FC2ブログ

閃の軌跡Ⅱ・Ⅲ

日本ファルコムの超大作RPGである軌跡シリーズの最新作「閃の軌跡Ⅱ、Ⅲ」をプレイ、クリアしました。

閃の軌跡 (1)
「閃の軌跡Ⅰ(クリックにて詳細)」をプレイしたのはずいぶん前で、その後Ⅱがリリースされたもののレビュー評価が極めて低かったので長らくスルーしたままでした。
ですが最新作であるⅢはものすごく高評価だったので、このたびⅡと合わせてプレイする事にしました。

閃の軌跡 (7)
結論から言うと、Ⅲは本当に、想像以上の大傑作でした。
ものすごいシナリオのボリュームでしたが、途中全くダレる事なく最初から最後までドキドキワクワクしっ放しでした。
軌跡シリーズの最高傑作は「零・碧の軌跡」だと私は思っていますが、それに負けずとも劣らない作品でした。

閃の軌跡 (9)
対してⅡですが・・・
つまらなくはなかったです。
でもⅢと比較したら酷い駄作に感じてしまいます。
Ⅰの続きのストーリーではあるのですが、物語が進むのが極めて遅く、核心的なシナリオはほとんど進まなかった。
Ⅰ終了後にバラバラになった仲間たちを順番に探して合流していくワンパターンが延々と続き、
各地にある似た様なダンジョンを同じ要領で攻略していくという、要するにこの先何をするのか丸見えで、ただただ面倒臭さが先に立ってしまう展開。
これはDQ10のバージョン3.1~3.5のシナリオなどと同じ様な感覚かな。
シナリオライターとして一番稚拙な手法だと思う。
でも今回プレイしたのは「閃の軌跡Ⅱ改」というPS4移植版で「ハイスピードモード」があり、通常の2倍で走る事ができ、4倍の速度でバトルをこなす事ができたのでサクサクと進められたのがせめてもの救いだった。
Ⅱの本編はイマイチでしたが、クリア後のオマケのお話が最高でした。

閃の軌跡 (8)
なんと、舞台はあのクロスベルに移り、「零・碧の軌跡(クリックにて詳細)」の主人公であるロイドたちを操作してリィンと対峙する事になるのです。
まさかまさかの展開だったし、シリーズで一番大好きなキャラたちが「閃」で出てくるとは完全に予想外だったので、もう嬉しくて嬉しくて涙ぼろぼろ流してしまいました。
しかも戦闘の音楽も「零」の曲だったので尚更ね。
なんてニクい事をしてくれるんだファルコムは。
としばらく茫然とモニターを眺めてしまいました。
これはたぶん軌跡シリーズ経験者ならみんなこうなったんじゃないかな?
閃のリィンたちよりも零・碧のロイドたちの方に思い入れが強い。ってファンは多いと思う。

閃の軌跡 (3)
そして満を持してⅢをプレイする。
新しくメンバーに入ってきたクロスベル警察学校出身でロイドたちの後輩に当たるユウナは正にプレイヤーである私の分身の様な存在でした。
Ⅲでは一人一人のキャラの心の問題が深く深く掘り下げられていく。
零・碧で大好きだったランディが序盤から登場してくれたのも嬉しかった。
Ⅱとは反対で、この先何が起こるのか全く判らずプレイヤーを最後まで退屈させない。
また、毎度言ってる気がしますが、ファルコムのお話の特筆すべき点はものすごく国語力が高いという点です。
色々なRPGをプレイしていますが、ファルコム作品の語彙力の高さは群を抜いている。
一つ一つの会話の受け答えの仕方も完璧ですね。
日常で煽られたりまたは褒められたりした時、どのように返すのが最も相手がギャフンとなるかまたは快く感じるか。
などすごく勉強になる。国語力・コミュニケーション能力を養う教材としても一級品だと思います。

閃の軌跡 (5)
今回は1作目である「空の軌跡(クリックにて詳細)」のメンバーも加入する。
ただし全員ではない。
ロイド・エリィ、エステル・ヨシュア・ケビンといった主人公たちは敢えて加入しない。
楽しみは「次」にお預けですね。
「空」シリーズの時からの謎がⅢでは次々と明らかになっていきました。
いったいⅡとは何だったんだ・・・と思うほどに。
これこそ正に皆が待ち望んでいたシナリオでした。
Ⅲはいまだに定価を維持したまま値下げされていませんが、なるほどその理由に合点のいく内容でした。

閃の軌跡 (6)
音楽ですが、もちろんファルコムなので間違いはありません。良い曲ばっかりでした。
が、「頭にこびりついて離れない」とか「操作をする手を止めて聴き入ってしまう」ほどの新曲には今回は珍しく出会えませんでした。
まあ後からユーチューブとかで音楽のみを改めて聴くと評価が上方修正される可能性がありますけどね。

閃の軌跡 (10)
さて2018年の9月にいよいよ「閃の軌跡Ⅳ」がリリースされます。
チラチラと情報が発信されていますが、どうやら次こそエステルたちを含む今までの登場人物が全員揃いそうです。
一つ心配なのは「空の軌跡3rd(クリックにて詳細)」と同じパターンになりやしないかという事。
あれは1・2作目の続編でも何でもなく、単に全員集合するオールスターゲームと言うか、実質ファンディスクと言うか、1・2作目から外されてしまったサブシナリオを寄せ集めた「かき揚げ丼」の様な作品だった。
でも閃Ⅳはサブタイトルに「The End of Saga」と銘打っているのでたぶんその心配は杞憂に終わるでしょう。
すなわち長きに渡った軌跡シリーズ全体の最終話って事でしょうから。

閃の軌跡 (2)
閃Ⅲのシナリオ完成度を見る限り、Ⅳも期待を裏切る事は無いと言えよう。
と言うより恐らくシナリオ自体は既にⅢリリース時におおよそ完成していただろうと考える。
零と碧の時と同様に、長すぎるために分割したパターンでしょうね。
軌跡シリーズの他とは違う優れた点は、人気の出た作品の続編とか2作目を後付けで作っていくのではなく、最初から壮大なストーリー原案が出来上がっていてそれを空・零・碧・閃と各シリーズに分割してリリースしている。という点でしょう。
名探偵コナンみたいに黒幕が謎のまま延々と引っ張り続けるんじゃないかと思っていただけに、そうではなくいよいよ次でシリーズ完結するのかと思うと感慨深い物がある。
 

 
Posted by れいな on 25.2018   0 comments
Category :その他ゲーム

高級「生」食パン

乃が美 (1)
乃が美(のがみ)高級「生」食パンを買ってみました。

既にご存知の方も多いかと思いますが、未体験の方には是非とも一度食べてみて欲しいと思います。
すなわち、予想していた以上に美味しかったという事です。

乃が美 (6)
元々私はパンよりごはん派の人間です。
パンも食べますが大抵は菓子パンや調理パンで、食パンはどちらかと言うとあまり好きではない食べ物の一つです。
その私ですらオススメできる商品ですので、もとよりパン好きの方なら尚更でしょう。
実際パン好きのうちの家族は「これはホントに美味しいわ」と言いながら何も付けずにパクパク食べていました。

食パンを何もつけずに食べる。
もちろんトーストもせずにね。
本来そんなのはまずあり得ない食べ方です。れいな的には。
パンって独特のイースト臭さがあるでしょう?
あれが好きじゃないのです。
だから食べたとしてもバターとかハチミツとかたっぷりと付ける派です。
そんな私ですら、「何も付けずに食べる」のがベストだと感じました。
バターも実際に付けて食べてみましたが、味が喧嘩するだけで不要だと思いました。

乃が美 (3)
すなわち、「イースト臭さ」が全く有りません。
それはお店に入る時も感じました。
パン屋さんって普通は当然それ独特の匂いがしますよね。クサイとまでは言いませんが、特有のイーストの匂いがね。
それが微塵も感じられず、すごくいい匂いだったのです。
絶対に美味しそうだと確信できるいい匂いでした。

乃が美 (4)
メニューは極めてシンプルで、
直方体の食パンすなわち2斤(800円)と、半分に切ってある1斤(400円)の2種類のみ。
一応ジャムなど他の食品も売っていますが、ほとんどの人は2斤の食パンのみを買っていきます。

乃が美 (7)   
耳まで美味しい。
私は食パンの「へた」は嫌いです。
ちなみに関西ではパンの「耳」のことをパンの「へた」と言います。
茄子・トマト・柿などの実についている萼(がく)を指す蔕(へた)とは違います。
辺・端(へた)であり、端っこを意味する言葉。奈良時代の万葉集にも出てくる言葉。
しかしこの生食パンの外側は全く硬くなくて中身と同様にモチモチで、味もキャラメル様に甘くて美味しい。
むしろ耳の方が好きって人も多いかもしれない。

乃が美 (5)
最初にこの2斤の塊を持った時の印象は、「ずっしり」です。イメージよりもはるかに重みを感じます。
それだけしっとりモッチリしているという事。
そして包丁など使わずに、手でパカーッと分けます。
更に分けて手頃な大きさになったら、一口ずつ千切りながら食べます。
何も付けずにね。

乃が美 (8)
厳選されたカナダ産の小麦が使用されていて、玉子不使用です。
その代わりバター、ハチミツ、生クリームが使用されています。
だから何も付けなくても美味しいわけですね。

乃が美 (2)
総本店は大阪の上本町に存在します。
既にほとんどの都道府県に支店が有ります。
未だに無いのが東京都。
もちろん、わざとです。
この2018年、いよいよ満を持して東京に出店する様です。
普通は東京、大阪など都心から進出していくものですが、あえて本丸を最後に残す。
この辺りもユニークですよね。
間違いなく東京でも大ヒットするでしょう。
最後の最後にドデカい花火を打ち上げる。
まあ、埼玉、神奈川、千葉にも既に有るので東京の人でも知っている人はとうに「乃が美」の事を知っていると思いますけどね。

実際、食べてみて、
また買いたい。と思いました。
大抵、名物って一回食べてみて満足ってパターンが多いのですが、これはリピーター化してしまいそうです。
しかも食パンですからそうそう飽きる事も無さそうです。
あまり宣伝すると、すぐ売り切れになって自分が買えなくなりそうな気すらしますが、それでもオススメと応援を兼ねて、食レポしたくなった一品です

Posted by れいな on 21.2018   6 comments
Category :グルメ

猛暑の原因

猛暑 (6)
近年、熱中症で人が亡くなるケースが増えてきました。

さて、毎年毎年「記録的な猛暑」などと言われていますが、昔と比べて本当にだんだんと日本の夏の気温は上がってきているのでしょうか?

ちなみに「昔」というのは平安時代や江戸時代てはなく、私たちの親や祖父母が子供だったほんの30~50年前すなわち昭和時代です。

いろいろ調べてみましたが様々な意見があって判然としませんね・・・
温室効果ガスすなわち二酸化炭素こそが犯人だ。みたいな記事も有りますが、読み進めていくとエコ製品の宣伝など一気に胡散臭い話になっていたり、宗教色や政治色を帯びていたり、到底鵜呑みにはできない物が多い。

猛暑 (1)
確かに「気温」自体は実は昔とさほど変わっていないとするグラフも有ります。
しかし「体感」の温度と言うか「暑さ」自体は間違いなく増悪している様です。

猛暑 (2)
太陽から放射される熱量が増えているのでしょうか?
恒星ってのは歳をとると共にだんだんと膨張していくのは確かです。
それにより徐々に地球との距離が縮まってきた?
いやいや、それなら夏だけでなく冬の寒さも年々緩和されていったり、昔はスキーが楽しめた地域で近年雪が降らなくなってきたなど、影響が出ているはず。
しかしそんな事実は有りません。
そもそもたったの30年やそこらなんて天体の加齢速度からしたら一瞬でしかないので、これは否定的ですね。

30~50年前と違う事は何か?
道路の舗装や建物の増加。うん、まあアスファルトやコンクリートが熱を吸収してまた吐き出すとか、ありそうだけどそこまで現在と変わらないんじゃないかな?

猛暑 (3)
私が常々一番怪しいと思っているのはエアコン。
昔よりも確実に性能の強いクーラーがたくさん設置されていると思う。
当然その室外機が大量に屋外に並んでいるので冷やした分に比例する熱風を外に吐き出している。
更に電車や特に自動車のエアコンからも。
昔はエアコン完備の自動車ってそんなに無かったんじゃないかな?
ただでさえ暑い外で、そこいら中で暖房を炊いている様な状態になっている。
いやいや、外なんてめちゃくちゃ広いんだからいくらエアコンの室外機が多くたって暖房を点けているのと同様ってのは無理があるんじゃない?
って感じもする。
確かに強く風が吹いているのならそうでしょう。
しかし地理的にも気象的にも空気の流れが滞って熱が溜まる条件が整っていれば、大いにあり得るんじゃないかな?

猛暑 (7)
となると、建物や自動車がひしめき合っている都会と、まばらである田舎とで有意差が生じるはず。
「都会における40年前と今とでは夏の暑さが段違い。しかし田舎では40年前とさほど暑さに変わりが無い。」
というデータが有れば裏付けになるのですが、
ザッと探したところ見つかりませんでした。
はたしてその様なリサーチ結果は有りますでしょうか?

仮に当たりだったとして、何が出来るでしょうか?
みんなクーラーなんかつけずに夏を耐え抜け!
などと老害みたいな事を言うつもりは毛頭ありません。
私は筋金入りの暑がりですので、冷房をケチるなんて耐えられない。
窓を開けて寝る? 防犯上危険極まりないし、虫とか入ってくるし却下。
外に熱を排出せずに上手くエネルギー変換するような画期的な技術とか開発されたら良いかも?

そう言えば前に、
蒸し暑いね~(クリックにて詳細)
という記事を書いたのを思い出しました。
ちょうど9年前ですね。
そう。この頃私は高校生ながらもおばちゃん達がさしている「日傘」の素晴らしさを発見し、
これささずに炎天下の中歩いている人たちバカじゃないの?
くらいに思ったのでした。
9年経って、ようやくおばちゃん以外の学生や男性も日傘を差している人をチラホラ見かける様になりました。
それでもまだまだ有効性を知らない人や「学生が日傘なんて・・・」や「男が日傘なんて・・・」などとバカげたプライドを持っている人が少なくないと感じます。
人混みの中でもお構いなしに差す連中は論外ですが、それ以外で炎天下の中を歩く時は
恥ずかしいとか考えずに、老若男女問わずどんどん利用するようにするべき。
また国や先生自ら啓蒙し指導するべきだと考えます。
 
Posted by れいな on 18.2018   4 comments
Category :日記

裏口入学

耳を疑うレベルのニュースが新聞の一面に載っていました。
医学部で裏口入学が行われたというニュース。
そんな物ははるか大昔の話だと思っていましたが、平成ももうすぐ終わろうかという現代においてこんな古典的な不正が実在している事に驚きを隠せません。

文部科学省の局長が、私立大学の支援対象の一つに東京医科大学を選定するという
便宜を図ってやる代わりに自分の息子を入学させる様に働きかけたというもの。
局長は逮捕されました。
気になるのはやはり当の息子本人がどうなるのかですね。
やはり退学処分かな。
今年の2月って書いてあるので、まだ一年生です。
とても恥ずかしくて学校に行けませんね。
本人は父親が不正をして自分を入学させたという事を知っているのだろうか?
知らなかったとしたらショックだろうな~

在学生たちへのインタビューでも、許せない!の声が多数あがっていますが、クラスメイトたちはどう思うでしょうね。
「え?まさかあいつが裏口?」
って思うくらいに人徳があって、優秀だったり?
あるいは、
「あー、やっぱりね。そんな感じだわ。」
だろうか?
いずれにせよ、「コイツが不正して入ったことにより、本来入学できたはずの子が一人不合格にされたんだよな・・・」と思うと到底好意的な目で見る事はできないでしょう。

大学としてはこのまま置いておくって事はできませんね。
本人は、頑張って切り替えてまた他の大学を受験するしかないでしょう。

医学部の裏口入学ってのは昔は結構あったと聞いています。
主に医者のバカ息子バカ娘がお金を積んで入学するパターンね。
某偏差値の低い私立医科大学では合格と不合格ギリギリラインの受験生たちの親を集め、
さて1000万円から参りましょう。
とオークションみたいに最高額を提示した人から合格を勝ち取るみたいな事が行われていたとも聞きました。
そのため大学は潤沢な資金を持っており校舎もグラウンドも寮も豪華絢爛で貴族か何かの学校か?と見紛うレベル。
いや、真偽のほどは知りませんがあながち嘘でもないと思います。
とはいえ、ネットの普及した今の時代にそんなアホな事がまかり通る事は無いでしょう。

なのに起こってしまった。
この局長と、コンサル社員だけでなく、取引を決定した大学の幹部職員も、
その罪の重さは万死に値する。
本人たちや大学の評判を落とすだけじゃないからです。
しかも個人の資産を積んで裏口入学をしたのではなく、このケースでは国民の税金を悪用したのです。
また、全国の医師に対しても影響が出ます。
「あのセンセ、本当に医学部出てるの? 裏口だったりして・・・」
みたいな目で見る人たちが出てくるかもしれません。
すなわち、
医学部に入学できるだけの学力も知識もなければ頭の良さも無い。
不正の力で手にした医師免許を持つ医師なんて偽医者も同然じゃないの!
しかもそんなモラルの欠片も持ち合わせていない人間に診てもらうなんて冗談じゃないわ!
と、疑心暗鬼の目を向けてくる患者などが今後現れるかもしれません。
医師・患者の信頼関係にヒビを入れかねない重大な背信行為です。
また世界からも笑い者になる事でしょう。
日本の官僚、日本の医学部は所詮そんなレベルなんだと。

人を殺したとかそういう凶悪犯罪に比べれば軽微な罪の様に一見思えるけど、
影響力の大きさを考えればそれらと同等以上の刑罰を与えるくらいでもいいと思う。
二度と起こさせないという抑止力の意味合いも込めて。

などと記事を書いている最中にも、次々と情報が出てきております。
netgeek (6)
こうなる事がわかりきっているでしょうに・・・
上では本人は可哀想かもなどと書きましたが、
もし本人も不正を把握していた上で入学したのだとしたら、もはや弁解の余地など微塵もありません。
即、退学処分にしなければ他の学生や保護者達が黙ってはいないでしょう。
あまりにも愚かすぎる。
 
Posted by れいな on 05.2018   4 comments
Category :日記
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する