【DQ11】ファーストインプレッション

タイトル11
ドラゴンクエスト最新作の「DQ11」、発売と同時に購入しました。
PS4版3DS版の二種類がリリースされましたが、私はPS4版を買いました。
ゲームは基本的に家でゆっくり大きな画面で楽しみたいですので。
まだあまり進めていませんが、プレイしてみた印象などを書き綴っていきます。
とりあえず私にとって現在の所「神ゲー」です。寝ても覚めても本作に夢中になっております。
買って良かった。と間違いなく言えるRPG。もしかしたら3DS版も追加購入するかもしれないほどに。
ネタバレ要素は特に有りませんので、買おうかどうしようか迷っている人にも参考になるかも?

クレイモラン
まず最初に誰もが驚く画質の素晴らしさ。
静止画しか貼っていないので解りにくいですが、水の流れや炎の揺らめき、金属の光の反射などなどものすごくリアルです。
思わず足を止めて写真を撮りたくなる景色や調度品などがいっぱい有ってうっとりします。
このブログでは基本的に画像は400ピクセルに統一して貼っていましたが、縮小してしまうのがあまりにももったいないので本作に関しては1280ピクセルで貼っています。(元は1920のフルHDです)

神の岩
今年の1月に屋久島に行きましたが、その時の登山を思い出させる眺望です。
ここはさしずめ太鼓岩かな。

苔むす岩
苔むす森みたいな所もあります。
ちなみにフィールドはなかなか広大で、馬に乗って移動することも可能です。
DQ10のドルボードみたいな物ですね。
街の中もすごく凝って作られています。一見あまり広くない町のように見えて実は、建物同士がギュッと集まっていてかなりの部屋数が有って、屋根の上にも登れたり、行けそうにない所に行けたり、とにかく探索が楽しくてワクワクします。

パムッカレ風鍾乳洞
洞窟の中。パムッカレ温泉みたいなリムストーンがありますね。
洞窟の音楽もバトルの音楽も当然短調で始まるのですが、途中から長調に変調するんです。
なかなか過去作にもそういう曲は有りませんでしたので新鮮です。
透き通った水が美味しそう

勉強しまっせ
「値引きする」って事を「勉強させてもらう」って言うの、関西の方言かと思っていたのですが標準語なのかな?
そう言えば長野にスキー合宿行った時にも宿のおばさんが「勉強させてもらいました」って言ってたな・・・
研修中の新人でもあるまいし勉強になる様な事なんて有ったか?などと見当違いのことを思いました。
「勉強しまっせ引越のサカイ ホンマ~かいなそうかいな♪」とかいうコマーシャルもあったな

宝箱
本作、DQ10と同様にジャンプすることが出来ます。
でも10みたいな感情表現用のオマケ要素みたいな物ではなく、柵などを跳び越えたりと本来の役割を果たします。
マリオみたいに、落ちないように段差をピョンピョン跳んで上に登ったりしますよ。
その先にはこの様に宝箱なんかが置いてあります。
本作には「おたからさがし」なるスキルは有りません。少なくとも私の現状では。
なので町やフィールドの隅々まで歩き回って探します。
それこそがドラクエですよね。探索のワクワク感。
「おたからさがし」なんかで最初からどこに何個有るかとか丸見えにしたら「作業ゲー」になってしまって何も面白くないと思うの。

キラキラ
でもね、このキラキラだけはどうにかして欲しいわ。
ものすごく見つけにくい。
マップを出せばどこにキラキラが有るかは判るのですがそれを閉じるとミニマップには表示されないのです。
で、近くまで行っても全然目立たないので何回もマップを開く羽目になります。
特に草むらの中とか雪の上とか悲惨以外の何物でもない。
DQ10のお使いクエストの目的物みたいに縦方向にも光が立ってくれていたら探しやすいんだけどね~

下層にサイクロプス
うわ!ヤバそうなのが下に居るよ・・・
でも今はまだ下には行けないのよね~
いつかヤツとも戦うことになるんだろうな。
期待に胸膨らみますね。
今作、パーティの誰を一番前にしても主人公表示のまま変化しません。
名前は主人公のみ自分で付けられますが他のキャラはデフォルト固定です。
ドラクエ1や2の「ふっかつのじゅもん」を最初に入力すると、高いレベルと多くの所持金、ユニークなアイテムを所持した状態でスタートする事が可能ですが、主人公の名前が「もょもと」とか「おっ゜て」などになってしまいますので、試してみるだけにしてそのまま進める事はオススメしません。
もちろん、ファミコン版のドラクエ1や2を当時プレイしていてその時の自分の「ふっかつのじゅもん」をまだ残しているor暗記している様な人はそれで行くのが良いでしょうね。

ルーラ
本作、室内からでもルーラを使う事ができます。
ドラクエと言えば、こういう事をすると天井に頭をぶつけるのが定番でしたけどね。
他の1~9のドラクエでも頭ぶつけないのあった様な気もしますが・・・
ちなみに「じゅもん」から「ルーラ」を使うのではなく、マップを開いて行き先を選んでルーラする仕様。
だからMPを消費する心配も有りません。
宿屋も有料の所に泊まらず各地の「キャンプ」や只のベッドなどで全快可能です。
ルーラMPも宿屋代も大した出費でもないのですが、できれば無駄遣いしたくはないですよね。
ケチケチするぐらいならもうタダでどうぞ。
さすが堀井さん、痒い所に手が届くようにしてある仕様が素晴らしい。

ロード
ただ、PS4版だけだと思うのですがルーラなどでエリアチェンジする時にこの様なロード時間が発生します。
あれだけの高画質マップですから容量もすごいんでしょうね。
そこまでストレスを感じることは有りませんが、カジノや鍛冶職人などで「リセマラ」(負けたり失敗したらリセットしてやり直すこと)とかするのなら、いちいち時間がかかるので鬱陶しく感じます。
3DS版も持っているのならセーブテータ共有出来る(ふっかつのじゅもんをノートに書き写して打ち込む)ので、リセマラ作業する時だけ軽いハードを使うって方法もアリかも?知らんけど。

 パフパフ温泉
ここにもパムッカレ温泉みたいなのが有りますね。
DQ3開発当時、容量がギチギチいっぱいすぎてタイトル画面すら削ることになった。
しかし、ぱふぱふ屋さんを削る事は決してしなかった堀井イズム。
そのこだわりは本作の至る所に感じ取れます。
今回はここまで。
またしばらく進んだらいろいろ書こうと思います。
 
Posted by れいな on 12.2017   0 comments
Category :その他ゲーム

【DQ10】βテスト(SwitchとPS4)

DQ10 (234)
ドラクエ10のベータテスト、NintendoSwitch版に続きPlayStation4版も体験してみました。
結論から申しますと、スイッチ版を凌ぐ快適さでした。

DQ10 (235)
処理速度
あえて最も混雑しているサーバー1のグレンやメギストリスやダーマなどで行動しております。
WiiU版から比較してSwitch版でも相当サクサクだと感じていましたが、PS4版はそれ以上にハイスペックPC的な迅速さ。
2アカウント同時に動かしてみるとよく解ります。
メギで討伐売りに並んで仲間に入れてもらって、クエ受注して、主の自宅にルーラして、仲間を抜けて、畑の世話をする。
一つ一つの行動をする時にPS版よりもスイッチ版では心持ち0.1秒くらい遅れていきますね。

DQ10 (231)
解像度
PS4版は極めて線が鮮明です。
くっきり鮮明過ぎるので顔がペタッとしていて、DQ10にはもったいくらいに思えます。
特にDQ11と比較するとね・・・
Switch版みたいに少しぼやけているぐらいの方がちょうど良いかもしれない。

DQ10 (233)
サウンド
Switch版は幾つかの効果音の音量が異常に大きかったり、くぐもっていたりしましたが、PS4版ではそのような事はありませんでした。

コントローラー

そりゃSwitchのジョイコンやプロコンのケッタイな配置の物より、従来通りの十字ボタン・スティック位置を踏襲しているプレステコントローラーの方が扱いやすいです。

チャット機能
PS4版は普通に本体にキーボードを接続して行う。持っていない人は喋れないかな。
スイッチ版もドックにUSB端子があるので据え置き機として使うなら同様。携帯モードで使う場合はWiiUゲームパッドと同じでソフトウェアキーボードをタッチ操作で使うのですが結構大変です。
PS4コントローラー(DUAL SHOCK 4)のタッチパッドを使ってもソフトウェアキーボードを出せますが、極めて大変です。

通信
PS4版は普通の据え置き機ですのでLANケーブルを直接本体に差し込んで安定。
Switch版は据え置き機として使うのなら本体に有線接続がオススメですが、ドックから取り外したりするのならWi-Fiにしておかないと着脱の度に回線落ちになってしまいますので注意。

ログイン操作
どちらも極めて不便です。
なぜかブラウザ操作になっていちいちカーソルを移動させてパスなどを入力しなければなりません。
IDこそは記憶できますがパスワードは毎回打ち直しです。
非常に煩雑な操作なので、製品版ではWiiやWiiUみたいにゲーム画面上でログインできるようになっている事を願わずにはいられない。

DQ10 (232)
ここまでを踏まえるとスイッチ版よりもPS4版の方がオススメなのですが・・・
PS4版には致命的な欠点が有ります。
まず、5キャラコースしか選べない事。
すなわち月額1500円で他機種(3キャラコースの月額1000円)の1.5倍になります。
既に5キャラを駆使している人もしくは新規で5種族全部作ってみたいなどという奇特な方でもない限り、払いたくはないオプション価格ですよね。
しかもその利用券はプレステ専用となり、他の機種でもそのキャラを使いたい場合は別途従来通りの月額1000円の利用券をも買わなければなりません。

DQ10 (236)
それと、プレステアカウントとスクエニアカウントの紐付けが必須となるので、後で色々変更しようとしても不可能です。
あとプレステアカウントのIDがPS4プレイヤー同士だとゲーム内でこの様に丸見えになります。
非表示にすることは出来ません。
なのでIDに本名とか入れている人や、「エルおじ」な人とかは死活問題かも?

DQ10 (230)
ガチでプレイするならWindows版が一番です。
現在出回っているWindowsパソコンならどんな機種でもスペックはゲーム機より上でしょうから。
あくまでゲーム機でプレイしたいと言うのであれば、外出先にも気軽に持ち出せるNintendoSwitch版が総合的に見てベストかなと思いました。
 
DQ10 (237)
もうこれでWiiUを起動して遊ぶ事は今後無いと思いますので、このゲーム機は現役引退となりました。
デカいACアダプターやら何やら結構スペース取っていましたので、片付けてスッキリしました。
思えばDQ10のために買った様な物でした。
実際この箱に書いてある様に、この本体を買えばDQ10ベータテストクリックにて詳細が漏れなく付属していました。
MK8、スプラトゥーンもプレイはしましたが、99.9%はDQ10のために起動していました。
2013年春から2017年夏まで4年強の期間でしたが一度も故障することも無く毎日動いてくれました。
ありがとうWii U、ありがとうNintendo、ありがとうDQ10
Posted by れいな on 10.2017   2 comments
Category :DQ10

【DQ10】バージョン3完結

DQ10 (227)
ドラクエ10のバージョン3のシナリオを全て終了しました。
以下、未プレイの人にとってはネタバレ要素が満載ですのでご注意下さい。

ゲーム内の冒険日誌ではネガティブな感想は割愛して投稿しました。
こちらでは感じたままの感想を綴っていきます。

DQ10 (216)
3.5最終章に入りました。
闇の領界で別れたマイユ、ランガーオ村にも帰ってないし、エジャルナにも居ない。いったいどこに消えたんだ?
と思っていましたが、やっぱりナダイアに拉致られていたのね。
 
DQ10 (215)
五つに分断されているナドラガ神の遺骨の祠を順番に回って神の器となった5人(フウラ、ヒューザ、マイユ、ダストン、ラグアス)を助けていく。

DQ10 (228)
フィルグレア、また分裂ミラーリングしやがりました。
最初の炎のやつの時、弟が味方が有利になる陣みたいなのを敷いたと思うのですが、噴き出し溶岩だと思って思わず離れてしまったわσ(^_^;)

バージョン3のシナリオで一番ダメな特徴は、
おんなじ事を五回も繰り返させる所だね。
今回のこれもそうですが、シナリオ自体も村救って塔登って守護者倒して領界繋ぐというワンパターンな事を毎回繰り返し。
展開が読めているからワクワク感が皆無。作業感が強い。
そしてテキストが超絶つまらないセリフばかりで感情が全く揺さぶられない。

DQ10 (213)
学園も同様のパターン。構成、演出が素人以下のレベル。
せっかく建物やキャラクターなど良い素材が用意されているのにそれの調理法・味付けが、てんでダメ。
今回、エテーネ村で離れ離れになってしまったきょうだいと、とうとうきちんと面と向かって会う事ができましたよね。
本当なら抱き合って喜ぶDQXシナリオ内で最も盛り上がりが期待できる感動の再会シーンとなったはず。
な・に・も・な・し
ここまで無能というか期待外れだったシナリオライター、私は他に見た事がありません。
一応エンディング時にようやっとまともに二人が会話するシーンが出てきてまた離れ離れになるわけですが、そのシーンでも涙一粒流れない。
なんて下手くそなライターなんだろう。なんてもったいない・・・

DQ10 (219)
ドラゴンクエストヒーローズ2のシナリオも驚くほど酷いものでしたが、DQXのバージョン3とアスフェルド学園のシナリオは元々素晴らしい素材が用意されていながら最低の料理だったと思います。
世間ではディレクターであるりっきーばかりが非難されていますが、私はこのシナリオライターの方が戦犯だくらいに思っています。
 
DQ10 (221)
アンテロと部下二人が出てきた時、隠れ里に居た竜族たちとあまりにも風貌が違うので、善の竜族と悪の竜族と二種類居るのかな?
と当時は想像していましたが、まあ何のことはない。教団の幹部が悪の権化だったという単純な話。
 
DQ10 (226)
神墟ナドラグラムの壁にあるこの彫り物、
あ!この顔知ってる。
確か偽物のアンルシアが創世の魔力を吸収してへんげした不細工なバケモンの顔だ。
と思ったらこの不細工な顔がナドラガ神の顔だったのね。
炎の領界にあった死骸の頭部のドラゴン然とした顔と随分違ってずんぐりむっくり。
威厳の感じられない顔だね~

DQ10 (220)
ずんぐりむっくりなナドラガ神との最終決戦、
特にピンチも無く撃破できました。
冥獣王ネルゲルを彷彿とさせるゴリラっぽいヤツでしたね。

ナドラガは要するに、最初一人っ子で母ルティアナの愛を独占して好き放題できていたのに、弟や妹たちができてしまい自分に意見するようになったのが面白くなくて、
無理やり力でねじ伏せようとし、結局返り討ちに遭い処罰・封印されてしまった。
長兄であるこの俺をないがしろにしやがって!許せん!
と積年の恨みを晴らすべく血肉として残していたオルストフをしてナダイアを邪悪なる意志という悪者に仕立て上げ争いを惹起した。
主人公とそれを支えるグランゼニスたち弟妹が力を解放した所を狙ってとうとう自身の心臓を霊核から取り戻す事に成功する。

まんまと利用されたドゥラ君と封印を引っぺがしたルナナにより復活した天魔クァバルナにも少し似ているね。

DQ10 (217)
まあ結局主人公たちによって再び一刀両断されるわけですが。
ただでは死なん!貴様らも道連れだ!
とまたしてもネルゲル後と同じ様に飲み込もうとしてくるが、最後の最後でオルストフが良心を見せた。
壮大な邪悪なる計画を実行すべく教団のトップを務めていたが、いくら真っ黒な野心を抱いていても幼少時から面倒を見てきたエステラたち我が子に情が移らない訳がないね。

DQ10 (218)
かくして私達は助かったわけですが、その裏でナドラガの心臓を密かに奪い去って行った黒衣の剣士が居た。
あれがバージョン1からネルゲルをぎゅっと握ったりしていた「大いなる闇」の実体なのかな?
だとしたら次のバージョンのラスボスがあれかもしれない。

DQ10 (224)
きょうだいが持っていた銀色のルービックキューブみたいなアイテム。
形見の品の様に後に残りましたがあれも何なのか謎ですね。

DQ10 (222)  
そして黒い猫ちゃんと共に出てきた「お嬢様」、彼女が次のバージョンのキーパーソンである事は間違いなさそう。
Switch版だからか、猫ちゃんもお嬢様もDQ11みたいに綺麗なグラフィックでしたよ。
これは楽しみですね♪( ´▽`)

DQ10 (225)
そして写真のエテーネの村。
シンイとハナちゃんと共に少しずつ村人を集めてきて復興させていく。
過去作を彷彿とさせるコンテンツだね。

DQ10 (214)
その最初にスカウトしてきた教会のシスターがあのリリオルの弟子ライラ。
彼女の出身がエクゼリア王国。

DQ10 (229)
そう、災厄の王を浄化すべく散っていったロディアとその妹コゼットの出身地の国ですね。
コゼットに従者のお迎えが来て以来あのお話はほったらかしでしたが、これも次で進展がありそう。
 
DQ10 (223)
あのお嬢様、大人になったコゼットかも?という推察ありますね。
なるほど、確かにブルマ系の目の形は似てるし髪型(分け目)も一致。ただ髪の色がずいぶん薄くなっているところがねぇ。
黒衣の剣士、あれがグランゼニスだろって意見もありますが、はたしてそうだろうか?
他にも「私はこう思っている」って面白い考察がありましたらお聞かせください(^O^)ノ
 
DQ10 (212)
お目目パッチリくっきり。
Switchi版、グラフィックだけじゃなくて処理速度もなかなかのものだと思います。
キュララな8人バトルや邪神でも100%パーティリーダーになりますし、行動を起こすのもいつも私が一番早い。
ダーマもメギもグレンもあえてサーバー1を使っていますが、全く重みを感じることがありません。
まあ、1でも今はそこまで混雑していないってのもあるんだけどねσ(^_^;)

DQ10 (211)
Nintendo Switch 版のレビューですが、

フリーズする様なエラーほぼ有りません。
クリームパンの様な手が指分かれているのはご承知の通り。
画質は1080pの60fpsなのでぬるぬる。
ただし今ですとキュララナビーチみたいな混雑地帯に入ると30fpsに自動的に変わっていたりします。

何種類かの顔の特に眼だけが粗い解像度で残念だった仕様が5年越しに綺麗になったのはかなり大きい。
特に人間、ウェディ、オーガなど元々顔が大きいキャラの顔が、確実に美人になりました!

幾つかの効果音の音質・音量がおかしい(戦闘勝利時の音が異常に大きい、ルーラした時の音が異常にくぐもっている等々)のはまだ改善されていません。

処理速度はWii Uの比ではない。ハイスペックPCと互角かな。
エリアチェンジ時もすぐに画面が切り替わるので「書き置きメモ」も瞬時に読み取る必要が有ります(^O^)
Wii版から飛び級で移行する人ならもう感動まちがいなし。
ただし文字やタロットがすごく小さくなるので面喰らうと思いますが・・・

ドックに有線でネットを繋いでいる場合は注意。本体を抜き差しすると有線とWi-Fiに切り替わるのですがその時に回線切断されてしまいます。

スイッチにはワンタッチでスクリーンショットを撮れる便利なボタンが有るのですが残念ながらドラクエ中は無効になっています(TДT)
 
とうとうこのゲームも6年目に突入ですね。
ちょうど五年前の今頃、オンラインのドラクエを初めてフレンドと一緒に体験し、「こういうゲームを私は待ってたんだ!」と感激したのを昨日の事のように覚えています。
この夏は最新作DQ11が発売され、DQ10もPS4版とSwitch版が出ます。
現在DQ10は過疎状態と言わざるを得ませんが、これを機に再び人が増えて、そしてバージョン4が素晴らしい作品になってくれる事をいやがおうにも期待してしまいます。
「新生」・・・は出来れば大胆にやって欲しいかな。
バージョン2クリア後に私は「もうこのゲームの鍋底が見えた。少々のテコ入れごときではワンパターンからの脱出は無理でしょう。」と断じて引退しました。バージョン3を途中から再度プレイし今振り返ってみましたが、やはりその印象は間違っていなかったと思います。
舞台だけは引き継いで、システム面は完全に刷新してくれた方が面白いんじゃないかなと思っています。
 
Posted by れいな on 05.2017   0 comments
Category :DQ10
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する