スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

塩対応

最近流行りの言葉でよく耳にします。
冷たい、心がこもっていない、親身になっていない、露骨に興味なさそうな態度で、相手の目も見ないで、愛想・抑揚の無い事務的な口調で対応をする事などを指します。
無視とまではいかないけれども、定型文を貼ってるだけみたいな、ほぼスルーに近い返答をすること。

塩対応 (2)
一方が熱弁を振るっているのにもう一方は塩対応。
第三者からそういうやりとりを見るのは滑稽で面白いかもしれません。
が、やられている本人にとっては概ね不愉快なものです。
「何だよ!その言い方は。」とカチンと来るか、バカバカしくなるか、とにかく好印象は抱きません。

対義語に相当するのは、「神対応」
要するに期待していたよりもはるかに素晴らしい対応という意味で、例えば、
ダメ元でメールしてみたら、削除したアカウントを無傷の状態で復活してくれた、しかも無償で、しかも即日、しかも丁寧な返信付きで、しかも土日だったのに。みたいな時ですね。

なぜ「塩」がその様なnegativeな意味合いに使用されるのか関西人には理解しにくいかもしれません。
元々、関東の方言である「しょっぱい」という言葉が「しょーもない」に相当する言葉として先行していたのですが、関西では「しょっぱい」を使う人はほとんど居ません。
関西ではsaltyでもhotでも「からい」です。あえて使い分ける場合は「塩辛い」「ピリ辛」って言うかな~
例:いつも提案広場で見かけるあの有名人と迷宮で偶然一緒になったのでどれほどの強さかと期待したら、ずいぶんとしょっぱい(しょーもない)スペックでがっかりしたわ。

話を戻します。
今hotな塩対応の例と言えば、

塩対応 (1)
これでしょうね。
ニュース類では、「せっかく生徒がSOSを出しているのに担任は塩対応でスルーした。けしからん!」という非難一色です。
しかし私は必ずしもその意見には同調できません。
もちろんこれが良いとは言いません。
親身になって真剣に耳を傾けてあげられるに越した事はないと思います。
しかし現代にそんなドラマみたいな個々の生徒に深く立ち入る先生が果たして何人居るのでしょうか?
ほとんどが、過度に関わらない事なかれ主義を是とする教育現場ばかりじゃないでしょうか?
それと、この様な紙面にまるでネット上の様な「市ぬ」とか「w」とか手書きで書いている時点で、「ふざけている」と捉えられても仕方がないんじゃないかとも思います。
「はいはい、わかった。もうそういう冗談はいいから。」と思って当たり障りのない塩対応で茶を濁す気持ちも理解できます。

まあ実際はこれ以前の日記でも禅問答の様なやりとりが続いていたので、この生徒は「ダメだこの先生。何を言っても暖簾に腕押しだ~よ┐(´ー`)┌」と諦観の念を抱いてこういうネットスラングみたいな文を書いた可能性も考えられますが。

それと、昨今のくだらない「言葉狩り」の悪い影響がこういう所に現れているとも思う。
ミーバースでもDQ10のチャットでもこのブログのコメント欄でもそうですが、「チャンスを生かすも殺すも」とか「~が死ねば」とか書くと、前後の文脈も省みずに特定のフレーズが入っているだけで「不適切な言葉が含まれています」などと出て投稿できないパターンが多い。
そんな上辺だけの偽善的な対策など何の意味も成さないのにね┐(´ー`)┌
結局逃げ道として「氏ね」とか「タヒね」とかそんなスラングが使われるだけです。
そして正に本当に「死ぬ」という漢字を使わなくちゃいけない肝心な時に、この漢字はNGかな?と思って「市ぬ」などというバカな誤字を思わず書いてしまった。そして相手に巫山戯ていると思われて真剣に取り合ってもらう機会を逸した。
そんな可能性も大いにあり得るのです。

塩対応 (3)
私自身も「話す」という事を生業にしている人間ですので、無意識のうちに塩対応をして相手に不愉快な思いをさせてしまいやしないかという事は常に注意しています。
実際、最近では教育だけでなく医療・介護とかの現場でも塩対応タイプの人間が増えている様な気もします。
あくまでも「仕事」として、ドライに、過度に親切にする事は避け何事も必要最低限以上の事はできる限りやらない。
「たぶんこの人はこの事について悩んでいる・困っているだろうな。」と気づいていながらもあえて知らんぷりする。スルーする。自ら余計な仕事は決して増やさない。深入りしない。
何となくそういう人は顔に出てますよね。めんどくさそうにただ「捌いている」「こなしている」だけ。時間が来たらサッサと帰る。そんな感じ。
確かに仕事は確実だし迅速だし文句なし。でも何だか心がこもってない感じ。
勝手な推測で誠に恐縮ですが、そういう人は仕事場だけじゃなくて家庭内でも家族とあまり喋らず各々の部屋で自分の事ばっかりやってるんじゃないかな?
もちろん熱血人間ばかりじゃ組織が上手く回らなくなって大変だと思いますが、ロボットみたいな冷血人間ばかりになるのはもっと悲しいな。

Posted by れいな on 09.2015   2 comments   0 trackback
Category :日記

れいなさん、こんにちは。
タイトルみて、おおっ!熱中症の話題だな。
今週は暑くて自分も仕事中に何度か頭くらくらしてヤバかったからなあ。
熱中症対策に塩分補給とか、そういうのの解説だろう・・・どれどれ・・・。
 
 
・・・・・。
違うた。
 
まず初めて耳にした(目にした)ワードでした。
塩対応ねえ・・・あんまりしっくりこないけれど、言葉の意味は理解しました。
自分は興味ないものに関しては間違いなく塩でしょう。
ですが、仕事に関して客との対応は、教師とか医療とか公務とか、
重要な仕事でもないのですが、間違いなく神の方だと自負できます。
神だとおこがましいな・・・。
 
花の管理のこととか細かく説明したり、
あと不幸があったばかりのとこって、話し相手が欲しかったりするんですよ。
おじいちゃん亡くなって、息子たちも葬儀終わったら居なくなって。
おばあちゃん独りで、手続きとか色々しなきゃならない。
本当は悲しみいっぱいなのに、落ち込んでられない。
そんなとき、花以外のこと色々親身に相談に応じたりするわけです。
前に金融機関に居たから、相続のこととか口座の手続きとか
いろいろ教えてあげていると、30分くらい時間食っちゃうんですね。
で、会社戻ったら上司に怒られると・・・。
単に花だけ置いてくりゃ、1分とかからないですからね。
 
仕事としては完全にできない人間です。
利益にならないことに時間を費やしているわけですからね。
これ営業マンとかならば、まだ実になることかもしれませんけど。
根っからコミュニケーションを重視する・・
というか話するのが好きな性格なんだなあとつくづく思います。
 
冒頭の教師と生徒のやりとり、
自分もあれ見て、あの先生を批難できませんでした。
知り合いの教諭からいつも聞かされている愚痴。
もういっぱいいっぱいで、ほとんどの先生は精神崩壊状態。
それを知ると、わがままな生徒ひとりひとり、
ほぼモンスターペアレントの保護者と、それの意見窓口な教育委員会、
四面楚歌状態でああいうのにつぶさに神対応するには、
もう空海上人とか一休宗純とか、そういう人物でもなきゃ務まりません。
ましてや自身も家庭持っていたり、
両親が老いていたりしたら、到底務まりそうにないです。
だから、塩対応にならざるを得ないという部分もあると思います。
こういう問題が起きると、教師ばかりに批難が行きますが、
家庭はどうだったかとか、交友関係がどうだったとか、
マスコミはきちんといろんなとこ徹底調査なされた後から、
視聴者や購読者を扇動するような報道をすべきだと思うんですよね。
 
また長々と自論をすみません。
度が過ぎてこれもある意味、塩対応かもしれんな。
2015.07.12 09:14 | URL | 武 #Eb.hugsg [edit]
コメントありがとうございます。
実は私もスプラトゥーンのゲーム内に貼られていたミーバース投稿で初めてこの言葉を見ました。
嫌な客が来た時などに「塩をまく」ってありますよね。最初それから来た言葉かな?と思いました。
が、どうやらAKBの島崎ぱるるの握手会でのファンへの応対の仕方やテレビ出演時の態度が一番最初にこう呼ばれたらしいです。

上記の先生は本当はかなり面倒見の良くて生徒からの信頼も厚かった様です。
なのにマスコミは自分勝手なシナリオをでっち上げて、そのノートだってその作ったシナリオに都合のいい部分だけを切り抜いて、いかにも悪者に仕立て上げるという常套手段ぶりです。
http://leina.blog.eonet.jp/blogfolder/2009/11/post-4f37.html
中川昭一は殺された。のこの時と何ら変わってませんね┐(´ー`)┌

考えてみれば、ドラクエ10の中の世界でも同じ様な感じがしてました。
何かコインボスなど4人集まって行ったとしても、極めて事務的に、最も効率の良い勝ち方で片付けて、終わったら即解散。
私はみんなの家に順番に行ってハウジング見学したり、畑にお水あげたり、雑談したりしたいのですが、あまりそんな事に時間を割きたくないって空気が漂ってました。
街中やダンジョンで、
多分あれが見つからなくて途方にくれてるのかな?
誰かボス手伝ってくれる人を待ってるのかな?
って人を見かけても、見て見ぬ振り。
私に話しかけないで!ってオーラ全開でサッサと去って行く。
初期の頃はそんな事はなかったんですけどね~

「自分は間違いなく神である」って、それだけ見たら中坊みたいなセリフですが、フレボでの武さんの振る舞いを思い出すと、本当に塩とは正反対の実直で親切心溢れる人付き合いをされる方だろうなと確信できます。
アストルティア内でも武さんみたいな人は稀少な存在じゃないかとそちらの記事を拝読していつも思っています。
2015.07.13 09:08 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/105-50bafa8e

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。