スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

ヴァルキリープロファイル

以前、ストーリーが秀逸のオススメRPGを皆さんにお聞きした中の一つ、
ヴァルキリープロファイルをプレイしました。

レナス (1)
本作はドラゴンクエストでおなじみのENIXの作品です。
このシリーズは3種類発売されていますが、まず選んだのはPSP版の「ヴァルキリープロファイル ~レナス~」です。
初版はPS1だった様ですが、フレンドに聞くところによるとやたらとフリーズなど不具合が多発したらしいです。
ちなみに2作目が「ヴァルキリープロファイル ~シルメリア~」でPS2版3作目が「ヴァルキリープロファイル ~咎を背負う者~」でDS版で出ています。
実はどれも同じ内容でリメイクされただけだと思い込んでいました。で、一番評価が高かったのがPSP版だったので、たまたまそれを買ったのです。偶然にもそれが第1作目だったので結果オーライでした

レナス (2)
Final FantasyⅦクライシスコアの記事でも書きましたが、PSPという一昔前のハードであっても驚くほど綺麗なムービーが収録されています。
ただその分、普段の画面のグラフィックやキャラの動きは「あー、20世紀のゲームだなー」と思わせるに十分なシロモノです。

現代のRPGに慣れていると本作のシステムは恐ろしく不親切に思えます。
いったい今からどこへ行って何をしたら良いのか?どこまで進めたんだっけ?
などを確認するメニューもありません。

レナス (8)
街の中でNPCに話しかけるだけでも難儀しました。
近づいていってボタンを押しても何も反応しない。
「ん?会話は無しか。」と思ってひたすら歩き回るも進展無し。
でもやっぱり会話しなきゃストーリーが進まないと判明。
実はNPCのちょうど前あたりに止まってそちらを向いてボタンを押さない限り会話が始まらなかったのです。
宝箱を開ける時も同様で、離れ過ぎず近づき過ぎず絶妙な位置でなおかつ蓋を持ち上げる側にしゃがんでボタンを押さない限り取ることができない。
適当にボタン連打していると、宝箱ごと持ち上げて次に投げて壊してしまい、中身のアイテムは二度と入手できなくなるという鬼仕様。
まあ慣れればどうという事は無いのですが、なかなかシビアなシステムです。

レナス (9)
次に詰まったのが最初のダンジョン。
最奥まで行きボスも倒してクリアするもその後どうするのか不明。
またも攻略サイトでヒントをカンニング。
入口まで戻ってダンジョンを出ると書いてありました。
戻ってきました。確かにフレイが今後の予定などを話してくれて、更に詳しい事はこの妖精に聞けと言われたので一通り聞いてみました。
が、一向にこのダンジョンが終了する気配が無い。
途方に暮れて滅茶苦茶にボタンを押しまくって壁に氷の塊をくっつけてピョンピョン飛び跳ねていると偶然上の方まで登れました。
実はそこから外に出れば良かったのです。
「えーマジかよ! いやいや、こんなの教えてくれなきゃ解るわけないじゃんヽ(°Д°)ノ」と卒倒しそうになりました

レナス (6)
通常のパーティ編成・育成の画面でもポイントを自分の判断でいろんなキャラのいろんなパラメーターに振り分けなきゃいけないのですが、
毎回あるだけ全部使い切って良いのか?
やはり主人公を優先して育てるべき?
何の能力を伸ばせば良いんだろう?
この封印値って何のパラメーターよ?
なども何のアドバイスも無いので不安になってきます。
まあ四の五の言わんといっぺんやってみなはれ。の精神で適当に育ててみる事にしました。
結論から言うと、適当にやっていてもバッドエンドになるか、良くても平凡エンディングです。
真エンディングを見て初めて本作のストーリーを堪能する事が可能。ってどこのレビューを見ても書かれています。
しかも全てのキャラが出てくるのはハードモードのみとの事。
イージーモードでは平凡かバッドエンドしか出ないと。
なので、イージーで第2章までクリアしたところでようやく要領を掴めてきたので、再度ハードで最初からやり直しました。

レナス (7)  
まあ、何もヒント無しだと間違いなく途中で詰まって挫折したと思います。
この水中神殿なんて、まるでゼルダの伝説トワイライトプリンセスのそれを彷彿とさせる難しさでした。謎解き的にもアクション操作的にも。
スーパーマリオみたいに自由度の高いジャンプ操作ができるならいざ知らず、ものすごく操作性の悪い動きで、絶妙な着地とか氷作成とか破壊とか氷片拾いとか設置とか要求されるので、なかなか思い通りにいかず何度も声を荒げました
一難去ってまた一難。次の古代墳墓アメンティは更に激ムズでした。ボスも強烈。
ドラクエに例えるなら、絶対回避できないネクロゴンドの波動みたいなのがバンバン来ます。耐えるにはオート聖女(ガッツ)とオート世界樹の葉(ユニオン・プラム)みたいなスキルを全員に身につけさせておかなければダメです。そして何ターンもかかってやっと敵のHPを半減させたかと思ったら、ベホマズン(キュアプラムス)なんか唱えられて振り出しに戻るという泣きそうになる長期戦

ですがなんとか先人達の丁寧な解説サイトのお陰で真のエンディングに到達する事ができました。
試しに平凡エンディングも先に見てみましたが、フレイが「お疲れ様でした。また必要な時は起こすからそれまで寝ていなさい。」って言うだけの何とも味気ない終わり方でした。と言うか、いい様に散々こき使われただけで何ら詳しい事は教えてもらえないという極めて不信感の募る終わり方でした

レナス (5)
それもそのはず、
このアース神族のヴァルハラは一言で言えば、腹黒首脳陣が経営するブラック企業でした。
最初は「会いたかったわぁ(*´∀`*)」などと言って抱きついてきた直属上司のフレイだって、徐々に高圧的なパワハラ上司になってきます。
「レナス、あなたに頼みたい事があるんだけど。」などと声をかけられる時なんて、何か説教か無理難題を押し付けられるんじゃないかと背筋がゾクッとします。
試しにわざと仕事をせずに寝てばっかりして時間を浪費すると、
「あなた、少し手を抜いてるんじゃないかしら?」とチクリ。
さらに進むと、
「全く誉められたものじゃないわ。」と、ビキビキ顔。
最後は、
「評価に値しないわ。いつまでも許してもららえると思ったら大間違いよ!」と、鬼の形相。
こんなに怖い顔と声のお姉さんなんてそうそう出会えるものではありません。
そしてこの後実際に役に立たぬ社畜として粛清されて東亰湾に沈められます。

レナス (4)
BGMが秀逸のゲームを挙げてみよ。ってテーマでは必ず登場する本作。
なるほど確かにカッコ良い神曲が目白押しでした。
それもそのはず、担当はテイルズでおなじみ桜庭統氏でした。
しかも1999年というと正に彼の全盛期でしょうか。
古き良きテイルズをプレイしている様な気分に浸れます。
実際、似ている曲が多いです。ダンジョンをクリアして帰る時の曲なんて「リオン=マグナス」が出てきそうな音楽。他にもフォルトゥナ戦やエターニアのインフェリアバトルや晶霊鉄道みたいな曲も有りました。
また声優が、レザードはジェイド大佐、洵はゼロス、ジェイク=リーナスはバルバトス、リセリアはフィリアと同じ人が担当していたのが更に拍車をかける。
ちなみに主神オーディンはシャア=アズナブルでした。
このブラック企業の成り上がりオーナーである主神オーディンが実は卑しきハーフエルフであったなんてくだりは、クルシスとディザイアンを統べるミトス=ユグドラシルを彷彿とさせます。

レナス (3)
真エンディングに到達する様に注意しながら進めていくのはなかなか骨が折れましたが、
なるほど。平凡エンディングルートなんかとは比べものにならない秀逸な重い感動的ストーリーは期待通りでした。
この作品、完全フルボイス・フルグラフィック・システム周り大幅改善・難易度大幅改善などしてFF7に続いてPS4辺りでフルリメイク発売したらベテラン・初心者問わず買う人結構居そうな気がします。
序盤のアリューゼとジェラードのお話辺りは非常に引き込まれるのですが、その後のキャラ達のお話はかなり端折ってあるのか「え?これだけ?」って感じの愛想無いシナリオが多かったので、どのキャラのお話もあれぐらい肉厚でセリフrichで脳裏に焼き付くほどのショッキングなシーン(ジェラードがグール化する様な)を織り交ぜてくれれば尚良しです。
ちなみに第2作目の「シルメリア」はストーリーがイマイチらしいので今のところプレイ予定はありません。
3作目の「咎を背負う者」は再び重厚なストーリーとカッコイイ桜庭節が健在との事なので見てみたい気はするもののプレイするかどうかは保留中といったところです。

Posted by れいな on 16.2015   3 comments
Category :その他ゲーム

>>「リオン=マグナス」が出てきそうな音楽。

youtube観ていたらおススメの動画に「Lion-Irony of Fate」を
聴いてとても懐かしく感じ、そしてリオンの専用BGMの数の多さに
驚きました。ユーザーの人気だけではなく作曲者からも
愛されてる曲なんだと改めて思いました。
来年で「テイルズオブデスティニー」20周年?なので
何か関連しているモノ(TOD関連の新作か続編)を密かに
希望しています。

ヴァルキリープロファイルの新作は今年の春に
スマホゲームで登場していたみたいですね。


2016.08.04 18:53 | URL | コウジ #HuBhO90w [edit]
コメントありがとうございます。
このシリーズ、結局2作目以降のはプレイしていないです。
スマホゲームはどうにもやる気が起きないので^^;
リオンの曲は確かにいろんなアレンジで演奏されていますね。
テイルズは・・・
グレイセスを最後に私は愛想を尽かしてしまいましたorz
バンダイとくっついてしまってからのナムコはてんでダメですね。
今もエクシリア、ゼスティリア、ベルセリア、などと似た様な名前のを次々と出していますが今ひとつ・・・
デスティニー1・2みたいな秀逸なシナリオの作品、待ってるんですけどね^^;
2016.08.06 15:45 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]
今日も何気にyoutubeを見t(ry
スマホアプリのヴァルキリーにもお馴染みの桜庭さんの曲がありました。
初代戦闘BGM
https://youtu.be/Xx0MVvXdiI0
Confidence in the Domination
https://youtu.be/2pAxm7ObdZY
The Incarnation of Devil
https://youtu.be/Gu2u6zbRCNo

スマホゲームなのに豪華なBGMの数々が。
出来れば家庭用辺りで出してほしかった(´・ω・`)
どれもアレンジが加えられてみたいですね。
中でもThe Incarnation of Devilという曲は
トライエースの作品の隠しボス恒例の曲で
毎回アレンジされてるので必見ですw
2016.09.04 17:17 | URL | コウジ #HuBhO90w [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。