スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

あなたは、そこにいますか?

ファフナー (1)
「あなたは、そこに居ますか?」
観るべき名作アニメの一つ、「蒼穹のファフナー」を鑑賞しました。
しました。と言うより、まだ観ている最中です。
と言うのは現在も放送中で、まだあと2話残っているからです。
現在放送中のはEXODUS編で、前作の続きのストーリーです。
前作のファフナーは2004年に放送されました。今から11年も前です。
当時はその様な番組の存在すら知りませんでした。
なので、一番最初の無印ファフナーから順番に観ています。
途中、劇場版の作品も2本有りました。
それも観た方が良いですね。そこに登場する来栖操(くるすみさお)とか彼がコアとなっているミールの船もEXODUS編に登場してきましたので。

ファフナー (2)
さて、コア?ミール?
と早速聞き慣れない単語が出てきましたが、本作も独特の専門用語がこれでもかというほど出てまいります。
何も知識を補強せずにアニメを観るだけだと、「だからミールっていったい何やねん!」となってむしゃくしゃしてきます。
前後関係から何となくどういう物かは解るものの、しっかり理解するためには逐一わからない単語が出てくるたびに用語解説などを読んで消化していった方が良いです。

ファフナー (3)
大まかなあらすじは、
平和だったこの世界(地球)に、遠い宇宙から侵略者が来た。
人類がそれを排除・追い返そうと奮闘するお話。
です。まあ有りがちなシナリオですね。
とは言え、その敵は宇宙人とかサイヤ人とかそういう単純明快な生物ではありません。
そもそも生物かどうなのかも怪しい。
侵略の仕方も兵器などを使うでもなく、突如、人の心に話しかけてくるのです。
そのセリフがタイトルに書いた「あなたは、そこに居ますか?」という意味不明な質問。
その質問が聞こえた時点でほぼ死亡です。
「え? えーっと・・・」などと考えた時点でもう敵は心の中に「浸潤」してきています。そして中枢神経系から敵に「同化」されて身体ごと乗っ取られてしまいます。
すなわち、敵の姿など見ることもできない。影も形も無い。力で攻撃してくることもなくいきなり次々と人も物も同化されていきます。
強いて言えばウイルスが一番近いかな?
しかもなかなかに知能も高く、人間の言葉も覚えていきます。
同化されてしまった人はまた別の人に近づいて触れてその人を同化してしまいます。ゾンビやヴァンパイアの様に。
なので基本、同化されてしまった人はすぐに殺して被害を最小限に留めなくてはなりません。例え愛する家族であってもです。

ファフナー (4)
物理的にも硅素を主成分とした「フェストゥム」という金色に輝く実体を作って世界中に侵攻します。それは自在に変形して触手みたいな物を無数に伸ばし、触れる物全てを同化し飲み込む。
そして人間が使う兵器を模倣した攻撃も仕掛けてきます。ただし火力ではなくワームスフィアを発生させる。
撃たれた!と思ったら周囲に真っ黒の異次元空間みたいなのが現れて、実際その範囲内の物質は跡形無く消滅させられる。
ターミネーター2の冒頭でシュワちゃん達が裸でタイムワープしてきた時に生じた球状のえぐれみたいになってしまいます。

ファフナー (5)
そんな訳のわからない侵略者にどうやって立ち向かうのさ?
と思いますが、まあそれがファフナーの味噌。
ちなみにファフナーとはガンダムみたいに人が搭乗するタイプの巨大人型ロボットです。
一見すると、奇天烈な手段で襲来してくる「使徒」とそれを倒す巨大ロボットが出てくる「エヴァンゲリオン」の二番煎じ?と思います。
確かに序盤は似ている様な気がしますが、ファフナーの方がシナリオの完成度は高いと感じました。

ファフナー (6)
ファフナーのみがフェストゥムのコアを破壊する火力を持つ切り札。
フェストゥムを破壊すると巨大なワームスフィアが発生して消滅する。なので近接して倒してしまうと道連れにされてしまう恐れがある。
いやそもそも直接触れてしまった時点で同化されてしまいます。
同化されると精神を乗っ取られるか、結晶化して砕け散るのみ。
唯一の対抗手段であるファフナーやそれに乗る主人公たちは、実は敵「フェストゥム」の因子を取り入れたので互角に渡り合える。
もしそうでなかったら成す術もなくこの地球は奪われていた事でしょう。
なぜ敵の因子を取り入れるなどという奇跡が起こり得たのか?
フェストゥム達は最初は全部で一つの共通した存在だったのですが、それぞれが人間に同化していくうちにその元の人間が持っていた「悲しみ」「優しさ」「愛する心」などを学習し身につけるに至ってしまった事が原因かな。
やがて一枚岩ではなくなり、人間たちと共存する事を望む者も現れ始めたわけです。
それが主人公たちに溶け込んでいき、破壊・全滅・怒りのみしか持たない本体に反旗を翻した。
そんな感じの非常に深いお話。
前作とEXODUS編なら私は圧倒的に前作の方が面白かったと思います。
オープニングとエンディングの曲も前作の方が良かった。

ファフナー (7)
ファフナーはキャラ達の顔が特徴的です。
みんな頬の部分にペンで書いた落書きみたいなチークが有ります。
最初見た時は非常に違和感が有りましたが徐々に慣れていきました。あるいは途中からやや目立ちにくく薄くなっていってるのかもしれません。
男性キャラも女性キャラも顔の造形が似ているので戦闘スーツなどを着ているとパッと見では誰なのか判りにくい。
特に主人公の真壁一騎が途中から髪が伸びて余計に紛らわしかった。
身体つきもオヤジキャラ達以外はみんな細くて見分けが付きにくかったのがやや難点か。

ファフナー (8)
一番お気に入りだったキャラは序盤の表情豊かな春日井甲洋かな。残念ながら彼はフェストゥムに浸潤されてしまいますが(TДT)
同化されてしまったら見た目は元の人のままであっても普通は完全に精神ごと乗っ取られてしまうので発見次第脳幹を銃でぶち抜かなくてはなりません。
でも彼の愛犬だったショコラが僅かに残存していた甲洋自身の心を呼び戻し、乗っ取ったフェストゥムと元の甲洋とが華麗なる融合を果たした稀有な例でした。
彼を撃つべきか質問した溝口さんへの真壁司令の「フェストゥムは、涙を流さん。」のシーンは一番感動的だった。

ファフナー (9)
一番イライラしたキャラはヒロインの遠見真矢の姉である弓子かな。
前作では自分の妹にだけ赤紙が来ない様にデータを改竄するという暴挙に出るし、EXODUS編では自分の娘の美羽にいちいち過保護的干渉をするし。
でもフェストゥムに襲撃されて瓦礫の下敷きになって死んだはずなのになぜか無傷で立っていた。真矢が「お姉ちゃん?」と怪しんでいましたが、あれは本当に助かった弓子なのでしょうか?
事切れる寸前に光が彼女に舞い降りた様に見えたのですが、ドラクエ10の生き返しみたいに何者か(フェストゥムしか居ませんが)が同化して身体に乗り移って利用している様に思えます。現に、その時を境に美羽に対してもキーキー五月蝿く干渉する事も無くなって大人しくなりましたし。

ファフナー (10)
とまあ、書き出すと無限にネタが尽きない名作なのですが、ここでもう一度問う。
「あなたは、そこにいますか?」
①はい
②いいえ
③無視
④見りゃわかるだろ!(問答無用でコア破壊)
正解はどれでしょう?

スポンサーサイト
Posted by れいな on 18.2015   2 comments
Category :小説・映画

ファントム・メナス

もうすぐスターウォーズの最新作が公開されます。
実はこのシリーズも今まで一つも鑑賞した事が有りません。
TDLのアトラクションなどで、何となくこんなキャラ(ダースベイダーなど)が出てくる作品らしいという事は知っていてもそれ以上興味を示す事もありませんでした。
気付いた時には既に幾つものシリーズ作品が出ていたので、全て追いついて把握するには腰が重たいなと避けておりました。

ですが世間では次の7作目も楽しみにしている人が非常に多い様で、またそこまで続いているという事はやはり名作なのかもしれない。
なら、いっちょ観てみるか。
と思い立ちました。

で、数多ある作品のうち、どれから見たらいいのだろう?
とりあえず公開順に観るのが妥当かな?
するとこのエピソード1というのが最初の作品?
と思うもそれは1999年公開と書いてある。
一番最初の作品は1977年公開のエピソード4という作品の様だ。
4の方が1より20年以上も前?
どうなってるんだ??
なんかよく解らないけど、SFだからあまり古すぎる作品は色々ショボくて興醒めするかもしれない。
エピソード1がリメイクされた綺麗な作品になっているから1999なのかも?

メナス1
などと考えて、結局まずエピソード1を観てみる事にしました。
それがこの「ファントム・メナス」という作品でした。
感想ですが・・・
何も面白くありませんでした(TДT)
どうやらダースベイダーになってしまう前の少年「アナキン・スカイウォーカー」のお話だった様ですが、
登場人物たちは一体何の目的のために戦っているのか、この人達は何者なのか、ここはどこなのか、ちんぷんかんぷんでした。
確かに、グラフィックは、1999年から15年以上も経っているのに「すげー\(°□°)/」と思う綺麗なCGでした。
いかにもエイリアンって感じの、言葉を喋る異形の生物達も衝撃的でした。
が、それだけ。特にお気に入りになったキャラやマシンなども無く、物語に引き込まれていく事も有りませんでした。
最初から最後までずっと我慢しながら無理して観た。という状態でした。
うーん、期待ハズレだった(´・ω・` )

メナス2
でも世界中であれほどファンが居るという事は、この作品がイマイチだっただけで他のは面白いのかも?
と一縷の望みをかけて、ネタバレしたっていいやと思い、再度色々なサイトを覗いてみました。
すると、本当にこのエピソード1は観なくて結構な作品だと書かれていました( ´Д`)
王道は、やはり「公開順に観る」こと。でした。
すなわちエピソード456123という順番。
失敗しました。
とはいえ、現在購入・視聴できるスターウォーズのエピソード456はリメイクされていて、123を観た人用に一部改編されているとのことです。
でもだからと言って「123456の時系列順で観るのは愚の骨頂」らしい。
じゃあどうするのがベストなのか?
答えは、
45236らしいです。
まず普通に公開順に45と観て、過去回想シーンよろしく23を観て、6そして次の7に繋ぐと。
私の観た1のメナスは他の作品とあまり関連が無くて、飛ばしても何ら影響の無い作品との事ですorz

メナス3
ところで、最初の方の作品は公開当初からエピソード4とか5とかってサブタイトルだったのでしょうか?
すなわち、もっと後になって過去のエピソードの作品を出しますよーって意味を最初から含んでいたのでしょうか?
それとも最初は456に当たる作品が1作目2作目3作目として普通に公開されていたのでしょうか?
もし、スターウォーズシリーズに精通されている方いらっしゃいましたら、
上記の観方で正解なのか、
メナスがつまらなかったのなら他のも期待しない方がいいのか、
本シリーズはCGやらメカやら宇宙やら未来感を見て楽しむ作品であり、ストーリーで感動する目的で観るものではないのか、
何番目の作品が特にオススメなのか、
などなどご教授頂ければ幸いでございます。

Posted by れいな on 10.2015   2 comments
Category :小説・映画

マヒマヒリゾート&スパ

spla (6)
スプラトゥーンの新ステージ「マヒマヒリゾート&スパ」が解禁されました。
今の冬の季節とは正反対の太陽サンサンの非常に明るくて気持ちの良いステージです。
ちゃんと散歩してから挑んだにもかかわらず、お約束の入水をやらかしました(≧∀≦)
結構遠くの方まで視界が開けているので長距離系のブキが真価を発揮できそうです。

spla (4)
マヒマヒとはシイラの事で、地元ハワイでの呼び名です。
「麻痺」とは何の関係もありません。

spla (5)
実際このステージは、ハワイにある「アウラニ・ディズニーリゾート&スパ」というホテルの外観にそっくりです。

spla (7)
結構短い間隔で新しいステージとか新しいブキとかギアなどが追加され、それを手軽に強化できるスーパーサザエが貰えるフェスが三週間おきに開催されるのでユーザーを離れさせない努力は流石だなと思います。
でも聞くところによると、来年1月がラストアプデとの事です。
それ以降も今よりはゆっくりペースで良いので追加コンテンツなど増えていけばいいのになあと思いますが・・・
マリカ8がバージョン4でラストアプデだと言われていましたが本当にそのまま完全放置状態になってしまったのを見ると、同様のパターンになるんだろうなと予測されます。
1月に新しい遊び自体が追加されたら最高なのですが、どうなんだろう?

spla (3)
本作は非常に良くできているオンラインゲームだと思います。
やっている事は毎度毎度同じなのですが、毎試合敵も味方も変化しますので全く同じ展開になる事は皆無で、そうそう飽きる事は無い。
だから面白い。面白いんだけど・・・
それ以上に腹が立つ(≧▽≦)
マリカ8の時も同じ様な事を書きましたが、スプラトゥーンはあれ以上に憤慨してしまう。
皆さんがよく呟く様な不甲斐ない仲間に対して怒りを覚えるという事は私はありません。
下手くそな自分に対して、また一番はやはりキルしてきた敵の人に対してですね。
同じ人に3回以上キルされたらもう頭噴火。
特にレギュラーのナワバリで。
ガチの方は元々キルデスが大量に積み重なるゲームだと解っているのでそんなに憤慨しない。
ずっとやっているとホントにクモ膜下出血で倒れるんじゃないかと思う。
このゲームをプレイした後だとイライラして家族に八つ当たりしたり、興奮してなかなか寝付けない事もあり、精神衛生上もよろしくないなと思い始めました。
フレンドさんのブログで、ドクターストップかけられたなどと書いてらっしゃったのを見た時は「穏やかじゃないですね~ そんな大袈裟な物ですか?」と思いましたが、理解できました。

spla (2)
オフラインで遊べる要素としてヒーローモードだけでなく、普段のステージでNPC(仲間の3人はイカで敵の4人はタコゾネスとか)相手に普通にナワバリバトルとかガチバトルとか練習できたら良いのにな。
マリカみたいにコンピューターの強さは「強い」「普通」「弱い」とか選べて。
って思っている人は多いはず。
不慣れなブキを持ち出す時も試し撃ちだけでは不十分で実際のバトルで練習してみたい。でもレギュラーのナワバリだと落ち着いて試せないし、高ランクで何の活躍もしていなければ「馴れ合い」とか「やる気無い・巫山戯ている」プレイヤーだと思われてしまいますしね。

spla (11)
タイムアタックみたいなのも有れば良いなと思います。
具体的には、試し撃ちに出てくる的とか動くタコ軍団の敵キャラとかが順番に出てきて、それをイカに素早く全部倒していくかタイムを競う感じ。
マリカ公式大会で有った甲羅でカニを全部倒していくゲームみたいなの。
いくつかステージが有って、難易度が高いと足元が悪かったり出てくる敵の数も多くなる。みたいな。

spla (10)
あとは、前回も申しました様に、殺し合いだけでなく8人全員で協力し合って巨大な敵を攻略したり、全員で手分けして塗っていって隠されたお宝(サザエのかけらとかw)なんかを見つけ出したりとか、そういうオンライン要素が有ったらなぁ。

spla (9)
毎度の事ですが、こういったオンラインゲーム、いつまで続けるのかを決めなきゃいけないと思う。
とりあえずランク50になったら20の時みたいにおそらく熱が冷めるだろうと思って続けていましたが、だんだんとそれを目指して消化していく作業ゲーの様相を呈してきました。
これでは本末転倒。「楽しくて夢中になってプレイしていたらいつの間にか50になってしまっていた。」というのが本来理想的。
ダウニーのガチャに必死になるのも、ドラクエ10でのコインボスやリーネ合成で散々腐心したのでああいうのにはハマりたくない。

spla-(12).jpg
現状ある4種類のルールの中ではホコとヤグラが面白い。
その2つ特にホコは、
勝利時:よっしゃキター( °∀°)o彡° バンバンバン!
敗北時:あああああ(°□°) やられた~悔しいぃぃぃ(>_<;)
って感じでマリカWiiの楽しさに近い。
エリアは、
勝利時:よっし。
敗北時:ダメだこりゃ┐(´ー`)┌
って感じでマリカ8に近くどうも気持ちが盛り上がらない。
ナワバリは、
勝利時:これはヒドいwww
敗北時:ゲームパッドを真っ二つに割りかねない程に憤慨(#゚Д゚) !!
ドラクエ10の時よりも1時間は睡眠時間多く取っているはずなのに、どういうわけか次の日ものすごくしんどい。
身体的に、眼とかの疲れが比較にならない程に。
タラーッとリラックスしながらプレイしているドラクエなんかとは集中力の度合いが全然違うのでしょうね。

spla (8)
1月に神アプデが来る可能性が微粒子レベルで存在しているかもしれないので、一応次のフェスも時間が有れば参加してサザエを貯めておこうかなと思いますが、一通り本作は十分に楽しんだと思うので毎日起動はもうそろそろ潮時かな~

Posted by れいな on 04.2015   6 comments   0 trackback
Category :その他ゲーム
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。