スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

ムカデ襲来

ムカデ (1)
数日前にフレンドの武さんのブログ記事に「ムカデ」との壮絶な因縁・戦闘の記録が記されていました。
そこに、咬まれたらどうなるのかなども載っており、ムカデによく遭遇する自分もいつか咬まれるんじゃないかと思っていた矢先でした。
とうとうやられました。
元々、私の家はDKマウンテンみたいな場所に建っていますのでムカデなどいくらでも現れます。
毎年何回も目にします。
特に玄関付近でよく見かけるのでドアの下の隙間にもよく殺虫剤で予防線を張っています。

ですがヤツは現れました。自室の中で。
現れたのか、くっついて来たのか、定かではありません。
それは夜、自室で椅子に座ってPCのメールチェックをしている時でした。
どうも左肩の辺りがチクチクする。
衣服の襟の感触かな?髪の毛かな?などと無意識に思いつつそこに右手を持っていったら・・・

なんか動く硬い様なグジュっとした様な明らかな違和感を触れました。
その時着ていたのはごくシンプルなTシャツ。
その襟にこんな感触の装飾など無い!
これは(((°Д°;)))
間違いないヤツだ、ヤツが来たんだ!
と確信すると同時に、
「ギャーーーー(>_<;)ーーーー!!!」
と「それ」を払いのけるべく手を離し、
かつそのシャツを目にもとまらぬ速さで勢いよくガバッと脱ぎ捨て、
必死で身体を濡れた犬みたいに震わせてダンダン足踏みしました。まだ身体とか髪の毛にへばり付いていたらシャレにならないので。

「どこだ!どこに落ちた!?」
と床を探したら、やっぱり居ました!
5cmほどのムカデが!
すぐにムカデに特効ある殺虫剤をプシュー!
動かなくなったそれをティッシュ数枚重ねでつまみ取り、トイレに流しました。

肩を見たら、赤いスジの様な跡が有りました。そしてズキズキと痛む。
武さんの記事にあった様な二つの点の様な咬み跡ではありませんでしたが、おそらく咬まれた。
幸い、ムカデのサイズが小さかったのでそこまで酷い傷ではなく、病院にも行かずに薬だけ塗って寝ました。
その後もちょっとした違和感を背中とかに感じる度に、「もう1匹いるのか!?」と身体を揺すってしまいました。
翌日特に腫れ上がっていることもなかったので大事には至らず良かったです。
かすかにまだズキズキする様な気がしないでもないですが(^_^;)

もしも武さんのあの記事を読んでいなかったら、左肩に持っていった右手の指に毒牙でガブッと咬みつかれていた可能性が有りますね。
何だこれは?などと触っていたら。
瞬時にムカデだ!と思ってすぐに払いのけたからまだマシだったのかも。

ムカデ (2)
しかしヤツはどこから来たのか?
①天井からポトリと私の身体に落ちてきたのか?
②足元や座っている椅子から這い上がってきたのか?
③最初から洗濯物の中に紛れ込んでいたのか?

③が結構怪しいんじゃないかと考えています。
武さんの体験談でも最初から衣服の中に潜んでいてモゾモゾして急に背中から現れたというガクブルなお話がありましたので。
でも取り入れて畳んでクローゼットにしまって、着るまでそこでじっとしていた?
それもちょっと考えにくい様な気もするし・・・
侵入経路がハッキリとしないね。

湿気、水を大変好むらしいので梅雨で家の周りが濡れている時期は要注意。
普通の虫と違って水回りの排水管のトラップも物ともせずに潜水し逆行してくるのかな?
お菓子でも果物でも肉でも何でも食べ、夜間空腹時は動くものに対し猪突猛進で襲いかかる。
なのでゴキブリホイホイのエッジを切り取りバリアフリー化して、中央に魚肉ソーセージ片を置いておくのも良いらしい。
武さんの記事ではカーペット用の「コロコロ」の粘着力で捕える事に成功した様なのでやってみる価値はあるかも。
でもああいう無粋な物を玄関とかに置くのはオシャレさぶち壊しになるのでちょっとね・・・

しかしもっと大きな15cmクラスの成長したムカデも出る事があるので、それに咬まれたらと想像すると本当に恐ろしくて気持ち悪い(>_<;)
でも気をつけようと思っても今の環境に住んでいる限り注意のしようがないのが現状。
プロの害虫駆除業者に頼んでムカデが近付かない様にしてもらう手段も考慮した方がいいかもしれない。

Posted by れいな on 29.2016   4 comments
Category :日記

れいなさん、こんばんは。
とうとうムカデにやられてしまいましたか・・・。
昨日フリコメで見て、お見舞いに毒消し草の詰め合わせでも
郵送しとこうかと思っていたところです。
 
その傷跡から察するに、咬まれたのではなく這われただけだと思います。
咬まれたらその瞬間にチクッっとしますし、疼痛がけっこう続きます。
("噛む”じゃなくて"咬む”が正解ですね・・・修正しとこ・・・。)
なにより牙の痕。
自分は咬まれてから一週間以上経ちましたが、
まだクッキリと二つの穴が残っていて、
疱瘡の痕みたく皮膚の内部で固くなっています。
 
ヤツらは重力に逆らって天井を這えるほど、脚力が強く固い脚先を持っていて、
人の肌など柔らかいところを這う場合、かすかな傷を付けているそうです。
そのため皮膚の弱い人は、単に這われただけでも、
かぶれてしまったり、ミミズ腫れのようになってしまう場合もあるそうです。
うちの母も、這われただけで真っ赤に帯状の傷ができ、しばらく痛痒がってました。
れいなさんの場合も、手をあてて抑えつけたときに、
脚先が皮膚にめり込み、そのときにやられてしまったのではないかと思います。
スジのような跡というのも、そのためではないかと推測します。
 
うちの妹の話ですが、家があまりにもムカデが多いため、
対策として、家の周囲をぐるっと侵入を防ぐ薬剤をまき、
全ての換気口や隙間に網を張り、その外側に固形の誘引殺虫剤を置いていました。
結果、ゼロにはできないが、激減させることに成功したそうです。
誘引殺虫剤を置いた翌日、誘引剤の周りに大小ムカデの死体が無数にあったそうで、
「こうかはばつぐんだ!」みたいです。
 
れいなさん家の立地条件から察するに、
いくら対策をしてもゼロにすることは難しいと思います。
プロの業者でも、定期的な燻煙剤(バルサンみたいなやつね)などで
対処することしかできないように思えますが、
また、れいなさんや他のご家族のだれかが被害に遭ったりしたら、
相談してみた方がいいかもしれませんね。
2016.06.30 00:23 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
なんと、いまだに咬み跡くっきり残ってるんですか。
するとやはりおっしゃる様に今回のチクっとしたのは牙ではなく脚の先が刺さっていたのかもしれませんね。
ちなみに毒の吸出しはやはり可及的早期に自分でやった方が良いみたいです。
あと毒素はタンパク質なので42℃以上のお湯を患部にすぐかけて温めると「失活」して症状軽減できる様です。
薬剤散布、隙間埋め、誘引殺虫剤。
この三点ですか。なかなか自分達だけでは難しいので、今後も頻発する様なら業者に頼んでみようと思います。
②が可能性高そうですか。
するとやはり玄関ドアの隙間から入り込み、普通に床を這ってきて部屋のドアの下もくぐって足元から登って来たと。
厄介ですね〜
秋までは毎日玄関とか部屋の中とかもしょっちゅうムカデがいないかどうかキラーマシンのごとく首を振って注視しながら生活しなければなりませんね。
2016.06.30 08:02 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]
れいなさんを傷物にするなんて許せないムカデ!ですがこのネタ非常にオモロかった^^
昔っからの悩みの種でしたね、マリカ黄金時代にも雪姉の足にはびこる始末w
私も虫はあまり得意ではない方なので肩に乗ってたなんて想像しただけでゾッとします。
私が考えたムカデ対処法。ムカデの天敵を飼う!
って、ムカデの天敵って何だろう・・・デッカイ蜘蛛?猫とか?@猿?(背の低いヤツw)
2016.07.01 23:38 | URL | ともこ♪☆ #- [edit]
コメントありがとうございます。
傷はもう跡形も無く消え去りました。
雪ねえのヤツもやはり覚えてましたか(^_^;)
あれは巨大なムカデだったのでマジで家中大騒ぎでした。
でっかい蜘蛛とか猫とか猿とかって言われると
アラグネとかリベリオとかシルバーデビルが真っ先に思いついてしまう。
鳥とかモグラとかトカゲとかがムカデを食べる事もある様ですが、飼えるペットではありませんねぇ。
2016.07.02 12:19 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。