スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

【DQ10】ボス攻略後半

ただの記念写真だけをまずオモテに・・・
 
DQ10 (91)
唯一のイケ面プクリポの生身のフォステイル様と一緒に。
この人も楽器を装備していますね。
彼だけが人間的な顔立ちのプクリポで、最初ホントにプクリポ族なのかわからなかったです。
 
DQ10 (92)
ゲルト海峡で、崖下に落下中の人を激写。
バンジージャンプの紐も付いていません。
 
以下は、まだメインストーリーを進めていない人にはネタバレになる可能性があるため袋とじ。
 
DQ10 (6)
ガートラント編の中ボスのジュリアンテ。
アズランの怪獣プスゴンを踏襲する攻撃パターン。
すなわち「魅了」でこちらを同士討ちさせてきます。
そうなるとグダグダになるので、ツッコミなどですぐに直す手段が必須。
あるいは充分に強化して1人で戦うという手もアリかもしれませんね。
 
DQ10 (9)
マイユさんがカッコイイよ~
このオルセコ闘技場に初めて入った時の音楽にシビレました
DQ4のアリーナ姫の冒険で出てきたコロシアムの曲が豪華になって流れ出しました。
妹のジュリアンテはスタイル抜群なのに姉のニセ賢者の呪術師は残念な体格です。
痛恨攻撃が強烈なので生き返らせる手段をちゃんと用意していかないと僧侶が倒れたら詰みます。
あと、玉の中に封じ込められた時は焦りました。
でもしばらくしたらまた出てくるので良かったです。
倒した後にチラッと出てきたピエロが黒幕ぽかったのですが彼はどこへ行ったのかな~?
 
DQ10 (7)
メギストリスの中ボスの2人。
それほど苦労することなく、1人で倒すことができました。
 
DQ10 (53)
ボスの魔軍師イッド。
イオナズンを食らうと危険なので唱えだしたら全力で離れます。
プクランドのお話だけがオルフェア編から続きのストーリーになっていて、一番素晴らしかった
 
DQ10 (56)
ヴェリナード編の中ボス。
この敵も見たまんまの攻撃パターンで、地獄のはさみやキラークラブやガニラスの親玉って感じの痛恨攻撃を繰り出してきます。
ザオラーが1人しか居ない状態で挑戦しましたが、運良く僧侶が倒される事がないまま勝利できました。
非常に運が良かったです。
 
DQ10 (58)
大ボスの暴君バサグランデ。
まずここに辿り着くまでのザコ敵が危険極まりなかった。一撃で死亡させられてしまうイーター系の怖い敵が襲ってきます。
このボス自体はまあ今までと同じ感じでした。
散々広場でも叫ばれていますが、レベル50にもかかわらず物理攻撃がほとんど通用せず、魔法攻撃だけ効くというワンパターンな仕様にちょっと疑問を呈しかける頃でした
 
DQ10 (46)
カミハルムイ編の中ボスの暗黒大樹。
3匹出てくるのが厄介です。1匹でも減ったらもう楽勝なのですがそれまでが厳しい。
ラリホーが効くとのことで魔法使いのフレンドに付いてきてもらったのですが、私の物理攻撃は案の定ロクに通用しませんでした。
それどころか広範囲ムチ攻撃が災いしてせっかく寝ている敵を起こしてしまうという悪循環。
「作戦変更! 物理攻撃効かないからラリホーやめて、メラミ連発して!」
と言いたかったのですが忙しくてそんなことを打ち込んでいる余裕はありません。
この時ばかりはSkype通話チャットしながらプレイしていたらなーと思いましたね。
 
DQ10 (54)
大ボスの怪蟲アラグネ。
これは、かなーり強力です。トゲゾーによる全体攻撃が強烈。
イッドのイオナズンの様に表示されてから範囲外に逃げようとしてももう遅い。
お尻を振り振りしたら逃げろ。とはいうものの、なかなかその通りにはできません。
倒した後のお話もジワッとくるような展開でプクランドの次に人気のストーリーかなと思います。
 
DQ10 (55)
ドルワーム編の中ボスの魔瘴魚。
2匹出てきますが、他と同様それほど苦労することはなく倒せます。
ドワーフの初期ストーリーの時からたびたび登場するルナナのわがままっぷりが全開。
ルナナも今後また出てきて欲しい名物キャラですね。
 
ボス戦 (7)
大ボスのクァバルナ。
変な気持ち悪いお面のような物をかぶっています。
いやこれ自体が顔なのかもしれませんが、途中でバキッとお面が割れて中から意外とイケてる顔が出てくるんじゃないかと期待しながら戦っていました。
有人4人で挑みましたが僧侶2人が倒されて万事休す。
絶対に勝ちたい戦ならば、2人の僧侶はお互いを最優先で回復させて、共に倒れた場合は他の2人が世界樹の葉を使ってでも僧侶を復活させること。
それが大事だということをピカルドさんに教わりました。
葉っぱなど倉庫の肥やしと化していたのですが、目から鱗が落ちる思いでした
 
DQ10 (12)
ある程度の数のキーエムブレムを入手すると、一大イベントが発生します。
本来の人間の自分と、行き返しをする前の身体の持ち主との会話。
これがまた泣ける
ようやっと、最初のオフラインの時のお話の続きがいま再開されたって感じですが、願わくば、上記の5大陸のストーリーにも冥王が背後に絡んでいるようなお話が欲しかったな~
「ネルゲルめ! ぜっっっっっったいに許さない!(`ヘ´#)」
と熱くなるようなストーリー展開の持っていき方をすればもっと盛り上がるのに何かもったいないなと思います。
 
ボス戦 (8)
約500年前には偽者の太陽が現れ人々は絶滅の危機に瀕していました。
その太陽の中枢にこのボスが居ます。
ここへ到達するまでもなかなか厄介な門番達を倒さなくてはなりません。
しかもリアル時間制限があるのであまりのんびり攻略してはいられません
ボス戦自体は上記の蜘蛛や天魔などよりも楽勝でした。
 
DQ10 (83)
破邪舟師エルジュと一緒に勝利記念写真。
彼も最初はどうしようもない自己中坊主だったのですが見違えるように精神的に大人に成長する姿がすごくよかったです。
 
ボス戦-(99)
なぜわざわざ500年前の災いを解決しに行かないと冥王戦に突入できないのかはプレイしてのお楽しみ
現段階のラスボスなだけあって、相当強いし恐ろしく長い連戦になります。
世界樹の葉、魔法の聖水などは全部持っていく方が良いでしょうね。
悪の親玉にしてはかなりハンサムですが・・・
ドラゴンボールの悪役(ベジータやフリーザやザーボンさんとか)を彷彿とさせる様な醜い姿の本性が現れます。
何とか初挑戦にて勝利しました
そして感動のエンディング。
メインストーリーの続きはいつ再開されるのかわかりませんが、早く見たいな~
Posted by れいな on 30.2012   0 comments   0 trackback
Category :Dragon Quest

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/24-d0bf6899

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。