録音する真意

あるコラムで、
医師がムンテラする時に患者が「録音して良いですか?」と聞いてくる事があるが、認めなければならないか否か。
というテーマが有りました。
ムンテラとは、ドイツ語のMund「口」+Therapie「治療」の略語で、
要するに病状とか治療法などを口頭で説明する事です。

医師側としては、録音して「証拠」を取られているようで非常に話し辛くなる。制約がかかる。などあまり良い印象を抱きません。

しかし必ずしも証拠を取るためやクレームを入れるためや訴訟を起こす目的でその様な事をするのではない。
その様な腹で録音するのならハナから許可など求めず黙って録音するでしょう。

つまり、わざわざ録音して良いか聞いてくる人は、「1回聞いただけでは理解できないので、何度も聞き直したい」や、「説明の場に同席できない家族に同じ内容の説明を聞かせたい」などが目的であると。

ボイスレコーダー
これはその通りだろうと思いました。
特に「癌の告知」などがムンテラの代表選手なのですが、
患者はその都度返事してしっかり聞いている様に見えても、実際はお経でも聞いている様な心理状態で、説明の1割も頭に入っていない。ショック過ぎて。
ほとんどの人間はそうなるはずです。
なのでしっかり理解してもらうためには、録音して後で落ち着いてからもう一度聞くというのはむしろ双方にとってメリットが有るのではないか。とも言えるわけです。

それでもやはり録音されると前述の「キャンセルの術(クリックにて詳細)などの話術が効力を発揮できなくなりますので、
私は初対面時から「この先生は録音などしなくても十分解りやすくムンテラしてくれる」と思ってもらえる様に話す事を心掛けています。
具体的には「話す」というより「書く」事に重点を置いています。
各病気ごとに解説や治療法などをイラストなど書いて作成します。
どこかからコピーしてきた物とかではなく自ら一人一人に合わせて冊子を作ります。
それを用いて解説し、後でゆっくりともう一度熟読してもらいます。

と同時に、こっそり録音しているかもしれないという事は常に念頭に置いた上で、堂々と嘘もつきます。
「嘘も方便」です。
患者がみんな「包み隠さず真実を言ってくれ。治る見込みは万に一つも無く、およそ何ヶ月後に動けなくなり、何ヶ月後に死ぬと先生は予測しているのか。それによって私の最期の生き方を決めたいので。」という様な覚悟の決まった強い人ばかりではありません。
「癌の告知」自体は昔に比べて積極的にムンテラされる様になりました。
しかし「予後の告知」まではなかなか言えません。
正直、「もうお手上げです。この抗癌剤ですら消えてくれない癌細胞には現状打つ手がないのです。一応次にこの治療法を試してみますが、おそらく副作用に苦しむだけで来月にはベッドから起きる事もままならなくなり最後は・・・」と思っていても、そんな絶望のどん底に突き落とす様な事を吐露する事がムンテラではないのです。例えそれがまごう事なき真実であったとしても。
嘘の話をしてでも患者を元気づける。文字どおりムント(口頭による)テラピー(癒し)なのです。
とは言え、家族には別室で真実を伝えて、「その時」が来た時に人工呼吸器を用いて延命治療をするかしないかまで話を詰めておかねばなりませんけどね。

一般医療の場合はそうです。
美容外科部門の場合はむしろ立場が逆転する傾向があります。
すなわち、ムンテラする側が「録音いたします」と断ってから説明を始めます。
この場合の理由はもちろん、後から難癖をつけられる事を抑止する目的です。
一般医療はマイナス(病気)の状態をプラマイゼロ(健常)に戻す事を目的とします。
美容外科はプラマイゼロの状態からよりプラスに持っていく事を目的とします。それは「治療」ではありませんので健康保険も効きません。10割負担です。
それだけに後からクレームを入れられたりトラブルになる確率が高い。
大金を叩いたのに満足のいく状態にならなかった。当然あり得る事です。
また100%安全な医療・検査も有りません。思わぬ副作用・合併症など発生する可能性も有ります。
それに同意した上で施術を受ける。
「同意した」「説明した」ことの「明確な証拠」を医療側は取っておかねばなりません。

とは言え、これも実際に「録音します」と言われるとあまり気持ちの良いものではありません。
「え?私って後から難癖つけてくる様な患者(客)に見えるわけ?」と一瞬思います。
全員に同様に行っている事だと言われてもね。

Posted by れいな on 03.2017   0 comments
Category :学術的日記

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する