FC2ブログ

ゼノブレイド2

Xenoblade2 (1)
モノリスソフトの「Xenoblade2」を今更ながらクリアしました。
ハードはSwitchです。
本作は2017年末にリリースされ、たぶんその少し後ぐらいに購入しました。
しかも追加コンテンツ予め全セットのスペシャル版を。
一日だけプレイしてその後、長らく放置していました。
その時点でおよそ想像が付くと思いますが、
「買って失敗した作品」でした。
前作「Xenoblade」が稀代の神ゲーだったので当然の様に買ったのですが、
これは大ハズレでした。

前作はゲームスタートした時点からもう釘付けでした。
ですが今作はちっともワクワクする開演でもなく、
また何とも嫌みな物言いのチュートリアルが一挙手一投足のたびに挟み込まれます。
すなわちゲームシステム、バトルシステム共に極めて複雑な仕様になっていて
気持ちよく遊べません。

Xenoblade2 (4)
ただ、世界観など舞台設定自体は面白いのです。
広大なフィールドで自由に走り回れ、普通のゲームならこんな所に行けないだろうと思うような所にも入れる。飛び降りれる。
「冒険している」感は抜群。
場違いなほど巨大な恐竜とかが居て興味本位で恐る恐る近づいていったら気づかれて脱兎のごとく逃げたりするのも本シリーズの醍醐味。
前作の二番煎じではありますけどね。

元々は宇宙の覇権を争うぐらい文明が発達した状態がスタート。
白衣を着た一人の研究者みたいな男が禁忌に手を出す。
世界というか宇宙全体が崩壊して人類もほとんど死滅する。
その男が独りで世界を再構築する。要するに神となる。
地球の地表は廃墟状態で住めず、その外側を「雲海」で覆う。
その「雲海」は下層の物質を吸い上げて再構築して鉱物やら生命を生み出す。
雲海を泳ぐ巨神獣(アルス)という大きな島ほどの大きさのある生物の上に、自然や街が築かれていく。
従来通りの「人間」とは別に「ブレイド」なるサイボーグのような物も創造した。
このブレイドはコアという石から生まれるが、触れて同調した人間とペアのような存在となる。
その人間が死ぬとブレイドも石に戻ってしまう。
姿形は決まっており生まれてから死ぬまで全く変化しない。
故に、人間の少年がコアと同調して20歳ぐらいの見た目の女性のブレイドが誕生したら、
最初はお姉さんみたいな存在だけど、そのうち同い年ぐらいになって場合によっては夫婦となる事も多い。
更に時が経てばお爺さんと孫娘みたいな状態になるけど、お爺さんが老衰で息絶えたら、その瞬間にブレイドもコアになる。
こういった設定だけでも様々な人間ドラマが描けそうですよね。
コアはしばらくするとまた別の人間が同調する事が可能。
しかしブレイドは「前世」の記憶は引き継ぐ事ができない。
だから「来世」の自分のために日記を付けるブレイドも多い。
そんなの書いたって同じ家の人間に再度同調してもらわない限り無駄かもしれないのにね。

Xenoblade2 (3)
設定自体はなかなか斬新で面白そうなのに、肝心の脚本が・・・
人々が住める場所や資源がどんどん無くなっていってるので、豊富に存在するであろう「楽園」に行こう。
というだけのお話。「楽園」とか胡散臭さしか無さそうな響きですが。
まあ前半はまずまず耐えられるのですが、後半が酷すぎる。
だいたい悪いパターンのSFアニメ・ゲームっていつも同じですが、終盤になるにつれて話のスケールが大きくなって哲学的になったり超能力的になったりして視聴者置いてきぼりにして勝手に盛り上がって白ける展開。
また、今回の悪役「メツ」なるオッサンは明らかに前作の「ムムカ」を模倣しています。
黒いアーマースーツでガニ股歩き、「待ってたぜぇ」とか「だってそうだろ」など聞いた事の有るセリフがわざとらしく散りばめられています。そして武器がなぜか「モナド」。
正直、興醒めです。プレイヤーを喜ばせているつもりなのかもしれないけど完全に逆効果であることがなぜ解らない?
全てにおいて前作の劣化版でした。
音楽も前作は始めから終わりまで信じられないほどの神曲オンパレードでしたが、
今作はそれに似せた曲って感じでどれもイマイチでした。

更に苦痛なことに、中盤から延々と暗くて狭苦しいダンジョンが最後まで続きます。
ちょっと進んでは長ったらしいムービーが挟まれます。ポーズもできないので離席する事もできない。
終始強いモンスターが徘徊しているのでちっとも前に進めない。
一回一回の戦闘がものすごく時間がかかって、しかも面白くもなんともない。
逃げながら強引に進むしか無いのですが、戦闘状態になっているとマップが表示されず道が判らなくなりイライラする。

Xenoblade2 (5)
マップに関しては発売直後からクレームの嵐だったようですね。
右上に有るものの縮尺が小さすぎて何の役にも立ちません。
もっと範囲の広いマップを出そうとすると画面全体に半透明で表示されるので今度は本画面が見にくくてストレスMAX。
今調べたらその拡大マップ自体も最初は実装されていなかった模様・・・
発売前の紹介でグラフィックを見た時に嫌な予感はしていました。
やはり的中しました。「キャラゲー」路線に走ったゲームは総じて内容が劣化しますね。
アトリエしかりファイアーエムブレムしかり・・・

「ブレイド」ですが、事も有ろうにガチャ要素になっております。
レアなキャラが出るまで頑張り、また出たら育成せねばなりません。
道中のトラップを解除するにはそれらのキャラが必要になったりします。

サブクエが多く存在しますが、これがめちゃくちゃ面倒くさい。
途中まで進行しても特定のスキルが無いために頓挫したりする事もしばしば。

何をやるにも攻略サイトを参考にしないととても無理でした。
RPGではできるだけそういう物は見たくないのですが本作はその様な事は言ってられません。

モンスターの種類、アイテムの種類など異常なほど種類が多い。
レアな素材を集めるためにキラキラマラソンとかしなければなりません。
これもしかして元々オンラインゲームとして作っていたんじゃないだろうか?
で結局最終的にオフゲとしてリリースした。
そう考えると腑に落ちる要素がいくつかありました。
いや、でもWii Uで「ゼノブレイドクロス」というオンライン要素のある作品は既に出ていたのでそれも無いかな?

Xenoblade2 (2)
追加コンテンツである「黄金の国イーラ」も続けてクリアしました。
こちらの方がゲームシステムがシンプル化されていて遊びやすかったです。
舞台は本編の500年前の世界で、話の長さは本編の1/3ぐらいでしたがなかなか良かったです。
本編のダメな所を改善してるなと感じました。
それだけに、本編が酷すぎたのが本当に残念でなりません。

Xenoblade.jpg
もうすぐ「Xenoblade」のSwitch版が発売されますが不安ですね・・・
変な改悪が加えられていなければ良いのですが。
リマスターって書いてあるから大丈夫かな?
もしそのまま画質だけ綺麗になってリリースされるのであれば
Wiiでプレイし損ねた人は絶対にSwitchで買うことをオススメしたい逸品です。
Posted by れいな on 19.2020   2 comments
Category :その他ゲーム

FF14

ffxiv_20200120_215818_212.jpg
ファイナルファンタジー14、クリアしました。
と言っても本作はオンラインなのでまだ今後もアップデートされていきますが
とりあえず現段階での最新のシナリオまで完遂しました。

本作を購入したきっかけは、
武さんのブログで見た「光のお父さん(劇場版)」の紹介で実際にそれを鑑賞して感動しやってみたくなった事と、
DQ10のフレンド達がFF14はストーリーが秀逸なのでオススメだと教えてくれた事です。

ffxiv_20200425_194928_960.jpg
実際プレイしてみて、なるほど買って正解でした。
予想していた以上に面白かったです。
FF14の事は2012年当初から知ってはいましたが、
ギスギスしているなど良くない噂が多く、ネトゲ初心者にはハードルが高いと思って興味を持つ事を避けていました。
また、同じMMORPGであるDQ10は依存症に陥るほどハマったのでまた同じ様な事になりやしないかと思い警戒していました。

結果としては、それらは杞憂に終わりました。
DQ10ほど依存症になるような要素はありません。
また、ギスギスしたり嫌な思いをする事もありません。

ffxiv_20200309_010232_241.jpg
始める前はDQ10の「より難しい版」みたいなイメージを持っていたのですが全然違うゲームでした。
ほぼ普通のオフラインのRPGとして楽しめます。
レベル上げとか金策とかそんな物も必要ありません。
ただし、要所要所で出てくるダンジョンとボス討滅戦だけはソロ不可で、他のプレイヤーと一緒にプレイする必要があります。
とは言えオートマッチングでパーティを組んでくれるので、人を探したり声かけする必要もありません。
何も予習していなくてもみんなに付いていけばクリアできる感じです。序盤はね。

FF14のバトルは一言で言い表すと「覚えゲー」です。
どんなモンスターが出てきてどんな攻撃を順番にしてくるかなど決まっています。
なのでどう進んでどう避けてどう倒すかなど覚えていれば簡単です。
序盤は初見状態でミスりまくってもクリアできますが、
最新バージョンに近づくにつれそうは問屋が卸さなくなってきます。
無予習だとワケ解らぬうちに即死したり落下したりして情けない思いをすることになります。
なのである程度は動画などで予習をしておく方が気持ちよく戦えます。
「先に解答を見てから試験に挑むとか邪道じゃ!」
とも思いますが、一人だけパーティの足を引っ張りまくっても意に介さないド心臓の持ち主でもない限りそれを貫くのは難しいでしょう。
そういった場合は「チーム」に所属するのがベストですね。
FF14のそれは「フリーカンパニー」とか「リンクシェル」とか「ビギナーチャンネル」に当たります。
知り合いに「◎◎戦、初見だけど手伝ってくれる人募集~」などと言って。
あるいはフレンドに直接チャットするのも良いでしょう。
そういった「他人との絡み」など面倒くさい人はしっかり予習して野良オートマッチングで行くしか有りません。

DQ10とは全然違うゲームと言いましたが、あえて比較できる所を比較してみましょう。

ffxiv_20200217_155334_828.jpg
①シナリオ
これはFF14の圧勝でしょうね。
どういう展開になるのか読者に予想できない様に常にハラハラドキドキさせてくれます。
また一つ一つのセリフの国語力・語彙力も高い。
事実だけをただ並べていく展開ではなく、各登場人物の「心の機微や成長」にスポットを当てているお話が多くて非常にシリアスです。子供向けのストーリーではありません。
そして過去作のFFをプレイしている人なら懐かしいキャラや場面も多く現れます。
ベースになっているのはFF3・5・6辺りかな。
幻獣、クリスタルタワー、ドーガとウネとザンデ、シド、クルル、暁の四戦士、ギルガメッシュ、ドマ、カイエンなどなど・・・
それらの集大成みたいな作品とも言えるでしょう。
対してDQ10は藤澤さんの書いたバージョン1~2はそこそこしっかりしたお話でしたが、途中で投げ出されたのでその引き継ぎがね・・・

ffxiv_20200213_150152_929.jpg
②コミュニケーション機能
これは圧倒的にDQ10。
名前にひらがなカタカナを使え、キャラから直接フキダシが出て喋ったり、チャットも顔アイコンがあるDQ10に対し、
FF14のそれは画面左下のログ欄に小さい字で静かに流れているだけ。
ものすごく愛想無いし、PT中もそもそも手が忙しすぎて文字を打つ余裕がありません。
DQ10の魔法の迷宮などに有る無駄に長い廊下。
オートランしながらちょっとした雑談を打ったり人のドレアを見たり、
ああいうのを何のために藤澤さんは設けたたのか今になってよく解りましたよ。
またドレスアップとカラーリングの仕様もDQ10圧勝。
FF14では「かわのよろい」に「プラチナメイル」を充てる事は不可。
また戦士の装備を魔道士の服にドレアする事も不可。など制限が多いです。
まあ課金のアイテムはどれにでも充てる事はできますが。
ただ、せっかくドレア頑張ってもプレイ中にあまり見えません。
というのは本作はカメラを目一杯引いた状態でプレイするのがベストですのでどのキャラも豆粒みたいに小さくなるのです。

ffxiv_20200315_213328_251.jpg
③グラフィック
そこで出てくるのが画質ですが、当然FF14の方が遙かに解像度が高くリアルです。
ただ、私は個人的にはDQ10ぐらいのグラフィックで充分だと思います。
草木など背景がリアルなのも良いのですが、モンスターもリアルなので紛らわしくて逆に見づらいです。
モンスターといえばDQのそれは特別ですね。鳥山絵のモンスターはみんな可愛いし表情がある。
対してFFを始め他RPGのモンスターは表情なんて無いしグロテスクです。
本作のフィールドの敵はほとんどモンスターというより普通の自然界の動物や鳥や昆虫。
名前も「カラカル」とかそのまんまだったりします。
キャラの顔ですが、何というかみんなケバいんですよね。可愛くない。
DQ10のプクリポやドワコに当たるのがララフェルという種族なのですが、初めて見た時は「なんだこれ・・・」と全く可愛いとは思えず、これも今までFF14に食指が動かなかった大きな原因です。
最近出たFF7リメイクとかもそうですが、リアル人間に見せるキャラ顔はどうも好きになれません。
動きや服装などだけ滑らかになって顔はアニメ調である聖剣伝説3リメイクみたいなの方が好きですね。

ffxiv_20200317_201441_185.jpg
④音楽
もちろんDQのすぎやまこういちと言えば代わりの務まる人物は居ないと言える巨匠。
しかしそれが故に使い回しばかりになって、またその在庫もいよいよ枯渇しています。
対してFF14は祖堅さんという方が作曲担当です。
FFと言えば植松伸夫。それ以外の人の曲なんてダメだろう。そう思いますよね。
実際、プレイして最初の頃はそう思います。
でも何度も聴いていると実はすごく良い曲に思えてくるのです。
噛めば噛むほど味が出てくるタイプ。これはすぎやま音楽と似ていますね。
初耳で「うお~、カッケー!神曲だ~」と掴みに来る植松ミュージックとはまた違う魅力があります。
また一つのメイン曲を何種類ものアレンジに変えて各場面に使用されるのですが、これが絶妙。
元々街で流れる長調で明るいイメージの曲が、短調になってボス戦などで流れるのです。
シナリオの所でも言いましたが過去作の要素が随所随所で登場しますので、
もちろん懐かしい植松ミュージックもふんだんに登場します。
カイエンのテーマが流れ出すシーンなんてまさに鳥肌モノですね。

ffxiv_20200428_152649_620.jpg
⑤バトルシステム
圧倒的にFF14。
まず驚くのが、ラグがありません。
DQ10だと「は?なんで今のが当たるんだよ!」みたいな事や、いきなりワープしてきたり日常茶飯事。
ジャンプして避ける攻撃とかもフキダシが出た瞬間に跳んで、実際の画面のタイミングだと遅すぎる。
まあこればかりはオンラインの宿命だよなと諦めていると思います。
ところが、FF14では一切その様な事は有りません。
敵が攻撃を放ってくるその瞬間に回避すればOK。画面に出てくるその情報をそのまま信じて行動すれば良いのです。普通のオフラインのゲームと同様に。
これは結構衝撃でしたね。
また「耐性」の概念はありません。避けるか当たるか。
また炎の攻撃だろうが物理攻撃だろうが軽減するパラメータは「守備力」のみ。
何種類も装備を揃える必要もなく、要るのはプレイヤースキル・立ち回りのみ。
それゆえ、DQ10の常闇とか聖守護者みたいなのが好きな人であればものすごく楽しめるでしょう。

ffxiv_20200508_141639_907.jpg
高級な装備を揃えてレベルカンストして棒立ちで勝てる。なんて戦闘はありません。
「レベルシンク」というシステムがあります。
例えばDQ10のネルゲルに挑む場合、今だとレベル110のサポとかフレンドとか連れて行って5秒で撃破。
初プレイでそんな事になったらつまらない事この上ないですよね。
そうはさせず、全員レベル50状態にシンクされます。さらに装備のパラメータも相応にシンクされます。
だからどの戦闘であってもちょうど良い難易度に自動調整されて熱い戦いができるのです。
もちろん下手すぎて勝てない場合は再戦時に限り難易度を「簡単」にも変更できるので詰んでしまう事は無いでしょう。

ffxiv_20200414_221823_638.jpg
最も心配していた事、「ハマりすぎて抜け出せなくなる」は良い意味でも悪い意味でも訪れませんでした。
私は高難易度バトルコンテンツには興味が有りませんので、シナリオが最後まで追いついた今、もう毎日インしてやる事が有りません。
ですのでしばらく休止する事になるでしょう。キッズタイムもありませんし。
またバージョン6.0がリリースされたら再開しようかなと思います。

Posted by れいな on 11.2020   2 comments
Category :その他ゲーム
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する