Steins;Gate

観るべき名作アニメの一つ、シュタインズ・ゲートを鑑賞しました。

Steins Gate (3)
内容は、なかなかよく練られていて面白かったです。
以下の内容は、例によって既に観た人にとっては「うんうん」と解ると思いますが、観た事のない人にとっては「ちんぷんかんぷん」かもしれません。
結論から言って、「観るべき名作」だ。と私も保証できる作品でした。

Steins Gate (4)
が、最初の1~3話くらいまでは忍耐が必要かもしれません。特に第1話は、「これのどこが面白いの?」と首をかしげました。
ストーリー自体は非常に素晴らしいのですが、出てくるキャラ同士の「しゃべくり」がかなりウザいのです。
主人公の「おかりん」は代表的な中二病で、いちいち大袈裟な表現を使い、ヒロインの「まゆり」はちょっと足りない子?って感じの超天然系で、仲間のPCオタクの「だる」は「~だろ常考」とか「~だお」とか「~しますた」とかいわゆるネット用語を声に出して喋るので一瞬何を言ってるのか解りにくい。
そんな人達の禅問答の様な掛け合いがやたらと続くので視聴する側としてはイラッと来ます。
もういいから、普通に会話しろよ! って思います。
でも序盤さえ切り抜ければ比較的快適に視聴できる様になり、このアニメはどういう内容なのかも理解できて、すぐに夢中になってきます。

Steins Gate (2)
この世の中は、過去から現在、未来と一本の線だけで繋がっているのではない。
実は無数に並行して走っている時間軸があるのだ。その線の事を「世界線」と言う。
例えばスプラトゥーンのフェスじゃないけど「ごはん」を選んだ場合の時間軸と「パン」を選んだ場合の時間軸、どちらも存在する。
たまたま「ごはん」を選んだためにその時間軸上に今は居て、それを選んで勝利したという記憶があるけれども、
「パン」を選択して負けて悔しかった思い出を持つ別の時間軸というか人生だって裏で進行している。
いや実は私はものすごいウデマエでパンチームとして勝ち試合を重ねまくって最終結果「パン」勝利に導いた。
その様な別の時間軸さえも存在している。
すなわち、過去のあの時、こうなっていたら、という「if」の種類だけいくらでも「書き換えられた」歴史という物が存在しうるのである。
もしもタイムマシンやタイムトラベルといった手段が有って、それにより過去を変えてしまった場合、当然新しい「世界線」に移動し、元有った世界線の事実も記憶も全て再構築し書き換えられる。

Steins Gate (5)
過去にメールを送ってみるという実験を行うわけですが、その時そのメールの名称を「D-メール」を名付けました。
そのDとは「デロリアン」すなわちBack to the Futureに出てくる時を旅する自動車の車種の名前です。
時間を旅する物語ではやはりその作品の右に出る物は無いという敬意の表れでしょうね。
余談ですが、「Back to the Future PartⅡ+Ⅲ」も最高の作品でした。
奇しくもⅡは2015年の10月すなわち今この時代に、そしてⅢは1885年にタイムトラベルします。
ⅡとⅢは元々1本の作品を上映時間の関係で分離しただけですので両方続けて観るのがオススメです。

Steins Gate (9)
過去を変えてしまった場合、当然それを行った自分自身の記憶も再構築されてしまうのが道理です。
ですが、本作品の主人公「おかりん」だけは書き換える前の記憶を持ったまま新しい世界線に移動していました。
これはちょうど「流星ワゴン」の主人公「永田一雄」と同じですね。
特別な「力」を持つ者のみが可能な事。

Steins Gate (8)
物語の後半に入ると、幼馴染みの「まゆり」が死亡するという事態が発生します。
「おかりん」は、どうにかしてこれを阻止しようと過去を改変するのですが、何回やっても何回やってもその事実から逃れる事ができません。
何十回も「まゆり」が目の前で撃たれたり撥ねられたり、ありとあらゆるパターンで死んでしまうシーンを見なければなりません。
2話に渡ってそれが繰り返されるので、正直視聴している私達でさえ頭がおかしくなってきそうになります。
普通の人なら「もうたくさんだ!」と諦めちゃうでしょうね。
でも「おかりん」は最後まで諦めませんでした。
「まゆり」も「くりす」も他のラボメンも一生懸命協力してくれます。毎回、「おかりん」以外の人に今からこういう事態が発生するって事を説明しなきゃならないにも関わらず。

Steins Gate (7)
何となく、「かまいたちの夜」というゲームを思い出しました。
あれもちょうどこんな感じで、普通に進めていると大切な人が死亡するというバッドエンドが待っている。
そこで少し前のシーンの選択肢を違う物に変えてその後の展開が良くなるかな?と期待するものの、何をどうあがいても結局いろいろなバッドエンドにしか収束しない。
もっと根本的なところを変えなきゃハッピーエンドには至れない。
死んでいると思い込んでいた人が実は死んではいなかった。
そこに鍵がありましたが、本作でも解決の糸口はその様な盲点に存在しますね。
シュタゲはゲーム版も出ており、かなりの高評価を得ています。
12月には続編も出るようです。

Steins Gate (1)
これは「おかりん」が作ったダイバージェンスメーター
今居る世界線はあまたある世界線の内のどれなのかを数値化する機器。
これを見る事によって一見変わっていない様でも実際には別の世界線に移動しているということを確認しやすくなります。
こういうレトロなメカって何かシブいですね。「ニクシー管」と言うそうです。
そう言えばトゥモローランドのオープニングでもこれが出てきました。
インテリアとして1つ欲しいな~と思って検索してみたら実際にニクシー管のデジタル置時計なんかも有りました。
が、非常に高額でしかも消耗品なので実際は「ニクシー管っぽく見えるLEDの置時計」あたりを買うのが妥当かな。

Steins Gate (6)
過去を改変し別の世界線に移ってもその前の記憶を持ち続ける能力「リーディングシュタイナー」、それは「おかりん」にしか無いと思っていましたが、実は他の人達にもかすかではあるけれどもおぼろげに存在していたりする。
最後のエンディング、「くりす」が「おかりん」の事をかすかに記憶していた。しかもお互いに好きと言い合った事も。
それを思い出した展開は、「テイルズオブデスティニー2」のエンディングで熱い物が一気にこみ上げてきたカイルとリアラの再開シーンを彷彿とさせます。
本作では、その別の世界線での記憶というのは「夢」の中に出てくるという設定でした。
これは上手いなと思いました。
前にも書きましたが、夢ってたまに「一体こんな展開はどのネタから構築されたんだろう?」「普段さして興味も無い、ほとんど喋った事も無いはずの人とひどく親密になっていたりする。」「そんな国、私は行った事もないのにな。」など不可解な内容を見る事がありますよね。
それらは実は別の世界線での体験に基づく物なのだ。
そう考えればなるほど、しっくりくるかもしれない。
れいな的に更に加えるなら、「デジャヴ(既視感)」というのも同様に、他の世界線で体験した記憶がかすかに残存しているために起こる現象なんじゃないかな?と思います。

Steins Gate (10)
果たして、真のヒロインは「まゆり」じゃなくて「くりす」だったわけですが、
「おかりん」は一体どっちが本命なのだろう?と誰もが思ったでしょう。
実際、過去を改変する際にどちらかの命を救うともう一方は諦めなくちゃならないという残酷な選択を余儀なくされます。
そして、彼は「くりす」に背中を押されて「まゆり」を救う事を選択しましたね。
たいてい、アニメでもゲームでも男の主人公が居たら最終的に結ばれるであろうヒロインというのは早い段階から明白になるのが通常ですが、本作は最後までわかりませんでした。
で、そうなると、「だる」のお嫁さんすなわち「すずは」のお母さんが「まゆり」になるのかな?
と思いました。まあ違ったわけですが^^;
ゲーム版の「Steins Gate」「Steins Gate 0」も機会が有ればプレイしてみようかなと思います。
Posted by れいな on 27.2015   6 comments
Category :小説・映画

胆管細胞癌

去る7月、任天堂の岩田社長がお亡くなりになりました。
そして先月、女優の川島なお美さんも逝去されました。
1月には柔道家の斉藤仁さんも逝去されました。
ご冥福をお祈り申し上げますm(_ _)m

奇しくもお三方とも50代半ばという若さで、しかも同じ病気でした。
その病名は胆管癌
手術に耐えられない様な高齢でもないのに、どうにか助かる道は無かったの?と思った方も多いと思います。
しかし実際この癌は他の部位の癌とは違い、予後は極めて不良です。
理由は、まず早期発見できるケースが少ない事、そして放射線治療も抗癌剤治療も効かない細胞であるためです。
そして他の一般的な癌とは違い、丸っこい塊状で存在するのではなく早期からインクの様にベターっと周囲に広がっていきリンパ節などに転移していきます。しかもそのくせ非常にカチカチで石の様に固く、薬剤が浸透していきません。
実際、斉藤仁さんの場合、最終的な死因は「癌性胸膜炎」すなわち肝臓の上の横隔膜を超えて肺の周りにまで浸潤し、肺を押しつぶされて死亡したと言う事ですから、いかに手に負えない暴れ様かということが解ります。
なので手術で取りきれる程度の早期の進行度で偶然見つかったケースでしか治癒は望めないのです。

胆管細胞癌 (4)
胆管といっても肝外に出ている総胆管みたいに太くて独立した管の部分ならまだ手術し易いです。
が、まだ合流する前の細かく枝分かれしている「肝内胆管」部分に発生するとお手上げになり易い。
本来、消化酵素である「胆汁」は肝臓の細胞が作成します。その液を肝内胆管に流し込んで最終的に一本の総胆管に合流し、胆嚢に液を貯めて、食べ物が胃から十二指腸に流れてくるとそれにブチューッとかける。
そういうシステムです。
なので上流の肝内胆管に癌が発生するとすぐに周りの肝臓組織に「浸潤」してしまうわけです。
そうなると下流の総胆管みたいにプチンと切って繋いで終わり。というわけにはいきません。

胆管細胞癌 (3)
その付近の肝臓組織や血管などをまとめてガバッと広範囲に切除する必要があります。
ガバッと。言うは簡単ですが行うは難し。

胆管細胞癌 (1)
肝臓というのは血管や胆管など「脈管」の塊の様な「実質臓器」です。
(対するは胃や腸などの「管腔臓器」ね)
スプーンでスイカをガバッとくり抜くような感じで切除したらたちまち大出血して死亡確定です。
なので細い脈管を一本一本「結紮」しながらチビチビと切除しなければならなく、それはもう気の遠くなる作業です。
でも肝細胞癌(肝癌)の治療ではその「肝切除術」という手術をやるのが一般的です。
肝細胞癌は結構きれいな球形で、被膜に覆われて存在している事が多く、その付近さえ切除すれば治癒が望めるからです。
ですが胆管細胞癌だと脈管に発生した癌ですので、その時点でその中の液を通して周囲に「浸潤」「転移」しているも同然。
だから発見時、既に肝臓全体に胆管癌細胞が散らばっていると考えられます。
じゃあいっそのこと、肝臓ごと全部切除しちゃう?
無理です。人は肝臓なしでは生きていけません。腎臓や肺臓みたいにスペアも無いですし、膵臓みたいに全摘後にホルモン注射や薬剤内服で代理可能な臓器でもないのです。
肝臓が無くなると有毒物質の解毒もできなくなり、あっという間に脳に毒が回って意識混濁して死亡します。
また人体の構成成分であるタンパク質も合成できず全身が腐って朽ち果てます。
それに肝臓から遠く離れた臓器に遠隔転移が有る場合は原発巣を切除しても既に意味は無く、いたずらに寿命を縮めるだけになります。
じゃあ臓器移植? どこに貴重な肝臓を分けてくれる人が居ますか?
仮に家族から「生体肝移植」を受けるとしても、腫瘍が確実に肝臓内だけに限局しているという条件を満たしていなければ、無理に強行しても術後の免疫抑制療法により余計に残存癌細胞が増殖してしまいます。

なので、進行した胆管癌に打つ手がないのが現状です。
罹患しない様に、また早期に発見する様に努めるしか無いわけですが、さてどうやって予防したら良いのでしょうか?
そもそも発生する原因は何なのでしょうか?
川島さんの場合、「私の血管にはワインが流れているの。」発言から、いかにも酒の飲み過ぎが原因であるかの様に報道したマスコミも有りましたが、はっきり言ってデタラメです。
酒の飲み過ぎでアルコール性肝炎になって肝硬変になって肝細胞癌になる。それは正しいですが胆管細胞癌は全く別の癌です。
これといった決定的な原因物質とか習慣とか遺伝子が同定されているわけではありません。
唯一同定されたのは、印刷業に従事する人はジクロロメタン・ジクロロプロパンという化学物質に曝露されて高確率で胆管癌を発生した。というお話だけですね。
なので、一般的には誰がなり易いとかなり難いとか予想をつけることはできません。
比較的レアな癌ではあるものの、逆に言えば誰にでも発生する可能性があるわけです。
そもそも「癌」とはなんぞや?というと、要するに自分自身の細胞が、何らかのエラーを起こして暴走し、無限に細胞分裂する様になってしまった物。他所から来た物ではなく、元々自分の細胞なので排除する事が出来ないのです。

もしも自分が胆管癌に罹患しているとしたら?
手術可能な早期ステージの状態で発見する事が最も大事になります。
自覚症状が出てからでは手遅れです。自覚症状すなわち黄疸ですが、これは下流の総胆管付近まで癌が浸潤してその内腔を塞いでしまい黄色の胆汁が血管を通して全身に逆流している状態(閉塞性黄疸)なわけです。
癌細胞混じりの胆汁が全身に逆流。
それが何を意味するかは言わずもがな。

なので助かるとしたら、まだ自覚症状が何も無いステージの時という事になります。
見つけるには?
定期的(最低、年一回)に検査を受けるのが大事でしょうね。
具体的には腹部エコーが妥当でしょうか。
「人間ドック」なら必ずメニューに入っています。一般的な定期健診の法定メニューには入っていません。
社員の健康管理に関心の高い会社ならオプションとして項目に入れている事もありますが。
定健で測る項目で異常が出るとしたらせいぜいγ-GTPがやや高いとかそんな程度かな?
でもそれだけで即「胆管癌の疑い有り」などと検査結果に書くのは飛躍し過ぎです。
肝炎ではないのでGOTやGPTで引っかかる事はありません。
胆管癌に特異な腫瘍マーカーも現在ありません。
無侵襲で手軽に実施できて、かつ得られる情報が多い検査となるとやはりエコーだと思います。

胆管細胞癌 (2)
この様に綺麗に肝内の胆管が描出されるなら正常。
胆管癌があると壁が凸凹になっていたり一部だけ膨張していたりと何らかの異常が見つかるはず。
(この画像の示してる物は本当は血管ですがイメージとして解りやすいのであえてこれを貼りました)

まだ手術で治癒が望めるステージなのであれば積極的に可及的早期に外科治療を受けるべきです。
切らずに民間療法などに頼ったりすると取り返しのつかない事態に陥ります。
本人が渋っていても家族は首に縄をつけてでも病院に連れて行く。ぐらいの覚悟でね。

最後に、分類というか名称について。
「胆管癌」と言ったり「胆管細胞癌」と言ったり統一性が無いな。と思った方は鋭い。
実は二通りの分類が有るからややこしいのです。
一つは部位による分類。言わば癌が発生した住所がどこか。って事。
それだと、上のイラストに倣って「肝内胆管癌」「中部胆管癌」「下部胆管癌」などと分類されます。
更に、肝内胆管癌に至っては「原発性肝癌」の一部に含めます。
これが頭こんがらがる原因。
原発性とは、他所から転移してきた物ではなくそこで生まれた物という事。
確かにパッと見た目では肝臓内に発生した癌ですので「肝癌」の一部とも言えましょう。
しかしながら、肝癌と言えば普通は「肝細胞癌(HCC)」の事を指します。
前述の様にかなり増殖の仕方など性格の違う癌です。
だから、住所ではなく、癌細胞の種類が何なのかによる分類のみにする方が
「肝細胞癌」か「胆管細胞癌」の二種類だけになってシンプルな気がします。
まずそのどちらなのかをハッキリさせ、次にどの部位にできているのかを書く。
それがいいのではないでしょうか。

まあ、「実は肝内胆管癌は肝細胞を暴走させる事でも作れる」などという、
これまでの常識をひっくり返す様な論文も出ているので、今後大きく分類法や治療法なども変わっていく可能性が有りますけどね。

余談。
いつかは、
「肝臓+胆嚢+膵臓+十二指腸+胃+腹部大動脈+大静脈+門脈+横隔膜+肺+胸膜」合併切除術
なんていうとんでもない手術とかも行われる時代が来るかな?
それすなわち「人工肝臓」「人工肺臓」の様な物を作りだしてそれとまるまる置換してしまうという術式なのですが、
もはやそれは内臓のほとんどが機械というサイボーグでしょうね。
それか、自分の万能細胞からあらゆる臓器の新品を作成しておいて、古くなったり癌化したら交換する。
まるで漫画の世界ですが、あながち実現不可能な話でもないと思う。理論上は。
ただし脳だけは取り替えたら「自分」じゃなくなりますので、これだけは当面どうしようもなさそう。

Posted by れいな on 16.2015   0 comments
Category :学術的日記

今年観た映画ベスト3

今年は年初にドラクエ10を「引退」したために色々お出かけする時間が増えて、結構な数の映画も観に行きました。
その中で、現時点で強く印象に残った作品を3つ挙げてみます。

①ワイルド・スピード ~スカイミッション~
ワイルドスピード7 (1)
この「ワイスピ」はシリーズ物で本作は第7弾に当たるのかな。
過去作は観たことがなくて今回初めてだったのですが、最高にイカすCar Action映画でした。
これ以上無いと思えるほど派手で爽快でした。
お互いに200キロぐらいまで加速して正面衝突するシーンとかも有るのですが、よけるとか乗り上げるでもなくそのまんまガチーン!
「いやいや、それ普通に400キロで壁に衝突するのと同じだから運転席までぐっしゃぐしゃでしょw なんで中の人無傷なのよw」とツッコミ所も満載ですが。
吹き替え版を鑑賞したのですが誰一人として声が合ってなかったり下手だったりという事はありませんでした。
超高層ビルの上階に飾られているアラブの石油王の息子の車を奪取して、急発進させてガラスを割って飛び出し、隣のビルに突っ込む。
あれ?これと同じ様なシーン、名探偵コナン「天国へのカウントダウン」で観たぞ。と思った人は私だけではないはず。
でも本作では止まらずそのビルをも貫通し、三つ目のビルに突っ込んでようやく停止する。
アニメじゃなくて実写での表現ですからそれはそれはもう笑ってしまうほどに色々ぶっ壊れます。

②トゥモローランド
トゥモローランド
本作は一応ディズニー作品なのですがアニメではなく実写物です。
ディズニーゆえに序盤にイッツァスモールワールドのアトラクションに乗るシーンが出てくるのですが、その途中で自分の乗っている船だけが、ガタンッ!と隠し通路みたいなコースに潜っていき突如加速しだして、その先にはまた別の猛スピード列車があり、トゥモローランドという究極に科学が進歩した秘密の世界に繋がっている。
そんな滑り出しなのですが、内容はガチのSFストーリー。
一見普通の女の子なのにターミネーター2の悪役の液体金属のアンドロイドみたいに道路を猛スピードで走って自動車に飛びかかってきたり、首チョンパ!とかもあります。
言われなければ到底ディズニー映画だとは思えません。
それほどに異色な作品でしたが、中身は非常に濃くて面白かったです。
ストーリーも複雑で一回観ただけでは理解しがたいかもしれません。
が、二回三回と繰り返し観る価値のある作品です。

③バケモノの子
バケモノの子
アニメ系の作品ではこれが一番面白かった。
最初から終わりまでダレる時間帯無くずっとワクワクしていました。
どういうストーリー展開になっていくのかがだいたい予想がついてしまう作品は徐々にじれったくなってきますが、本作は全くそんなベタな展開ではありませんでした。
渋谷の街の普通の裏路地みたいな細い所に入っていくといつの間にかバケモノ達の世界に繋がっている。その辺りの滑り出しはハリーポッターの9番と10番ホームの間にある異次元の入口とか千と千尋のゆばーば達の世界に迷い込むパターンと似ているかな。
台詞は、リリーフランキーの豚の僧侶の声と、広瀬すずの楓の声だけがやや棒読みだったり噛みそうになっていたりで少々難ありでしたが、さほど気になるほどではありませんでした。
九太が、熊徹の用意した食事を「生の玉子なんか食えるか!」と文句を言い「うえー(;´Д`)」とえずきながら無理矢理食べていたのが意外だった。
九太(蓮)も生粋の日本人だから普通に玉子かけご飯ぐらい食べるでしょうに。
序盤から最後まで九太の髪の毛に見え隠れしていた「チコ」、あれは何だったんでしょうか?
バケモノ達の一味ではなさそうなので、きっとお母さんの生まれ変わりかな?
だから時々彼が寝ぼけている時にお母さんの幻影みたいなのが九太に声をかけたりしていたんじゃないかと思います。

Posted by れいな on 11.2015   0 comments
Category :小説・映画
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する