ひな人形セットとか

いつもテーマパークに行った時は、アトラクション第一で行動しますので、あまりお買い物とかお土産とか買う時間は無いのですが、今回は時間を贅沢に使う事ができましたので、いろんなショップをゆっくり見て回りました。
 
ひな祭り (1)
その中で一目惚れしたのがこのお雛祭りセットでした。
お値段は・・・ かなり高いです。
でもディズニーの製品は何でも質が極めて高い事が解っております。
高かろう良かろうだと思いましたので、衝動買いしちゃいました。
 
ひな祭り (4)
思った通り、一つ一つ非常に丁寧に作られています。
これらはプラスチックではなく陶器です。
どれもすごくかわいい。
上から、
 
ひな祭り (2)
親王・内親王はミッキーとミニー。菱餅もあります。

ひな祭り (3) 
三人官女のデイジーダック。
 
ひな祭り (5)
五人囃子と右大臣・左大臣。
3/3を過ぎてもずっと飾っていたいですね。
 
 ダッフィー1
今回はダッフィーグッズも買ってしまいました。
パーク内にはこれのぬいぐるみを抱っこしている人がたくさん居るのですが、
どうしても私はお顔がイマイチ可愛いとは思わない。だから買わないって以前申しましたよね。
が、気づけはいつの間にか欲しい気になってくるんですよねー。恐ろしい魔力です。
 
ダッフィー2
絵は大好きです。すごくかわいいと思います。
ですが、ぬいぐるみ自体のお顔は日本国内の水族館とか動物園とかにある普通のくまちゃんなどのそれが世界で一番可愛い目鼻立ちをしていると私は思います。

ダッフィー3
でもこのバッグだけはお気に入りです。ぬいぐるみ類に比べると当然平面的になるため、やや鼻が低いのですが、それがちょうど私好みの可愛さなのです。口元がはっきり笑っているのがポイントかも知れないです。
ちなみにみんな肉球はミッキーの形ね。

gamepadbag.jpg
30周年ハピネスイヤー限定ランチトートバックがセットになったお昼ご飯を食べました。
なぜこんなバッグが欲しかったのかというと、見ての通り「Wii Uゲームパッド」が
ちょうど収納できる大きさだったからなのです。
あのパッド結構大きさも高さも有ってそこいらのポーチなどではとても入らないんですよねー(´・ω・`)
でも裸のまま持ち歩くのも不安。
そこでこれを見た瞬間、「ピッタリ合う(゚∀゚ ) しかもランチ用だから内側もしっかりしていて衝撃吸収もバッチリ。」
だと思ったので「こ・このセットを!」って鼻息荒くオーダーしてしまいました(≧∀≦)

Posted by れいな on 28.2014   2 comments   0 trackback
Category :ファッション

3Dマッピング(イルミナージュ)

イルミナージュ-(10)
今シーズンも神戸イルミナージュに行ってきました。
前回は平日に行き、ガラ空きだったなどと書いていますが、今回土曜日に行ったら何のことは無い。
ものすごい人人人・車車車でした。
 
イルミナージュ-(15)
イルミネーションの催しは色々なところにありますが、ここのそれは規模が非常に大きくてなおかつ色使いのセンスが洗練されていて見るだけで癒されます。
 
イルミナージュ-(21)
今回は今流行りの3Dマッピングが目玉です。
要するに建物の壁をスクリーンにしてプロジェクターで映像を貼り付ける動画の作品ですね。
 
イルミナージュ-(23)
元はただのホテルの外観なのに、まるで違う建物の様に次々と「変身」していきます。
ズレたりはみ出たりすること無くピチッと映像を合わせる技術が必要でしょうね。
 
イルミナージュ-(2)
最後に宣伝が出てきます。
イルミナージュは神戸以外にもあべの天王寺、また富士山でも次回開催されるようです。
公式ホームページ も良かったらご覧下さい。
Posted by れいな on 26.2014   0 comments
Category :旅行

TDR30周年

TDR (1)
言わずと知れた国内最高峰のテーマパーク。
「もう帰りたい」って思うほど堪能してみたい。とは誰しも考えた事が有ると思います。
今回、同じ事を企てていた友人達と、かつて無いほど長期に渡ってここに滞在しております。
TDLとTDSのありとあらゆるアトラクション、ショー、レストラン、ショップ、全てに入りまくっています。
いつもは限られた時間内に可能な限り多くのアトラクションを回れるように分刻みでスケジュールを組んでいましたが、今回は比較的のんびりと余裕有る楽しみ方ができております。
ここだけは「飽きる」なんて事は無いだろう。と思っていましたが、さすがに10日以上にもなるとその限りではありません(^_^;)
まず歩き回る歩数がハンパないです。3DSなどを持ち歩いていると実測値がわかりますので驚きます。
体育会系の部活で鍛えているとはいえ、足がパンパンになってきます。
肉体的に疲れてくると精神的にも少々ダレてきます。走れメロスじゃありませんが。
もっと居たい>< アレとアレが乗れなかった(TДT) 次に来た時は必ず! とか思いながら、お腹いっぱいにしない楽しみ方の方が本当は正解でしょうね。
アトラクションの紹介などは自分の過去レビュー記事が我ながら秀逸だと思いましたので今回はあまり詳細には書きません。
ディズニーシー ディズニーランド ご興味ある方はご覧下さい。
混み具合は、平日でも土日でもずっとあまり変化無いです。
常に混雑しています。
そこが他のテーマパークとは明らかに違う点ですね。
学校や仕事を休んででも来たい。そう思っている本気で気合いの入ったテーマパーク好きが集まるところ。

TDR (2)
TDSにできた一番新しいアトラクション「トイストーリーマニア」
ここは本気で乗りたい人は開園のはるか前からエントランスに並んで、西宮えびすの福男よろしくスタートダッシュで走って行って乗らなければなりません。
ファーストパスの購入行列ですらとんでもない長蛇になります。開園後すぐに向かっても売り切れになる可能性が有ります。実際1時間以内に全部無くなってしまいます><
で、肝心のアトラクション自体は面白いのかと言われると、まあそこまでする程の物でもなかったりします。
少なくとも絶叫マシン系が好きなれいなにとっては、TDLのモンスターズインクやバズライトイヤーと同じく、まあ一回体験すればもういいや。って感じのアトラクションですね。
ほとんどの人も同じじゃないかと思います。すなわち、「行った」「乗った」という話題作りのために向かうのであろうと。
 
TDSで一番スリリングなアトラクションは断然タワテラ。次にセンター。
どちらも他所の絶叫マシンとは違って、落ちる前の登りの段階から猛スピードになる点が特徴です。
普通ジェットコースターって「ガッガッガッガッ」って言いながらゆっくり一番高い所まで上がって急降下が始まるじゃないですか。しかしこれらは登り始める段階からトップスピードです。そしてそのままの勢いで休むことなく急降下。結構な馬力が必要だと思います。
その様な絶叫マシンであるにもかかわらず、乗り場に手荷物を置く棚など有りません。
抱いているぬいぐるみも大きなお土産袋も全て足元に置いてマシンに乗り込み、すぐ出発です。
そうしなきゃ、とてもじゃないですがあれほどの大人数を捌くことは不可能なのです。
でもそんな乗り方をしても、360度回転しても、荷物が落ちることもありません。事故も起こしません。
素晴らしい設計だなと感心します。それと一番大きいのは「人」ですね。前にも書きましたが従業員(キャスト)が全員パーフェクトなのです。
なのでゲストが不快な目に遭うこともまず無いのです。だからパーク内で仏頂面をしている人もほとんど居ません。
普段怖そうなんじゃないかって感じの人でも、全員が幸せそうな笑顔です。
 
さて、皆さんはTDLとTDS、どっちの方がお気に入りでしょうか?
私はシーですね。施設の数はやや少ないですが、何より景観が素晴らしい。
ランドはいろんなエリアに分かれていて都会的で、あくまでもテーマパークに居る。って感じがしますが、
シーは統一感があって、本当にこういう異国に来ている。って感じがします。
流れているBGMも落ち着きがあって、ただボーッと湖畔とかに佇んでいるだけでも心がリフレッシュされていく感じが好きです。

いきなり話が飛びますが、DQ10はドラクエのテーマパークにしたい。その様に藤澤Dはおっしゃっていました。
随所にTDRの施設と似ているなーと思うところがありますね。
プクランドのメギストリスの都なんてまさにTDLとその中心にそびえるシンデレラ城。
カジノの内部を初めて見た時は、TDSのマーメイドラグーン内部の海底王国(Triton's Kingdom)だと思いました。
上部が左右に張り出している冥王の居城や災厄の王が待ち構えている建物を見上げた時、タワテラに見えました。
フルッカが作った破邪舟って、池で自分で漕いで汗だくになる乗り物ですよね(TDRにはありませんが)。
他にもいろいろ有りそうな気がしますね。
Posted by れいな on 24.2014   0 comments   0 trackback
Category :旅行

カラフル電池2

久しぶりに新しい充電池セットを購入しました。

eneloop (4)
ただの白いのではなく、また前みたいなカラフルな限定セット売ってないかな~?
と思って見に行ったら、正に、待ってました!と言わんばかりにこれが陳列されていました。
もう他のには見向きもせず手に取りました。
前回と同じくそれぞれに番号振りもしてあって使いやすいです。
ちなみに前回の記事はこちら「カラフル電池」

eneloop (6)
充電する機器自体も新しいのを買いました(右側)
左の旧型は急速充電機能も何も付いていなくて、フル充電に一晩かかっていました。
しかも、最近充電失敗しているケースが多発します。
具体的には下にあるランプが点滅するのです。
おそらくもう電池自体が寿命なのだと思います。
そりゃそうでしょう。2008年頃から毎日毎日マリカWiiして、DQ10して、もう何回充放電繰り返したことか。
十二分に働いてくれたと思います。
新しい方は急速充電機能はもちろん、ECONAVIと書いてあるように、充電が完了した後はコンセントに刺しっぱなしでも待機電力がゼロになります。そして下のランプも4つついていおり、一つ一つの電池の状態を個別にモニタリングしてくれます。

eneloop (5)
ただ、皆さんご存じかと思いますが、悲しいことに、エネループで一世を風靡した三洋電機はパナソニックに買収されてしまいましたね。
そのためこの様な露骨にイヤらしいロゴになってしまいました。
パッと見では乾電池なのかエネループなのか判らないほどに。
これは限定版なのでタダの乾電池とは違うってすぐ解りますけどね。
なんか可哀想ですよね(´・ω・`)
お馴染み痛ニューでもこの叩かれっぷり→新しい「eneloop」のロゴデザインが酷すぎると話題に
私は「松下電器」の製品は好きでした。特に中村社長のV字回復後のそれは本当に素晴らしい商品が多くて、何でも松下の物を第1に選んでいました。
私の座右の銘である「有言即実行!」「四の五の言わんと、まあやってみなはれ」なども、創業者の松下幸之助さんの名言の影響を強く受けた結果なのです。
しかし、トップが交代し、莫大な無駄コストをかけて社名を「パナソニック」に変えた辺りから新経営陣ダメだろうなと何となく思っていました。
案の定でした。松下電工を吸収し、三洋を吸収し、あげく三洋の社員からバンバンリストラして、
創り出す製品と言えば「誰がそんな機能の付いた商品欲しがんねん!」と突っ込みたくなるようなおかしな路線の物ばかり出して、
ようやっと完成した尼崎の巨大なプラズマディスプレイ工場は廃業閉鎖、

質のよろしくない新入社員を次々と雇い入れ、
大手企業の中ではお手本のような産業医を抱えて社内喫煙率もグングン下がっていたのに、一気にV字回復www
ぶっちゃけ、社内喫煙率の高い企業ってやっぱり堕ちていきますね。
逆に、社員の健康管理をしっかりしようと健康意識の強い人がトップに立った企業はグングン伸びていきます。株価にも如実に表れます。
あ、いやこれは途中から単なるフィクションであり事実かどうかは知りませんよ。

Posted by れいな on 10.2014   2 comments   0 trackback
Category :ファッション
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する