャラガ、ドラゴンスピリット、超絶倫人ベラボーマン、ドルアーガの塔、スカイキッド。

カスタムトラックのコースを走る映像は今回の動画にて一旦終了になります。

SNSに登録しているフレンドさん達などはカスタムトラックという物について、とうの昔からご存知の様で説明する必要がありませんが、全く初見のフレンドさんにとっては訳が解らないかもしれませんので、揚げた以上、解説する義務があると思います。もっと最初から説明すべきだったかもしれませんが問い合わせが殺到したら面倒だな(´・ω・`)と思い、沈黙していましたm(_ _)m

動画をクリックしてYouTubeサイトに行けば関連動画が表示されますので、だいたいこれが何なのかは想像つくと思います。 要するに素人が自作したマップです。
実際私も今、関連動画をいくつか見てみてわかりました。
これらのコースを自作したのは、Mr.Bean 35000vr という人達のようです。
非常に有名なハッカーですのでご存知の方も多いと思います。チーターの生みの親みたいな存在でもあると思います。
チートやWii改造には興味有りませんが、私はこのカスタムトラックには非常に興味がありました。存在を知ったのはSNSサイトであるフレンドさんが紹介されていたからです。誰でも簡単にダウンロードでき、Wii改造などを施さずとも手軽に遊べるというところに惹かれました。
これぞまさに私が熱望していた「マリオカートWiiデラックス」(クリックにてその記事に飛びます)みたいな物かな?と思いました。任天堂公認ではありませんが。その様な物が現実にあるのだと思うと居てもたってもいられなくなり、必死で探し回りました。

ようやく見つけてダウンロードしてプレイしてみましたところ、確かにプレイヤー自身は何のWii改造の必要もなく手軽に遊べました。 上記のように基本的にコンピューター相手のレースしかできませんが、チート行為などとは全然種類の違う物だと解りましたので音楽を揚げる背景にするにはちょうどいいネタだなーと思い利用させてもらいました。

ですが、原作者が彼等であるということが判明したら拒絶反応を示すフレンドさんも少なくないと思います。 確かに、以前書きました憎むべきチーターという敵軍の生みの親みたいなものでもありますから。ただ、知りたくもない!とハナから拒絶せずに、敵の状況を逐次観察しておく柔軟で狡猾な姿勢も必要だと思います。彼等が今何を一生懸命プログラミングしているのか?(頑固な我々日本人にとって難しい課題だと思いますが) 

実際走ってみると非常に新鮮で楽しかったので、チーターの生みの親なんかにならずに最初からこっち方面の作品を作ってくれていたらなーと残念でなりません。 とは言うものの、これにしたって任天堂公認の物ではありませんので厳密には違法な物でしょうね。

違法な物かもしれませんが、チートのように他人に迷惑をかけたりせず、正規版マリカWii無しに動くマップではありませんので海賊版ソフトとも違います。あまり悪性度が高くない物だと思いましたので私は入手いたしました。 他のフレンドさんは、包丁の例えを持ち出していましたが、私も一理あるかなと思い感化されました。人殺しの武器にもなるけど、素晴らしい料理を作る道具にもなる。という言葉。

これについて大きく意見が分かれると思います。 「何を言おうともあんな連中の作品に興味を持つこと自体、言語道断! 到底受け入れられない。完全に見損なった!」と思われたフレンドさんは遠慮無くFCやリンクやコンタクトなど削除してくださって結構です。

「まあ言いたいことは解った。いずれそれについてちょっとお話ししましょうか。」、「別にどうでもいいです。興味有りません。」という方は現状維持してくだされば幸いです。

「おい、本当に安全な物で、かつ迷惑をかけない物なのかどうなのか百聞は一見にしかずだから私にも貸してみなさい!」というフレンドさんは、個人的にアクセスしてくだされば可能な限り誠意対応させて頂きますのでご一報下さい。

 

物はついでです。 テクスチャハックとは? 

「動画削除」
元々、私もマリカ動画のBGMを「自作した音楽」に替えて揚げていますよね。

いつもいつも同じ曲ばっかりでさすがに飽きてきた。BGMだけでも自分の好きな曲に替えてプレイできたらいいのになー。とか思っていました。実際、FOREVER BLUE という任天堂のゲームはMP3ファイルをSDカードに入れてWiiに刺し込み、その曲をBGMに指定して遊ぶことができます。

ゲーム音を消して好きな曲をかけながら楽しむとか、私みたいに動画のBGMをすり替えるぐらいなら簡単ですね。 でも、できれば上記の動画のようにきちんとコースのBGMになるように、サンダー喰らって小さくなってる間はフニャフニャしたエフェクトもちゃんとかかるように、できたら夢のようです。

そんな「楽しみ方」もできたらなーと常々思っていることは事実です。それを実現されている人たちをすごいなーとも思います。あくまでも「個人で楽しむ」という範囲を超えずにね。

「動画削除」
これなど、スーパーマリオギャラクシーの「ウインドガーデン」という私がめちゃくちゃ大好きな曲なんです。 これ見た時の感動というか良い意味でのショックで恍惚状態に陥りました。

この程度のライトなテクスチャハックでも、道のお花を1個1個敷き詰めるだけで、ものすごい労力を要したとこの方はおっしゃっていました。

「動画削除」
こんな怪しげな事をしている人に話しかけて大丈夫かな? とちょっと心配しましたが、旺盛すぎる好奇心の方が遙かに勝り、話しかけちゃいました。

でも、やり方を教えてくださいとか、そのようなアホな質問はしません。 聞いて一朝一夕でできるとは思えませんし、そんな暇もありません。 すごく興味深かった。また面白い物を見せてください。みたいな月並みな会話です。

こだわりの動画を1本作成するのにいったい何時間かかっているか。 私のやつも実はとんでもなく時間かかっています。 でも出来上がった時の充実感は何物にも代え難いのです。 その苦労がよく解るだけに同じUP主としてこれからも頑張っていきましょうみたいなことを会話しました。

ただし、何度も言いますが、

私は「オンラインチート」には全く興味有りませんし、あのような行為を絶対に許す気もありません。

根本的に違う物です。 「Hack」という言葉で一瞬同種のように見えますが、目的が全く違います。

あれはただ単に嫌がらせがしたいだけ、ズルをして勝ちたいだけ。であり人の道から外れた行為です。

ぶっちゃけ、私も「オンラインチート」を実行するには何をどうすればいいか、前回の記事以降、勉強して把握しています。 したいからではなく、チーターの裏をかく方法や対策や、どういう気持ちでチーターになるのか疑似体験して彼等の心理を知るためです。

でも、もしも順序が違っていたら・・・、私はチーターに成っていた可能性も充分にあったと思います。順序とは、「フレボ掲示板を見つけてFC交換してたくさんの素晴らしいフレンドさん達に巡り会う。」ことと、「Wiiをハッキングしたり改造コードを導入して遊ぶこと。」の順番です。
幸い、上記の順序でしたので、成りませんでしたが、逆だったら・・・
もしかしたら人を人とも思わない、他のプレイヤー達もコンピューターのキャラも同じように捉えてめちゃくちゃに荒らしたりしていたかもしれません。
ただまあ、そんなこと数日で飽きると思いますし、チーターチームにも馴染めないと思いますけどね^^;

オンラインで不正行為するつもりなら最初からそんな作品揚げたりしません。誰にも言わず、こっそり使うでしょう。
真のこっそりチーターは真のヤクザ同様、普段決してそれを疑われる様な行為や言動をしません。

今回の記事、異常に膨れ上がってしまったので、通常お気楽マリカ記事と、今回のメインテーマとを分けて揚げ直しました。

もう一言さらに言わせてもらうと。
個人で楽しむ改造と、オンラインで荒らしをするための改造は、根本的に動機の時点から全く違います。
全てを妨害厨と結びつけるのは短絡的です。
私の分類はこうです。
妨害厨とは、所謂改造チーターの他に、改造なしの粘着魔、逆走魔、ゲスト連れや通話によるグルプレイ、などなど、インチキやドーピングや嫌がらせを生業にしている連中全てです。
その一部に改造を施した奴も居るということ。
破壊を目的にした改造。

それに対し、創造を目的にした改造。
上記のテクスチャハックの様な楽しい作品を作ること。
これは悪だとは思いません。
改造に関心が有る無し以前に、人としてのモラルが有るか無いかが境界線だと思います。

おう!「チーターの心理」の記事で言ってた事とずいぶん違うじゃねぇか! どうしちまったんだい!
とお思いの方も多いでしょう。
恥ずかしながら、あの時点では私も、「改造」イコール「オンラインチーター」と短絡的に結びつけていました。
でも今は少しだけ見る角度が変わりました。

とは言うものの、武さんの懸念にも首肯せざるを得ません。上記の様な分別のつかない精神的未成熟な人達にツールが行き渡る事です。

これは今問題になっているエッチな漫画を規制するしないの問題や、ゲームそのものが悪か否かの問題にもつながってきますよね。

皆さんはゲームの流行のせいで青少年の重大犯罪が増えていると思いますか? 違うはずです。

私の意見としては、どれも同じで、「物が悪なのではなく、それを手にする人間側の問題」と言う考えです。

10歳以上であれば善悪の分別がついて当然です。大人と同じ責任を負うべきだと思います。

もし間違った方向に進まんとしている子がいれば、正面からぶつかり、話し合い、正しい方向に導いてあげるのが人生の先輩の務めではないでしょうか?(まあ既に病的精神状態に陥っていて正常な会話すらできない状態の子には無理な話ですが)

記事が下がってしまいましたが、まだまだコメントは受け付けておりますので、どなたでもご意見ございましたら遠慮無くカキコして下さいね。

コメント

カスタムコース。なにそれ、楽しそう派、ありえん、認めん派。反対だけどやってみたい!賛成だけど興味はない!などいろんな意見があると思います。
ルールや規則は物事を安全に円滑にと内容はほぼ完璧です。じゃあなぜ事故や失態があるの?ルールを守らない、守れない人がいるから?
交通ルール守りきれてる人居ない→事故起きる。みんな守ったら事故無くなる?→なくならない。(悪天候、体調、突然変異、などなど・・・)ますますルール増える。
そもそも制限速度を大きく超えた車売ってる、なんで?→売れるかから。

最高速度100キロ程度の車なんか誰も買わない、売らない。制限速度守る気ゼロ

だ~れも居ないのに信号機青になるの待つ?(待つのが普通だけど^^:
必ずしもルールを守る!のではなく、状況に応じて判断すればいいと思います。
ルールの真意(故撲滅)が分かっていれば規則外でも事故は起きません。

私はなにそれ楽しそ派ですが回りに迷惑を掛けず身内で遊ぶ分には非常にに楽しいアイテムだと思います。


動画でちらほら、このいろんなコースを見かけたりして、「なんなんだろう?」ってずっと思っていました。
まぁ、どう見てもマリカWiiの素材なので、コースのみ、作っている感じはしました。

そうなんですか?非常に有名なハッカー達が作ってたんですね!?
チートやWii改造とかの悪の温床のラストボスみたいな存在ですね。。
チートは、必死でレートを努力してきた人たちを、あざ笑うかのようにもてあそびます。
最近、1週間に1度は会うくらいチートがいっぱい。
楽しくフレンドさんが集ったり、高レートに成長したハイレベルなハラハラする良部屋などを
一瞬で崩壊させて! ほんと、頭にきます!angry

チート方法や改造コードなどを公開したりして、ウイルス伝染やゾンビみたいにチートを増殖させる輩は、
自分の技術、知識をひけらかし自慢して、いい気になってるだけ。。

「マリオカートWiiデラックス」今の自分では、まだまだ、カンストは夢のような話なので、
コースが増えるとまた、大変ですが^^;;
けど、カンストされた方々にとっては、コースにも飽きてしまうのも当然だと思います。

まぁ、マリカの魅力は、相手が変わったりでアイテムの使用され具合や、いろんなカオス理論で
何がおこるかわからない面白さがあると思いますが。

それでも、やっぱり新しいカスタムコースとか興味あるなぁ。
楽しみたい派でもありますから。

悪ボスたちも、そういったオンラインを破壊して人に迷惑をかける行為よりも
創造的な方に尽力してくれればいいのにと同感します。
任天堂も新しいコースを素人から募集したりして、採用できるコースなんかは
報奨金などだして、コンテスト開けば面白いかも。
ひどいバグSC対策や、チート排除などにももっと頑張ってほしいです。
対策しても相手が又、回避策など施して強くなってイタチゴッコしてるのかもしれませんが。

カスタムコースを改造コードなどと一緒に公開されていて、
誉め称えたりすると、悪ボスを増長させたりしそうなので、
したくないですが。。

改造も本来は、難しいゲームとかを
クリアできない人のために
もうちょっと易しくプレイできるように
考えた優しい行為だと思いますが。。

何でも、使い方を間違えないようにしなければいけませんよねぇ!
車も便利なツールから、動く凶器になりますから

オンラインで他の人に迷惑をかけないのであれば、
問題はないと自分は思います!!!

投稿: とっしー☆FIRE | 2010年5月30日 (日) 12:18


いつもれいなさんの動画を楽しく拝見させて頂いてます^^
カスタムコース!?なんだこれ!?って思い拝見させて頂きました。
ビックリしました。こんなコースあるの!?何これ!?って。
人それぞれですから意見は分かれてあたりまえです。
楽しそう!と思う人もいれば、認めない!と思う人。仕方がありません。
チート関係者が作ったものだということで引く人はたくさんいるかもしれませんね。
厳しい現状かもしれませんがそれを承知で載せたのだと思います。
私的にはまわりのみなさんに迷惑がかからないのであれば全然構わないです。
興味を持った一つとしてみております。
興味ってだれにでもありますからね。
フレンドではないのにえらそうなコメントしてごめんなさい><
これからも楽しくご一緒できたらうれしいです。


カスタムコース・・うーんやりたいでふw・・・・
賛成派かな・・直線・・・だけ永遠コース・・カメ・偽ボ・バナナしか出ないなんて・・楽しそうかな^^

その前に自分んの脳カスタムする必要があるかなw・・・・

モンハンの昔聞いた話ですが・・モンスターを作った人がいたらしい・・
それも好評だった?らすぃ・・・

うーん・・・人それぞれ・・・ですね・・


◆ともこさん
コメントありがとうございました。
では続きは私の部屋で・・・・もう喋り倒しましたのでここでは割愛させて頂きますねm(_ _)m
 
◆とっしーさん
そうなんです。出どころが出どころなので、諸手をあげて大きく紹介できない所がもどかしいです(´・ω・`)
北条博士が生み出したジェノバ計画やセフィロスみたい(^_^;)
既存コースリメイクアンケートもいいですが、新コースデザインコンテストいいですね。
プログラミングじゃなくて手書きとかでも募集したら、素晴らしいアイデアいっぱい集まりそうな気がしますo(^-^)o
 
◆カメックだいすき☆さん
コメントありがとうございます。
この映像を揚げもんにするかしないか、かなり迷いましたが、チート行為などとは違うのでGOサインを出しました。
本当にマズい物なら自殺行為ですので揚げなかったと思います。
いえいえ、フレンドも同然の様な関係だと私は勝手に思ってますので、これからも何か有りましたら遠慮なく言ってくださいね(^-^)/

◆ちびざるさん
モンハンは知らないのでその意味がよく解らないのですが、プレイヤー自体がモンスターみたいな外観や能力を持った者になるとか?
サーキットになってないコースですか~。まあゲーム上なら十分有りそうですが、それのタイムアタックとか50ccとか確実に居眠り運転ゲーでしょうね(-.-)zzZ


どうも、お久しぶりです~。
「マッハバイク」というゴミ性能マシンを愛用している「リーフ。」です^^
って、嘘ですよヽ(゚Д゚;)ノ!!
マッハバイクには、他のバイクにはない「抜群の操作性」がありますので、極めれば土壇場でのゴリ押しテクニックが通ったりして非常に使いやすいです。
スピードが遅い?吹っ飛ばされやすい?ソンナノシリマセン。

それで、本題はマッハバイクの良さを伝えるために、コメントしに来たのではないのです。
その本題はですね、
「アー!だいごさんが復帰している!!」・・・ということを言いにきたのではなく、
「ぶっ飛ばして差し上げますわ!」・・・という言葉に釣られに来たのではなく、
「カスタムトラック」という怪しげなコース作成ツールについてコメントしにきました。
・・・実は、この記事を見るまでは「カスタムトラック」という「もの」の存在すら知らなかったんですけどね^^;

個人的な考察やら意見ですので、鵜呑みしないでほしいのですが、
彼らチーター連中がチートを使ってレース妨害したり、コース作成ツールを作って楽しむのは、そういうことをするのが「楽しい」からじゃないでしょうか?
チーターとは言えど同じ感性のある人間ですし、答えとしては考えてみれば当たり前すぎる答えなんですけどね。
普通にレースすることが楽しい自分達とは違い、彼らはちょっと変わった楽しみ方が好きな連中だと思うんです。
普段、自分の好きなことやものに対して「あんなことができるといいのにな~」みたいなことを思うことってあるじゃないですか。
チーター連中は、それに非常に近い考え方をしていると思うんですよね。さらに実現するという形で。
チートするための機器やらプログラムをつくったり、コース作成ツールを作るということは、思い立ってから数時間程で作れるほど簡単に作れるものではありません。
仮に、自分に利益のないものや興味のないものを長時間かけて作成していれば、人間である限り必ず「飽き」がきます。
しかし、「飽き」を乗り越えてまで作成したということは、それほど好きなことであり「楽しい」からやっているのではないのでしょうか?
そして、同じチート好きな人やコース作成に憧れる人に対して作ったものを配布して、自分と同じ「楽しい」を共有してもらいたいんでしょうね。開発者が作って個人で楽しんでも面白くありませんから。
当然、作ったものはゲームの内容を改造する違法なものですので、普通にゲームを楽しみたい人達にとっては嫌な印象しか受けないですよね。
普通の人はゲームの中身を純粋に楽しみますが、チーターの場合は「ゲームの中身をイタズラしながら楽しむ」ので、ゲームの楽しみ方が普通の人とは全然違います。「楽しみ方」の価値観の違いがあるんです。
チーターのやる行為の何が楽しいのか、普通の人はさっぱりわからないし、逆にチーターにとってはクソ真面目にゲームをやる人の何が楽しいのかがわからなんでしょうね。
その価値観の違いによってトラブルやらに発展するわけで・・・という感じに自分は思います。
本当は色々意見を言いたいのですが、コメントが長くなってしまうので^^;

それで「カスタムトラック」については、自分のWii内で使う分には他人の目からしても大丈夫だと思いますよ。
自動車で例えるなら、自動車を改造して一般公認のサーキット内で走るのと同じような感じでしょうか。
他人に被害の及ばない決められた領域内ならOKという考え方です。

しかし、Wi-Fiを通して他人に作成したコースをやらせるということはアウトでしょうね。
例えとしては、サーキットという決められた領域内で走るだけでは不満足であり、高速道路なんかでレースを繰り広げる「走り屋」という連中達と同じような感じでしょうか。
この場合は他人に迷惑や被害が及びますからね。

もちろん、れいなさんがそんなことをしない方だと信じていますよ!!

長々と意見を自分の意見を述べてしまってしまって申し訳ありませんでしたm(_ _)m
また、マリカー内で、野良対戦する機会がよろしくお願いします。

PS
決してマリカーフレンドのTもこさんに「れいなさんのブログに面白そうな内容が書かれているよ~」とか言われてコメントしに来たわけではありませんよ・・・ハイ。


れいなさんには個別にこの改造コースについての意見は伝えたので黙っておこうと思いましたが、
どうやら寛容であったり、肯定的な方ばかりのようですし、
そもそもこの問題の発端が、自分のれいなさんへの回答ではないかと思いますので意見しますね。
 
まずコースを造ったの人物ですが、やはりビーンでしたね。
もうずいぶん前に、やつの誇らしげな動画を観て改造コースの存在は関知しておりました。
ですが、まさかそんなものが身近に簡単に入手できるようになっていたとは知りませんでしたし、
しかもそのようなものに、れいなさんが手を出すような方だとも思いませんでしたので、
先日の“よっちゃんイカ発言”になってしまったわけです。
 
で、みなさん、「他人に迷惑をかけないものだから可」との声が多いようです。
確かにオンラインで、無限アイテムを使ったりの妨害行為でもなければ、
VRを操作したり、マシン性能を調整したりのズル行為でもありません。
変造されたデータを自分の本体に取り込み、マリオカートのソフトと連動させて起動させ、
本当に個人で(若しくはデータ所有者同士で)楽しむだけのものでしょう。
この点では、一般ユーザーに危害を加えたり、任天堂に売り上げ損失をもたらすこともなく、
特段、これを楽しんでいるユーザーを咎めることはありません。
自分が憂うのは、これらを動画としてアップするなど広く周知させてしまうことです。
 
このコースの作成者も、自らが手がけた改造コースが、
任天堂を嘲るように、世界じゅうのマリオカートユーザーへ渡り、
それを楽しみ話題になっている状況をみて、おそらくご満悦なことでしょう。
改造を咎めるどころか肯定・賞賛までしては、改造者も増長する一方です。

それともうひとつ。
チートを増やすきっかけのひとつにもなっている現状です。
閉鎖されたり、パスワード制になってしまい、閲覧できなくなってしまいましたが、
つい最近まで、いくつかのチート集団の掲示板やチャットなどを監視していました。
彼らの多くは、「他人を困らせてやろう」「ズルしてやろう」という思いでチートになったのではなく、
「コースを自作したい!」という思いで、チートに手を染めた連中が多いことです。

ですが、コースを改造するのは至難の業らしく、(テクスチャハックだったかな?)
初歩的なパラメータいじりから入り、アイテム操作や漢字Mii,レート操作などを経て、
レベルアップしていき、そのゲームのプログラミングをほぼ解析・理解できて、
はじめてビーンのような域に到達して悲願が達成できるのです。
彼らの多くは、分別の付かない小中学生。
おそらくは、このような動画を観てときめき、改造に手を染めていくのでしょう。

個に所有してこっそり遊ぶのなら、なにも咎めません。
ただ、こういうものを所有して楽しんだことに、一抹の羞恥心と後ろめたさは抱いていただきたいです。
そして、広く周知したり、頒布するのは、極力控えていただきたいと思うばかりです。 


自分個人で楽しむのなら、問題ないと思いますよ。
エキサイトバイクでもコースを自分で作って遊ぶこともできますし。
新鮮で楽しい動画でしたw


なんというボリュームのあるコメント・・・
しかも非常に皆さんからの信頼の厚い方々からのコメントで驚いておりますが、大変勉強になりますので感謝いたします。
 
◆セージ。さん
お久しぶりです。なるほど、そういう誘導があったんですね。納得いたしました。お忙しいのにこのような異色な所に来てくださり、かつコメントまで書いてくださり、ありがとうござます。
「楽しみ方」の価値観の違い。 重要なポイントですね。
最低限の社会的モラルは外さないように注意したいと思います。
包丁の喩えから、連想されたかどうかは解りませんがリィレの姉のレテにアイクが皮肉を言う場面ありますよね?
「ベオクのことを忌み嫌い、ましてそいつらが作った鉄臭い武具などいつもバカにしてるくせにそんな物を持ってるんだなw」とか言うセリフ。
それに対しレテは、「確かに軟弱なベオクは好かん。しかしヤツらの全てを否定するわけではない。良い物は良い。実際木の実などをむく時には非常に重宝するのだ。」みたいなことを言いますよね?
姉ほどは正確に再現できませんがだいたいそんな感じだったと思います。
そのような柔軟な思考も有りなんじゃないかな? と私は思ったのです。
それにしてもまさか何気に入れていた「ぶっ飛ばして差し上げますわ!」のセリフが大好きなお方にここを訪問して頂けるとは夢にも思いませんでしたので、そこで吹いてしまって後の本論の所が霞んでしまって・・・( ´ノд<`)アチャア
 
◆武さん
再び多忙な中、意見を寄せてくださりありがとうござます。
「あなた、それを揚げもんにすることで、今まで築き上げてきたフレンドとの厚い友情関係にヒビを入れることになったらどうするの?」というオトナの心と、「でもこれすっごく面白いよ。なにこのコース!?ってみんなが驚いて羨ましがる顔がみたいわ。」というコドモの心が激しくぶつかり合いました。
結局、後者がまさってしまいました。私も所詮その程度の学生ですね。
最後の3行、深く胸に刻みつけておきます。
実は揚げて早々、何人か問い合わせ来ていたのですが、「わからない。ガッコの友達に貸してもらったの。」「自分で探してみて。」と返答し「カスタム」という言葉すら検索されないように口にすることはしませんでした。
でもいつの間にか関連動画に思いっきりビーン動画が自動的にリンクされていて愕然としました。
否定的な意見の方もたくさんいらっしゃるはずです。
既に何人かが先に肯定的なコメントを寄せているため、否定カキコしたら多勢に無勢でバッシングされかねないと思い、またこんな論争自体馬鹿げていると思い、カキコ来ないだけだと思います。
それを、みんな私の味方。などとおめでたい勘違いを断じてしないようにいたします。
 
◆みあまさん
コメントありがとうございます。
意外にも社会人の方々から次々コメントが来ていて驚いています。
しかしそれだけに、経験豊かで視野が広い人達の意見を聞くことができて良かったと思います。


ふあーなんかすごく勉強になりました(;゚Д゚)
相変わらず麗菜さんのブログはためになりますねっ(`・v・´)b

今までチートは、遭遇したり、公で俺やってる!とか言ってる人を見るとうんざりはしたけど、どーでもよかったので、チート云々について深く考えたことはなかったんですが
麗菜さんの記事と皆さんのコメントで色々考えさせられました~。
でも確かに、違法なことをしているのに、それを公言したり、ましてや配布なんてしてはいけないですよね。
秩序を守るためにルールがあるんですから、時と場合によっては破ってもいいんだよ!ってことを
私の場は置いといて、公の場で言うもんじゃないですね^^;

ただ自分もやってるので言っちゃうとなんなんですが
ゲームの動画や静画を、版権元に無断でネットでうpしたり配信したりするのも、本当は、ね。。。
今はやってる人が多い上に、悪い面ばかりではないので、グレー扱いになってますが(´ヘ`;)


◆空缶さん
コメントありがとうございます。
著作権うんぬんの法律のお話ですね。
ゲーム音楽の打ち込みなどもJASRAC登録曲は、無断ですること自体ダメみたいですもんね(´・ω・`)
DQ6メドレーという動画も一回揚げていますが、いつエニックスやすぎやまこういち先生の事務所から削除命令が来るかとビクビクしております^^;
確かに、動画も静止画もBGMも、厳密にはそれに抵触するのかもしれませんね。
ただ、営利目的じゃないのならさほど問題じゃないどころか、むしろ版権元にとっては利益になると思いますので良いかなーと思っています。
実際、マリカ動画を見て、ソフトを購入決意した人がどれほどたくさんいらっしゃることか・・・
でも、「私が思う正義」と「現実の法律」は違い、悪法もまた法なりですので、そのコミュニティに属する限り守らなくてはなりませんね。

Posted by れいな on 27.2010   0 comments
Category :マリオカート(野良・雑記)

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する