ファイアーエムブレムif

if (6)
本日発売のファイアーエムブレムifをスタートしました。
本作は非常に壮大なストーリーで構成されているようで、
ポケモン白・黒の様に2種類同時に発売されました。

if (12)
もしや中身はほとんど同じなんじゃ・・・?
と一瞬思いますが、全く違うストーリーの様です。
序盤だけは同じなんですけどね。
「白夜王国」「暗夜王国」編があるのですが、
どちらかのお話を選んで進める形となります。
それで一通りエンディングまで行って、もう一方のお話の方もプレイしたければ改めて買い足す。
更にそのどちらでもない中立的な立場のストーリーのお話も後日発売されるようです。
すなわち、全部で3作有るわけです。

前作の「覚醒」のストーリーがはっきり言ってイマイチだったらしく、
もっと濃厚なストーリーにしてくれとの希望がたくさん寄せられたとのこと。
それで今回は樹林伸氏がシナリオ担当に決まったようです。
確かに私も「覚醒」はどんなお話だった?と聞かれてもイマイチ印象に残っていません^^;
樹林さんという作家は私は全く存じません。
でも、この「社長が訊くファイアーエムブレムif」を読んでみて、
これはやってみたい!と思いました。
未読の方はまあ一度読んでみて下さい^^
「社長が訊くDQ10」での藤澤ディレクターを彷彿とさせる物がありました。

if (7)
まだ序盤しかプレイしていませんが、これは傑作の予感がします
普通に考えたら、そんなソフトをバラバラに2枚も3枚も買うんじゃなくてオールインワンパッケージにしてくれたら良いのに。と思いますよね。
有るんですよ、それが。
このスペシャルエディションです。
これなら1枚のカートリッジに3作分のお話が全部入っています。
本作を買おうと思う人なら誰だってこれを求めると思います。
でも、相変わらずの限定生産・品薄商法なんですね~(*´Д`)=з
予約開始と同時に転売屋が買い占めて、本当に買いたい人がどこのお店に行っても買えない。
というおなじみの状況になります。

if (8)
ゲームソフトだけでなく色々なプレミアム付録も入っていました
本作の事は実はほとんど何も予習しておりません。
ニンドリも読んでおらず公式HPやTwitterも見ていませんのでどんなゲームなのか正直解っていません。
また、ストーリーに関する記事はネタバレになりますので今回は割愛します。
上記の「社長が訊く」だけしか読んでいませんので間違っている事を書いているかもしれませんm(_ _)m

if (10)
3つ目のルートのお話は6月末までにダウンロードせよ。って書いてあったので、
結構タイトだな。買っただけで積みゲーにしていたらダメじゃん。急いでプレイしなきゃ
と思ったけど、あれ?3つ目のルートのお話って7月中旬から配信じゃなかった?
よーく見たら2016年6月でした\(^o^)/
そりゃそうだよね

if (1)
さて、始めようとするとまず難易度を選ぶ画面が出てきます。
「ノーマル」「ハード」「ルナティック」から選びます。
続いて「フェニックス」「カジュアル」「クラシック」を選びます。
キャラが死んだら二度と復活する事が無いのがファイアーエムブレム。
1つの章をクリアするのに将棋の様に一手一手考え抜いて駒を進める。
ボス前まで行ってウッカリやらかして誰か死亡したら・・・
「ギャ~~~(´>д<`) 私の二時間を返せ~!」と泣きながらリセット
しかしそうではなくなったのがカジュアルモード。
今回更に、その章中でも何回も復活し主人公すら死んでもゲームオーバーにならないというまさにチートのようなモードまで追加されました。
このシリーズの昔からのファンなら当然クラシックでしょうね。
でも私はそんな気合い入れてプレイするつもりなんて無いのでチートモードで行く事にしました
2周目とかやる可能性もまず無いでしょう。
「覚醒」の時もそうでしたが、全クリ後も追加シナリオとかすれ違い通信とかネット対戦とかずっと楽しめる様に作られているので新しくニューゲームをやる人はあまり居ないと思います。
そのせいでストーリー1回しかやらなくて記憶に残りにくくなるのなら良し悪しだと思いますけどね。
でも今作は白夜・暗夜・第3とプレイするなら烈火の剣のリンディス・エリウッド・ヘクトル編の様にビシッと脳裏に焼き付くのかもしれません。

if (2)
この画像では解りませんが、今作も覚醒の時と同様に3DSの立体視と非常に相性が良くて臨場感たっぷりになります。
今回も「ダブル」になったり隣接ユニットが攻撃や防御のサポートをしてくれます。
ですが更に複雑化していて「攻陣」や「防陣」や「救出」などいろんなコマンドがあって慣れるまでミス連発しそうです><

if (3)
覚醒の時は確かこれに似た感じのマイユニットにしました。
しかし今回のこれは、まるでスプラトゥーンのダウニーですね(≧∀≦)

if (4)
今回はテイルズオブエクシリアのミラ=マクスウェルみたいなロングヘアーにしました。
アクセはDQ10のアンr(ryもといミシュアがくれた蝶の髪飾りを。
FEシリーズはレベルアップした時にどの程度パラメータが上昇するかがランダムなのです。
なのでレベルアップしそうなキャラは章の最初に行動して早々にレベルアップし大当たりなら続行、シケシケならリセットして後回し。
という戦法が定石です。
その積み重ねによって神がかったエースユニットが育ちます。
でもそれハッキリ言ってしんどいし時間食いすぎるんですよねー(´・ω・`)
なので私はハズレが出ても当たりが出てもそのまま続けます。
脱線しますが、もしもDQ10のレベルアップもDQ3みたいにパラメータの上昇がランダムだったら・・・
って想像した事があります。
あれはオンラインですのでハズレだろうが当たりだろうがリセット無効です。
すると同じレベル80僧侶(はだか)でも、ある人はHP500あり、ある人は400に満たない。
なーんて事も有りうるわけです。
不公平だーーーーー!って広場がどれほど荒れるかな~?
なんてよからぬ空想をしちゃいました(≧∀≦)

if (5)
さて、これが3DS下画面ですが・・・
あれ?ライブの杖は使用したぶん数値が減っていってるけど、
武器の所は数字が無い。
これはもしやFE外伝やファルシオン∞みたいに永久に壊れない仕様?どの武器も。
だとすると節約とか一切考えなくて良いので非常にラクではあるんだけど、
序盤だけかなー?

if (11)
え?ルフレさん、やっぱりそうなの?
いやすごいことって言うか・・・
まあストーリーを楽しみたいだけの私の様な人にはフェニックスモードといいこれといい最高ですね。
なかなかプレイする時間はありませんが、またある程度ストーリーが進んだら記事を揚げてみようと思います。

Posted by れいな on 25.2015   4 comments   0 trackback
Category :Nintendo 3DS

れいなさんもFE購入されたんですね!
僕も買ったのですが、出張中なので家で長女が先に始めてます。
ダウンロード版を買ったので途中で分岐を選べたのですが、白夜にしたと言ってましたw
武器は全て使用回数を撤廃したようですね。その分威力の高い武器はペナルティみたいな縛りをつけることで選択の幅を出してると事前記事で読みました。
帰ってはじめるのが楽しみです!
2015.06.26 10:26 | URL | アリキチ #- [edit]
コメントありがとうございます。
おお!アリキチさんも購入されたのですね(*´∀`*)
楽しみですね~
暗夜の方が難しいらしいので、白夜から進むのが無難みたいです。
うちももしオールインワンパッケージの予約に失敗したならダウンロード版にするつもりでしたが、買えてしまったので結局カートリッジになりました。
でも説明書なんてもはや紙一枚すら入っていません┐(´ー`)┌
序盤のお話のチュートリアルで基本操作は身に付けるという感じですね。

やはり今後もずっと武器は使用回数無制限なのですね。
するとエタルドとか手槍みたいな直間両用のオールマイティな武器一本だけ持って無双。
鉄の剣とか銀の槍とかポーイ余裕。
って思うのですがそうは問屋がおろさないのかな?
威力はあるけど命中率が低い。
直間両用だけど追撃が発生しない。
武器そのものは強い代わりにそれを持つと移動力が落ちる。
とかそんな感じでそれぞれ一長一短あるのかな?
いろいろ想像するだけでも楽しいですね。

いつも通りAmazonなどの発売直後レビューは最高評価と最低評価に二分されていますが、
低評価の理由は主に任天堂の嫌らしい販売方法ですね。
私もアンチどころかむしろ任天堂信者に近い存在であるにも関わらず、昨今の彼らのやり方には辟易しています。
高評価の方をザッと読むと概ねゲームの内容そのものは当たりみたいです♪( ´▽`)
2015.06.26 14:21 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]
僕もあの売り方は最初なんだかなぁと思ったんですが、始めてみると「これは分岐というより、チュートリアルだけが同じものを用意した全く別のFEやなぁ」と思ったので、任天堂の説明はある程度納得しました。従来のFEもルート分岐はありましたが、それとは規模が違いますね。

まぁでも例えば「ほなタクティクス・オウガのルート三種類別パッケージやったらそれ納得するんかぃ?」と、聞かれるとうむ確かに仰るとおり!と思っちゃうので完全に納得もしてないのですが。。。

やっぱパッケージでも紙のマニュアルはありませんか><どうも防陣を敷いた時に、どっちのキャラが前面(=操作キャラ)になるのかがイマイチ分かりづらいなぁと思っています。

お話変わりますが、TwitterのアカウントをDQ用のを辞めました。そうでないものを作り直す予定ですので、そちらから改めてフォローさせて頂きます。よろしくお願いいたします。
2015.06.29 13:44 | URL | アリキチ #- [edit]
またまたコメントありがとうございます。
武器使用回数の撤廃による代償はやっぱり予想通りの感じでした。
防陣に入る時は自分が後衛に、救出で入る時は自分が前衛になる感じかなーと。
攻陣が一見対義語に見えますがこれはただの隣の人によるサポートアタックの事ですね。
これらの複雑な仕様や支援効果や武器に付いているメリットやデメリット、個人のスキル効果などなどが絡み合うので、
クラシックな駒の進め方(これを動かしたら、ヤツから6、ヤツから7のダメージを受けるからHP4で生き残って・・・)がやりにくいですね。
任天堂のゲームってそういう緻密な計算を駆使しながら攻めていく作品が特徴だった気がしますが、そういうのはもう時代に合わないのかもしれません。
ここまで繁雑だと、もうどんぶり勘定の運任せで、「頼む!避けて!」「おおー( °∀°) 耐えやがった!」「マジかよ!なんで全部当たんねんヽ(°Д°)ノ」プレイで行くしかないので、イージーモードにしました。
白夜だとついつい遭遇戦とかマイキャッスルで時間を食ってしまって、本編がなかなか進んでいませんσ(^_^;)
キャッスル訪問を見ていると、既に白夜でも暗夜でもないモードに進んでいる人が居たのですがあれはなんだったんだろう?
もう第3ルート配信された?と思ったのですが、やはりまだの様ですし・・・
とりあえずしばらくはこの作品ばっかりにハマりそうです。
DQ10のダブルすれ違い以来久しぶりに3DSを持ち歩いています(*´∀`*)
呟きアカウントの件、了解です(`・ω・´ )b
2015.06.30 07:41 | URL | れいな #9PzNIGQk [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://leina3456.blog.fc2.com/tb.php/104-4bfd80c6

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する