【DQ10】アスペルガーとドラクエX

アスペルガーの人はテレビゲームを好む。

広場1
DQ10に限らず、延々と「日課」の様な事を続けるタイプのゲームって特にアスペルガーの人が居る率が多そうな気がしませんか?
実際、それを意識して公式サイトの広場を眺めていると本当にそうだと確信できます。
特にクレーマー・モンスタープレイヤーと思われているおなじみの投稿者って何人か居るのですが、
なぜ彼らがその様な忌み嫌われる存在に成ってしまうのか、理由の一端をアスペルガーの特性に垣間見る事ができます。
一つ例を挙げてみます。
広場をよくチェックしている方なら見覚えがある投稿かもしれませんね。

ドラりん氏の削除基準が分からないです
テーマ:冒険者の広場について
提案広場の管理人かバイトか知らないけど、ドラりん氏の削除基準がよく分からないので質問および提案をさせて頂きたいです 本キャラで提案していた頃から、この人にはよく提案を削除されてたもんですが、削除理由の主旨がイマイチ理解に苦しむ事が多々あるのです スマイルドラゴンのアイコン付きで「提案をしていただく為の場です」といった定型文の決まり文句を理由に非表示化される仕打ちを何度も経験してきました 前回の私の提案は『2.2から登場する新転生モンスターに新素材を追加してほしい』といった普通の提案をしたのに、それすらも削除されてしまったのです 提案として、定型文のマニュアル仕事ではなく、提案を非表示化する際は明確な理由(文章の中のどの部分が削除対象の理由にしたのか)を記載するようにしてください そしたらこちらとしても多少は納得できるので…よろしくお願いします

最初これ投稿者の名前を見ずに読んでいて、
まさに、アスペルガーの典型例だなーと思いました。
で、投稿者の名前を見て・・・
なるほどね(*´Д`)=з と合点がいきました。
以前からずっとこの調子で、「どいつもこいつも話にならん!私こそがアストルティアの生徒会長だ。世直しする!」の様な事を声高に唱え、出入り禁止となり今度は別のアカウントからもしつこく繰り返している。という状況ですね。
アカウントは2つに留まりません。少なくとも4つ、あるいはもっと所持しているんじゃないでしょうか?

話を戻しましょう。
額面通りにしか受け取れない。
言外の意味を汲み取ることは全く不可能。
一例があったらこういうのもこういうのも常識的に考えればダメだよねって普通は解るけど解らない。
よく目にするのは、
「どのフレーズが規約に引っかかったのか!」
とアラ探しに必死になっている人。
いや違うでしょ。そんな一言一句がどうこうではなくて、ほとんど同じ内容の投稿を何度も何度も繰り返しているからでしょうが。1本1本の樹ばかり見て森全体を見る事ができない。
「全く間違った事を言ってないのに!」
いや違うでしょ。確かに書いてある内容自体はその通りかもしれないけど、明らかに相手(運営)をバカにした様な挑発的で慇懃無礼なその物言いが不快極まりないわけよ。そういうのも全て「不適切な内容」になるのよ。
で、挙げ句の果てに、「消されたのは痛い所を突いてやったからだろ!図星だからだろ!クソ運営が!バイトごときが消しやがって!」
と更なる悪循環に陥っていく。
「◎◎問題」などと一人で勝手に決めつけて一人で盛り上がって問題を一人で山積みにして毎日激おこ。
全て、その人の規約違反と勝手な妄想から始まった不信スパイラルなのにね。

再度話を戻します。
その都度、具体的な指示などがない限り、自分で臨機応変に、応用を利かせる、など全く不可能。
それってただ幼稚なだけじゃない? つーかタダのバカじゃん。
と普通は思うよね。
しかし悲しいかなそういう種族なんです。生まれつき。
この本人が嘆願している通りなんです。
逐一、具体的に解説・指示がない限り、解らないのです。
でも、実際問題、そんな1人のためにそこまで時間を割ける指導役なんてそうそう居ません。

もし自分が運営側の人間(そのドラりんとやら)だったらと想像して、
そんな一つ一つにいちいち削除理由なんて書く時間がどこにあるのか?
実際大変すぎて無理だろうなー(´・ω・`)
って、相手の身になって物を考えてみる
こんな言い方されたらムカッと来るかな?
とか。
全く想像できない。考えようとする気もサラサラ無い。思いつきもしない。
ただただ自己主張を一方的にまくし立てるだけ。
双方向の会話が成り立たない。
注意しても断固受け付けないか、その場1回きり。
次回に応用することは無い。

さてどうしたもんでしょうかねー。
本人がアスペルガーだと気づくまで、些細なことでの言い争い・すれ違いが、延々と、続くことでしょう。
しかも「相手を困らせてやろう」って悪意みたいな物は実際本人にも全く無い可能性が高い。
そこが、ワザとやっている釣り投稿者や構ってちゃんなどの確信犯とは根本的に違い、余計に厄介なところですね。
世間ではそういう人は「真性きちがい」などと評価されてしまいます。
欧米人「Japaneseはoctopusなんかを食べるのか\(゜□゜)/ Oh,Crazy!!!」
日本人「何がキチガイなもんか! 旨いじゃないの!」
と意見が相入れないのと似た様なものですね。
相手の事情も考慮してみる。って事が少しでもできれば良いんですけどね(´・ω・` )

普通なら飽きるだろうと思われる様な事を延々と続けられる。
変化に富んだ活動よりも、むしろ毎日毎日全く同じパターンを繰り返す事を好む。
不測の事態に臨機応変に対応できない。
アスペルガーの特徴ですが、バージョンアップとかエイプリルフールなんかのイベント直後に広場が「毎回」荒れるのも合点がいきます。
彼らにとっては、ずっと同じパターンで、同じ様なサポを雇い、同じ様な職構成で、同じ様な敵を倒し、同じ金策を繰り返す「日課」が性に合っているのですから。
それがバージョンアップやイベントでガラリと変更されたり、新しい要素が加わったり、邪魔が入ったりしたらひどく戸惑い、ひどく怒る。癇癪を起こす。
柔軟にパターンを変えたり、構成を練り直したり、自分で工夫するといったことができません。
バージョンアップ後にマタメンテが頻繁に発動する事など、もはやお馴染みで解っているはずなのに、毎回、それにより自分の計画を邪魔されると癇癪を起こし、広場に重複投稿という規約違反も厭わずに暴言を吐く。
普通の感覚なら、どんな風に変化するのか、どんな新しい要素が加わるのか、またどれくらい不具合が頻発するのかすら楽しみにして迎える事ができるのにです。
藤澤Dがバージョン1の終盤でおっしゃっていた言葉があります。
これからはたくさんのコンテンツが増えますので、今までの様に全てを「日課」の様にこなすという事は難しくなり、自分で、やるべき事を取捨選択して遊ぶスタイルになります。
これはアスペルガーの人にとっては極めて難しい事です。
自分で計画を立てる。という事が苦手です。
全体を見て、バランス良く組み立てる。なんて事が超苦手です。

しかしながら評価に値する事だって有ります。例えば、
バージョン1.0のうちに全職カンストする。ピンクモーモンだけで5万匹も討伐している。
そんな事、普通の人なら到底イヤになって完遂できません。でも彼らは黙々とできる。
それはある意味、貴重な才能とも言えると思います。
そういう才能を存分に発揮できる職場などが見つかれば幸せでしょうね。


何度も言いますが、
まとめますと、まず、
アスペルガーというのは、病気ではありません。
心の病気などのいわゆる精神疾患でもありません。
言わば生まれ持った性質・性格です。ただの。
なので障碍と言うのも間違いです。
「異常」だと診断する事も傲慢な行為です。それは、男性脳が女性脳を異常と断じる。キリスト教がイスラム教を異常と断じる。それと同様の行為に値しますので。
当然、治療なんて概念も無意味となります。
とは言え、アスペルガー気質が強い人というのは少数ですから当然大多数一般人から見れば「異常者・変わり者・非常識」に映ってしまうのは仕方がありません。
少数派の彼らのために合わせる。なんてことは到底不可能ですし、そんな事をすれば今度は大多数一般人の方からクレームが殺到するでしょう。
ですので、こういう気質・特徴が存在するのだということをまずは理解・自覚し、
次に、大多数一般人的な物の考え方という物を理解し自ら身につけていく(本音は抑えて、一般人を演じる感じ)ことが肝要です。
普通の人は特に努力も無しにそれが自然と身につくのですけどね。
それを自然とではなく、能動的に頭で考えながら身についているフリをするってのは相当なエネルギーを要しますが、その「譲歩」によりこの世の中で円滑にコミュニケーションが取れる様になるのですから少しずつでもいいので努力する価値は十二分にあると信じます。
Posted by れいな on 21.2014   1 comments   0 trackback
Category :学術的日記

アスペルガー⑥

⑤の続きです。

ものまね、テレビ・ビデオへの興味
 アスペルガー症候群の子どもの多くはものまね遊びが得意です。一見ごっこ遊びに似ていますが、一人で遊ぶことが多かったり遊びの内容が反復的でテレビの場面などのコピーになっていることが、他の多くの子どものごっこ遊びと違うところです。実際にテレビアニメの主人公に「なりきって」しまう子どもも少なくありません。ただしアスペルガー症候群の子どもの場合は相手の子どもの反応にあわせて自分の言動を柔軟に調整するのが苦手なので、多数の中でのごっこ遊びは長続きせず、一人でテレビの場面を再現するような遊びかたになります。テレビ番組では医学物などのドキュメンタリー番組、ドタバタ系のバラエティ番組を好みます。フィクションではSF番組、単純な勧善懲悪ものを好むことが多く、人間関係の複雑さがテーマになるようなストーリー性のある番組を好むことは少ないようです。読み物も図鑑や辞書などが好きなことが多いのですが、小学校も高学年になると歴史ものやSF、医学もの、刑事ものなどを好むようになります。より年長になっても、人間関係の心理のあやがテーマになるような小説を好むことは稀です。


本の好み。
まさにここに書いてある通りだと思います。
図鑑とか辞典などが大好きでしょう。
普通の子はそんな本を何時間も眺める事など苦痛で仕方がありませんが、アスペルガー気質が強い人は、例えば魚の図鑑ならサケ科の魚はあぶらびれがあるなどという事などが非常に興味深いことだったりします。
一般人なら「どうでもいいじゃんそんな事┐(´ー`)┌」であっても全くどうでもよくありません。
また、例えばガンダムの第12話「ジオンの脅威」の始めから終わりまでの全員のセリフを延々と寸分たがわず何も見ずに見事に一人で演じ切る事ができる。
そんな人居ませんか?
でも自己流アレンジで、友達とのリアルタイムの会話に上手くガンダムのセリフを適材適所に散りばめながら会話を弾ませる。そんな芸当はしたくてもできない。(ちなみに軽症ならじっくり考えながら文章で書く(作る)だけならできるのかもしれません。)
ある意味、凡人には到底不可能なすごい才能を発揮できる事も多いのです。
それを存分に発揮できる様な仕事とかに就ければ幸せでしょうね。

上記の様な本の好みの傾向を逆手に取れば、アスペルガー気質を少しでも改善するヒントがあるかもしれません。
人間関係の心理のあやがテーマになる様な小説。
この手の小説を、嫌いでも読む努力をしてみましょう。
ただ、最初から高度な作品に挑戦する事は挫折の元です。
主人公や登場人物の行動のみが綴られていて、それぞれのその行動の動機についてはあえて書かない手法。行間から読み取れるでしょ。ってタイプの作品は厳しいです間違いなく。
やはり万人ウケしている作品から入るのが無難でしょうね。
東野圭吾さんや海堂尊さんの作品などが読み易いんじゃないかなと思います。
この方々は文系出身の作家ではなく、元々エンジニアであったり医師であったりといった理系出身者です。
なので、特に海堂尊さんなんかはくどい程に「心の中で今思っている事」を説明しながら展開していきます。
普通の人なら少々「もういいっていちいち。ちょっとしつこいよ。書かなくても解ってるからそんな事。」と鬱陶しくなる程に。
二人ともさすが理系で、意味不明な行動をする人物など絶対に現れず、緻密で科学的で、全て理論的に構築されていますので、図鑑とかを好む様なタイプの人でも面白く読める作品が多いと思うのです。
それでいて「人間関係の心理の綾」がふんだんに散りばめられてもいますので、「一般人がどういう事を心の中で思うのか」という事を「知る・理解する」助けになると思います。
自分はそう思えなくても、大抵の人はこんな時こう思うんだろうな。というパターンを覚える事ができます。
ゲームでも、この前紹介しました日本ファルコムの軌跡シリーズの「零の軌跡」なんかオススメです。
レビューの最後に書きました様に、皆から好かれる人・良い人ってのはどういう会話をするのか。っていう勉強にもなります。
ドラクエの様な一方的な会話のRPGではなく、主人公自らたくさん喋る双方向の会話のあるタイプのゲームが良いですね。

駄洒落を好む
 会話の内容よりも「音声」の方に関心があって、やたらと語呂合わせの駄洒落をいう人もいます。

これ居ますね。一日中ずっと駄洒落ばっかり言ってる人。
肝心の話の内容をちっとも聞かずに、いちいち語呂合わせみたいなギャグばっかり返してくる様な人。
みんな「もういいって( ´Д`)=3」と呆れていてもお構いなし。
こんなのもアスペルガーの特徴なんだーと驚きました。


しゃべるほどには理解していない
 相手の話が「見えなく」なったときに聞きなおしたり、さりげなく確認したりといった「会話の技術」も未熟なことが多いのです。


これは良く感じますね。実はわかってないな、聞き取れてないな、と思う様な事を、わかった様なフリをしている姿をよく見ます。
「え?どういう事?」とか「ごめん、もう一回お願い(>_<;)」の様なセリフを咄嗟に出す事は極めて苦手なんだろうと思います。
出したところで、もう一回言われてもやっぱり???だった時ショックだし相手にも手間をかけるので遠慮して「もういいや」的な気持ちで生返事みたいな事になるんじゃないかと推察いたします。
Posted by れいな on 19.2014   0 comments   0 trackback
Category :学術的日記

松江城

松江城1
松江市の中心にある松江城天守閣に登りました。
内部に様々な展示物が有るところは他のお城と同じですね。
籠城用の井戸も掘られていました。

松江城2
すなわち守りを重視している城ですので、二階には石落とし(敵が石垣に近づいてきたらこの穴から石を落としてダメージを与えます)もたくさん有ります。
ファイアーエムブレムの戦闘マップみたいですね。

松江城3
続いて周囲のお堀を船に乗って松江を案内してくれる「堀川めぐり」に行きました。
松江も大阪と同様に水の都と呼ばれ、たくさんの橋がかかっています。
また内堀も外堀も400年前とほぼ同じ状態で残っております。
船頭さんが操縦しながら色々な松江にまつわるお話をしてくださいます。
途中四回ほど極めてギリギリの高さの橋の下をくぐるので、電動で屋根をウィーンと下げたり上げたりします。

松江城4
今回の様に台風・大雨などが来たら水位が上がって中止になりそうな気がするのですが、心配無用なのです。この狭い水路が常に堀内の水位を一定に保つ様に自然と水を出したり入れたりしているのだそうです。

島根県
松江の位置は⑨で、東西に宍道湖と中海があって正に水の都ですね。

宍道湖1
宍道湖観光遊覧船にも乗りました。
はくちょう号と、はくちょう2号と有るのですが、今回は2号の方でした。
こちらの方が内部も新しくて座敷に座ってゆったりできます。
しかし外に出て風に当たりながら景色を見る方が気持ち良いです。
ちなみにこのキャラは島根出身の秘密結社鷹の爪の吉田くん

宍道湖3
船の上にあった銅鐸。内側に象牙の様な物が取り付けられてあり、カランコロン♪とカウベルの様な音がしました。
そもそも銅鐸はどういう目的で作られていたかも定かではありません。
ベル説、祭具説、置物説などいろいろ唱えられていますが、やはり本来の用途は「鐘」だったんじゃないかと思います。

宍道湖2
途中、嫁ヶ島の近くを通ります。
この島は、姑のイジメに耐えかねて家を飛び出した嫁が氷の張った宍道湖の中にジャボン!と落ちて溺死してしまった後に生まれた。などと言い伝えられています。
宍道湖はその大きさの割に水深は極めて浅く、湖岸からこの島までも歩いて渡る事も可能です。
浅いため、水は常に濁っており、富栄養化が進んでおります。

宍道湖4
それゆえ、この湖の名産品はご存知のヤマトシジミなどになるわけですね。
ちなみにカタカナでそう表記すると同名の蝶の一種と紛らわしいので「大和しじみ」と和風に表記することが多いです。

江島大橋3
松江から中海を横断すると、鳥取県の境港に入ります。
その途中、この部分にかかる江島大橋は、知る人ぞ知る写真撮影の名所です。

江島大橋1
これです。何じゃこりゃー\(°□°)/
と思うのは、この位置から撮った場合のみです。
なのでこの交差点の所に何人もの写真家らしき人々が陣取っていました。
実際に登ってみると、まあ普通の橋と同じなんですよねー。

壽城1
境港から米子に南下する途中の⑫で、またお城に遭遇しました。
しかしこれ、歴史的な史跡でも何でもなく、ただのお菓子屋さんだったのです。壽城と言います。
お城を模した建造物って他にも時々目にしますが、ここまで本格的な建物はそうそうありません。

壽城2
実際、米子城から石垣など移築して造られた物ですのでこだわりは相当なものです。
名物は「とち餅」という栃の実から作られたお餅で、ちょっとクセがあります。
普通の方は中に餡子が入っていて、赤福みたいにお餅が中になっている逆バージョンもあります。
Posted by れいな on 17.2014   2 comments   0 trackback
Category :旅行

三瓶山

島根県
石見銀山から北東に行くと⑧に三瓶山という観光地があります。

三瓶バーガー1
ここに三瓶バーガーというハンバーガーショップが有るのですが、大変オススメです。
島根和牛を使ったハンバーグを挟んであるのですが、期待していた以上に美味しかったです。
普通のハンバーガー以外にも、わさびソース入りやチーズ入りやトマト入りやベーコン入りや玉子入りや、それら全部有りのスペシャルなど、バリエーションも結構あります。

三瓶バーガー2
ハンバーグだけを購入する事も可能です。
ただ、無くなったらそれでその日は閉店となるので、お昼三時頃とかに行ってももう食べられない可能性が有りますので注意です。
三瓶バーガーのお店はここ以外に出雲大社前にも有りました。

サヒメル1
その隣に島根県立三瓶自然館サヒメルがあります。
これはデスモスチルスですが、高校で地学・生物等を勉強した方はこの生物の特徴を言えますよね。

サヒメル2
今は大昆虫展が開かれていますが、プラネタリウムもあり巨大望遠鏡もあり、相当お金のかかっている大きな施設です。

サヒメル3
サヒメルのサヒメとは古事記の佐毘賣(姫)から取っており、三瓶山は昔は佐比売山という名前でした。
近くにサヒメ湖もあります。

足立美術館1
⑩にある安来市の足立美術館に行きました。
美術館という名前ですが、ここの一番の売りは絵ではなく、11年連続日本一に選ばれているこの日本庭園です。
他の季節に訪れるとまた違った光景を見る事ができそうです。

足立美術館2
絵の方で特に気に入ったのが、現在やっている「童画」展の林義雄氏の作品群です。
どの絵も非常に表情が可愛らしいです。

玉造温泉1
宍道湖から南方に行くと、⑪の辺りに玉造温泉が有ります。
奈良時代から「神の湯」「美肌の湯」と呼ばれている有名な温泉です。

玉造温泉2
その名の通り、この地で良質の瑪瑙(めのう)などがたくさん採れたため、昔からたくさん勾玉が作られていました。
ここの旅館はどれも至れり尽くせりの高級旅館ばかりですので、「自分で何でもするから構わず放っておいて欲しい」ってタイプの人には合わないかもしれませんね。

出雲そば1
島根の食べ物で忘れちゃいけないのが、出雲そばです。
信州のそばを知っているだけに、それほど期待せずに食べてみましたが、負けず劣らず美味しかったです。
黒色の殻も一緒に混ぜてこねるので、他のそばよりも麺の色が濃くて香り豊かなのが特徴。
割子そばというのが代表的なメニューなのですが、独特の食べ方をします。
この様な三段重ねになっており、まず薬味とダシを一番上のに好きなだけかけて、そのまま食べます。
そばが無くなったら、残っているダシなどを次の二段目にかけます。
同様に三段目。途中足りなければダシを足していきます。
全部そばを食べ終わったら、そこにそば湯をブレンドして飲み干します。
そば湯もドロリとしていて粘度が高く濃厚な印象でした。
Posted by れいな on 15.2014   0 comments   0 trackback
Category :旅行

石見銀山

石見銀山1
言わずと知れた世界遺産に登録されし石見銀山です。
坑道の事を間歩(まぶ)と呼ぶのですが、現在見学可能な間歩は二つです。
そのうちの大久保間歩を見学しました。

石見銀山2
こちらは事前に予約してツアーに参加するという形を取ります。
平日はツアーが無いので土日などに行く必要があります。
もう一方の龍源寺間歩の方はいつでも自由に見学できる様ですので次回来る時の楽しみに取っておこうと思います。

石見銀山3
さて、豊臣や徳川の時代に、この山に銀の鉱脈が存在する事などどうやって突き止めたのでしょうか?
手当たり次第に掘ったってそう簡単に見つかる物ではありませんね。
莫大な資金を投入してハズレでした。ではシャレになりません。
なので「山師」という資格を持った人が居ました。

石見銀山4
まず、様々な山から流れてくる石ころを拾って銀鉱石が無いかどうかを調べます。
有った場合、その石が磨耗して丸っこいか、まだゴツゴツ尖っているか、で鉱脈が近いか遠いかなどを見当をつけます。
また銀など金属成分は植物にとっては毒になりますので、普通の樹木の育ちが悪い、葉っぱの色がおかしい、などがあれば非常に怪しいとわかります。

石見銀山5
また、シダ類のヘビノネゴザだけはむしろ金属鉱山に特有の植物なのでそれが生えていれば鉱脈が有るという期待が高まります。
石見の銀はその質が極めて高かったために、国内はもちろん世界からも重宝されました。

石見銀山6
鉱石から銀のみを取り出す方法は、灰吹法という手段を用います。まず鉛を混ぜて銀と鉛の合金にして、その後加熱する事によって鉛だけが溶け出して銀だけが残ります。
この方法が編み出されて以降一気に銀の生産量が上がりました。

石見銀山8
現在ではもう銀は採り尽くされた後ですので、その溝が残っているのみです。
電気など無かった当時は、サザエの貝殻に油を入れてそれを灯りにして掘っていたといいます。
その行灯の事を螺灯(らとう)と呼び、この様な「らとちゃん」というマスコットキャラクターも生まれました。

石見銀山7
坑夫の給料こそ良かった様ですが、非常に過酷な労働条件だったために、30歳まで生きられたら今で言うところの米寿の様なお祝いが有ったとの事です。
ほとんどの坑夫は30までも生きられない。って恐ろしいですね。
金属や硫化物の毒性にやられるのか、手作業で掘っていくという労働自体が肉体的に破綻をきたすのか、こんな真っ暗な中で一日中作業しているので精神的に崩壊してしまうのか、など色々想像してしまいます。

島根県
石見銀山は⑤の辺りになります。

アクアス1
石見から南西の浜田市⑥に行くと、島根県立海洋館アクアスがあります。

アクアス2
大阪の海遊館の様な規模ではないですが、見所は充分にありますし、より間近で大型のサメなどを観察できて行く価値は高いです。

アクアス3
目玉は、シロイルカ(ベルーガ)のパフォーマンスです。
どこの水族館でもイルカってすごく賢い印象を受けますが、特にベルーガは多才で、彼等だけができる特技がこのバブルリングです。

アクアス4
口からは連続で出す事も可能で、
更に新技のマジックリングというフラフープほどの大きくて太いリングを頭の噴気孔から出す瞬間は圧巻、必見です。

サンドミュージアム1
銀山の北西⑦には鳴き砂がある琴ヶ浜と、仁摩サンドミュージアムがあります。

サンドミュージアム3
世界最大の砂時計。

サンドミュージアム2
色々な種類の光る石。
ガラス工芸を体験するコーナーもあります。
Posted by れいな on 13.2014   2 comments
Category :旅行

出雲大社

出雲大社1
出雲大社に行きました。
ここも前回の伊勢神宮と同様に、平成の大遷宮(60年ぶり)を終えたところで、建物が新しくなっています。

出雲大社2
縁結びの神様がいらっしゃる所で、この巨大なしめ縄が特徴的です。
拝礼作法は「2礼4拍手1礼」です。
すなわち、まず二度お辞儀をして、四回も手を叩き、お祈りして、最後に一礼して下がる。

出雲大社3
隣に島根県立古代出雲博物館があります。
観光自体は大社(おおやしろ)よりもこちらを見学する方が見ごたえが有ります。
平安時代の本殿はこの様なものすごく長い階段の上にあった様です。
その高さは96mだったらしく、その時代にこの様な高層の建造物が作れたという事に驚きですね。

出雲大社4
埴輪や銅鐸や銅剣なども多数展示してあります。

島根県
出雲大社の位置は①です。

島根ワイナリー1
近くに島根ワイナリーというワイン工場が有り、工場見学は無料で可能です。
地図の②辺りです。

島根ワイナリー3
敷地内にバーベキューハウスシャトー弥山(みせん)があり、島根和牛の料理を食べました。
やはりロースが段違いに美味しかったです。

島根ワイナリー2
島根ワインも試飲してみて美味しかったので赤と白と両方買って帰りました。
何種類か有りましたが、甘口のが普通のぶどうジュース以上に甘くて一番良かったです。
元々お酒が好きな人はたぶんこれよりも辛口の方が好きだと思います。

日御碕1
地図の③、出雲大社から北西、島根半島の最先端部分にそびえる日御碕灯台。
日本一の高さを誇る灯台で、有料ですが誰でもてっぺんまで登る事ができます。

日御碕2
非常に急な螺旋階段を延々と登って行くと、その疲れも吹っ飛ぶ素晴らしいパノラマ視界が広がります。
風もものすごくて、身体自体も吹っ飛ばされそうに。
天気の良い日はここから遥か沖合の隠岐までも見られます。

ゴビウス1
地図④、出雲大社から東に進んで行くと、宍道湖に突き当たります。
そこに、島根県立宍道湖自然館ゴビウスが有ります。
ゴビウスとはラテン語でハゼなど小さな魚の事を指します。

ゴビウス2
宍道湖とその東にある中海(なかうみ)に棲む生き物達がたくさん居ます。
地図を眺めると解ります様に、最終的には日本海と繋がっている湖です。
なので、中海は海水の約50%、宍道湖は約10%の塩分を含んでいる汽水湖という事になります。
Posted by れいな on 11.2014   2 comments
Category :旅行

閃の軌跡

閃の軌跡1
日本ファルコムの軌跡シリーズの最新作にあたる「閃の軌跡」をクリアしました。
ハードは前回と同じく「PSvitaTV」でプレイしました。VITA以外にもPS3版も出ております。

ストーリーは相変わらず非常にボリュームが有って内容の濃いお話で、その世界に引き込まれます。
今回の舞台はゼムリア大陸最大のエレボニア帝国。
前回の零の軌跡の舞台のクロスベル自治州の西に隣接した大国ですが、国土はクロスベルの100倍以上有ると思います。
ですので主要都市などもたくさん有り、1章ごとに列車を使って移動します。
今作は主にそれらの街を順に回りながら、お話が進んでいきます。
主人公達は士官学校の学生という設定です。ただし、特科クラスという他の生徒とは全然違うカリキュラムを組まれているクラスに組み込まれています。
これは零の軌跡の「特務支援課」を彷彿とさせますね。
実際、中身もほぼ同じ様な事をします。
すなわち「実習」という名の下に空の軌跡の遊撃士(ブレイサー)の様なお仕事をします。
ちなみに今回は今までの様に過去作のキャラ達が登場する事はありません。一応エレボニア帝国ですからオリヴィエやミュラー、レクター辺りは出てきますがパーティに参加する事はありません。零のロイド達はもちろん、エステル達も名前すら出てくる事はありません。

閃の軌跡2
フレンドのおもちさんが「閃はキャラ紹介に終始していた感じ」とおっしゃっていましたが、なるほどその通りでした。
最初からパーティメンバーが10人くらい居ます。
それぞれのキャラの背景などが1章ごとに明らかになっていく感じです。
パターンとしては、空の軌跡FCと同じですね。あれも順番に一つずつ街を回って行ってリベールという国の全体像を把握していき、ラストで今この世界で起こりつつある大変な事の一端がようやく見えてくる。
今回も例に漏れず、終盤で大どんでん返しがあり、衝撃的なエンディングで、早く続きがやりたくてウズウズしてしまう盛り上がり方をします。
実際、続編は「閃の軌跡Ⅱ」としてもう今年(2014年)の9月に発売される事が決定しております。
おそらくストーリー自体の構想は既に仕上がっており、膨大なボリュームなので前半と後半に最初から分けたのでしょうね。
もしかしたら三作目とかにも続くのかもしれませんが。

ただ、少々ファルコムらしさが陰りを見せているなと残念な気持ちもあります。
閃の軌跡5
と言うのは、学生が主人公でカレンダーが4月から進んでいって中間試験とか学園祭とか学校行事とかも出てくるあたり、ペルソナシリーズの二番煎じ感が非常に強いのです。
なので毎月毎月ワンパターンで、だいたいやる事が予測できてしまうところが少々ダレてきます(´・ω・` )
零の軌跡では次々と予想外の展開が起きまくりだったのでワクワクしっ放しでした。
あとシステム面でも特にグラフィック系が最近のテイルズシリーズの二番煎じ感が強くなっています。動いているキャラがリアルになっていて着せ替えなどビジュアルを楽しめる仕様になっています。
そしてそれらのコスチュームなどに課金が用意されている始末です。
閃の軌跡3
こんなのファルコムじゃない。

零の軌跡キーア
ファルコムはいつまでたってもこんな風にスーパーファミコンみたいなしょぼいキャラで、喋る時だけイラスト顔アップが出てくる。それが良いところだったのに。
中途半端にグラフィックを上げたために、そのままのキャラが喋っても全然表情がそのキャラの性格やセリフとマッチしていないのです(´・ω・` )

閃の軌跡4
このアリサなんて本来は明るくて可愛いヒロインキャラなのに、ゲーム中はずっとこんな仏頂面になってしまっていて非常にもったいないと思います。横に居るフィーも髪型が違うだけで同じ様な覇気の無い顔になってしまってますよね。

前回の零の軌跡EVOがあまりにも素晴らしい作品だったので、どうしてもそれと比べると見劣りする部分が目立ってしまいます。
あとは、ボイス。
閃の軌跡7
今作は新しいキャラが登場する度にわざわざキャラ名と共にCVの声優名まで紹介されるのですが、その割にはあまりボイス有りのシーンが有りません。
いや、他のゲームと比べたら充分有るのかもしれませんが、本作のボリュームからするとボイス有りのセリフが少な過ぎます。
また、相手だけがボイス有りで主人公はボイス無しとかのおかしな会話シーンが多く、これも残念な要素でした。フルボイスの零の軌跡EVOでは考えられない事でした。
閃の軌跡6
零の軌跡ではレンの声が気に入らないと書きましたが、本作で圧倒的にイラっと来たのはリィンの妹のエリゼの声です。
どこのエレベーターガールかと思う様な到底会話とは思えない妙な語尾の伸ばし方が非常に耳につきます。
しかもエリゼの声だけ異様に息づかいまで聞こえてくる様な違和感が有り、マイクに近づき過ぎなのかフィルターを介していないのか、レコーディングスタジオじゃない所で吹き込んだ物を使っているのかな?って感じがして不快でした。
それ以外のキャラの声はどれもバッチリでした。

閃の軌跡8
あといちいちマップチェンジしたり戦闘モードに切り替わる度に長ーい「Now, Loading...」が現れます。
零の軌跡EVOではそんな物は一切無かっただけに、ちょっとウンザリです。
あれが有るだけで二周目をやる気力が湧きません。
ストーリー自体は面白いだけに、サクサクと進められないのが大変痛いところです。
もしかしたらPS3版ではサクサク進むのかもしれませんが、持っていないので違いはわかりません。

とまあ、システム周りの文句が多くなってしまいましたが、シナリオ自体は十二分に楽しめるお話ですので、もちろん買って良かったと思える作品です。
次作の「閃の軌跡Ⅱ」も必ずプレイすることでしょう。
Posted by れいな on 09.2014   0 comments   0 trackback
Category :その他ゲーム

【MK8】8/27アップデート

マリオカート8ですが、
なんと、来たる8月27日(水)に待望のアプデが来る様です!

内容は、これです。
mk8アプデ1
一番上の、マップがメイン画面上に表示される。これはみんなが待ちわびていた機能ですね。
次のはオフラインでの話ですのでさほど重要ではない感じですが、確かに押しつけがましくて鬱陶しかったのも事実です。
マシンパーツの組合せの記憶。これは大きいですね。でもできれば最低でも3パターンぐらいは「おきにいり」の様に組合せを登録できたらもっと良いのにと思います。それと選択画面がWiiの時の様に平面で全て表示されている表形式にして欲しい。今のMK7と同じスロットマシンみたいな選択画面は目的のパーツを探しにくいです(´・ω・`)
通信の安定性の向上。これも最重要ですね。エラーばかりでは興醒めもいいところですからね。
あと、これ以外にも新しい車種(ベンツなど)が追加されます。

たったこれだけでも、驚きです。
今までの出しっ放し売りっぱなしではなく、徐々に改善しながら神ゲーに進化していく。
そう期待させてくれますね。
できれば、次に
もう9999になってる人も増えてきたのでそろそろレートシステムをWii版と同じ仕様に。
独走ゲーではなく、もうちょっとだんごレースになる様に。
きちんとしたバトルステージの追加。
オートドリフトとマニュアルドリフトの操作性を前作の様にハッキリ分別する。
などなど、要望を出していきたいなと思っています。

しかし言い方を変えれば、
未完成の状態のままリリースした。
バグとか不具合がある状態で発売したって後から修正アプデで何とでもできるという甘え。
という辛口の評価もできます。
ネットに繋がっている。が前提のゲーム機やソフトが主流になってきているので、これはある程度仕方の無いことなのかもしれませんけどね。

以下、コメレス


Posted by れいな on 07.2014   0 comments   0 trackback
Category :マリオカート8DX
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する