ロマサガ2

ロマサガ2 (15)
スクウェアの名作「Romancing SaGa 2」をクリアしました。
割引キャンペーン中だったのでダウンロードしてみました。
ハードはVITAです。スマホでもできるみたいです。
ちなみにカートリッジ版は有りません。また、VITA-TV非対応なので大きなモニターでプレイする事は不可能です。
原作は1993年にスーパーファミコンで発売されました。
それの移植というかプチリメイク版です。
ロマサガ1はミンストレルソングという超リメイク作品に生まれ変わったので、2も超リメイクされないかな?と待っていますがされませんね~

ロマサガ2 (1)
なのでほぼ原作と同じ仕様で進めていくソフトですが、やはり面白かったです。
昨今の至れり尽くせりのRPGに慣れていたらつまらなく感じるんじゃないだろうか?と心配しながらやり始めましたが、すぐに夢中になりました。

ロマサガ2 (5)
肝心のイトケンサウンドは原作のSFC音源そのままでした。元々素晴らしい曲ばかりですので全く物足りなさは無かったです。

ロマサガ2 (3)
文字は非常に読みやすくなっています。
そして建物とか背景などは描き直されていて非常に美しい。
あと一部のモンスター(七英雄とか要所要所のボスモンスターなど)も描き直されていてしかもアニメーション化されていて、うにうに動きます。
しかし大半のモンスターと自分たちプレイヤーキャラのグラフィックはSFCのそれのままです。なので滑らかなグラフィックとドットの荒いグラフィックとか混ぜ混ぜになった様な違和感は拭いきれません。
ドラクエ10のキャラの顔をアップにした時みたいな感じかな。目など顔パーツだけがドット荒くてアンバランスな感じになりますよね。

ロマサガ2 (4)
さて、この作品のストーリーはと言いますと、経験者でももう忘れているかと思いますので簡単におさらいしてみましょう。

ロマサガ2 (7)  
むかーしむかし、この世界には非常に長命な人々が暮らしておりました。
その古代人たちは長命であるが故に死ぬ事を酷く恐れていました。特にモンスターに殺されてしまう事を。
そんな時、ワグナスとノエルという2人の優秀な男達がモンスターを退治すべく立ち上がりました。他の5人の強者と共に。「同化」という前代未聞の技を用いて倒したモンスターの力を次々と我が物にしていきました。
彼らは七英雄と呼ばれました。

ロマサガ2 (8)
しかし古代人達は最初こそ彼らに感謝していたものの、だんだんと優秀過ぎる彼らに対し畏怖の念を抱き疎ましく思う様になり、異次元に追放するという暴挙に出たのです。
みんなのために自ら進んで頑張ってきたのに突然裏切られ追放されたワグナス達は当然怒り心頭です。
そしてとうとうこの世界に戻ってきました。
身勝手極まりない古代人達に復讐するために。
ところが今のこの世界には短命で脆弱な現代人しか居らず、古代人達はどこかに隠れてしまっていました。
何としても見つけ出してやる!と意気込んでワグナス(品川)もノエル(上野)もその妹のロックブーケ(池袋)も古い遺跡などを調査していきます。

ロマサガ2 (9)
しかしダンターグ(五反田)やボクオーン(新大久保)、クジンシー(新宿)、スービエ(恵比寿)といった他の元英雄達は、もはや復讐とかどうでもいいと思う様になっていました。ひたすらモンスターと同化を繰り返してただただ自身を強化しようとしたり、麻薬を栽培してお金儲けに走ったり、人々の生活を脅かす事だけを楽しむ様になっていたり。もはや到底「英雄」ではなくただの「モンスターの親玉」に成り下がっていました。

ロマサガ2 (12)
元は志ある人間だったのでしょうけどたくさんのモンスターを同化するうちに身体だけでなく精神もモンスターに近くなっていったのでしょうね。
そして本作の主人公側であるアバロン帝国の皇帝が「七英雄は断じて英雄なんかじゃない!倒さねばこの世に未来は無い!」と判断します。
しかし一番下っ端のクジンシーにすら全く歯が立たない。いかに身体を鍛えていようとも、生命力を根こそぎ奪い取って一瞬で死に至らしめる「ソウルスティール」なる必殺技の前には赤子も同然。
どうしたものかと手をこまねいているところに「伝承」の奥義をレオン皇帝に教えるべく現れたオアイーブという占い師。彼女こそ古代人の末裔だったのです。
かつての自分たちの同胞が今平和に暮らしている人間達を苦しめているのは忍びないと思い、彼ら七英雄を倒せる切り札を伝授したのでした。

ロマサガ2 (6)
かくしてレオン皇帝の意志を継ぐ歴代皇帝達はどんどん力をつけ、次々と七英雄に勝利していく事になります。
クジンシー達ならず者はまあ倒されて当然だと思いますが、ノエル達リーダー格はまださほど人としての心を失っておらずただひたすら逃げ隠れている卑怯者の古代人を探そうとしているだけでしたので、はっきり言って彼らにとってはアバロンの皇帝やこれをそそのかして焚きつけた女狐の古代人オアイーブは自分達の計画を邪魔するだけの敵・悪でしかない。
そう感じても仕方が無いと思いますね。クリアした今ならロックブーケの「・・・皇帝・・・ハエの様にうるさいヤツね。消えておしまいなさい!」と、根掘り葉掘り詰問してくる主人公に対してブチ切れたのも理解できます。

ロマサガ2 (14)
願わくば今度また超リメイク版が発売されるなら、ノエルが主人公で七英雄視点の物語も書いてほしいなと思います。
もし彼らが、「こういう過去があってそれでオレたちはこの世界に帰ってきて復讐しようとしているんだ!」と皇帝に打ち明けたら展開が変わるかな?
でも多分もう既に志を無くしてしまった他の元英雄達があんな状態では協力し合うってのも難しいかもしれません。
ノエルとロックブーケとだけ協力関係になるってのも難しいですし。なぜなら彼ら七英雄には血の誓約が存在し、7つで1つすなわち互いの命を守り合わなくてはならないからです。

ロマサガ2 (2)  
この作品は幼少の頃にSFCでプレイしたはずなのですが、こういう音楽だったとか、こういうキャラが居たとか、こういうトラウマティックなイベントがあったなどは覚えていても、上記の様な難しい物語のキモは理解できていませんでした。

ロマサガ2 (11)
今回改めてどっぷりプレイしてみて、より理解が深まりました。

ロマサガ2 (13)
と同時に昔は容量の関係で大量のテキストを盛り込む事は難しかったからか今のRPGに比べてセリフとか少なくて自ら行間を読む必要があるけれども、シナリオ自体は秀逸だったなーと改めて感じました。

ロマサガ2 (10)
このリメイク版は原作にいろいろな追加コンテンツがプラスされていて、よりお金が貯まりやすくなっていたり、「強くてニューゲーム」もあり、ヴィクトールとタイマン張る事もでき、特別なクラスや武器防具も手に入れられます。また「帝国史」というメニューを使うと物語をより理解しやすくなります。
プレイしたことの無い人はもちろん、SFC版をプレイした人も楽しめると思います
Posted by れいな on 22.2016   4 comments
Category :その他ゲーム

買おうかどうしようか悩んでましたw
追加要素のボリュームはどんな感じでしたか~?
2016.04.22 18:45 | URL | アリキチ #EyYnrbwI [edit]
コメントありがとうございます。
追加要素はだいたい本文の最後に記載した通りで、そこまで大きなコンテンツはありませんね。
「帝国史」が読める、忍者・陰陽師という新しいクラス、新しい陣形、RS1で出てきた強力な武具をゲットできる追加ダンジョン、七英雄よりも強い裏ボスのアリの女王との決戦、ジェラールの兄ヴィクトールと一騎討ち、アバロンの園で植樹して帝国の収入アップ、詰まったら「強くてニューゲーム」でやり直せる、などがあります。
本来は課金コンテンツだったようですが、今作をダウンロードしたら最初から全部込みで遊べます。
もしも本編をクリアしたのが最近でまだ記憶に新しいとかでしたらあまり目新しい発見は無いかもしれません。
でも前回のプレイが20年近く前とかでしたら楽しめると思います。
DQ10を課金していたならわざわざやるかどうか微妙なところかもですが、
ちょっと気分転換に他ゲーも。って感じでしたらすぐ夢中になれると思います。
2016.04.23 02:43 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]
れいなさん、こんにちは。
立て続けにコメントします。
 
ロマサガ2、どうしてもラスボスが倒せなくて未クリアのまま放置しています。
もちろんスーパーファミコン版のROMカートリッジ。
 
うかつにもロックブーケのテンプテーションを見切っておらず、
ラスボスでそれで詰んでしまうというわけです。
だったら、皇帝はじめ女性ばっかのパーティでいけばいいじゃん?ってなりますが、
そこは、自分の性分。
女ばっかのパーティなんてあり得ん!
・・・と、何度も野郎ばかりのパーティで挑んでは玉砕し、
けっきょく放置したというわけです。
 
ストーリーもほとんど覚えていないので、また最初からプレイしてみようかしら?
ただし、スーパーファミコンが生きているのかが問題。
2016.04.25 17:18 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます~
ラスボス、確かにそのテンプテーションの見切りが無いとDQ10の魅了以上に悲惨な事になりますね。
でも無かったとしても勝つ方法はあります。
既に最終皇帝であっても、とにかく「術」を使いまくって術レベルを上げてみましょう。
全く今まで「術」レベルを上げていなかったとしても大丈夫。
火の術、水の術、天の術の5つめの魔法が使える様になったら勝てます。
火のそれはDQ10の「聖女の守り」に相当し、水のそれは敵のターンを飛ばして行動させず「キャンセルショット」、天のそれは主砲「メラゾーマ」になります。

ロマサガと言えば、いろんな「武器」を用いて「ピコーン!」と技を閃く瞬間こそが「至高」。
それは正にそうなのですが、実は魔法パーティで行く方が強いのです。今回思い知りました。最初からずっとそれだと「ピコーン!」が全く無いから面白くないですけどね。
最終戦に関してはまあ自分だけ剣技をぶっ放して、残りの4人は魔法系で組むのがベストでした。
もし最初からやり直すのであれば、最終皇帝すなわち自分自身のキャラが出る前に、全ての「ピコーン!」や全ての術を揃えてから年代ジャンプすれば完璧ですね。
ちなみにロックブーケ戦では上の写真の様に、男のキャラは入れてなおかつ「霧隠れ」という術をかけて姿を消せば魅了もされないで見切りも閃く。というテクニックが役立ちます。

SFC本体も心配ですが、カートリッジの方のRAM電池が切れていたら「おきのどくですがぼうけんのしょはきえてしまいました」になりやしないでしょうかσ(^_^;)...
2016.04.25 21:17 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する