暗殺教室

暗殺教室 (1)
映画「暗殺教室~卒業編~」を観てきました。
原作は漫画で、アニメ化もされていますね。
今回の映画は実写版です。
こんな人間離れした生き物の実写版なんてできるんだろうか?
と思いましたが、見事に原作に忠実に再現できていて驚きました。

暗殺教室 (5)
「殺せんせー」役は二宮和也。大半は上の写真の様なかぶり物を被った状態なので声しか出番が無いのですが、今作では殺せんせーの過去のお話が出てきますので普通の人間の状態の演技もしっかり見られます。
彼に「3年E組」を託した雪村先生役の桐谷美玲とのシーンが本作のキモに当たるわけですが、非常に二人とも上手くて良かったです。
二宮くんの殺せんせー役は大半が声だけになるのですが、それもアニメ版のプロ声優と何ら遜色ない上手さでした。
しかしこの二人以外のキャストはあんまり上手くなかったかな。
烏間先生役の椎名桔平とかベテランにもかかわらずセリフはたどたどしいし、表情もずっと同じ仏頂面のままで仲間なのか敵なのかも判別しにくい、酷い大根役者ぶりでした。
でも作品全体としては、観て損は無い非常に良くできていた映画だと思います。

暗殺教室 (6)
そして原作の漫画とアニメは、是非とも観るべき名作と言えるシナリオです。
名門中学の3年E組という落ちこぼれクラスの担任として赴任してきた先生「殺せんせー」はタコの様な触手を持つ未知の超生物。
そのまま放置していると来年の3月にはこの超生物は爆発を起こして地球が滅びる。
なのでそれまでに暗殺技術を磨いて見事、先生を殺してみよ。
という突飛なオープニングでお話がスタートします。
実際、「起立!礼!」の直後に生徒全員がマシンガンなどを構えて教壇の先生に向かって一斉射撃します。
タイトルとそのオープニングを見ただけだと、「何というけしからんアニメか!」と言ってクレーマーや不謹慎狩りの連中が騒ぎ立てそうな気がしちゃいます。
でも、一話一話の内容はすごく良いお話が多いのです。
決して子供向けの漫画・アニメではありません。

暗殺教室 (4)
主人公は一応「殺せんせー」ですが、生徒側の主人公とヒロインに当たるのがこの2人。
左がヒロインの茅野カエデで右がヒーローの潮田渚
このナギサちゃんは一人称が「ボク」なのですが声は女の子なのでいわゆる「ボクッ娘」なのかな?と最初思いました。
そしてこの髪型可愛いな~と思っていたら、これがなんと男の子でした。
序盤の頃は単なる幼くて女の子っぽい子(ショタ)というキャラ設定なだけかなと思っていたのですが、そんな単純な物ではありませんでした。

暗殺教室 (2)
原因はナギサの母親「潮田広海」に有りました。
渚は自分自身でも言ってました。僕の人生の主人公はあくまで母なんです。と。
広海は中学生時代に長い髪を許してもらえませんでした。名門の進学校に入れませんでした。希望の会社に就職できませんでした。
そして女の子が欲しかったけど男の子が生まれてしまいました。
自分が為し得なかった事を全て子供でやり直そうとします。
しかも男の子なのにむりやり女の子の様に自分好みの服などを着せて。
だからゲームで言うところの「強くてニューゲーム」モードの主人公に過ぎないと。
現実にもこういう親、特に母親に結構居ますよね・・・
しかも「今度こそは!」と必死になるので自分の思い通りにならないとすぐに癇癪を起こしやすく、精神的に病んでいることが多い。

暗殺教室 (3)
渚は本当は男の子っぽく髪を切りたかったのですが、反抗するとこの母親は突如取り乱してヒステリックになり手に負えなくなります。
なので学校にも長い髪のまま登校していました。
そんな時、これなら良いんじゃないかな?とゴムで独特な纏め方をしてくれたのが上記の茅野カエデでした。
自毛でこれ再現するのはなかなか難しいのですがウィッグなら実際に売ってます。
渚は小さい頃からそうやって母親が今どういう精神状態(ご機嫌or怒ってる)なのかを本能的に察知する才能を身につけ始めます。
もちろん他人の精神状態(気を抜いているか、警戒しているかなど)をも瞬時に察知できる能力も育ちます。
故にクラスでは最も「暗殺者」としての才能が豊富な生徒となりました。
進路指導にて将来アサシンとして生きていこうかと本気で迷うわけですが、「殺せんせー」は素晴らしいアドバイスを送ります。
その結果、最終的には渚も「教師」の道を選ぶことに決めるわけですが、正に天職でしょうね。
心を読む才能に長けているという事は、年頃の子供達と接するお仕事にすごく向いていると思いますから。

とまあ渚一人のエピソードの一部だけを見ても非常によく練られたシナリオが有ります。
他の生徒や先生たち一人一人についてもしっかりとしたキャラ設定が考えられていて非常に完成度の高い作品でした。

Posted by れいな on 10.2016   0 comments
Category :小説・映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する