姑息

正しい医学用語シリーズ第八弾は、
 
「姑息」
え?そんなの医学用語なの?と思う人が多いかもしれませんが、結構メジャーなフレーズだったりします
具体的には、「姑息的治療法」「姑息治療」などの様に使用します。
対する反対語は「根本的治療法」「根治」です。
 
姑息的-7
例えば、大腸癌が発見時にかなり進行していて周辺組織にも浸潤しまくっていて、外科手術で癌組織を取りきれないような状態の時、初めから根本的治療を行う事は不可能です
しかしだからといって、匙を投げるわけにはいきません。
腸管の通過障害だけでも改善できれば、患者の生活の質(QOL:クオリティオブライフ)は大幅に良くなります。
なので、とりあえず病巣を迂回する様な腸のバイパスを作成して腸閉塞を改善します。
その様な、一時しのぎ的な、とりあえず最大の問題のみをまず解決する治療法の事を姑息的治療と言います。
決して卑怯な治療法などではありません
 
そう。世間一般では「姑息な手を使いやがって!」みたいな感じで、「卑怯な」と同様の意味合いで誤用されている事がすごく多いです。
本来は決してネガティブな意味合いの言葉ではないのです。
 
話を戻しましょう。
姑息的手術を施した後は、普通に食事を摂って便通も戻り、体力をつけながら、抗癌剤治療や放射線治療などを受けます。
それにより浸潤していた癌組織が縮小してくれればラッキーで、改めて開腹して今度こそ根本的治療にて全病変を切除します
ちなみに、放射線や抗癌剤だけで癌細胞をゼロにもっていくことは現在の科学力(医療)ではほぼ無理です。
他の部分の病気でも概ね、その様な段階を経て根治を目指す事が多々あります。
 
ちなみに、この漢字の元々の由来は、姑が「しばらく」という意味で、息が「休む」という意味で、
いきなり全力で玉砕覚悟で突っ込んで行くのではなく、ちょっと待って冷静に問題を見つめ直そうよ。
って事だと私は解釈しました。
決して、姑(しゅうとめ)の息(いき)などという意味じゃあございませんので勘違いしないで下さいね
次回は「尿道結石」について記載します。
Posted by れいな on 11.2012   2 comments   0 trackback
Category :学術的日記

/・Д・\・・・なんかすげぇーですな~お医者しぁんなんですか?

(^ー^)俺も看護婦さんとは縁があり、付き合ってた事もありますが~
ヾ(*`Д´*)ノなんとも!心強いですよね!安心感ありますよね~優しいしw

ヾ(*`Д´*)ノ是非!マリカ界のナイチンゲールにwwマザーテレサに!!!
( ・∀・)ぁ~テレサはきえちゃうねwぁっはは~
2012.08.16 02:07 | URL | pinch!7c #- [edit]
訪問ありがとうございます(o^v^o)
なんだこのブログは(; ・`д・´)?
とビックリされたと思います^^;
 
まだまだ玉子状態ですけどね~。
看護婦さんの方が実践的に素早く動ける傾向があって安心ですね。
Drの方がプライドと口ばっかりのヘタレが多いかもしれませんよ(≧∀≦)
 
あのテレサはどうしてそんな名前になったんでしょうね?
マリオがそっちを向いたら照れてパッと顔を隠すから「照れさ」になったのかな。
2012.08.16 18:53 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/14-3920296d

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する