腫瘍マーカー

人間の身体には様々な種類の癌(悪性腫瘍)が発生しうるわけですが、いくつかの種類の癌ではそれが分泌する腫瘍マーカーなる物が同定されています。
マーカーを測定する検査は、採血するだけで手軽に測定できますので非常に有用性は高い。


肝細胞癌    :AFP(α-フェトプロテイン)、PIVKA-Ⅱ(ピブカ ツー)
膵臓癌     :CA19-9
卵巣・子宮体癌:CA125
胃・大腸癌   :CEA(カルチノ エンブリオニック アンティジェン)
肺・食道癌   :SCC(扁平上皮癌の意)
前立腺癌    :PSA(前立腺特異抗原)
悪性リンパ腫  :可溶性IL-2レセプター
などなど。

それぞれ正常範囲が設けられていて、血液検査の結果、一定の数値をオーバーしていると「異常」と判断し、そのマーカーに対応した癌を画像診断などを駆使して念入りに検索することになります。
ただ、一つ注意しておかねばならない事があります。
腫瘍マーカーは必ずしも癌の早期発見を目的とした検査ではない。という事。
「診断」に関しては、あくまでも補助的な検査でしかない。
と言うのは、癌細胞が分泌する腫瘍マーカーが血管内に漏れ出てくるという事はすなわち、もう既に結構大きくなっていてステージが進行している状態であるからです。
なので異常高値が出たら手遅れってわけではないですが、大規模な手術などになる可能性が高いです。
じゃあ何のために検査するの?
って思いますが、腫瘍マーカーを測る主な目的は、
治療の効果判定、そして再発兆候の監視目的
です。
手術はもちろん、化学療法(抗癌剤)や放射線療法の様にじわじわ効果の出る治療が本当に効いているのかどうかの目安にします。
異常高値から正常値に向かって減少していくのを期待して測定する。
そして治療が成功した後、2年(最長5年)に渡って定期的に検査して不幸にもマーカー再上昇が認められた場合には再発(ミクロレベルで癌細胞が残存していて息を吹き返した)と判断し再び本格的治療を準備しなくてはなりません。

言いたい事は、
腫瘍マーカーが正常範囲だからといって、その癌が無いと断定する事はできない。
という事です。
また逆に、PSAなどは正常範囲をオーバーしていたとしても癌ではなくただの前立腺肥大症である事も多々ありますので、
とにかく、マーカーだけをもって、
正常範囲=癌無し
異常高値=癌有り
と盲信してはならない。

という事。
やはり専門家が直接お話を聞く「問診」、直接見て(視診)、直接触れて(触診)、画像検査を施行するのに勝るものはありません。

似た様な検査に関節リウマチのリウマチ因子(ロイマトイドファクター)という物があります。
これも血液検査で測る物ですが、実際にリウマチに罹患していても陽性と出る確率は約50%ほど。
なのでやはり決め手となるほどの検査ではなく、補助的なもの。

時々、人間ドックなどで大人買いよろしくありとあらゆる腫瘍マーカーのオプション検査を追加して何十万円も費やしている人が居ますが、
「もったいない事をしてるなぁ┐(´ー`)┌」と思います。
はっきり言ってその莫大なコストに見合うリターンが有るとは思えません。
もちろんそんなの何にいくらお金を使おうが人の勝手ですし、「やめときなよ」なんて口が裂けても言えませんけどね。
医療機関側にとっては「なんとボロい商売かwww」と笑いを噛み殺すレベルの上客でしょうから。
大人買いと言えば、その更に上をいく「爆買い」が今のブーム。
実際、Chinaからの爆買いツアーの一種に健診(ドック)を受けるコースなんかも出始めました。
そりゃ日本の検査の方が遥かに質が高いでしょうからね。受けたいと思う気持ちは理解できる。
しかしながら私が経営者なり院長なりだとしたら絶対にそんなツアーお断りです。
検査してその結果を郵送するのみでフォローは一切無し。という約束であっても「ノー」ですね。
見落としが有ろうが誤診が有ろうが後からの蒸し返しには一切応じない。という確約があっても「ノー」
受け入れる医療機関は目の前の儲け話に目が眩んでチャイナリスクを甘く見過ぎだと思う。
まず検査当日でもあらゆる部門で医療従事者や他の日本人受診者との間でトラブルが発生する事が容易に想像つきます。
「脱衣」一つを取っても目に余る自分勝手な行動で周りとトラブルを起こすChinese留学生の話を昔書きましたが覚えているフレンドの方もいらっしゃる事でしょう。

話を戻します。
癌の早期発見に全く役に立たないという訳ではありません。
特に家族歴(例えば親が大腸癌になったとか)がある場合は自分もそれに罹る可能性が高くなりますので、それに特異的な腫瘍マーカーは定期検査の際に追加しておいた方が良いかも。
また、普段まったく病院なんかにかかる機会が無く、長らくドックなんて受けた事もない。って人ならメジャーな腫瘍マーカーだけでも受けておくと安心かもしれません。実際4種類くらいはドックの血液検査のセットに最初から入っている事も多いです。
稀に、「ええー\(°□°)/ こんなになるまで一回も病院かかった事なかったの?」と驚くほど巨大化した腫瘍を初診で発見されるケースも有りますのでね。

Posted by れいな on 23.2016   0 comments
Category :学術的日記
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する