スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

インサイドヘッド

インサイドヘッド (1)
を観に行きました。
結論から言うと、
わざわざ映画館に足を運ぶ程のものではなかったかな?
というのが第一印象です。
作品の本編自体の面白さは、まあそこそこって感じです。
問題は本編が始まるまでの「前座」のハンパない長さ。
いつも通り他作品の宣伝とケータイ電源オフにとかノーモア映画泥棒等の映像が流れた後、照明が完全に消えていよいよ始まると思ったら、監督が出てきてべらべらと解説を喋ります。
これだけでも興醒めです。普通はそういう映像はDVDとかに収録されていて、映画館で流すものではないでしょう。
そして次にドリカムのテーマソングが長々と流れて一般人の怒ってる顔とか泣いてる顔などのスナップ写真が大量に映し出されます。

インサイドヘッド (3)
やっとそれが終わっていよいよアニメが始まりました。
が、インサイドヘッドってこんな内容だったっけ?と訝るに十分な、海底火山などが歌っったり噴火したりする作品が始まります。
これってもしかしてアナ雪みたいな歌劇系のアニメなの?と思います。
はい。全く関係のない作品でした。真剣に観ていた自分がバカみたいでした。
そんなので10分も15分も時間を稼いだ後に再びシンデレラ城やピクサーのロゴなどが出てきて、
「はあ?ヽ(°Д°)ノ 今からかよ!!!」
と怒りに打ち震えます。

2時間も枠を取っていながら、作品自体は実質1時間ちょっとぐらいしか無いんじゃないか?
と思い、本当に始まった頃には既に印象最悪です。
もしガラの悪い地域だったら上映中であっても上記の様なセリフがきっと観客席から実際に上がるだろうなと思いました。
なので、特に早く観たいというわけでないのなら、後日発売されるDVDなどで本作品のみを普通に堪能する方が正解です。

インサイドヘッド (2)
で、肝心のインサイドヘッドの内容ですが、
簡単に書くと、子供から大人に変わりつつある十代前半の少女の頭の中の、様々な感情(よろこび、かなしみ、いかり、イライラ、びびり)がアニメキャラとして登場し活躍する話。です。
その5人以外にも、記憶を掃除していくキャラとか、幼少時代特有の夢溢れる空想を担当する象さんみたいな出で立ちのキャラとかも出てきます。
ターゲットの年齢層が比較的低めだからか、脳の話と言っても全く科学的な内容ではありません。

既に観た方しか解らないと思いますが、本作で言いたかった事は以下の二点だと私は思いました。
①無理して「良い子」を演じ続けているといつか精神が破綻する。
五つの感情キャラが登場するものの、ほとんど「よろこび」が一人で頑張っています。他の四人がリーダーシップを取る事はない。
すなわち、本来ならワァー(TДT)と大泣きしたい状況であっても無理して笑顔、本来なら大きな声を出して怒る状況であっても無理して笑顔。
そういう生き方じゃあダメなんだよ。自分に正直な感情を表に出さなきゃ。
って事。
②幼少の頃の夢溢れる独特な物の考え方とかその記憶は10歳を超えるとどうしても脳内から消えてしまう。
それは避けられない事なんだ。という事。
それがあの象さんみたいなキャラだけ助からずに消えちゃった意味なんだと思いました。
 
Posted by れいな on 29.2015   2 comments   0 trackback
Category :小説・映画

れいなさん、こんばんは。
 
この映画、この夏休みに子どもとの鑑賞候補に挙がっていました。
脳内ポイズンベリーに設定が似ていて自分も興味がありました。
ですが息子に却下されて、バケモノの子とポケモンになりました。
おねえちゃんが居れば、採用されていたかもしれませんが・・・。
 
れいなさんの感想を読むかぎり、却下されて正解だったと思いました。
本編はまあそつない内容のようですが、監督インタビューとかいただけませんね。
そういうのDVDとかで特典映像であっても、まず観ないですから。
それが強制的に本編前に上映されるなんて、自分にゃ拷問レベルです。
ドリカムの曲に合わせて一般人の表情あれこれのも嫌だわ。
そういうのもダメなんですよ・・・小田和正に合わせて子どもの画像とか・・・。
最近のディズニーは本編上映前に必ず全く無関係な短編がありますね・・・。
自分は正直これも要らない。
 
つい先日、バケモノは息子と観てきました。
なかなか面白かったです。
少なくともおおかみこどもよりは、子どもにも解りやすい内容です。
熊徹!!
2015.07.31 23:14 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
この作品、結構いろんなところで推薦図書みたいに出てきますね。
ベイマックスとか他のディズニー映画では特に不快に感じるほどの前座は無かったと思うのですが、今回のはやり過ぎな程の量でした。
実は私もバケモノにしようかこれにしようか迷った挙句、とりあえず手堅そうな方を選んだのですが、多分そっちの方が正解だったんじゃないかなと思います。
機会あればバケモノも行ってみます。
感情。喜び・怒り・恐れ・悲哀の4つでいいと思いますね。
他の映画を観た時に宣伝で本作が紹介された時から私も違和感を感じていました。
イライラって、それ要るか?と。
アメリカ人的には怒りとは明確に違う感情なのかな~?
怒りの前段階でしかないと我々は思いますけどね。
それを入れるのなら、ときめき・不安とか同様に他のやつの前段階的なのも入るんじゃない?って思います。
2015.08.01 11:41 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/107-472e068f

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。