ファントム・メナス

もうすぐスターウォーズの最新作が公開されます。
実はこのシリーズも今まで一つも鑑賞した事が有りません。
TDLのアトラクションなどで、何となくこんなキャラ(ダースベイダーなど)が出てくる作品らしいという事は知っていてもそれ以上興味を示す事もありませんでした。
気付いた時には既に幾つものシリーズ作品が出ていたので、全て追いついて把握するには腰が重たいなと避けておりました。

ですが世間では次の7作目も楽しみにしている人が非常に多い様で、またそこまで続いているという事はやはり名作なのかもしれない。
なら、いっちょ観てみるか。
と思い立ちました。

で、数多ある作品のうち、どれから見たらいいのだろう?
とりあえず公開順に観るのが妥当かな?
するとこのエピソード1というのが最初の作品?
と思うもそれは1999年公開と書いてある。
一番最初の作品は1977年公開のエピソード4という作品の様だ。
4の方が1より20年以上も前?
どうなってるんだ??
なんかよく解らないけど、SFだからあまり古すぎる作品は色々ショボくて興醒めするかもしれない。
エピソード1がリメイクされた綺麗な作品になっているから1999なのかも?

メナス1
などと考えて、結局まずエピソード1を観てみる事にしました。
それがこの「ファントム・メナス」という作品でした。
感想ですが・・・
何も面白くありませんでした(TДT)
どうやらダースベイダーになってしまう前の少年「アナキン・スカイウォーカー」のお話だった様ですが、
登場人物たちは一体何の目的のために戦っているのか、この人達は何者なのか、ここはどこなのか、ちんぷんかんぷんでした。
確かに、グラフィックは、1999年から15年以上も経っているのに「すげー\(°□°)/」と思う綺麗なCGでした。
いかにもエイリアンって感じの、言葉を喋る異形の生物達も衝撃的でした。
が、それだけ。特にお気に入りになったキャラやマシンなども無く、物語に引き込まれていく事も有りませんでした。
最初から最後までずっと我慢しながら無理して観た。という状態でした。
うーん、期待ハズレだった(´・ω・` )

メナス2
でも世界中であれほどファンが居るという事は、この作品がイマイチだっただけで他のは面白いのかも?
と一縷の望みをかけて、ネタバレしたっていいやと思い、再度色々なサイトを覗いてみました。
すると、本当にこのエピソード1は観なくて結構な作品だと書かれていました( ´Д`)
王道は、やはり「公開順に観る」こと。でした。
すなわちエピソード456123という順番。
失敗しました。
とはいえ、現在購入・視聴できるスターウォーズのエピソード456はリメイクされていて、123を観た人用に一部改編されているとのことです。
でもだからと言って「123456の時系列順で観るのは愚の骨頂」らしい。
じゃあどうするのがベストなのか?
答えは、
45236らしいです。
まず普通に公開順に45と観て、過去回想シーンよろしく23を観て、6そして次の7に繋ぐと。
私の観た1のメナスは他の作品とあまり関連が無くて、飛ばしても何ら影響の無い作品との事ですorz

メナス3
ところで、最初の方の作品は公開当初からエピソード4とか5とかってサブタイトルだったのでしょうか?
すなわち、もっと後になって過去のエピソードの作品を出しますよーって意味を最初から含んでいたのでしょうか?
それとも最初は456に当たる作品が1作目2作目3作目として普通に公開されていたのでしょうか?
もし、スターウォーズシリーズに精通されている方いらっしゃいましたら、
上記の観方で正解なのか、
メナスがつまらなかったのなら他のも期待しない方がいいのか、
本シリーズはCGやらメカやら宇宙やら未来感を見て楽しむ作品であり、ストーリーで感動する目的で観るものではないのか、
何番目の作品が特にオススメなのか、
などなどご教授頂ければ幸いでございます。

Posted by れいな on 10.2015   2 comments
Category :小説・映画

れいなさん、こんばんは。
さて、マッドマックスの次はスター・ウォーズを語りますね。
 
まず、世界中にファンが数多く居るスター・ウォーズですが、
女性ファンは全体の1%にも満たないと思います。
シリーズを通して観ても、おそらく女性は面白いと感じないと思います。
 
まず壮大なスケールで描かれているこの作品。
最初に公開された、エピソードⅣですが、
ジョージ・ルーカスの頭のなかにあった物語を、
CGのない当時の特撮技術で映画化することは不可能でした。
とりあえず撮影できそうで、しかも一番映画向けであろう部分を抜粋して映画化。
壮大な物語を9部に分けたうちの、第4部にあたるシーンでした。
 
ヒットすれば続編を作ることができるが、そうでなければそれっきり。
なので、当初サブタイトルは付けられていませんでした。
公開されるや否や、世界中で大ヒット!
すぐに続編制作が決定し、~エピソードⅤ 帝国の逆襲~が公開され、
スター・ウォーズはその人気を盤石のものにします。
エピソードⅥ ジェダイの帰還 でハッピーエンドを迎えます。
ここでいったん完結。
エピソードⅠ~Ⅲは、当時の技術ではまだまだ制作は不可能ということで、
ルーカス監督はCG技術が誕生するまで、新作の制作を待つことになります。
 
そうして15年以上もの時を経て、CGを駆使したエピソードⅠが公開されたのです。
壮大の物語の冒頭となる作品にも関わらず、Ⅳ~Ⅵを観ていなければ、
世界観もキャラクターの設定も意味が判らない構成になっています。
旧ファンにもあまり好評ではなく、CG感の強いクリーチャーやドロイド、
ギャグ要素の強い、ジャージャー・ビンクス(ウサギみたいな宇宙人ね)など、
様々な点で不評を買ってしまいました。
 
幼少時代のアナキンや、若かりし頃のオビ・ワン、元気なヨーダ、
本性を現す前のパルパティーン、制作途中のC-3POなど、
ファンがニヤリとする要素が多かったのも事実。
でもやっぱり、この作品から鑑賞したひとは、まるで理解できないと思います。
ただ凄いスピード感のポッドレースと、ライトセーバーでのチャンバラを
見せられた程度の作品になってしまうでしょう。
ガンダム以上に劇中で語られることのない、世界設定やキャラクター設定、
物語の背景を熟知していないと、到底理解できない作品です。
 
で、6作品を公開順に通して観たとしても、
残念ながらストーリーにそれほど感動するものはないと思います。
簡単にざっくりと言うと、"全銀河系を巻き込んだ壮大な親子げんか”のお話。
Ⅳ~Ⅵでお姫様とならず者のラブロマンスあり、
Ⅱ~Ⅲあたりで、お姫様と破戒ジェダイとの禁じられた恋物語などありますが、
女子がそれを観て感動するレベルかといったら、そこまではないな~と思います。
 
今のスター・ウォーズの人気は、第一作目(すなわちエピソードⅣ)を観て、
心躍らせた少年たちが、その世界に魅了されて大人になり、
そのまま熱心に自分の子どもにも語り、魅せてきた結果だと思います。
Ⅳ当時から、いい大人だったひとは、おそらくファントムメナス以降は、
興味ナシか、もはやついて行けなかったんじゃないかな?
ファン層もおそらく、30代~50代の男性が大半だと思います。
 
以上のことから、他作品を鑑賞されるかどうか決めてください。
観て損はないと思いますが、やっぱり女性には不向きだと思いますので、
あまりお勧めはできません。

2015.12.11 23:29 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
ちょうどマッドマックスを観た後によろず戯言を訪れるとスターウォーズのラーメンが載っていたので、これまたタイムリーだなと思いました。
街のあちこちでスターウォーズのコラボ商品が溢れているので否応無く認知せざるを得ない状況でした。
この前書きました「今年面白かった映画」のランキングを塗り替える様な作品になるのかもしれないと少々期待を膨らませていたのですが、私の周りにはスターウォーズ最新作を観に行こう!って人がなぜか居ません。
あんなに世間では騒いでるのにどうして?
と聞いても、「あれは男の人が観る映画でしょ。」みたいな返答が多く釈然としない気持ちでした。
しかも年代的にも一部に集中してるっぽい。
って事はあれかな?
純粋な子供の頃にスターウォーズの1作目や2作目辺りを観て、その現実離れしたエキサイティングな映像(宇宙空間とかロボットとか未来の乗り物とか光る剣とか)に子供心にすこぶる感動して強烈に記憶に焼き付いたためにいつまでもその心を捕らえて離さない。みたいな?
細かいストーリーなんて解らなくてもいい年頃。登場人物の生い立ちがどうとか、誰が誰に密かに想いを秘めているとか、嫉妬しているとか、そんな事は理解できない。観ていて大粒の涙を流したり掌に爪が食い込むほど許しがたいと思う悪人が出てきたりとかそういう感情を揺さぶられるシナリオなんて興味も無い。
そういう年頃だった男の子が今大人になって色々なコラボ商品を企画したりできる要職に就いている。
そういう事なのかな?
と考えておりました。
武さんのお話を聞いて、やはり推察していた通りだったんだなと合点がいきました。
残念ながらうちは幼少時にスターウォーズを鑑賞させられた経験は有りませんでした。

公開の仕方の疑問にも解りやすい解説をありがとうございます。
1977の初回作品を映画化する前から原作は完成していたのですね。すなわち1作目から「エピソード4」であると視聴者も解っていたと。
なるほど了解しました。時間あれば4だけとりあえず観てみようかなと思います。もしそれがメナス同様につまらないと感じる様なら他のは諦めます。

マッドマックスの方の丁寧なコメレスもありがとうございました。
フィリオサの話といい北斗の話といい、武さんの返信を拝読して我ながらなかなかの慧眼だな〜と感心しました(^_^;)
おっしゃる様に、本当はそのフィリオサのドロドロしたお話とか、マックスやジョー達のもっと直接的な会話など欲しかったのですが、そうなると今度はテンポが悪くなりそうですね。
派手なシーンや暴力的なシーンやグロいシーンなどが中心でしたが、あの作品は良かったです。
血液型確認もせずにマックスがフィリオサに直接血液を流したり、最初のウォーボーイとの連結でも血液型だけ合わせて白血球除去フィルターも介さずに全血輸血とか、どう考えても無茶でしょwwwと突っ込まざるを得ませんでしたが。
惜しむらくはPCの小さな画面でしか観られず、これ映画館のスクリーンで大音量で観ていたら全然違っただろうなーと悔やんだ事ですね。
女性のみならず弱者はみんな「人」ではなく「奴隷(物)」として扱われる。
人権人権うるさい現代日本に住んでいると非道いな〜と思いますが、少し前の我が国でも、今の途上国でも、そして文明が破壊され退化してしまった社会ではそれが当たり前なんだという事は紛れもない事実だと思います。
ちなみにあの様なド派手なカーアクションが大好きならこの前紹介しました「ワイルドスピード〜スカイミッション〜」は最高にイカすと思います。
2015.12.12 09:21 | URL | れいな #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する