スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

逆転裁判6

逆転裁判 (1)
逆転裁判6
をプレイ、クリアしました。
ハードは3DSです。
このシリーズは結構昔から人気だと思うのですが今までプレイした事はありませんでした。

逆転裁判 (3)
ジャンルはもちろんアドベンチャーゲームです。
まず殺人事件が起こり、次に現場に出向いたり関係者とお話したりして資料を集めていきます。
それが一段落したら次にいよいよ裁判が始まります。
主人公は弁護士として法廷で検察側と戦います。
被告人の無罪を証明する事が目的なのですが、単なる理詰めのゲームではなく様々な超能力を持つキャラクターが居てそれを駆使して検察側や証人の証言の矛盾を突いていきます。

逆転裁判 (5)
尋問時に何回も間違って頓珍漢な証拠品などを突きつけたりするとゲームオーバーになります。
でも同じ所からすぐ再挑戦できるので、いちいちセーブするなどの煩わしさはありません。

出てくるキャラデザとその動きがすごく可愛いです。
一世代も二世代も前のゲームの様な単純なアニメーションなのですがそれがまた良い。

逆転裁判 (2)
難易度は、結構高めでした。
何回もゲームオーバーになりました。
でもゲームオーバーになると再挑戦時にヒントをくれるので詰んでしまう事は無いです。
証人の証言の「どのセリフ」がおかしくて「どの証拠品」と矛盾するのか。
その両方を当てなければならないので、解らない時は本当に解らない。
逆に、どういうトリックなのか既に解っている時はそれをズバリ指摘するまでの過程がもどかしい。
その差が激しかったです。
これはプレイする人によって、悩む所や楽勝の所などに違いが出るのかな~と思いました。

逆転裁判 (4)
密室トリック殺人事件など完全犯罪の綻びを見つけて崩していく推理小説とか好きな方は楽しめると思います。
逆にそういうお話にあまり興味が無い人には退屈なゲームかもしれません。
私自身は、正直あんまり好きではありませんでした。
もしハマったら過去シリーズも買おうかと考えていましたが、棄却となりました。
ゲームなんて息抜きとして気楽にホケーっと楽しみたいのに、本作はまるで授業とか試験を受ける時の様に神経を研ぎ澄ませて集中しなければなりません。
マリカやスプラトゥーンみたいに運動神経を研ぎ澄ませるゲームは良い気分転換になりますが、「勉強」を家に帰ってまでやりたくないです。
ひと昔前のDSが全盛期だった頃、柔らかアタマ塾など学習系のソフトが乱立・流行しましたが、ああいうゲームも好きではありません。
逆にクイズとかパズルとかが大好きな人はハマると思います。

第1話から第5話まであり、一見それぞれ全く関係の無い事件のお話の様でいて、実は一本の壮大なシナリオでした。
そのどんでん返し溢れるシナリオ自体はすごく良かったので、一つの小説として読む価値は高かったです。
 
Posted by れいな on 02.2016   0 comments
Category :Nintendo 3DS

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。