屋久島

屋久島 (1)
この冬、かねてから行きたいと思っていた屋久島に上陸しました。
鹿児島県の一部ですが、九州で一番高い山である宮之浦岳を筆頭に高い山が連なっていて、「洋上のアルプス」とも呼ばれています。
雲仙とか阿蘇とか桜島とか有名な山々よりもずっと高いのです。

屋久島 (10)
花崗岩が盛り上がってできた島ですので岩ばっかりです。土がほぼありません。ゆえに水がめちゃくちゃ綺麗で生物も少なく、全く濁っておりません。
美味しいのですが超軟水ですのでイオンの補給には向きません。
海抜高度が高いためすぐに空気が冷やされて雨が頻繁に降ります。
「屋久島は月に35日雨が降る」という有名な言葉が有りますね。
対して隣にある種子島は非常に平べったい島で雨も少なく対照的です。
ちょうど北海道の利尻島と礼文島を彷彿とさせます。

屋久島 (2)
屋久島と言えば縄文杉ですが、それは後に回してまずは島内観光。
島の大きさは日本で7番目。小さいですが空港も有ります。
1月でも温かいです。ですがほとんどが山ですので雪が積もる事も有ります。
積もると危険なのでせっかく屋久島に来てもどこにも行けない。
という可能性が有り、それだけが心配でしたが、天候良くて大丈夫でした。

屋久島 (8)
島の北部にある志戸子ガジュマル公園
たくさんの木が生えているのかと思って上を見たら全部繋がっていて実は1本の木。
これは普通熱帯で見かける植物ですが、屋久島でも育ちます。ただしここが北限の様です。

屋久島 (5)
フルーツガーデン
ドラゴンフルーツやスターフルーツやパパイヤなど南の地域特有の果物の木をはじめ、様々な特有の植物を見ることができます。
ジャックと豆の木のモデルになった木。

屋久島 (6)
この苔の生えた切り株、実は「天空の城ラピュタ」に出てくるロボット兵の顔の元になった物なのです。
これに限らずジブリのあらゆる作品の中に屋久島の物が採用されています。
千と千尋に出てくる、豚にされた両親の鳴き声。あれもわざわざ屋久島の養豚場で録音された物です。
宮崎駿監督は昔から屋久島がお気に入りで頻繁に訪れていた様です。

屋久島 (7)
千尋(せんぴろ)の滝
ちひろではありません(笑)
島南部に有ります。
滝そのものよりもその周囲の真っ平らな花崗岩の一枚岩が独特の景観を醸し出しています。

屋久島 (4)
大川(おおこ)の滝
これは島西部に有ります。
高低差が相当あり、千尋の滝よりも間近で見られ迫力満点です。
滝壺付近に居る人々の大きさを見るとその大きさがよく解ります。

Posted by れいな on 15.2017   2 comments
Category :旅行

れいなさん、こんばんは。
 
屋久島か~自分の行きたい場所のひとつです。
まあ、まとまった休みが取れない今の仕事じゃまず行くことができません・・・。
裏山鹿!
 
次の記事にも書かれていますが、
ジブリ映画、とりわけ"もののけ姫”でモチーフにされている場所ですね。
うっそうとした苔だらけの原生林のなか、ゆっくりと数日かけて散策したいです。
縄文杉もひと目見ておきたい・・・SsGa2でなぜかモンスターになってましたね。
木系で最上位じゃなかったかな?じょうもんすぎ。
いや、ユグドラシルが最上位だったっけ。
 
ガジュマル、地植えでなければ屋久島以北でも育てられますよ。
自分の部屋にも淡路島で購入した20年物の鉢植えがあります。
観葉植物のなかじゃ、トップクラスの育てやすさなのでオススメです。
 
シカに乗ったサルは見れたかな?
2017.01.17 00:44 | URL | お名前 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
珍しくお名前が抜けておりますが、書き込み元や文面から武さん以外に考えられませんので確定といたします(^_^;)
植物、特に苔マニアだと伺っておりましたので既に行かれた事があるかな?と思いましたがまだでしたか。
登山用の装備が必要なので準備・出費が結構膨らみますが、行く価値は大いに有ります。
行き帰りの飛行機では年配の方が多めでしたが、山の中で会う人々は学生とか女子二人組とか若人が多かったです。
前者の方々はおそらく島内観光や温泉などが目当てだと推測しますが、どうせ行くならメインディッシュの屋久杉を見なきゃね。
なので老後ではなく足腰が丈夫なうちに行きたいと思っておりました。
サガ2に出てましたか。
動画まで作って記事書いたにもかかわらずなぜか印象に残っておりません・・・
鹿と猿、居ましたよ~
ただし一緒にいるところは見られませんでした。
ついこの前ニュースでやってましたね。
異種間交尾の珍しいケースだ。ってフランス人の学者が発表したとか。
しかし実際には交尾できておらず、単にマウント行動で上に乗っただけかもしれませんし、犬とかでも人にしがみついて腰を振るなど何ら珍しくもない現象ですので、世紀の大発見でも何でもないでしょ。
というのが私の感想です。
2017.01.17 10:42 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する