ロロナのアトリエ

ロロナ (1)
全クリアしました。
この作品は前述のメルルのアトリエの二つ前のお話に当たります。
従って物語の舞台はアーランド王国。
出てくるキャラ達も見知った顔ぶれが半分くらい居ます。
特にステルクさんとエスティさんがまだあどけなさの残る少年少女の様なのが驚きます。
メルル編では二人とも40歳になっていましたので当然なのですが。
ジオ様はさほど変化ありませんが、まだこの時点ではアーランドは共和国ではなく王政でしたので国王です。

ロロナ (4)
そして何より主人公のロロナがきちんと言葉を喋っているところに感激しました。
メルル編では既に三十路を越えていましたので師匠のアストリッドが「おばさんのロロナなど誰も見たくはなかろう」と勝手に幼児に退行させてしまっていたので、実際にはどんな人なのか解らないままでした。

メルル編で最後までやり込んでいると、究極の薬を作ってアストリッドがメルルとトトリを過去の世界に飛ばしてしまうエンディングになるのですが、それの続編のお話が出てきます。
今回も本編の構成は3年間で、数ヶ月毎にノルマを達成するというパターンなのですが、それを修了すると「延長戦」が始まり、メルルとトトリがロロナのアトリエにやってきます。

ロロナ (2)
あの元気いっぱいの懐かしいメルルの声が響き渡った瞬間が一番感動的でした。
3人の中ではやっぱり明坂聡美さんが一番好きな声ですね。
ロロナにとっては知らない二人がいきなり現れたという事になるのですが。
なぜ3作目の作品の続きの話が1作目に出てくるのか?
それは今回選んだのが「新・ロロナのアトリエ(3DS版)」という最新リメイク作だからです。
本作にはロロナのアトリエ本編の他に上記の延長戦や「アストリッドのアトリエ」という別ゲームまで付いています。
どの錬金術士よりも優秀な天才アストリッドを主人公として操作し、ロロナのお父さん達の病気を治すという要するに本編よりも過去のお話を自ら体験するゲームです。


さて、本作の評価ですが・・・
もちろん面白かったです。
ただ、プレイする順番を逆にしてしまったためか、やはり洗練度ではメルルのアトリエには敵わないなと思いました。
言わばロト三部作のドラクエ3を先にプレイしてからドラクエ1をやった様なものですので自己責任以外の何物でもありませんが(^_^;)
基本的にやる事やゲームシステムはほぼ同じです。
登場するアイテムも、何を納品しろなどのノルマも、武器や防具も、街の中でやる事も。
なのでどうしてもワクワク感が無くマンネリ感が前面に出てしまいます。
実は本作を買う前にトトリのアトリエもプレイしていたのですが、途中で放置してしまっています。
もしかしたらこのアーランドシリーズ以外のすべてのアトリエシリーズが同じパターンなのかな?
だとしたらもう他の作品(黄昏シリーズなど)は要らないかなーと思っちゃいます。
音楽は素晴らしいので聴いてみたいのですけどね。

ロロナ (5)
あと、3DSで出したのは失敗ですね。表示がものすごく細かい作品ですのであんな小さな画面では不十分です。最も画面の大きいNew3DSLLですらバトルシーンでの右端のコマンドが回ってくる順番のカードの部分が致命的なほど見にくい。
せめて上画面だけでもいいからPSPやVITAみたいにTV出力できれば良かったんですけどね~
そして操作性。
フィールド上ではジャンプしたり、軌跡シリーズ同様に敵シンボルに背後から杖で攻撃してエンカウントすれば先制攻撃ができるのですが、ボタンを押してからアクションするまでがものすごくモッサリしていて思い通りに動いてくれない。
ファミコン版のスーパーマリオの方が1000倍はスムーズに動く。そう思います。
任天堂のハードしか所持していない人にもアトリエシリーズを体験してみて欲しいという腹で本作をリリースしたのだと推察しますが、それにしては少々惜しい出来だなと感じます。

ロロナ (3)
 出てくるキャラ達はみんな個性的でプロの声優によるフルボイスですので、まったりと楽しむには最適な物語だと思います。
難易度も「やさしい」を選べばレベル上げなどする必要も無く戦闘で詰まる事もありません。
ただし一周でコンプリートする事はまず無理ですので、まずは好き~にプレイして平凡エンディングを迎え、二周目で装備品やアトリエ内装やお金を引き継いでパーフェクトを目指す。ってのがベストな楽しみ方です。

Posted by れいな on 29.2015   4 comments   0 trackback
Category :その他ゲーム

私はは初期作のザールブルグの錬金術師シリーズしかやってませんが
確かアトリエシリーズは数作品ごと(舞台がかわるごと)に作風やシステムが変わったはず。
だからお気に入りの初期作シリーズ以外に食指が動かないのですが(;・∀・)ゞ

いつの間にかアトリエシリーズもたくさん作品出てたんですね~
2015.10.08 22:41 | URL | あきかん #VfPazqGM [edit]
コメントありがとうございます。
初期作と言うとマリーでしょうか。
空缶さん確かこのロロナの3DS版の発売の宣伝をReTweetしてらっしゃった記憶があり、「へぇ~、空缶さんもアトリエシリーズやってはるんや。」と思いました。
私はメルルが初体験だったので過去作全然知らなかったのですが、ワンパターンではないのですね。
そりゃそうか。全部同じゲームシステムで15作以上も続いてるわけないものね。
情報ありがとうございます。
また時間できたら高評価の作品などやってみて記事にしようと思います。
2015.10.09 16:41 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]
初期作はザールブルグシリーズ三部作のマリー・エリー・リリーですね。
特に3作目のリリーのアトリエは調合にはまったなぁ…。あとお気に入りキャラがいたのも大きいかな。

アトリエは、ちょうどPS購入時についてた体験版集で、初めてアトリエシリーズ(エリー)とテイルズシリーズ(PS版ファンタジア)を知って、プレイしたらこの2作は面白い!となったんですよね。
ザールブルグシリーズは昔の作品なんで割とサクっとプレイできるので、ぜひ機会があれば!(ひたすら”寝る”だけのコマンドでも一応ED見ることができるという)
昔の作品なんで昔の有名声優多いし、テイルズでお馴染みの声優さんも結構いらっしゃいますよ~(´▽`*)

ザールブルグシリーズ以降は弟がプレイしてただけなので、ちょこっと知ってるくらい…
黄昏シリーズが遺跡系らしいのでちょっと気になる(・ω・)

一部のアトリエ作品はアーカイブ配信もされてるのかな
またなんかプレイされたらレビュー待ってます~~(=゚ω゚)ノ
2015.10.18 22:12 | URL | あきかん #VfPazqGM [edit]
再度コメントありがとうございます。
やっぱり三作ずつシリーズで出ているのですね。
PS版のファンタジア、私もそれが初めてのテイルズでした。
こんなにセリフをフルで読み上げるボイスが収録されているゲームすごいな!
と感じた記憶が有るのですが、アトリエもその頃からそれと同様だったのですね。
なぜか全く目に止まらず、つい最近まで知らずじまいでした。

弟さんのコレクションの写真、拝見しました。
ロロナもトトリもメルルも有りましたね。
黄昏シリーズ、音楽を聴く限り非常に雰囲気良さそうだな~と思ったのでまた時間ができたら手を出してみようかなと思います。
3DSロロナだけは現物を買いましたが、他のはプレステシリーズ(VITA)で、ダウンロード版のをプレイしました。
多分ほとんどダウンロードでプレイ可能だと思います。
2015.10.19 15:35 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/114-6f56ec34

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する